紫雲山 中山寺へ

1_201806262033266ce.jpg
六甲山から車だと宝塚まですぐなので、かねてより一度見たかった中山寺へ詣って来ました。阪神間では「なかやまぁ~♪かんのぉん~~♪」のラジオコマーシャルで有名です(笑) 聖徳太子の創建によると伝えられ、わが国最初の観音霊場だとか。安産祈願・子授け祈願で名高く、お世話になった方も多いのではないでしょうか。真言宗中山寺派大本山、西国三十三所の札所でもあります。まずは近所で蕎麦を食って腹ごしらえをしてから(不味かった…)、立派な山門を潜りました。

3_20180626203327771.jpg
平日でしたので境内の人出はそれほど賑わっていませんでしたが、若いお母さんの姿が多く見られ、昨今の観光地化された寺社とは一味違う空気感はなかなかよいものかと思いました。蓮や紫陽花の大きな鉢植えで飾られた参道は掃き清められており、気持ちが良かったです。安産子授けだけでなく、交通安全から商売繁盛、厄除け、合格祈願までありとあらゆるご利益を謳った幟の羅列にはちょっと苦笑しましたが。本堂へは急な階段が少しありますが、横手にエスカレータが設けられていたのには、びっくり。足弱なお年寄りには嬉しい配慮だと思います。

4_20180626203329d7b.jpg
こちらは本堂、入れ代わり立ち代わり信心深そうな老若男女が参拝しておられました。


5_20180626203330d2a.jpg
西国三十三所第二十四番札所だけあって、巡礼姿の人達もちらほら。私達もお線香を上げさせていただきました。敷地は広く奥の院までまだまだ道が続いていますが、かなり遠いので本日はパス。直営店のお蕎麦が美味しそうだったので、次回来たときのお楽しみとしましょう。

大人の遠足 六甲山カンツリーハウス

1_201806251803493ec.jpg
先日、家人が「ニッコウキスゲが咲いているよ♪」と教えてくれたので、六甲山カンツリーハウスに出かけてきました。地元ながらここへは幼児と青年のときの2回しか行っていません。当時は山を切り開いただけの自然公園でしたが、40年ぶりに(笑)アクセスすると、複合レジャー施設化され大きく様変わりしていて驚きました。

2_20180625180350eff.jpg
目を惹いたのは国内外10名の写真家・アーティスト10名の共演によるROKKOフォトグラフィックガーデン。作品をバナーに引き伸ばしたものを写真のように野外展示したものですが、作品の質が高く見ごたえがありました。中にはヘアヌードフォトなどもあって、ちょっとドギマギしてしまいましたが(^^;)

3_2018062518035174f.jpg
期待のニッコウキスゲ群生は残念ながら見頃を過ぎておりました。それでも久しぶりに見たニッコウキスゲの姿を鑑賞できてよかったです。ちなみのこの場所は冬場には人工スキー場になる大きなスロープで、オフシーズンの上手な活用方法だと感心しました。

6_20180625182110314.jpg
鬱蒼とした森のなかにバーベキュー場があります。持ち込みOKで手軽な料金で利用が可能。席数はあちらこちらにかなりの数が用意されており、好きなゾーンで食事を楽しめます。なかなか魅力的なバーベキュー場でした。※要予約

4_20180625180352157.jpg
敷地の中には大きな池が二つあって、その一つではレンタル釣具が用意されていて魚釣りが楽しめます。当日は、ファミリー連れに大きな鯉がかかって大騒ぎ。無事取り込めたときは私も思わず拍手してしまいました。

5_20180625180354212.jpg
こちらはローズウォーク。バラなどの花が設えられた遊歩道で手入れがよく、なかなか楽しめました。この施設はレストラン(土日祭営業)やショップ、各種遊具、ドッグランなどが充実しているので、お子さん連れなら一日遊べるでしょう。次回私達は鳥見と森林浴を兼ねてべーべキューを利用したいと思います。家では「煙が嫌!」となかなか焼き肉を食べさせてくれないので、いまから楽しみです。※撮影 EX-ZR4100など

最後の超広角モデル EXILIM EX-ZR4100

1_20180515225509fb9.jpg
先日、カシオ撤退の記事をアップしました。一抹の寂しさを覚えつつコメントしたのですが、記事アップ後、思うところあってカシオ最後の超広角モデルEXILIM EX-ZR4100をポチりました。前身のモデルEX-ZR4000をしばらく使ったことがあるのですが、超広角ズーム搭載ながらも、寄りきれないマクロ性能、馴染めない操作性などで、手放してしまいました。にもかかわらず今回、後継機を購入したのは、センチメンタルな気分だけではなく、現時点で唯一無二の超広角ズーム(しかも自撮り付き)だからです。ニコンのDL18-50が発売中止になったいま、この手のコンデジはこいつで最後になるかもしれません。

2_201805152255101b9.jpg
早速届いたZR4100、見た目的にはボディのシルバー部分が黒一色になったぐらいで、仕様に変更はありません、内部的にも新しい美顔モードやスマホとの親和性が図られた程度で、スペック的には同等。デザイン的にはかなり古臭くて残念感が漂いますが、やや大ぶりな割には軽くて持ち重りせず扱いやすいです。カスタマイズは露出補正をカスタムリングに割り当てただけです。カシオのカメラはフルオートで撮ったほうが好結果が得られることが多いですね。

3_2018051522551284e.jpg
新機能として、スマホでもお馴染みになりつつある背景ぼかしが追加されています。実写テストしてみましたが、構図によっては上手く切り抜きができず不自然になることもあるので、使い所が難しいですね。
▼以下、本邦最後のZR4100レビューになるかも(笑) すべてPEG撮って出し

4_20180515225515f5e.jpg
やはり引きのないところでは19mmワイドの有難味を感じます


5_201805152255152a7.jpg
インテリジェントなプレミアムオートPPOでパチリ。暗部が持ち上がリすぎず自然


6_201805152255180f7.jpg
使い勝手のよい5倍ズーム、95mm相当


7_201805152255177d8.jpg
1/1.7センサーらしい画質で私には十分


8_201805152255210a9.jpg
記憶色寄りでメリハリのある色目です


9_20180515225521280.jpg
3cmマクロ。寄りきれない上にAFも厳しい。動く昆虫はまず無理


10_20180515225508757.jpg
レンズはオリンパスのOEMかも。

マクロについては、その後弄っているうちにベストショットモードのルーペを発見!等倍以上?のマクロ撮影が可能です。トリミングズームながら、カシオ得意の超解像処理でけっこう使える画質が得られます。超解像についてはデジタルズーム(10倍)でもその恩恵が受けられます。この技術については田中希美男プロが絶賛していますね。

最新ハイエンドスマホでは、マルチレンズ搭載が当たり前で、超広角レンズや望遠レンズが搭載されており、ZR4100クラスの機能、画質に肉薄していると思いますが、私のようなロートルには、カメラはカメラらしい格好をしている方がありがたいです。スマホで構えても落としそうでどうも気持ち悪くて(笑) こいつで最後のカシオ機になります。遠足には便利な超広角ズームなので、せいぜい持ち出してやるつもりです。