完成度高し LUMIX DMC-G8 レビュー

1_20171212122254ce3.jpg
年末恒例のベストカメラ誌放談会を読んでいると、メンバー達がDMC-G8をベストミラーレスと褒め上げていたので、つい乗せられてポチってしまいました(笑) 年明けにG9が出てきますが、価格とサイズがネックになって購入はまだまだ先になりそうです。それまでのつなぎとしては悪くないかなという思いもありました。

G8購入の一番目の理由はLeica8-18mmとベストマッチするパナボディを欲しかったこと。先日まで使っていたGX7MK2は死角の少ないナイスカメラですが、コンパクトだけに大口径ズームを装着するとハンドリングは今ひとつで、しっかりとしたグリップを持つGシリーズがマッチングに勝ります。二番目の理由はオリンパス機を使うたびにストレスを感じる操作性です。親指AFに代表されるように、隠し技に合せ技が必要な設定手順は悲惨すぎます。なんとか操作を覚えても、ちょっと使わないと忘れてしまうので思い出すまでが大変(汗) せめてマニュアルをニコン並に充実してくれれば大分助かるのですが。一つ一つをみれば高機能の塊のようなカメラですが、私のように頭が固くなった爺には辛い。

2_201712121222568ff.jpg
格上のE-M1markIIと比較するとやや小さく軽いです。質感についてはクラスの違いがはっきり。ニコンでいえばD500とD7500の差程度でしょうか。しかし前モデルのG7よりはプラスチッキーさが抑えられ見た目は向上しています。操作性については安心のパナソニック、ドライブモードとAFモードが独立ダイヤルに割り当てられているのでホッ。他にもファンクションボタンが6つ用意されているので、カスタマイズ性もばっちり。面白いのはプッシュボタンで機能を切り替えできるリアダイヤル。うまく割り当てるとスピーディなセッティングが可能になりそう。電源ボタンは右手側なので、左手側のオリ機よりは楽ちん。オリンパスという会社はCNほど因習にとらわれない良さがありますが、頑なところもあって使い手は困ります。

超広角レンズで撮影するとかなりのパースが付きます。私は室内写真で柱が傾いているのが大嫌いなので(笑)二軸水準器は必然。オリンパスのそれは画面下と右に別れて表示されるので、水平とアオリを見つつ調整する必要がありますが、パナ機はキヤノン機と同じように一つに集約されて表示されるので見やすいです。ちょっと大きすぎるのでもう少し小さくしてもらえるとありがたいのですが。ストロボが内蔵されていることも大きなアドバンテージ。あると助かることが多いですし、必要なときは持っていないことも多々あるので。

3_20171212122532545.jpg
ミドルクラスゆえにメカシャッターが1/4000秒、フラッシュ同調速度が1/160秒であることは仕方ありませんが、防塵防滴仕様であることや独立SDカードスロット、1.48倍ファインダーなどマニアには嬉しい装備が奢られています。有機ELの見え味は悪くありませんし、ハイアイポイントなのでE-M1markIIより好みです。

大きくブラッシュアップされた内蔵手ぶれ補正、最強E-M1markIIの5.5段に迫る5段は強力の一言。MFT2社レンズ群の敷居が低くなりました。電磁駆動方式を採用したメカニカルシャッターのフィーリングはすこぶるいい感じ。ショックがG7比1/10だとか。従来のマイクロフォーサーズは防振に有利なミラーレスといいつつ、シャッターショックが大きくて微ブレに悩まされたものですが、ここへ来て解決されましたね。電子先幕シャッターも採用されましたが、私程度のスキルでは使いこなそうにもありません(笑) 
※以下作例)すべてJPEG撮って出し。レンズはLEICA 8-18mm0と42.5mmF1.7

4_20171212122257f3b.jpg



5_2017121212225946c.jpg



6_20171212122300c2a.jpg



7_2017121212230108e.jpg



8_20171212122303592.jpg



9_20171212122253117.jpg
純正レンズの効果もあるでしょうが、オリ機よりは柔らかくかつ濃密な色合いです。フィルターレスになったので晴天時の風景やマクロにはいいはず。使い古された1600万画素センサーですが、それだけにチューンが進んでおり、レンズの力を引き出してくれる力はあると思います。E-M1markIIは美人かつ性悪女ですが、G8はほっとする良妻型かな(笑)

