アクセスポイント新調!Aterm WG2600HP2 + TP-Link RE450

4.png
我が家では代々ルーターはNEC製Atermを購入しており、ここ3年ほどはWG1400HPと中継機1200HPを組み合わせて使っていたのですが、最近はどうも調子が悪く、接続が不安定になることがしばしば。リビングや風呂、和室で使っているタブレットのダウンロード速度をチェックしてみると、悲惨な一言。速度は色々な要因があるので一概にルーターが悪いとは言えませんが、Atermは極端な小型化を進めた頃から安定性が悪くなったように思えます。ワイヤレスルーターは力技なので採用チップや熱対策がまずいのかも。

そこでAtermに見切りをつけ、近頃人気急上昇、世界シェアNo,1のTP-LinkのArcher C9を先日導入しました。2.4GHz 600Mbps及び5GHz 1300Mbps同時接続OKという高性能ルーターです。ブリッジ接続にちょっと手間を食いましたが、まずは設置に成功。設定画面は明快で分かりやすかったです。これで一件落着と思ったところが、なんとプリンターにどうやってもワイヤレス接続できません。バンドが違うのが原因かも。今後のことも考え、泣く泣くArcher C9をドナドナすることに。

1_20170116221423ff5.jpg
いまさらWG1400HPに戻すのも業腹なので、今回はAtermの最新最強ルーターWG2600HP2を試してみることにしました。ちょっと高価ですが、最近のAtermとしては抜群に評判のよいルーターです。慣れ親しんだ設定画面にアクセス、なんなくブリッジモードに設定できました。我が家はフレッツ光マンションタイプ。いまとなってはしょぼいmax100Mbpsなので、速度的には30Mbpsも出れば御の字(泣)。業界最速4ストリーム対応1428Mbpsという高性能を活かせる環境からは程遠いですが、なにより電界強度と安定性が向上すれば買い替えは成功です。

2_20170116221425b85.jpg
中継機はAterm製1200HPをコンバートモードでつなぐと問題ないかと思いきや、速度が全然出ません。ご近所の電波のほうが強いという体たらくに(泣) 色々やってみましたが原因不明で解決策なし。そこで今回はルーターの時と反対に、中継機にTP-Link製RE450を使うことにしました。結果は大正解、設定も簡単で電波も十分。各部屋でデバイスを安定して使えるようになりました。

3_2017011623264760d.jpg
これはAndroidで電界強度をチェックできるアプリ Wifi Analyzer。とても良くできていて電波状況が一目瞭然。親機と中継機の電波をそれぞれ別々に確認できるのが面白いです。ちなみにこのアプリで調べた範囲ではAterm WG2600HP2とTP-Link Archer C9の電波の強さは同程度でした。今回は費用も手間も大変かかってしまいましたが、導入以来接続が非常に安定しておりストレスを感じることがなくなりました。めでたしめでたし(^o^)

悩ましい選択? DC-GF9 vs E-PL8

1_20170115122506722.jpg
PanasonicからGF-9がデビューしましたね。先代は長らく販売を継続していたGF7ですが、今回は飛び番でGF9、しかも肩書がLUMIX全般で使われているDMC(Digital Memory Camera?)からDCへチェンジ!これは興味深い~かなり気合を入れたモデルチェンジかも。過去、GFシリーズは迷走に次ぐ迷走でたたき売り。大ヒットしたGM1はといえば例によって後が続かず息切れ。商売が上手いはずのPanasonicは昔の話になりました。今回のGF9は開発リソースの集約とラインナップの整理から生まれたプロダクトだと思われますが、私から見ればヒエラルキー的制約を脱した魅力的なモデルに思えます。小さなボディに凝縮されたデザインと機能はエントリーモデルの一言では片付けられません。

16101201_04.jpg
片やオリンパスからもE-PL7の後継機が登場。バルナックライカをモチーフにしたようなデザインは賛否両論あるでしょうが、さすがオリンパス手際よくまとめています。PLシリーズは女性に人気があるそうです。(誕生時から女性マーケティングに力を入れてきたパナが女性に支持されず、むしろカメラ好きのむさい爺達に評価されているというのが、同じ陣営ながら面白い) 対GF9でいえば、IS内臓がアドバンテージですが、お洒落な外観とは裏腹に、E-PL8の中身には全く刷新性が感じられません。ここ2,3年、エントリークラスのものづくりは、各社ともに打つ手がないというか、かなり難しくなっているような気がします。

