MFT継続宣言!あわせてLEICA10-25mmF1.7発表

10-25mm-1320x883.jpg
フルサイズミラーレス発表で意気上がるパナソニック&Lマウントアライアンス陣営ですが、あわせて従来のマイクロフォーサーズマウント継続も明言されました。Sシリーズ発表以来、内心ヤキモキしていいたマイクロフォーサーズ(以下MFT)ファンも多かったと思いますし、かくいう私もフォサーズ時代からのファンですので、ちょっぴり安堵しました。

その証拠にリリースされたようなLEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH、従来面白みには欠けるMFTのラインナップとは一味違う斬新なスペックのズームレンズ、これは尖っていて面白いですね。従来7-14mm、9-18mm、8-18mmとか超広角ズームは一通り用意されていましたが、フィルム時代からの画角構成に準じていて平凡といえば平凡でした。

leica_10-25_mft_2.jpg
似たようなズームといえばシグマの18-35mmF1.8 APS-C専用ズームがありますが、比較するとシグマ換算27-52.5mmF1.8に対してパナライカ20-50mmF1.7となり、超広角域までカバーしているので、レンズの魅力としては一枚も二枚も上手。私も出たらすぐに欲しいレンズですが、気になるのは価格、実売でも十数万円は行くでしょうね(冷汗) 

何よりMFTの面目躍如なのがそのサイズ、詳しいスペックは公開されていませんが、下の写真でもわかるように大口径超広角レンズとしてはスリムに収まっています。これなら持ち出すのはぎろぎり苦にならないはず。超広角ズームと標準ズームを併用していた人は、1本にまとめられて荷物を少なくなおかつレンズ交換の手間を減らせます。しかも1段明るくなるので言うことなし。

leica_10-25_mft.jpg
フルサイズミラーレスマウントマウントが次々に発表されて、逆に巷ではMFTマウントの魅力が再評価されているのではないかと思います。MFTはいまいち中途半端なサイズで揶揄されてきましたが、近年MFT陣営の努力のかいあって、1インチの上をいきAPS-Cに見劣りしない画質、フルサイズあるいはAPS-Cと比較しても絶対的なサイズメリット。近年大型化してきていますが、それでもレンズまで含めたシステムとしては圧倒的にコンパクトです。

長らくフルサイズ一眼デジのサブマウントはAPS-Cがお約束でしたが、ミラーレス時代は格別の高画質レンズが揃っているMFTマウントがその役を務めるのではないでしょうか。長年FTとMFTにお布施を払ってきたファンとしてはそうなってほしいものです(笑)

【入院日記】
薬の副作用のピークが過ぎたのでちょっと体調がマシになりました。ということでブログ更新しましたが、WIFIが使えないのですべてLTE通信でやってます。freeSIM2枚で6GB確保していましたが全然足りません。明後日あたりからチャージの嵐になりそう!どうするべ(泣)

人生初の爺しょっく!CASIO GBD-800-8JF

GBD-800-8_bs1.jpg
治療や薬の副作用でへたばっておりましたが、ちょっと体調を戻したのでブログ更新(笑) 入院生活に先立ち暗闇でも針を確認できる腕時計を購入していたのですが、昔の夜光塗料と違って最近のものは効果が持続しないようで、夜中になるとさっぱり時刻がわかりません。仕方なく照明付きのデジタル腕時計を購入することにしました。高価なものは必要ないので、適当なものを物色していたところ、G-SHOCKが良かろうということでポチリ。

GBD-800-8_bs2.jpg
腕時計はROLEXに代表される土方時計が好きで、G-SHOCKのようなアニメ世代が好むようなものには全く興味がなかったのですが、このGBD-800-8JFは歩数計がついているのです。最近は活動量計がブームなので、シンプルな歩数計付きというのは案外珍しいのです。ということでデザインは二の次で選んだのですが、使い勝手はさすがカシオ、よくできています。Bluetoothでスマホとも連携しますが、それほどの健康管理をやっているわけでもなく猫に小判。

