家人用新兵器 SONY DSC-WX500 レビュー

家人用のカメラとして2013年以来、PowerShot S110を使ってきましたが、この度その重責を終え、SONYの人気新鋭機WX500へバトンタッチすることになりました。S110は今となっては貴重な1/1.7型センサー搭載機として、私のメモ機として余生を送ることになっています。

最近は超高倍率ズーム機がトレンドで、レンズの小型化が図れる1/2.3型センサーに再びスポットが当たっています。また自撮りブーム対応ということで、自撮り機能付き可動液晶搭載機が増えています。

WX500は広角24mm始まりの30倍光学ズーム(720mm)なので、通常のシチュエーションならほぼカバーできます。家人は鳥見が趣味なので、野鳥の記録写真を撮るのに都合がいいわけです。またHD録画できるので、野鳥相手でピント合わせが難しいケースなら動画で撮ってしまうことも可能です。

180度液晶搭載なので、観光地の記念撮影が簡単になります。デザイン的にはベストセラー機RX100の流れを組むシンプルなフォルムで、質感は価格に見合ったものです。高倍率ズーム&ティルト液晶ということもあって、S110より半回り大きく重いため、ポケットサイズとはいえズッシリ感があります。▼以下作例はすべてJPEG撮って出し。

近所の山を24mm相当でパチリ、矢印の所に送電塔があります。

30倍ズーム(720mm相当)だとこの通り。水蒸気の少ない好条件とはいえ威力十分。ISもよく効きます。

飛びものは無理でも留まった小鳥ならOK、記録用ならまずまずの超望遠画質。

素人には嬉しいオートマクロ。広角端で約5cmまで寄れますが、シベや複眼を撮れるという近接能力ではありません。

光量さえあれば、なかなかの細密感で雰囲気を描写してくれます。

オーバースペックともいえる2000万画素、見栄えするハイコントラストな画質できっちり景色を切り取ってくれます。

露出補正なしで撮影。シャドウ部の階調は十分残っていますが、さすがにハイライト部は飛んでます。

小さいセンサーには厳しい被写体。それでもまずまずの階調性でしょうか。

落陽をISO800で。拡大してもノイズは気になりません。うまく丸めています。

家人用なのでフルオート撮影が前提ということで、カメラをチョイスしました。カメラ作りに手慣れたキャノンに比べると、SONY独特のIFは困ったちゃんですが、家人がメニューを触ることもないと思えば、まずは合格。数ある高倍率ズーム機の中では、コンパクトかつシンプルデザインで、売れる理由もわかります。ここ1、2年の間に弄った1/2.3型センサー採用カメラの中ではピカイチの画質で、センサーとエンジンの進歩を感じました。

長所としては、ソリッドなボディデザインと今日的機能、キビキビとした挙動、よく持つ電池、進化したHDR処理などに好感を覚えました。ダメな点といえば、嫌がらせかと思えるほどの電源スイッチの押しにくさ、トホホなスポット測光、使いやすいようで使いにくいIFぐらいかな。まずはバリューなカメラと見ました。レンズのロゴ、ZEISSだし(笑)

ベストセラー来る!期待のSONY RX-100


いま一番の売れ筋高級コンデジ、サイバーショットRX-100が我が家にやって来ました。ニコンが火をつけた1インチセンサー、とにかくよく写るというという世評に加え、acielmdのレビューや chinpikeさんの作例に背を押され、ポチっと逝ってみました。



小さいながら、ズシッとした重みでなかなか高級感があります。メニューも従来のSONY機よりは設定しやすくてホッ。昔からデザイン優先っていうか一人よがりなSONY流操作方法には、カメラにかぎらず毎回うんざりさせられていますので(笑)



ネット上ですでにたくさんのレビュー報告がなされているので、今回は割愛します。次期GRD5が登場するまで、メインコンデジとしていままで使ってきたGRD4の代替えになります。それにしても私の手には小さすぎて持ちにくい。NEX5を使っても思いましたが、コンセプト優先で実用性を犠牲にするところが、同じデザイン至上主義でも使いやすさを忘れないAppleとの大きな差。まぁ、この機種に限って言えば、練り込まれた操作部分もありますので、良しとします。

サイバーショット DSC-WX170 来る


家人用カメラとしてSONYのDSC-WX5を使っていたのですが、足掛け3年を迎えスレも目立つようになってきたため、新型を導入しました。バイヤーに与えられたFX選定条件は「デザイン、使い勝手、レスポンス、高画質を高い次元で、かつ大衆価格で満足させよ!」って、そりゃ無理でっせ(T_T)



結局、色々物色した結果、SONYのDSC-WX170を選びました。一番の理由は背面にダイヤル類がないこと。液晶のメニューアイコンも消せるので、フルオートで撮る素人には却って見やすく使いやすいわけです。ちょっと触った感じでは非常に出来が良く、目につくような欠点を感じません。さらにバーダーの家人には嬉しい超解像500mmズームというおまけもあったりして、とりあえず今回の買い物は◎、ホッ。

爺が調達しました SONY DSC-WX5


「なかなかピントが合わないからイライラ!」
「前は夜でも綺麗に撮れたのに!ぶれぶればっか!」
「何から何まで遅すぎてチャンスを逃すやんか!」

「姫様~爺が悪うございました。早速新兵器を調達して参りまする<(_ _;)>」
半年前、ペット認識が便利そうと思って家人に買ったFinePix F80EXR、恐ろしく評判が悪く泣く泣く近所のヤマダ電機へ走ってきました。偶然富士フィルムの派遣店員がいて「ちょっとちょっとぉ~F70の評判がいいからF80買ったのにぼろぼろやんか!」「すいません、最近は評判が悪くて…真摯にお客様の声を受け止め上に報告いたします。ぐすん(泣)」「・・・・・」女の子を泣かせても仕方がないので早々に退散しました。

お姫様の文句を総括すると画質云々よりレスポンスと手ぶれです。そこで売り場に並んだ実機を20台以上チェック!画質についてはやはりCanonに一日の長があるがレスポンス悪し。画質とレスポンス、操作性に優れるのはPanasonic、しかしちょっと大きく野暮ったい。結局小さくてお洒落、レスポンスに優れるSONY DSC-WX5dで決定。我が儘なお姫様もシックなブラウンカラーはいたく気に入られたようで爺はホッとしました(^^;