leica100-400mmの存在理由

2_2017050200540573c.jpg
ちょっとオリの300mmF4PROを試写してみて、その解像力に感じ入りました。現在M4/3の超望遠は300mmズーム(換算600mm相当)を含めると計4本がラインナップされていますが、高画質を保証されているのはオリのサンヨンとライカ銘の400mmズームになります。絶対的性能でいえば、本来ズームが苦手とするテレ端と単焦点サンヨンのそれを比較すると、絶対的な解像力の差がはっきりと認められます。野鳥撮影において彼方にいる野鳥の羽毛のディティールをきっちり写し取ろうとすれば、M4/3では現状においてサンヨンが唯一の選択肢になります。しかしレンズの性能は解像力だけではありません。

1_20170502005404fe1.jpg
2つを並べてみるとサイズの違いが明らか。400mmズームはサンヨンより一回り小ぶりで、重さも1kgを切っておりサンヨンより285gも軽いです。マイクロ・フォーサーズのメリットを具現化した超望遠ズームレンズですね。従来使っていたミラーレス用カメラバッグに400mmズームならなんとか入れられますが、サンヨンは二強の200mm大口径ズーム並みのサイズなので、DSLR用のカメラバッグが必要になります。サンヨンと比べられることの多い400mmズームですが、野鳥マニアならともかく一般的な望遠撮影なら十分な画質で、便利なズームの恩恵を受けられます。テレ側F6.3に抑えられているとはいえ600mm相当域ではF5.6で、決して暗いというほどではありません。

取り回しのサイズ、画質、価格を考慮すると、あらゆるマウントの中でも現在もっともバリューのある超望遠ズームレンズではないでしょうか。サンヨン用に新しく大きめのカメラバッグを購入しなければいけなくなった管理人の感想です(笑)