面白いのが一日の歩行ノルマの消化率が小さな円形インジゲーターに表示されること。こんなギミックが日本製らしくて面白いです。高価なものではないのでサファイヤではなくミネラルガラス、チタンではなくシリコンベルトというのは仕方がありませんが(笑)、おもちゃ感を一歩超えたタクティクル感があって悪くありません。老眼が進んでいるのでメガネを外すと、針式と違って時刻を読み取りにくいきらいがありますが、人生初のG-SHOCKまずまず気に入っております。

※ちなみに大きい病院なので一日5000歩あることも(びっくり!)。最近は病院でも宅配便を受け付けてくれるので、こんな買い物や洗濯物の交換など大いに助かってます。荷物といえば鉄道便で送られてくる木箱の時代で育った私から見ると隔世の感があります(汗)

復権か!RICOH GR III

Y3c9MTE3MCZjaD01MTM=_src_166970-ricoh-gh-iii-fotopolis.jpg
もう完全に終わったと思っていたRICOH GRですが、4月にGR公式コミュニティサイトがオープンしてまだまだ死んでいないぞとPR。えっ次のGRはどうなるんだ!?と期待をしていました。フルサイズあるいは1インチズーム、それとも21mm機の併売など、いろいろ空想を楽しんでいたら、先日ついに開発発表されそのスペックがベールを脱ぎました。中身はあっけないほどのキープコンセプト(笑)

3e458421cb1fd850a33f7d636b977082.png
思えば初代GRDから現行GR IIまですべて使ってきましたが、たしかにストリートスナップに最適化されたカメラで、贅肉を削ぎ落とし必要な機能を収斂させた素晴らしいモデルだと思います。しかし登場以来13年を経過、GRを取り巻く環境も大いに変わり、流石にそのコンセプトも陳腐化したかと思っていたのですが。いやはやリコー開発陣、頑固です(笑)

一番の売りは3軸手ブレ補正搭載でしょうね。それもボディが小さくなっているのに~偉い。代わりにストロボの搭載が見送られていますが、カメラの性格上それは良しとしましょう。また像面位相差検出AFも搭載されました。パンフォーカスで失敗の少なかったGRDシリーズと比較すると、GRのAFはスナップシューターとしては遅く正確さに欠けることがあったことも事実で、その弱点が解決されれば万々歳。

GRIII-back_180926-058L_ajsh.jpg
操作面ではタッチ液晶が採用されました。個人的にはよく使うのでありがたい。地味ですが緑モードがなくなったのも歓迎、このカメラには必要ない冗長モードでした。唯一残念なのが右肩にあった上下キーの省略。私はこれに露出補正を割り当てて重宝していたのですが。コンデジといえばマクロ性能が重要ですが、1cmマクロのGRDと比較するとGRは10cmと比較になりません。センサーサーズが大きいので仕方ありませんが、GR IIIでは6cmまでスペックアップ。APS-Cとしてはよく頑張りました。

こうやって書き出すと単なるブラッシュアップではなく、キープコンセプトながら十分に性能、操作性を向上させたモデルです。個人的には古い撮りだめを見るとGRDで撮った写真にまずまずの出来のものが多いです。固定焦点だけに頭の中でフレーミングが完結し、シャッターチャンスに集中できたからだと思います。来年春、また無駄遣いしてしまいそう(笑)

※今日は人生初の病室からのブログです。いかがでしょうか。病室にインターネットがないので(泣)スマホでデザリングしてアップしてます。通信速度制限にかからないように気を使ってます(汗)

こりゃええわ~ThinkPad X1 Carbon 2018

1_20180925012641f1d.jpg
先日入院した折に、15型ノートPCを携行したのですが、ベット横のサイドテーブルに置いて使うには大きく取り回しが悪くて後悔の嵐。といって12~13型は仕事用には画面が小さすぎます。コンパクトさと視認性両立なら、最近は少なくなった14インチが最適かもと熟考。再入院の予定があるので、急いでレノボBTOにてThinkPad X1 Carbonを注文、約2週間で中国より届きました。

