官能シャッター音に誘惑されて E-M5 Mark II レビュー

先日、水族館の撮影で好結果をえられなかったことから、マウント追加も含む機材購入を検討していましたが、結局わたしの撮り方に一番フィットするのは使い慣れたマイクロフォーサーズ(以下MFT)だと再認識しました。MFTの弱点はボケ量、ISO耐性、動体追尾AFといわれていますが、ボケは元々APS-C比、半段〜1段の差でしかありませんので、明るいレンズの採用で充分カバーできます。ISO耐性、動体追尾AFについては、ここに2,3年でずいぶん向上しました。ISO耐性はAPS-C比、半段〜1段程度、動体追尾AFについては、某誌テストでE-M1、GH4が二強のミドル機を凌駕したというテスト結果が出ています(ホンマかいな)。

もちろん暗い場所での動体撮影に最適解と思われるフルサイズも検討しましたが、しばらく使ったD700と同じ結果(結局持ちださなくなる)になると予想されますし、人気のα7 II については、手頃なレンズが揃っていない上に、スリムなボディとのアンバランスさが目につきます。また私淑するPanoramaheadさんの水族館撮影の記事を拝見し、機材より腕とセッティングということを改めて示唆していただきました。ということで結果は現状維持、まずはめでたし(笑)

といっても振り上げた拳を下ろすわけにはいきません。そこでゲットしたのがE-M5m2(水族館に関係なし) 最新鋭PEN Fも考えましたが、オリジナルの素晴らしいデザインを覚えているだけに、大きな違和感を覚えます。値頃感もないし…まぁ安くなったら考えますが。E-M5m2はいまさらながらの古兵16メガセンサーで新鮮味はありませんが、ローパスフィルターレス採用とか。手持ちのE-M1と同様の画質、操作性なので戸惑いはありません。話題の40Mハイレゾショット、面倒なので使いません(笑)

アクセサリーポートが廃止されたため、往年のフィルム機のようにペンタ部がぐっと小さくなり、見た目がぐっと締まりました。上級機E-M1に準ずる作りこみの良さで、二強のハイクラスDSLRより質感はいいかも。昔のワインダーのようなデザインが気に入ってHLD-8Gグリップを装着しました。ぐっと持ちやすくなりましたが、必要以上の小型化の弊害が出てますねぇ。今風にいうと「なんだかなぁ」 デザインはともかくボリューム的にはGX8ぐらいが正解かもしれません。付属の小型ストロボは、壁バウンスが可能な面白いギミックで感心しました。

実は、こいつを購入した一番の理由は官能的なシャッター音なんです! 初のダンパーシャッターユニット採用の効果でしょうか、音色が「カシャッ」ではなく、小さく低いアルトで「クシュッ」。しかもボディを通してくる感触がグミの実のようなブルン。う〜ん、快感だわ~~ ▼以下作例すべてJPEG撮って出し

年々進化しているのでしょうね。階調性が改善され、AE任せでも滅多に白飛びしなくなりました。

同じMFTのパナよりメリハリのある絵作り、デジタルらしい明快な色調で好まれる方が多いと思います。

AE、AWBまずまず当たります。前後コマンドダイヤルが使いやすくて補正もテキパキ。

世界初5軸手ブレ防止、マクロ撮影にも効果があるとか。たしかに手持ちでもありがたみを感じました。

MFTは手軽な高性能レンズが揃っているので面白いですね。このところ高級化高額化が進んでますが。

4:3という比率はワイド感に欠けるためMFTの弱点ですが、ポートレイト構図では収まりがよく長所でもあります

総論的にはハイエンドE-M1の小型化ブラッシュUP版という位置付けですね。できないことは深度合成ぐらいで、わたし的には電子シフトが搭載されているのが嬉しい。ファンクションボタンがやたら多く、好みで機能割当できるのはいいのですが、追加追加でごちゃごちゃ。そのくせ親指AFを割り当てるのは大変で教えてもらわなくてはいけない(笑) やはり二強のような練り込んだ操作体系を確立させる必要があるはず。特にドライブモード、フォーカスモード、露出モードの三点セットは独立物理ダイヤル(ボタン)でワンタッチアクセスできないと、状況が刻々と変化するフィールドの動体相手ではとっさに対応できません。ここらに故米谷氏のようなカメラ哲学を持つ強力な開発リーダーの不在を感じます。泥臭くともパナのほうが実戦的でいいかな。※開発担当者に読んで欲しいなぁ(-_-)ボソ

