或る日の印象 II

_3020456.jpg


_3020482.jpg


_3020491.jpg


_3020492.jpg
僕はマック時代にIllustratorとPhotoshopをバージョン1から使っていたというのが自慢です。もっとも当時は(今も)初心者で全く使いこなせずアシスタントに助けてもらってましたが(笑) 長らくAdobe社にはお布施を払い続けているので、Photoshopの派生版Lightroomが出たときも、デジタルカメラに凝っていたこともあり早速飛びついて試してみました。が、初期版は恐ろしく重い上に、カタログを作るという面倒さにも馴染めず、結局は使い慣れたPhotoshopに戻りました。

今日ひょんなことから、超ひさしぶりにLightRoomをインストールして使ってみました。 THETA Z1用プラグインを使うためにはLightRoom Classic CCが必要という理由からです。写真は試しに白黒現像した結果です。昔のLightRoomとは全く違うソフトに仕上がっていました。PCパワーにも助けられたのか、カタログづくりもすばやいですし、現像作業もサクサクです。IFは相変わらず冗長的ですが、パラメータ周りは大分整理された印象があります。簡単な現像ならとりあえずマニュアルを読まなくても済みそう。気に入ったのでしばらく使ってみましょう。※E-M1markIISIGMA30mmF1.4

散歩にて

b3.jpg



SS9.jpg



b4.jpg
今年はカメラを持って近所をうろつくことが少ないので、写真を取る機会が減りました。花写真は虫がいるとイキイキするのですが、今年は遭遇することも少ないです。家人に云わせると今年は蝶が多いというのですが。近い内に遠征してチャレンジしてみよう。暑くなってきているので脆弱な私なら倒れるかもしれません(笑)

点景 六甲山カンツリーハウスにて

1_20180625184914ebe.jpg
今回の目的はニッコウキスゲでしたが、見頃を過ぎていました。残念…


2_2018062518491545d.jpg
コアジサイ(別名シバアジサイ)貧乏くさいですがそれなりに趣はあります。


3_20180625184916261.jpg
ちょっと可憐な黄菖蒲、なんと「要注意外来生物」だとか。知らなんだ~きれいなのに。


5_20180625184919a44.jpg
ヘビは食べないのにヘビイチゴ、誰が名付けたのか(笑)


4_20180625184918c9a.jpg
ローズウォークで見かけた薔薇。ゴージャスな一輪でした。
機材:E-M1markIIM.ZD60mmF2.8

鈴蘭の頃

1_20180427214638d4a.jpg
今年もスズランの季節がやってきました。私の住んでいる町内では園芸愛好家達がスズランの栽培をやっており、その大きな花壇が毎年私の目を楽しませてくれます。今年はどうだろうかとちょっと離れた花壇まで歩いていったら、小さな蕾がまさに開いたところでした。

カラスノエンドウと働きアリ

1_20180417113942bb7.jpg
花が一番咲き誇る季節ですね。道端も賑やかです。

鬱金香

1_20180416154718ec7.jpg
チューリップ(鬱金香)は年々品種が増え、様々なカラーバリエーションを目にします。簡単なようで意外と手強い被写体で上手く撮れた記憶がありませんが、今回はまずまずでしょうか(=自己満足)。

★F1上海グランプリにてトロロッソ・ホンダ惨敗!応援のしがいもなく、がっくり(-。-;)

我が家に咲いた春の妖精 カタクリ

P3270053.jpg
今朝、リビングでボケっと寝ぼけていると、家人が小さな植木鉢を抱えてリビングに入ってきました。「ほら♪」と差し出されたので目をやると、なんとそこにはカタクリの小さな花びらが。

P3270069.jpg
私がカタクリが好きなことを知っていたので、購入して庭で育てていてくれたそうな。去年カタクリの群落の撮影に行ったのですが、上手く撮れなかったことを覚えていてくれたのでしょう。思わず感謝する爺でした。

ラナンキュラス

111.jpg
最近は難しい名前の花が多くなりました。。。

スフレタイム

4_201802071402369c7.jpg



5_20180207140844598.jpg



6_20180207140235812.jpg
糖質制限中に付き…
E-M1markIIM.ZD12-100mmF4 M.ZD25mmF1.2

ロックフォール”パピヨン”を味わふ

1_201801241831285f5.jpg
WOWOWで放映されているドキュメンタリー番組「チーズ・チーズ・チーズ」をご存知ですか。チーズ専門家がチーズの故郷を訪ねて世界中を巡る番組です。軽妙な語り口が面白くて長らく見続けています。先日は世界三大ブルーチーズ「ロックフォール」特集だったのですが、中でも最上級とされるパピヨン社のオーガニックチーズを紹介していました。僕はブルーチーズが好きなので、ロックフォールは何回か食べているのですが、当たりが悪いのかいつも今ひとつ。最近は大好きなスティルトン、入手しやすいゴルゴンゾーラを主に食しています。番組を見ているうちに美味しそうなので、家人が買ってくれることになりました。番組とチーズショップがタイアップして、番組で紹介されたチーズを頒布する通販をやっているので注文は楽ちん。数日ほどしたら冷蔵便で届きました。

03311629_58de054f101e9.jpg
お味といえばさすがロックフォール”パピヨン”。とっても美味しかったです。かなり塩辛いのですが旨味があるのでワインが進みました。ちなみにワインはこの日のためにボルドーを…というのは真っ赤な嘘で、いつものお手軽チリワインで済ませました(笑)

2_201801241904529fa.jpg
ちなみにアソートなので、3種の詰め合わせです。抱き合わせられた’バカール熟成’は正直不味かったです(笑) 小さく丸いクロタンドシャヴィニョルは家人はダメとのことでしたが、僕はけっこう美味しくいただけました。この手の詰合は○△✕がアソートされてくるので、致し方ありません。パピヨンを求めて、次回は専門店でオーダーしてみようと思ってます。