CPUは第8世代になってから4コアをサポートし、性能がCore i7に肉薄するほど向上したCore i5-8250Uをチョイスしました。メモリはとりあえず8GB、ストレージはSSD256GBで高速のPCIe M.2仕様です。Adobe系ソフトを動かすためのミニマルスペックになります。

2_20180925012642はd0e.jpg
DELLのXPSほどではありませんが狭額縁なので、14型としてはコンパクト。毎回悩む液晶については標準のFHD(IPS光沢なし)ではなく、今回は少し奢ってAdobe RGBカバー率100%+HDR対応のWQHD(2560×1440)をチョイスしました。非常に広い色域と階調を表現できる高品位ディスプレイです。グレア液晶なので映り込みが気になりますが、それを補って余りある美しさです。

階調の表現性が上がったので写真のレタッチがしやすくなりました。過去Adobe RGBカバー率98~100%を謳うディスプレイをいくつか使ったことがありますが、WEBなどsRGBに最適化されたコンテンツでは一部の色がケバく浮いてしまうことが多々あり、個人的には好きではありませんでした。しかしこのモニターはうまくセッティングされており、違和感を感じません。輝度が高いことも特徴で、ホワイトバランスもイジる必要がありませんでした。

3_2018092501264435f.jpg
レノボといえばIBM時代からキーボードの打鍵感に定評がありますが、この X1 Carbonも例外ではありません。過去数台レノボを使いましたが、こいつが一番です。カチッとした打ち心地はボディの剛性感が高いからでしょう。また薄く仕上げられたボディにもかかわらず、キーストロークが確保されていますし、フルーキーピッチなのでストレスがありません。今回DELLのXPSにも後ろ髪を惹かれたのですが、このキーボードだけで他社を周回遅れにする実力ありと感じました。わたし的にはトラックポイントを使いこなせればよいのですが(汗)

4_20180925012645395.jpg
相変わらず色気のないデザインですが、IBM時代からの踏襲ですしビジネスぽさ全開の雰囲気も悪くありません。もともと International Business Machinesですからね(笑) カーボンというだけあって重量は1.13kgと十分に軽いです。最新鋭プレミアムモデルとあって、USB充電や指紋認証などフル装備ですが、唯一カードリーダーがmicroSDというのが許せません。またレノボの黒色は梨地調仕上げで指紋が取れずに困るのですが、こいつは塗装の表面にコーティングがされているようで、比較的つきにくくかつ拭き取りやすいように感じました。最後にノートパソコンとしてはMacbook Pro以来の満足のできる買い物でした。



おぉ!すぐれもの~VICTORINOX スイスカード ドクターヘリ

2_20180924032824ee1.jpg
先日、病院で使う予定のVICTORINOXのミニツールのことを書きましたが、チビサイズとはいえ見た目はナイフなのでどんなものかなぁ~って思っていたところ、small-talkさんがカード式のものを使っておられるとの由。調べてみたところ、ナイフというより文房具と呼んだほうがふさわしいツールでしたので、早速取り寄せてみました。その名もスイスカード ドクターヘリ。ドクターの名がついているので病院にピッタリ(笑)

3_20180924032819cde.jpg
サイズは82×54×4mmとクレジットカードサイズ内に収まっています。機能的には10徳でレターオープナー・はさみ・ボールペン・ピンセット(毛抜き)・ツースピック・ピン・つめやすり・マイナスドライバー・スケール(cm)・スケール(inch)と、小さいにもかかわらず豊富。私が想定している病室内の用途なら十分。なによりオシャレで合理的な感性は、日本製にはないものですね。1ヶ月をこす入院なので、こんなグッズでもモチベーションを高めるのに役立ちそうです(笑)