いずれにせよスナップや観光、物撮りなら、見やすいEVFとバリアングル液晶のおかげで、ナイスなカメラです。しかし野鳥用などフィールドでシビアに使うなら、かなり設定を追い込んで(理由は上位の通り)マイセットにしておかないと、快適に使えないため手間がかかります。この際、メーカーが被写体別&用途別推奨テンプレートを作ってアプリとして公開くれないかなぁ。それならカスタマイズがラクチン、ラビリンス的操作系もまた楽しからずやなんですが。

1/1.7型最終進化モデル OLYMPUS STYLUS 1s いまさらレビュー

昨年より色々コンデジを試していますが、どうも私の使い方にはフィットしません。昨今は1インチセンサーが主流になりたしかに画質は向上しているのですが、サイズ肥大化、マクロ性能低下、価格向上などデメリットも少なくありません。そこで1/1.7型に絞って再度現行モデルをチェックして見ました。そこで浮上したのがOLYMPUS STYLUS 1s、2014年冬の旧いモデルですが評判がいいので試してみることに。登場時よりかなり安くなっており買い頃でした(笑)

結果からいうと大正解。私が重視するポイント、つまり大口径レンズ、マクロ対応、クイックレスポンス、ティルト液晶、オートレンズキャップという機能を装備しており、かつ換算28〜300mm10.7倍ズームを搭載し、お散歩カメラとしては充分なスペックです。ポケットに入るサイズではありませんが、レンズの飛び出しがないのでまずまずコンパクト、E-M10より若干小さいぐらいかな。試写したところ写りもナイスでとても気に入りました。▼以下作例JPEG撮って出し

10.7倍ズーム、やはり便利です。テレ側でも写り悪くありません。

小さいセンサーゆえに白飛びは早いです。それでも粘っている方かも。

WBはアベイラブルな傾向、夕方の光をうまく捉えています。

まずまず寄れます。最短はスーパーマクロの5cm。

ISO800、強力な手ブレ防止もあいまって高感度悪くありません。上出来。

アートフィルター)夕焼けの色を強調するポップアート、いい感じです。

アートフィルター)何気ない日常を心象風景に変換するラフモノクローム。

私にとってのお散歩カメラは、絶対的な画質より使いやすさ便利さが優先されます。STYLUS1sはポケッタブルでないということで無視していましたが、使ってみて驚き桃の木、巷の高評価に納得がいきました。ポケットに入らずとも、サイズの割には軽いので持ち重りしません。しいていうならOMDのコピーではなく、新しく世に問うデザインを模索して欲しかった。何はともあれ、飽き性の私ながらこいつとはとうぶん付き合えそうです。

最強マクロ戦士 OLYMPUS TG-4 Tough レビュー

ふと路傍で小さな生き物や面白い野草を見つけることがあります。昨今のハイコンはマクロが弱いので、なかなか思うように撮れません。ということで強力マクロ搭載のオリンパスTG-3やTG-850をしばらく使いましたが、画質や使い勝手が100%満足できるものではありませんでした。しかしながら現行のTG-4は、かなり愛好家の期待に応える改良を積み上げ、評判も良いようなので、交換レンズ予算を流用し購入してみました。

TG-3からの改良点としては、なんといってもAFターゲットを選択できるようになったのが大きいです。マクロ域での構図の自由度が大いに向上しました。またスーパーマクロの撮影範囲が30cmまで拡大され、ちょっとした物撮りが便利に。あとRAW対応とか、モードが追加整理されたとか色々ありますが、いわゆる従来モデルを磨き上げたブラッシュアップモデルといえます。密かに喧伝されている海野モデルかも。※オリンパスお得意の別売り商法「LEDライトガイド LG-1」を取り付けた図、安くないのでムカつく。こんな必携品は標準装備でしょうが…

TG-4の売りといえば深度合成です。左が合成前、右が合成後(10カット)になります。かなりの効果があります。このカットは銀苔のクローズアップですが、昆虫のように全体にピントを合わせたい被写体なら、有り難みがあるはずです。

西陽を受ける山景、水蒸気が多く好条件ではありませんが、平凡な描写。昨今の高性能スマホのカメラ程度かな。TGシリーズは1/2.3センサーと屈折系レンズの組み合わせなので、まず画質的には期待できませんが… ▼以下作例すべてJPEG撮って出し

不思議に被写体との距離が近づくにつれ画質が向上??