一度は見たい 東洋陶磁美術館

1_201712081854516c0.jpg
「大阪くらしの今昔館」の帰り道、以前から一度訪れてみたかった「大阪市立東洋陶磁美術館」へ足を向けました。 住友グループから寄贈された安宅コレクションを核とした美術館で、国宝 2件、重文13件を含む約4000点が収蔵されているとか。建物としては目立たないデザイン(日建設計)ですが、落ち着いた外観で中之島の雰囲気とは調和しているように思えました。今回の企画展示は「世界を魅了した中国陶器」で入場料は900円、意外とリーズナブルでした。

2_20171208185453c2b.jpg
館内の雰囲気は非常に良かったです。シンプルな空間構成ながら、陶磁器コレクションを美しくかつゆっくりしっかり鑑賞させるということにこだわった設計に思えました。この美術館で驚いたのは写真撮影OK(フラッシュは不可)ということ。これは素晴らしいことで今後こういった撮影に寛容な美術館が増えることを望みます。まぁ不心得者も多いので一概には言えませんが。

3_201712081854552f5.jpg
館内は上下に別れた三層構造で、テーマごとに展示されています


4_2017120818545530c.jpg
室内は暗いですが、展示照明は充分な明るさで作品を十二分に鑑賞できます


5_20171208185457626.jpg
陶磁器は見やすい高さに展示されており、鑑賞への配慮が伺えます


6_20171208185458c07.jpg
国宝「飛青磁 花生」素晴らしいの一言


撮影OKということで、皆さん本格的な一眼デジからスマホまで使って、お気に入りの作品を撮られていました。高麗・朝鮮時代の朝鮮陶磁、中国陶磁が中心ですが日本陶磁室もあります。今回、目から鱗だったのは唐三彩の本物をじっくり見ることができたこと。唐三彩風の生活陶器しか知らなかったので「どこがええのやろ?」と思っていたのですが、本物は深みのある色合いで実に素晴らしかったです、眼福。また機会があれば行ってみたいですね。

日本一長い商店街を歩いてみた 天神橋筋商店街

1_20171208003003679.jpg
全長約2.6km、日本一長い商店街、大阪は天神橋筋商店街を歩いてみました。天神橋1丁目から7丁目までの縦に長い商店街には飲食店、食品、衣料、雑貨、酒屋など、約600店舗が軒を連ねているとか。日本中の商店街がシャッター通りに化しつつある現在、とても元気で大阪らしい活気に溢れた通りでした。

2_20171208003004507.jpg
大きな商店街にしては意外と狭い通り。古くからあるということなのでしょうね


3_20171208003005f27.jpg
さすが大阪~目立ったもん勝ち(笑)


4_2017120800300779e.jpg
町内ごとにアーケードや舗石のデザインが変わります


5_2017120800300873f.jpg
ド派手なネオンで装飾された食品スーパー「パチンコ屋かい!」思わず店内に入ってパチリ(笑)


6_20171208003010d16.jpg
鳥居の大きなディスプレイ。あらためて天神さんへの参道なんだと気付かされた


7_201712080030115bd.jpg
アーケードに飾られた御迎人形。歌舞伎や能、歴史の登場人物だとか


8_2017120800300001b.jpg
終点は「天満(てんま)の天神さん」と親しまれる大阪天満宮。日本三大祭で有名


9_20171208003001aa7.jpg
家人ともども家内安全を祈念して、次の目的地「東洋陶器美術館」へ向かいました

面白い!大阪くらしの今昔館

1_201712062333211f8.jpg
先日かねてより見てみたいと思っていた「大阪くらしの今昔館」へ行ってきました。日本初の“住まいの歴史と文化”をテーマに創られた専門博物館で、実物大で再現された江戸時代の街並みや、模型・資料による近代大阪の風景が展示されています。博物館はそれほど人気がありませんし、平日なのでガラガラだろうと思って行ったのですが、意外や意外、外国人がわんさか(笑) あとで調べたら外国人に人気のスポットだとか、うむ。写真は江戸時代ゾーン。なんと天井照明が昼から夜へ変わり町並みの一日を演出します。いまは明け方です。

2_20171206233322deb.jpg
着物姿が多くてびっくり~90%が外人さんです(汗)