ビクトリノックス スイスカード ドクターヘリ JDH-07107 【日本正規品】

Arteck ワイヤレスキーボードを試してみた

4_20180917164451f1b.jpg
タブレット用のキーボードを購入したのですが、使ってみたところ価格に見合わない出来の良さだったので紹介します。メーカーはArteckという聞き慣れないメーカー。この手の中国製品によくあるOEM製品だと思われます。折りたたみではありませんが、28.1cm×13.4cm、重さ289gなので十分にコンパクトです。購入した要因はスペースキーの左右にALTキーが配列されたWindows準拠US配列、加えてファンクションキーも装備されていたことです。手にとって嬉しかったのが、フルキーピッチ(19mm)であったこと。これは望外でした、わ~い。

5_20180917164453acc.jpg
予想通りキーストロークは少ないですが、手応えは悪くなくしっかり感があります。裏を見る厚みのあるステンレスの板が裏打ちされて筐体を支えており、打鍵感の向上に貢献しています。ワイヤレス接続はBluetoothで4つのOS (iOS、Android、Mac OS、Windows)に対応しています。テストしたところ手持ちのiPad、Android、Windows機に問題なく接続しました。Fnキーとの組み合わせで、接続やOS切り替えをしますが、操作は簡単です。一つだけ難をいえば、電源スイッチが裏側にあるのでオンオフがやりづらいです。同時期にマイクロソフトの格上タブレット用キーボードも購入しましたが、正直こちらの安物キーボードに好感を持ちました。おすすめですね。

Arteck Bluetooth キーボード iOS, Android, Windowsタブレッ&スマホ対応

静音マウス~効果あり!ロジクール M590

1_2018091716091568e.jpg
パソコンネタが続きます。近日中に入院する予定ですが、長期になりそうなので病室内でパソコンで少し仕事をできるように手筈を整えています。今回は相部屋なので音をたてるのが憚られますので、マウスを見直すことにしました。マウスはクリック音が小さいとはいえ弾くような甲高い音なので、静かな部屋だと結構響きます。そこで調べてみるとロジクールM590という静音化が図られたモデルがありました。

使ってみるとたしかにクリック音が非常に小さいです(公称90%減とか)。これなら隣人に迷惑をかけることはなさそうです。しかしサイドボタンの静音化が図られていません(苦笑) いわゆる頭隠して尻隠さずですが、選択肢が少ないのでこれで良しとしましょう。尼で3,380円とそれほどの高級モデルではありませんが、ロジクールらしい手堅い設計のモデルです。BluetoothとワイヤレスUSBいずれにも対応しており、2台のPCを切り替えて使うことも可能なのでモバイルには便利です。

Logicool ロジクール M720 トライアスロンマウス Bluetooth マルチデバイス対応

2_201809171609174fa.jpg
こちらは同時に購入した家人用のマウスですが、なかなかの出来なのでこれも紹介します。私はロジテックと呼ばれていた昔からロジクールびいきですが、家人はマイクロソフトびいきです。今回も選んだのはマイクロソフトのSculpt Mobile Mouse。赤い色が非常に綺麗で、女性の目を惹いたようです(笑) 機能が少ないですがシンプルなマウスを好む人には悪くありません。

マイクロソフト ワイヤレス小型マウス Sculpt Mobile Mouse

3_20180917160914ad3.jpg
こちらは常用しているデスクトップPC用とノートPC用のマウスです。いずれも評判の良いマウスですが、最近は特に左のマウス、ロジクールM720がお気に入りです。持ちやすく操作性に優れ、カスタマイズできる8ボタン、超高速スクロール、デバイス3台を切り替えて使える仕様、Bluetooth&USBワイヤレス兼用など、機能的には万全です。価格もそれほど高くないのでオススメの一品です。

ロジクールM720 トライアスロンマウス Bluetooth マルチデバイス対応