20170106GF9-000.jpg
その点、今回のGF9はGM1/5の後継という立場もあるのか、かなり機能の強化、テコ入れを図っています。まずこのクラスにまで4Kを搭載してきました。ほとんど4Kには興味のない私ですが、4Kは読み出しを早くしないと実現しませんので、結果としてAFや連写などの基本性能が大きく向上します。空間認識AFの搭載も嬉しい~ホント威力あります。

GF7は私も使っていましたが、セルフィー液晶以外、デザインも含め特色のないカメラでした。しかしGF9はGMシリーズの遺伝子を引き継ぎ、ぐっとお洒落になりました。兄貴分のG7MK2よりシンプルなフォルムで美しいですね。右肩上がりでLEICA風にも見えますが、オリのそれよりあざとさがなくていいかも。しかし裏面側から見ると液晶のでかいヒンジが不自然なほど目立ち正直不細工。ヒンジがアウトセットのほうが丈夫というのはわかりますが、普通にインセットにしたほうがスッキリします。ここもコストの影響かな。

とりあえず現物を手にとって気に入れば購入する予定ですが、問題はGF7と同じく、またもやボディの単独販売がないこと。それもWレンズキットのみとは。「レンズ交換式カメラ」でボディの単独販売がないということは、何を考えているのか。既存のマイクロフォーサーズマウントユーザーには売る気がないということなのでしょうか。いやはや本当にパナは商売が下手になったようです。松下翁が泣いてまっせ!

出ましたね!LUMIX GH5

1_2017011400490623f.jpg
E-M1mkIIの高性能ぶりが話題ですが、一方の雄PanasonicからもフラッグシップLUMIX GH5が海外発表されました。一見してわかることは従来の柔らかみを帯びたフォルムから、カチッとした精悍なフォルムへ変身したこと。G8と同様の新しいデザイン路線ですね。わたし的には嫌いなデザインではありませんが、精緻な作り込みを感じるE-M1mkIIと比較すると、デザイナーの力量不足をちょっぴり感じます(すまん)。

2_201701122337239c9.jpg
新世代フラッグシップということで、2,030万画素、6K PHOTO、4K/60p、5軸Dual I.S.2、225点フォーカスポイント、ローリングシャッター歪み低減、デュアルSDカードスロットなど、確実にブラッシュアップしています。大幅な性能向上にはセンサーからの読み出し速度向上が効いていまるとか。元々マイクロフォーサーズとしては大柄なボディでしたが、ややサイズアップしたようです。性能向上に伴う放熱対策でしょうか。気になるキットレンズはLEICA 12-60mm F2.8-4.0のようですが、気になるレンズですね。

3_20170112233724d7a.jpg
オリンパス最大の弱点といえば、私が師事(勝手に)するPanoramaheadさん言うところのラビリンス操作系。難解を通り越して奇妙というか珍妙の一言。世界中から怨嗟の声が上がっているはずですが、いまだ改善される気配がないところを見ると、よほど偉いさんが発案したため、若い開発陣が逆らえない状況なんだと思います(笑) まぁ~松下的安心感あふれるLUMIXを使うとホッとするのは私一人ではないはず(笑)

4_2017011223372679d.jpg
GH5の発表と同時に、12-35mmF2.8、35-100mm/F2.8 、45-200mmF4.0-5.6、100-300mmF4.0-5.6の4本のリニューアルが発表されました。個人的には100-300mmのリニューアルが面白そうです。LEICAブランドの12-60mm、8-18mm、50-200mmも楽しみです。いつの間にやら増えたMFTレンズ、いつのまにやらリニューアルを迎える時期になったのですね。E-410からのフォーサーズファンとしては感無量です。

シュールなブティック

a1.jpg
先日、街を歩いていたら、路地の奥から殺気が!

a2.jpg
そこには見慣れぬトマソンが…

a3.jpg
看板もシュールでした(汗)

一本勝負!M.ZD25mmF1.8

1_2017011023155365f.jpg
M.ZD12-100mmの試写時、単焦点と比較するためGX7mkIIに装着したM.ZD25mmF1.8を携行しました。エントリークラスの単焦点ながら写りの良さでは折り紙つき、なかなかの絵を吐き出してくれました。※JPEG撮って出し

2_20170110231554a7a.jpg



3_20170110231555177.jpg



4_2017011023155730a.jpg



5_20170110231558d0a.jpg



6_201701102316002ea.jpg



7_20170110231551674.jpg
このところマイクロフォーサーズでは重厚長大な高性能レンズの登場が目立ちますが、エントリークラスの出来が素晴らしいのは承知の通り。M.ZD25mmF1.8はEDレンズこそ奢られていないものの、切れ味がよくヌケの良いバリューモデル。ハイエンド25mmF1.2を入手したいものの、小型軽量でよく写るこんなレンズを使っていると、これでいいかもと思ってしまいます。