3_20171206233323793.jpg
いろいろなお店、町家を再現。かなり考証されていてリアル感あり。骨董もほとんど本物。


4_20171206233324ed0.jpg
ディティールも凝ってます。時代劇のセットを超えてますね。


5_20171206233326e66.jpg
日が落ちてきた裏通り。庶民たちが住んでいた長屋も再現されていました。


6_20171206233328505.jpg
200円で着物が体験できるとあって着付け室では外人さんが行列待ち。なるほどねぇ…


7_2017120623332917e.jpg
下のフロアは明治以降の大阪の住まいとくらしがテーマ。地味ながらここも面白かったです。


8_20171206233314ad1.jpg
こちらは精密なジオラマ模型や映像などのディスプレイが主体になります。


9_20171206233316bd0.jpg
非常にできの良い模型に目が奪われます。写真は戦後の焼け跡に並んだバス住宅。


10_201712062333172b9.jpg
凄いのはドンテン返しで、模型が人形ジオラマに入れ替わること。いやぁ驚きました。


11_20171207001730dd5.jpg
初代通天閣と新世界ルナパーク。ここも昼と夜を凝った照明で演出。

江戸時代のリアルセット、近代大阪のジオラマ、いずれも見応十分で時間を忘れて楽しめました。親子三代で楽しめるエンターテイメント性とともに、文化史的にも興味深く意義のあるものと思います。関西在住の方なら必見のミュージアムです。

マイベスト超広角ズーム!LEICA 8-18mm/F2.8-4.0

1_2017120512373044d.jpg
先日、思うところあってLEICA8-18mm超広角ズームを購入しました。超広角についてはコンパクトかつ高画質のオリンパス9-18mm、また単焦点のLAOWA7.5mmをすでに有しています。決して安くない買い物なので貧乏人には厳しい選択だったのですが、このところ撮影シーンが以前とは変わってきたので、シチュエーションへの対応ということでM.ZD9-18mmと入れ替えることにしました。

2_20171205123731b7c.jpg
以前はアウトドアでの撮影が多かったのですが、最近は美術館、博物館、歴史的建築物などでの屋内撮影が多くなりました。こういった文化施設では照明が抑えられていることが殆どで、小さいセンサーのマイクロフォーサーズでは厳しいシーンが多いです。ISO1600から3200、シャッター速1/60sec以下というのが当たり前で、もっと厳しい状況もあります。そのようなシーンでは少しでも明るいレンズと強力な手ブレ防止が欲しいです。もちろん高ISOでも高画質な絵を叩き出してくれるボディも必要です。

このところ使ってきたE-PL8とM.ZD9-18mmの組み合わせは非常に軽快でお気に入りのシステムですが、ローライトの室内では残念な結果になることがほとんど。そこでE-M1markIILeica8-18mmに換えた場合、大きく重くなりますがレンズ開放値で1段、防振性能で2段、ISO耐性で2段程度と、暗いシーンではかなりの画質向上を期待できます。実際、試写した結果でも効果を確認できました。

3_20171205123733171.jpg
このレンズについては発売以来、その高性能を喧伝されていますが、たしかにナイスの一言。メカニカルなオリンパスPROシリーズとは一味違うシンプルで落ち着いた外装で、E-M1markIIともマッチします。ズームリングの操作感もなかなか。フードを装着すると見た目が大きく見えますが、実際はそれほどでもなく、意外と軽くて振り回しやすいです。テレ側をF4に抑えたメリットでしょう。

画角優先なら1mmでも広く写し撮れる7-14mmが有利ですが、36mm相当まで使えるこのレンズなら着けっぱなしでも間に合います。特に人物や路地の奥を切り撮ったり場合は28mm相当では広すぎるので、私にはこのズーム域が使いやすいです。またフィルターを装着できるのは精神衛生的によろしいかと(笑) 最後に重要なこと、インナーズームなのでズーミングしても外観が変わりらない男前レンズです。
※以下作例 すべてJPEG撮って出し

93.jpg
開放でも解像感高し 8mm F2.8 1/60sec ISO400


4_20171205123734e55.jpg
ローライトながらまずまず  11mm F3.2 1/30sec ISO3200


5_20171205123736e2e.jpg
F2.8の有難味  8mm F2.8 1/8sec ISO3200


9_20171205123742c45.jpg
歪曲はよく補正されています  8mm F2.8 1/60sec ISO2500


7_2017120512373949d.jpg
このレンズも寄れます 18mm F2.8 1/80sec ISO200


8_20171205123741dea.jpg
デジタルシフト撮影を使ってみました  15mm F2.8 1/60sec ISO400

暗い室内に加え屋外もかなりの曇天で、試写には厳しい条件でした。プログラムオートで撮影したため作例の殆どが開放ですが、よく解像していました。E-M1クラスのボディとはマッチングがよく、比較的軽量に仕上がり携行が負担にならないので、9-18mmの代替として持ち出す機会が多くなりそうです。パナライカシリーズはいずれも出来がよいので、来年出てくるであろう50-200mmF2.8-4.0を今から楽しみにしてます。