GR III 試写レビュー カラー編

1_201904171758413b6.jpg
最近は遅くなりがちの試写レビューです。ご近所散歩なのでGR向きの被写体ではないが、その点はご容赦。基本的にはAPS初号機GRからの色調を踏襲しているように思うが、微妙に味付けが変わったような気もする。上の写真はスタンダード(イメージコントロール)※画像はすべてJPEG撮って出しリサイズのみ

2_20190417181224b45.jpg
こちらはビビット設定。通常なら彩度が上がって見えるはずだが差をほとんど感じない。そこでEXIFを見て納得、彩度は変えずにコントラストを+2、シャープをハード、個別画像処理は通常、なるほど。RAW現像やカスタム編集で弄ることができるので、目に見えて変化するような味付けはやらなかったようだ。この程度の落ち着いたビビットなら常用してもよいかも。

3_201904171825167cc.jpg
僕が好きなポジカラーもチェックしてみた。左がビビット、右がポジカラー。通常より彩度が高いとされているが、見た目の印象ではむしろしっとりした雰囲気。1/3段ほどアンダーか。ハイライトを抑え中間調のコントラストをやや上げたような印象。他メーカーのポジカラー調エフェクトよりはシックな印象で常用OK。

4_20190417185031540.jpg
イメージコントロールはビビット。大きいセンサーのおかげで背景は整理されている。なんとなく以前より解像感が低下したような印象だが、等倍ではちゃんと解像している。コンデジにありがちなシャープネスを効かせた画作りではないのだろう。

6_20190417204731a62.jpg
同じくビビット。マクロ域だがレンズの素晴らしさを感じる一枚。センサーサイズも相まって一般コンデジとはひと味違う描写。

5_20190417204201695.jpg
ポジカラーはかなり空が落ちるので印象的な仕上がりとなる。懐かしのコダクロームを思い出すような。

7_20190417205849e69.jpg
昔からお気に入りのブリーチバイパスだが、かなりチューニングが変わった印象。白飛びが過ぎるので1段以上補正が必要かも。以前はもっとシネマライクなカラグレだったような気がする。カスタム編集で弄ってみたい。

8_20190417210117c2d.jpg
6cm最短領域で奇跡的にピントがきたカット(笑) マクロ域のAFはハイコントラストのフォーカスポイントを選んでもあなた任せのウォブリング。マニュアルAFの操作性もお粗末なためストレスがたまる。もっとも通常の被写体相手ではGR IIよりAF性能が向上しているのでサクサク撮れる。

1_2019041721152792e.jpg
夜の街にてウィンドウ越しの一枚。ISO640 F2.8 1/30sec -0.7EV。僕はスローシャッターは苦手だが、手ブレ防止はちゃんと機能してるようだ。

2_20190417211528f88.jpg
ISO1600 F2.8 1/30sec。ノイズは気にならない。1インチセンサーへのアドバンテージを感じる一枚。

久しぶりに使ったAPS-C判GR。総合的にはGR IIより確実にブラッシュアップしているが、画質的には発色や抜けが良くなるとかということもなく、むしろますますGRライクになったような感がある。GRを超えるのはGRということか。ぶれないコンセプトは現在に至っても普遍的で今後もファンを惹きつける存在だと思う。
※この項モノクロ編へ続く

ほぼ最強スナップシューター GR III レビュー

1_20190409221339e11.jpg
アーリーアダプターさんたちのレビューでおおむね高評価であることから購入を決意したものの、よほどの人気なのか値も下がらず在庫もないという状況で指を咥えていたら、先日やっとアマゾンで在庫が出たので、売り切れないうちに即ポチッ。予備バッテリーと充電器も購入したので結構な出費になりました(泣) GRD初代から始まって、GX、GXR、GRとすべてのシリーズを購入、買い戻しも含めて、とうとう13台目のゲットになりました。

2_20190409221341837.jpg
4年ぶりのアップデートとあって、見た目は踏襲しつつも機能は大幅にブラッシュアップされています。なんといってもこの小さなボディに手ぶれ補正を内蔵したのはえらいの一言。加えてストロボを諦めた代わりにGR IIより若干小さいというミニマルなサイズを実現。APS-C化以降、頼りなかったAFでしたが、ついに像面位相差AFを搭載。リコー技術陣頑張りました。

