マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

09

2016

2016初レビュー RICOH GR II

いわゆる1インチセンサー搭載のハイコンが登場以来、めぼしい機種はほとんど使ってきましたが、どうもピンときません。鑑みるに普段MFTを使っているので、コンパクトさや性能でアドバンテージを感じないのですね。おそらく一眼デジメインなら感じ方も変わってくると思います。加えて2007年以来GRシリーズをずっと使ってきたので、つい比較してしまうこともあります。何しろGRの操作性は特上ですよってに。ということで年末に買って...

25

2014

こんなん買いました RICOH THETA m15

いわゆる関西弁でいうところのイチビリとはワタシのこと(^^;) ということでトレンドに遅れてはならじと、全天球撮影カメラ RICOH THETA m15を購入しました(今頃遅いわ!)。きっかけはこの記事。親の遺言で(嘘)ビデオとパノラマには手を出さなかったのですが、記事を読んでいるうちに興味がふつふつ。以前3Dパノラマ撮影用に機材だけは揃えたことあったのですが、なかなか時間がとれず挫折した経緯があります。しかしTHETAな...

04

2013

RICOH GR レビュー やはり馴染むなぁ

かねて導入予定だったRICOH GR 、値頃になるのを首を長くして待っていたのですが、なかなか落ち着きませんので、とうとうしびれを切らして購入しました。初代GRDより入手し続けていますので、とうとうGXも含めて全機購入の偉業達成(笑)慣れ親しんだIFなので操作には全く問題ありません。少し大振りになりましたが、手の大きい私には却って持ちやすくなりました。他社のように小型化に伴うハンドリングの悪さを犠牲にしないところ...

18

2013

帰ってきたGRD IV そしてGR

RX-100、ナイスな写りに加えて凝縮されたコンパクト感はわかるものの、人間工学を無視したあまりの持ちにくさに辟易、ついに里子に出しました(笑)ということでこれまた出戻りでGRD4が帰って来ました。初代から数えるとGXも含めてついに8台目、立派なリコーシンパかも。実はGRD4については昨年の購入時ちょっとケチがついた事情があり、買い換えたいと思っていたので悔いはありません。それにしても手にとるたびに思うGRDのハンド...

18

2012

GRD四代目を使ってみて

↑これは「銀残し」ではありません。フォトショップね(^^)ファーストインプレッションは雨の降る街角となりました。傘をさしつつ小脇に荷物を抱え、カメラはポケットから出し入れしながら片手スナップを繰り返すという最悪のシチュエーションでしたが、GRDの持ちやすさはやはり大きな武器でした。小型軽量だけなら他社にも魅力的な機種がありますが、GRDには万人が認めるフォールディングの良さがあります。私は手が大きい方なので...

09

2012

最強スナップシューター GRD IV

ということで通算7台目のGRD(含むGX)がやって来ました。6台も使い続けると、さすがに我が家にはマンネリ気味で、今回はいったんパスしたのですが、最新鋭機FUJI X-10を使って見て、改めてGRDのコンセプトの確かさを再確認、仕方なくポチッと逝った次第です。まぁ、こんなことは毎回GRDを買い換えるたびに言っているような気がします(笑)GRD IVについてはリリース以来、ホットユーザーからのインプレがたくさん報告されていま...

30

2009

GRD3レビュー

いまさらながらですが、夕闇迫る街角にGRD3を持ち出してみました。JPEG撮って出しリサイズ、色設定ビビット、一部コントラストのみ微調整。GRD2の絵作りを継承しつつもブラッシュアップされています。21mmワイコン使用ハイライトの粘りはかなり向上しています。21mmワイコン使用1mフルプレススナップはナイスな使い心地。21mmワイコン使用AWBは場の雰囲気を残す方向で進化、好感が持てます。ワイコン装着とは思えない描写、このレ...

28

2009

最強スナップシューター GRD3

先日Powershot S90を購入、お散歩カメラとして使用してみました。ノイズの低減化、よく効く手ぶれ防止、明るいレンズなど、平均点の高い優秀なカメラです。しかし、小さいがゆえのしわ寄せや、とことん検証したような完成度が感じられない点が目につきます。性能の良し悪しではなく、男が使う道具としての魅力度が低いと云うことでしょうか。といってもS90、ズーム式ではCX2と並んで訴求力のあるカメラです。気になる人は名手shina...