探鳥日記 ホームグラウンド再度山公園にて

1_20181226223735886.jpg
我が家の探鳥のホームグラウンドは長らく菊水山でしたが、最近は再度山公園に行っています。無料駐車場もありお手軽お気軽に比較的多様な鳥たちを観察できます。今年は病院通いでほとんど鳥見はかないませんでしたが、日曜日ちょっと時間が取れたので、午後の遅がけながらでかけてきました。

2_20181226223736b1d.jpg
修法ヶ原池ではマガモ、カルガモ、カイツブリがお出迎え。このあとトピックが…


3_201812262237370f4.jpg
ここはカワラヒワが多いところ。けっこう人相が悪い奴です(笑)


4_201812262237395dc.jpg
この日は驚くほどホオジロが多かったです


5_20181226223740633.jpg
久しぶりにビンズイを見かけました


7_2018122622374320c.jpg
この日の嚆矢、ホオジロガモ(一年目幼鳥♂)。当初キンクロかと思ったのですが、どうも違います。現場では同定できず帰宅してからカモ図鑑をチェックして判明しました。長らく鳥見をしていますがホオジロガモを観察したのは初めてだったので、家人ともども万歳三唱。遠距離からコンデジで撮影したので画像がグズグズなのはご愛嬌。

この日出会えた鳥たちは、ヤマガラ、アオジ、コゲラ、ホオジロ、カシラダカ、ビンズイ、キセキレイ、ウグイス、ホオジロガモ、マガモ、カイツブリ、カワラヒワ、ジョウビタキなど19種、どうもありがとう。機材:DC-TZ90

探鳥日記 冬の明石城にて

1_20181219223002885.jpg
先日朝から晴れ渡っていたので、家人と連れ立って明石城へ久しぶりの鳥見に出かけてきました。パナソニックのコンデジDC-TZ90を入手したので早速の試写も兼ねています。結論からいうと、TZ90については画質はプアながらも操作性は良くてまずまず冬鳥たちをカメラに収めることができました。

3_20181219223004139.jpg
お堀のゴイサギ。コロニーを作って暮らしています


4_20181219223005700.jpg
私の好きなモズ。かなり遠い被写体でしたが、なんとかパチリ


5_201812192230076e5.jpg
こいつはヒドリガモ。今年はホシハジロが多かったです


7_2018121922295917c.jpg
悪相のハシビロガモ。けっこう好きです(笑)


6_20181219223001788.jpg
急勾配の城壁を降りてきたノラちゃん。ちょっとビックリ


8_201812192230082ad.jpg
メジロにも出会えました


9_201812192229589df.jpg
鳥のような小さな被写体相手では画質的に力不足のTZ90ですが、上の写真のような通常の被写体相手では役立つ望遠ズームです。スマホでは簡単に切り取れないカットです。気軽な旅カメラとして十分存在価値があリます。
当日出会えた鳥たちは、ゴイサギ、コブハクチョウ、マガモ、ホシハジロ、ハシビロガモ、カワラヒワ、キセキレイ、メジロ、ノスリ、チョウゲンポウ、モズなど25種。

30倍光学ズームを試す LUMIX DC-TZ90

1_20181219000035502.jpg
モチベーションが低下したのか、最近は重い機材を担ぐのが苦手になりました。とはいうものの鳥見などネーチャー系の撮影では超望遠は必要です。そこで画質に期待はできないと知りつつ、コンパクト型の高倍率ズームを試してみることにしました。候補は3台、キャノンのSX740、ソニーのHX90V、そしてパナソニックのTZ90です。

3_20181219000038c0f.jpg
事前のチェックで、画質的にはHX90V、総合的にはSX740でしたが、実際に3台を手にとって見てTZ90をチョイスしました。やはり超望遠にはEVFが必需ですし、HX90Vは私の手では小さすぎるからです。発売後しばらく経過しているのでお手頃価格で入手できました。ルミックス系は元々操作系が明快ですし、代々の機種で慣れ親しんでいるため、マニュアルを読む必要がないということも購入理由の一つです。

2_201812190000374b0.jpg
EVFに加えて自撮り対応の液晶が装備されています。花や昆虫を撮るなら必需ですが、構造的にEVFが邪魔をするせいか、ちょっと剛性感に欠けます。手荒く扱うとすぐ壊れそう。若干大振りなボディのせいで私の手にはマッチします。EVFについては0.2型と小さいながら意外と見え味が良くて実用に耐えます。全体的には扱いやすいカメラですが、起動時のレスポンスはワンテンポずれます。演算系にコストダウンのしわ寄せがあるのかも。以下作例はJPEG撮って出し

6_201812190000347fc.jpg
24mm~720mm30倍ズームがこのカメラの売り。作例は左から広角24mm、光学ズーム720mm、デジタルズーム1440mm。さすがに超望遠域になると抜けが悪くなり、コントラストは大きく低下しますが、画質に拘らなければまずまず使えます。なにしろ手のひらに乗るカメラですから。

9_20181219000043791.jpg
さて期待の野鳥撮影ですが、コンパクト機とは思えない倍率で引き寄せてくれます。画質はプアですが、証拠写真と割り切れば十分使えます。思ったよりEVFと手ブレ防止が効いて、撮影は快適でした。しかし予期せぬタカの出現があり、あわてて空にレンズを向けましたが、高速動体には全く対応できず(泣) 当たり前ながら止まりもの専用と改めて認識(笑)

7_20181219000044f4a.jpg
鳥撮りでも近距離ならOK


4_20181219000040cd9.jpg
晴天(低ISO)なら十分な描写ですが、ラチェードは狭いです


8_2018121900004672d.jpg
ズームのおかげでちょっと遠い被写体でも簡単に引き寄せOK


5_201812190000428f3.jpg
マクロ域もまずまず。このカメラについては野鳥撮影で試写したので、次回また作例をアップします。総論としては予想通り画質はスマホ並ながらも、強力な高倍率ズームと扱いやすい操作系、ハイバリューで、まずは気に入りました。