3_2019040922134361a.jpg
実質ハーフマクロを実現した6~12cmマクロモードはGRの活躍シーンを増やしてくれそうです。また最近のコンデジでは必須のタッチパネルを装備、液晶派の僕には嬉しい機能強化。その他Bluetooth対応など細かい点では色々ブラッシュアップ。GR IIとは一線を画すカメラに仕上がっています。問題は使ってみてその恩恵をどれほど感じられるか、実際に使って見て辛口に採点してみました。

◎相変わらず持ち重りしない筐体とミニマルなサイズ。いわゆる1インチハイエンドコンデジはそのサイズとは裏腹に意外と持ち重りするが、GRは持ったときに違和感が少ない。フィルム機に近い比重なのかな。
◎電源オンから0.8秒の爆速起動。もちろん電源オフも爆速でストレスフリー、快感!
◎詳しく検証していないが公称4段分の手ぶれ補正は心強い。
◎やっと採用したタッチパネル、待ちかねました。
◎明るい外光にも対応できるモニターの輝度調整、晴天下でも見やすくなった。
◎ゴミ問題を軽減できる超音波クリーニング(過去困ったこともあったので嬉しい)
◎邪魔にならないミニマルな水平インジケーター
◎フォントが大きく見やすくなった(老眼にはありがたいの一言)
◎整理されたエフェクトとますますシンプル化されたモードダイヤル、操作系

×なんとエフェクトブラケットがなくなった!GRの良さを半減してしまう暴挙。 早急にファームウェアアップで復活して欲しい。
×APS-C判GRの弱点だったAF性能については、像面位相差AF採用にも関わらずそれほどの向上を感じない。特にマクロ域については絶望的でタコの一言(笑)
×以前からMF操作性は悲惨だったが、相変わらず踏襲、実用性は限りなく低い。
×ここまで小さくする必要があったか。リングキャップに右手中指が当たるので気が散ることも。
×小さくした弊害として+―ボタンが省略されてしまった。露出補正はADJボタンに割り当てられるが、きちっとした操作感は専用ボタンが勝る。AFレバーの省略は納得できるが、+―ボタンについては改悪。
×バッテリーの容量不足はわからぬでもないが、小型化による弊害とすれば本末転倒だと思う。
×充電器別売商法についてはうんざり。このクラスの高級機なら付属していて当然。キヤノンを見習うべし。

5_20190409221345719.jpg
まだまだ使い込んでいませんが、けっこう欠点が目立ちます。といって不満足かといえばそうでもなく、やはり最強スナップシューターの称号にふさわしいカメラではあります。写真を記録、記念のためと考える方なら、昨今の1インチハイエンドコンデジを購入したほうが幸せになれます。GRは自分の心象を写真に投影できる特別なマジックカメラなので、相性さえよければ長く付き合えるはず。

6_20190409221347db9.jpg



7_201904092213483de.jpg
作例については次回に続きます。

フクロウが可愛いウィスキー Green Forest

1_20190403185130222.jpg
先日、ローソンで買い物をしていたら可愛いラベルのウィスキー Green Forest に目が止まった。サンフーズというメーカーが出しているらしい。家人はウィスキー党で野鳥マニアでもあるので、お土産代わりに買って帰った。マイナーなメーカーといえば自社で蒸留酒を持っている江井ヶ嶋酒造があるが、サンフーズは知らなかった。

ラベルの裏には「焦がしたホワイトオーク樽の軽くスモーキーな芳香と甘く華やかな味わいをお楽しみください」と書かれていた。開栓して嗅いでみると、たしかにスモーキーではあるが香りはほのか。ちょっとバーボンぽい感じだろうか。味はアルコールの刺激が強くスコッチらしいマイルドさはなし。ソーダ割りや水割り(トワイスアップ)にはいいかな。モルト&グレーンとあるが原酒が若いのだろう。700ccで1,100円ほどだから安いことは安い。ニッカよりサントリーが好きな人におすすめかも。ボトル可愛いし(^^)