これはいい!Logicool トライアスロン マルチデバイスマウス M720

1_201701100024510af.jpg
久しぶりにナイスなマウスに出会えたのでご紹介します。マウスの老鋪ロジクールの新作トライアスロンマルチデバイスマウス M720。長い名称ですが、その名の通り、PCとタブレットなどを切り替えて使えるよう工夫されたマウスです。写真親指の位置にある1/2/3のランプが接続中のデバイス番号になり、ランプ直下のボタンを押すことで3台のデバイスを自在に接続、切り替えできます。

2.4GHzワイヤレスとブルートゥース(以下BT)の両方に対応しているので、PC使用時のBT特有のタイムラグ(スリープ復帰時)が気になる人にはありがたいです。気になる電池持ちについては、単三電池1本で24ヶ月という超省エネ仕様で期待が大いに持てます。サイズ的にはデスクトップ用でやや大きめ、非常に持ちやすく長年のハウツーが凝縮したフォルムです。私の手は大きい方ですが、一般的な男性ならほとんどマッチングすると思います。

2_20170110002450c1b.jpg
写真左のロジクールAnywhere2 MX1500は私のお気に入りですが、モバイル用なので若干サイズが小さく、長時間使うと手が疲れることがありました。このマウスもマルチデバイスに対応していますが、切り替えスイッチがマウス底(裏面)にあるため、切り替えるときはマウスをひっくり返してスイッチを操作する必要があります。またモバイル用に軽量化するためか、乾電池ではなくUSB充電式になっておりノートPCやタブレットに最適化されています。

ということで現在、デスクトップPCにはM720、ノートPCにはMXAnywhere2を使い分けており良好な結果が得られています。ロジクールのハイエンドクラスは国産ブランドの普及品と比較するとかなり高価ですが、超高速スクロールボタンや、多ボタン+機能割当アプリなど高機能ですし、何より接続の安定性、ポインターの追従性に優れます。マウスにこだわる方のご参考までに。

フィールドチェック!M.ZD12-100mmF4

0_201701082311419ca.jpg
実際入手してみて、M.ZD12-100mmF4の高性能を納得できました。しかし自分のよく知っているフィールド、被写体相手に使ってこそ、使い勝手や性能をより体感できるはず。ということで今回は神戸ハーバーランドの商業施設モザイクへ持ち出してみました。今回使ったボディはE-M1。※すべてJPEG撮って出し

1_20170108231142dab.jpg
マイクロフォーサーズ(以下MFT)の高倍率ズームといえば、LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6が出色の出来で、私のお気に入りでもあります。不満のない画質に加え、換算0.5倍と非常に寄れる便利ズームですが、ワイド側が24mmではなく(28mm)テレ側が暗め(F5.6)であることが不満。もっともその分小型軽量ではあります。

その点、M.ZD12-100mmはF4通し、24mmからの8倍ズームということで実用性はバリバリ。F4と5.6は一段の差ですが、高感度側に余裕のないMFTではISO800と1600では大いな違いがあります。もちろん早いシャッターを切れるという恩恵もあります。所詮MFTではF1.4クラスでないと大きなボケ味は望めなませんが、感度やシャッター速度による恩恵がありますので明るいに越したことはありません。欠点といえば561gとパナ14-140mm(265g)の2倍以上であること。うむ、ハイスピードレンズの宿命ですね。

2_201701082311438eb.jpg
レンズ構成は11群17枚、EDレンズを5枚奢った豪華仕様。収差はよく抑えられ、抜けも悪くありません。

3_2017010823114543b.jpg
このレンズ、内蔵ISがよく効きます。E-M1mkIIと組み合わせたら凄いでしょうね。

4_2017010823114686d.jpg
こういう被写体は面白みが少ない分、構図をキチッと決めることが大事ですが、ズームのお陰で楽ちん。

5_201701082311484cd.jpg
焦点距離の長短にかかわらず寄れるので、自由にカメラポジションをとれます。※換算62mm

6_20170108231149eae.jpg



7_20170108231151bdb.jpg
このようにパッと被写体が出てきたときに対応できるのが、高倍率ズームのありがたみですね。

8_20170108231152375.jpg



9_201701082311545da.jpg
画質的にはなんの不満もありません。MFTの深度の深さも相まって開放でも解像感は抜群です。

10_201701082311557e3.jpg



11_2017010823115733b.jpg
望遠よりで使うとそれなりにボケも楽しめます。高倍率ズームは多様な被写体をレンズ一本でまかなえるのが特長ですが、加えて画質を犠牲にしなくていいというのがこのレンズのメリット。とはいうもののボケ味を活かした作品用に、大口径単焦点付きカメラを併用するとオールマイティですね。当日はG7mkIIにM.ZD25mmF1.8をセットしたものも携行しました。作例は次回にでも。