TG-4は電子式に加えてセンサー式の手ブレ防止も搭載しているので、私のような下手っぴには有り難いです。

曇天の条件下ですが、中央部はまずまずの描写ですかね。

AFポイントが移動できるので、従来モデルより構図が楽になりました。

石垣に自生していたツタバウンラン。数mmの小さい花でも簡単に撮れるので、腕が上がったように錯覚してしまいます(笑) 残念ながらティルト液晶ではないので、地面近くでは老眼&腰痛でひと苦労〜次期モデルはぜひ可動液晶を!

F2.0レンズやWiFi、GPS、防水防塵など価格に相応しい装備で、まずは納得。通常撮影での画質はしょぼいですが、不思議に最短域ではきっちり写ります。マクロに最適化されたチューンでしょうね。もう海に潜る歳ではないので、全天候型マクロカメラとして連れ歩く予定です。

M.ZD 40-150mm F2.8っていいかも

実はいわゆる鉄板70-200mmF2.8クラスって使ったことがありません。フィルム時代から大口径ズームより大口径単焦点こそ正義ということで、今日に至っております。ところがM.ZD 40-150mm登場以来、あまりに皆さんが良い良いというので、ついほだされて(爆)

1,2回試用したものの、この焦点域は慣れておらず使いこなせません。やはり失敗かと思いきや、このレンズを使っていて面白いことに気が付きました。通常の望遠では気がつかない、マクロでは見過ごすという被写体があるのですね。苦手なりに下手なりに色々練習してみました。

なんという花でしょうか、青空にピンクが冴えます。

うむ、マクロの描写とはひと味違います。

頬月ではないようですが(笑)紅色が可愛い。

フォルムが面白かったので、ついパチリ。

マクロと違って距離がとれるので、虫が逃げません〜うふふ。アサマシジミかな?

山茶花って好きな花じゃないのですが、この時は輝いていました。
高解像度レンズだけに、ボケ味は美しいとまではいえませんが、まずまずですかね。

遅ればせながらの OLYMPUS E-PL7

9月に超広角専用機として購入したNikon1 J5と6.7-13mmのセット、ナイスなレスポンスとフォーマットを意識させないレンズ性能で、お気に入りではありましたが、使っているうちに不満が出てきました。確信犯的に意図されたコンデジ未満の操作性、上手く丸めているものの余裕のない階調、私の手には小さすぎるボディサイズ、持たない電池などなど。ということで、やはりコンパクトさと性能の釣り合いがとれたMFT機(広角&記念撮影専用)を再び仕入れることに。

今回チョイスしたのは、登場してから1年以上経つオリのE-PL7、人気が継続しているのかなかなか価格が下がりません。組み合わせるレンズはちょっと古臭くなってきたM.ZD 9-18mm F4.0-5.6、私淑するpanoramaheadさん、推薦のレンズです(そないにええかなぁ?)

いまさらM.ZD 9-18mmの評価は不要でしょうが、個人的に気に入らない最大の点は伸長時のひょろと間延びしたスタイル。格好つけのオリンパス製品とは思えず、モチベーションが下がること甚だしいです。といってもリニュアルはまだまだ先と思うので、今回は一工夫。例の専用フードではなく花形フード(40-150mm用)を装着〜少しは精悍さがアップしたように思えます(自画自賛)

E-PLシリーズは自撮りの走りだと思いますが、このカメラも工夫が施されています。といってもJ5以上、GF7未満というところでしょうか。下向き液晶は面白いギミックですが、三脚に取り付けられないというあたりが、やっぱオリンパス(笑)

肝心の画質はE-P5並、問題なし。操作性についてはGM1以上、E-P5未満。オリ特有の迷路型メーニューには毎度トホホ。もっとも広角はPオートで使うことが多いので、困るほどではありません。質感がよくE-P5と並べても遜色ありません。かなり小ぶりですが、右手側が広く設計されているので、J5よりは持ちやすいです。まずは納得の買い物でした。