鉄ちゃん、始めてみようかな?

blog_import_587487fcf2b0b_20190322010402545.jpg
若い頃から多趣味といえば聞こえがいいが無駄遣い人間で、オートバイ、車、ゴルフ、釣り、写真といろいろはまりました。加齢に伴い気力体力視力がダウン、昨年来入退院を繰り返し「そろそろ終活準備かなぁ…」と寂しいことも考えてしまう今日この頃。とはいうもの根が脳天気なので、この際なにか新しい趣味でも始めて気分転換してみるかと、急に思い立ちました。

以前からやってみたいなと思っていたのは、英会話、絵画などの文化系ですが、今ひとつ乗り切れません。そこで閃いたのが鉄ちゃん。実は鉄道には全く興味がなく、しいて言えば新幹線に乗ることが大好きなぐらい(笑) しかしタモリ倶楽部の鉄道企画がとても面白かったことや、最近では六角精児の呑み鉄本線をかかさず見ています。家人も駅弁が好きなので(関係ないか)、一緒には沼にはまれるかと思案したり(笑)

blog_import_587487f5756e2_20190322010403dd2.jpg
写真が好きなので撮り鉄ということも考えましたが、昨今のブームでトラブルが頻発、迷惑どころか事件を起こす輩もいたりして、ちょっと肌に合いません。せいぜい博物館や廃線でスナップぐらいでしょうね。※写真は京都鉄道博物館

1_20190322001600cad.jpg
まずは情報収集を始めてみようと専門雑誌を集めてみました。もともと機械好き、乗り物好き、模型好きなので読むこと自体は苦になりません。それぞれ編集に工夫が凝らされ門外漢でも楽しめる内容になっていました。ジオラマが昔から好きなので、ついつい模型関連が多くなってしまいました(笑)

imgrc0066666766.jpg
最近はレイアウトが比較的コンパクトに収められるNゲージが主流のようですが、私自身動かすのにはそれほど興味もありませんし、狭い我が家では家人から許可を貰えそうにもありません。さて?と考えていたら、上の写真のような車両展示用のミニジオラマ(既成品)があることを知りました。幅が30cmほどなのでコレクションも可能です。鉄ちゃんと言っても非常に幅が広い趣味なので何をやるかはまだ決めかねていますが、鉄道知識を追求する技術鉄なんかが僕には一番向いているかも。

沼落としの達人 フォトヨドバシ(笑)

1_20190321222339cd4.jpg
年末からのフルサイズミラーレスラッシュ、個人的にはパナに期待していたのですがDSLR並のボディサイズ、重量級のハイエンドレンズを見て「貧乏人には手が届かんなぁ、ボソッ」ということに(泣) SONYは競合に潰されるかと思いきや、先行有利を活かしそれほどシェアを落としていないようです。Eマウントはリリース以来、着実に成長しサードパーティも含めレンズのラインナップが充実しています。私の知らないレンズも増えているようなので、チェックがてらフォトヨドバシから出版されている「ソニーEマウントレンズ完全レビューブック」を読んでみることにしました。

2_20190321222341295.jpg
このムック本はご存知、人気WEBサイト「フォトヨドバシ」で取り上げられたレビューを紙媒体向けに編集したものです。フォトヨドバシの面白いところは、MTF曲線などのスペックを掲載せず、ひたすら作例を上げているところ。いわゆる定量ではなく定性評価なのですね。また見応えだけでなくコメントも気が利いていて読み応えもあります。※なんど作例にほだされてPlanar FE 50mm F1.4をポチりかけたことか。

ただ一つ問題があるのは、担当カメラマン(おそらくプロ)が本当に名手で、どんなカメラ、レンズを使っても情感豊かなナイスな絵に仕立て上げること。作例というより作品として表現されているので、「俺もこのレンズを使ったらこんな写真が撮れるはず」という勘違いが全国的に多発しているはず(笑)もちろん私もその一人。本の印刷はかなり色校正されたようで見応えのあるものになっています。私はフォトヨドバシファンなので、この本は作品集として保管しておくつもりです。