焼酎探しの旅 2017正月編

8_20170107015706074.jpg


7_201701070157057a8.jpg
自他ともに認める下戸が、まさか還暦を過ぎて焼酎にハマるとは思いませんでした。糖質制限というお題目でワイン(安物)を減らし、代わりに焼酎を呑むことにしたのですが、結構いけます。毎晩ちびちびとお茶代わりに呑んだくれております(爆)

写真は暮から正月にかけて呑んだ焼酎。どれも流通ブランドですが、美味しかったのが「薩摩宝山」、バランスが良く弱点のない焼酎。お湯割りも氷割りもいけますね。黒伊佐錦も悪くないです。特に赤ラベルの「荒濾過 黒伊佐錦」は芋らしいワイルドな香りがナイス。お湯割り向きかな。意外と良かったのが「白金乃露」、フルーティでまろやかな味わいでした。リーズナブルなので抑えておきたい一本。

新・神戸百景 ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト

1_201701052344248ae.jpg
神戸といえばかって世界一の輸出取引高を誇り、高度成長期の日本を支えた世界的な港ですが、そんな話も今は昔、いまは静かに佇むウォーターフロントです。その突堤群の一つ、新港第一突堤の跡地が再開発され「ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト」として2015年に生まれ変わりました。たまたま行く機会がなかったのですが、昨年末野暮用ついでに家人と歩いてきました。

「ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト」は「神戸みなと温泉 蓮」「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデンウェディング」で構成された複合施設です。

2_20170105234426391.jpg
突堤の敷地に入ると、左手にホテル「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデン」が見えてきました。立地柄、リゾートホテルぽいのかなと思いきや、築30年クラスのマンションあるいは老人ホーム(失礼)にしか見えない建物で、市民としてはがっかりの一言。「神戸みなと温泉 蓮」にいたっては、ぱっと見、何処にあるかもわかりません、うむ。

3_20170105234427b14.jpg
港内に目を転ずると、偶然にも懐かしの豪華客船「日本丸」(商船三井客船所属/22,472トン)が中突堤に入ってくるところでした。昔この船の姉妹船「ふじ丸」でクルーズしたことがあるのです(遠い目)。

4_20170105234442345.jpg
突堤の先よりに歩いていくと「ラ・スイート神戸オーシャンズガーデンウェディング」がありました。ちょうどチャペルの最中でガラス越しに幸せそうなシルエットが。若い二人の行く手に幸多からんことを…

5_201701052344398b2.jpg
突堤先端はかなり広大な空間にポツンポツンとベンチがあるだけ。「なんじゃ!これは~」遊具のたぐいもなく子供が遊べるような雰囲気ではありません。平日とはいえこの大空間に私達二人と所在なげな親父の三人だけ、閑散にもほどがある(笑)

市が貧乏なのは分かっていますが、歴史的なウォートフロントをおそらくタダ同然でリースし、一等立地を市民のための都市公園として活用させる知恵もない~行政とは何をなすべきなのか、全く分かっていない輩たちには呆れるばかりです(怒) 写真、手すりの向こうに見えるのは株式会社神戸の名を全国に知らしめたポートアイランドの建物群。反省点も多いながら活気に満ちた時代でした。

6_20170105234440e06.jpg
しょぼいベンチから左手に見えるのが川崎重工のクレーン群。構造不況の代表といわれた造船業も一時よりは活気を取り戻したようで、港町の市民としては嬉しく思ってます。当日は寒天の下、寒々しい景色を歩いてきましたが、ターナーのような空模様を楽しめたのが幸いでした。Powerd by CASIO EX-ZR4000

Profile


マイクロフォーサーズやコンデジをこよなく愛す昭和な親父monopodです。日々駄文とレビューを綴ります。写真好きちっこいカメラ好き、コメント大歓迎。since 13/06/2016

Information

Archive

  • Archives »
  • Search

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    写真
    2位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    1位
    アクセスランキングを見る>>

    m43clubカウンター