おぬしできるな M.ZD 40-150mm F2.8 PRO

このところ被写体が街スナップからネーチャー系に変わったので、それに合わせ機材も徐々に更新しています。今回は遅ればせながら、オリンパスの望遠ズーム40-150mmf2.8PROを仕込んでみました。デビュー以来、詳細なレビューがネットに上げられていますが、ブログネタということで、簡単な感想でも記してみます。

ハイエンドだけあって、非常に質感がよく精緻な仕上がりです。オリンパスのハイエンドミラーレスE-M1に相応しい作りで、デザイン的にもとてもマッチします。ピント&ズームリングや三脚座の動きも精密感があり、二強の70-200mmより高級感を感じます。

凝ったギミックのフードはよく考えられており、たしかに便利ですが、フードのローレット部分をぐいっと回して縮める仕組みが当初わからず、少し嵌まりました(笑)60mmマクロと似た仕組ですが、作りははるかに上等です。

これでPROシリーズは標準、望遠と揃いましたが、超広角7-14mmに関してはちょっとペインティング。フルサイズに比べれば小さいとはいうものの、F2.8だけあってそれなりのサイズと価格です。どちらかといえばパナF4のほうが好みですかね。本当はオリの9-18mmがインナーズームでリニュアルしてくれれば一番嬉しいのですが。

家の中でちょっと試写。何の変哲もない魔法瓶ですが、等倍で見るとしっかり解像しています。

MFTは開放から使えるが謳い文句ですが、このレンズも問題なし。コントラストも非常に高いです。

寄れる!これはありがたい。テレコン装着で換算0.558倍、立派なハーフマクロです。

ボケ味はセンサーサイズゆえにまずまず程度。背景によっては煩くなることも。

ミラーレスは小型軽量のレンズがほとんどなので、スペックから見るとむしろ軽い760gが重く感じてズシッときます。より軽量で取り回しのよいパナ35-100mmF2.8と悩んだのですが、結果的には後悔せずに済みそうです。もっともゴルフと同じで、機材を変えても腕は向上しないというのは、普遍の真理ですが(笑)

オリンパス照準器EE-1をV3に装着する 改良型ver.2

以前Nikon1 V3にオリンパスの照準器EE-1を取り付けた記事をUPしました。興味を持たれる方が多いのか、たくさんのアクセスをいただきました。今回改良型を試作しましたので、改めてUPいたします。前回は照準器の取付にミニ雲台を利用しておりましたが、オリンパスのEE-1は照準調整ダイヤルが非常によくできており、雲台を利用して調整する必要がありません。

そこで今回は雲台を外し、ブラケットに直接ボルトオンするように改良しました。これによって照準調整が簡単になると同時に、カメラへの装着、分離、運搬が便利になりました。あわせて重量の軽減も図れました。雲台は便利なようで不便というのは使っている方ならよくお分かりのはず。雲台を廃したことで使い勝手が劇的に向上しました。

雲台を利用しないので、雲台の代わりとなるL型のアングルピースが必要になります。寸法的にはシビアになりますが、ボルト穴を長穴とすることでアジャストが可能になります。ファインダー窓とほぼ同じ高さにセッティングすることで両眼視が可能になります。

パーツ表です。
1)オリンパス照準器EE-1
2)W1/4ネジ付きシューマウント
3)L型アングルピース(L38×38×25)※ホームセンターで入手可
4)照準器固定用エツミカメラネジETM-83988 ※ワッシャとW1/4ネジでも可
5)エツミ製L型ブラケットミニ改造 ※照準器との干渉を防ぐため、写真の位置でカナノコでカット(重要)。断面はヤスリがけの上タッチアップ。
6)アングルピース固定用カメラネジ+ワッシャ
7)エツミブラケット用止ネジE-530(脱着用)※固定するなら一般のカメラネジでも可

照準器EE-1の記事はアクセスが多くそれだけ皆さん興味を持たれているようです。既製パーツに少し改造するだけに使い勝手の良いブラケットができますので、参考にしていただければ幸いです。


再びの STYLUS TG-850 Tough 買い戻し(笑)


去年夏OLYMPUS TG-850を使って非常に気に入っていた(画質以外)のですが、その後TG-4やハイエンドコンデジを続けて購入、出番がなくなったため手放しました。しかし自撮り機能付きのCanon G7Xを使ってみて、改めてTG-850の優位性を再認識しました。

TG-850のみが搭載する21mm超広角は、人物に加えて背景を取り込みたいときに非常に役立ちます。観光地での記念写真にはバッチリ。TG-850のボディはフラットで鷲掴みできるため、自分撮りでもカメラを支えやすくシャッターも押しやすいのです。また画質的には不利な1/2.3センサーですが、ことマクロに関してはTG-850は最強です。


そんなこんなで、手放したことを後悔しつつ後継機TG-860の国内リリースを待っていたのですが、先日海外サイトでTG-860のレビューを閲覧したところ、TG-860はWi-Fi以外のアドバンテージはなく、値がこなれたTG-850の方が画質もコストバリューも良いとのこと。なるほどと納得し、早速買い戻すことに相成りました(軽薄な私…)。色については前回はシルバーでしたが、今回は気分転換で黒をチョイス(笑)


やはりマクロは強力です。トミカのヤンマートラクターの運転席がこの大きさで撮れます。可動モニターなので、撮影も楽々。これから野原の花が咲き出しますので役に立ちそうです。冬眠から目覚めた金魚の池にもさぶんと突っ込む予定。もっとも画質はプアなので、これはという被写体はハイエンドコンデジと使い分けます。

もっとボケくれぇ〜 M.ZD25mm F1.8


先日購入したGX7に付いていたキットレンズは、写りの良さで定評のある20mmF1.7II、不満はありませんが、今回は目先を変えてオリンパス25mm F1.8を使ってみることにしました。


以前使っていたズミルックス25mm F1.4と比較すると、ひと回り小さい上にフードが逆付けできるので、ずいぶんコンパクトに感じます。このサイズならEM1やEM5にも似合うと思います。ズミより寄れますし、近接時のAFも速いので、テーブルフォトに充分使えます。


左側がF1.8開放、右が2段絞ったF3.5。F1.8でもフルサイズ換算F3.5相当のボケ量ですが、ボケ味自体は悪くありません。開放から使える画質ですので、高速AFとフットワークを活かしてスナップに活用したいと思います。

待ちかねたぞ!デジタルシフト

オリンパスE-M1オーナーなら、ファームウェアを先日公開されたVer.2.0に更新されたかと思います。私は横着者ですし余分な機能も不要なので、バグフィックス以外は普段更新しません。が、今回はなんとデジタルシフトが搭載されたのです。以前からつまらんフィルターを付けるより、よほど世のため人のためになると思っていただけに、早速試しました。


おぉ!効果は如実〜しっかり台形補正できますし、オリには珍しく操作が直感的で簡単です。しかし換算24mm程度の広角では大きくけられます。これは画像ソフトを使った後処理でも同じことで、レンズ自体をより広角化する必要があります。キャノンTS-E17mmに人気が集まる理由です(ニコンは気が利かんのぉ)


そこでレンズを換算18mmに替えたのがこれ↑同じようにけられますが、広角らしさが失われません。都市の高層ビルを仰観するようなモダンな構図なら超広角特有の表現もダイナミックでよいですが、木造の寺社建築や眼下に広がる俯瞰景色は、パースを抑えたほうがしっくりきます。※7-14mm欲しいなぁ(-_-)ボソ


広角だけでなく物撮りでもシフトレンズ効果は重宝。プロのスタジオは広いのでパースがつかないよう、十分離れた位置から望遠マクロや中望遠で撮りますが、狭いテーブルフォトが中心のアマチュアは苦労します。シフトレンズは非常に高価なのでデジタル補正は有難いです。もっと早くから実用化して欲しかったですね。画像ソフトによる後処理でもやれなくはありませんが、撮影時点だと光学レンズと同じようにけられ具合を確認でき、より的確な構図で撮影できます。


真上からの撮影はプロなら脚立に乗って撮影しますが、アマはそうはいきません。でもデジタルならこの通り便利の一言。オリンパス偉い!と言いたいところですが、さすがオリンパスやってくれます。なんと排他仕様のため、連写駄目、タイマー駄目、ブラケット駄目、つまり物撮りで必ず使うAEブラケット&タイマー連写ができません。あのなぁ〜