五月晴れの菊水山にて

1_20180509211906f6e.jpg
このところ出不精で裏山歩きとご無沙汰だったのですが、この日は天気が良かったので久しぶりにカメラを持って登ってみました。心がけがよかったのか滅多に遭遇しないキビタキ♂に出会えてプチ幸せでした。

2_20180509211907063.jpg



3_201805092119092fa.jpg



4_2018050921191089c.jpg



5_20180509211912ab3.jpg



6_20180509211913445.jpg
powered by RX10M4

探鳥日記:春の大潮、男里川河口にて

1_201805022150547ed.jpg
例年春の大潮の頃には探鳥に出かけまがが、今年は4月30日の潮回りが良かったので家人と二人、泉北は男里川の河口へでかけてきました。ここ数年は吉野川、加古川、鳴尾浜が多く男里川は久しぶりになります。男里川は吉野川のような大河と違って、どこにでもあるような小さな川ですが、知る人ぞ知る関西のバーダーにはよく知られたシギチ類の好ポイントであります。

2_2018050221505526f.jpg
当日はお天気がよく鳥見日和でしたが、現地に着くとなにやら団体さんがうろうろ。目を凝らしてみると日本野鳥の会大阪支部のメンバーさん達です。私達も幽霊メンバーながら兵庫支部に所属しているので、遠慮しいしい鳥見に参加させていただきました。

6_20180502215101c4e.jpg
男里川ではいつもたくさんのシギチ類に出会えるのですが、当日はさっぱり出てきませんでした。野鳥の会の皆さんも手持ち無沙汰で世話役さんも苦労しているようです。私も暇なので動体撮影の練習に励むことに(笑) それにしてもRX10MK4、ナイスなAF性能です。高速飛翔のツバメって私のような運動音痴には簡単な被写体ではないのですが、なんとか絵にしてくれます。

5_20180502215100ffc.jpg
可憐で素朴なハマダイコンの花が目を楽しませてくれました。頭上では可愛い雲雀の鳴き声が。


4_20180502215058b12.jpg
あまりにも鳥が出てこないので野鳥の会のメンバーさんたちが早々と撤退~私達も切り上げようかと思った頃から、シギチ達が顔を見せ始めました。やはり人が多いと隠れているのですね。

3_20180502215057c36.jpg
嬉しかったのはチュウシャクシギのカップルが顔を見せてくれたこと。これほど絵になる構図は二度とお目にかかれないかも。by DSC-RX10MK4

当日出会えた鳥たちは、ソリハシシギ、チュウシャクシギ、ハマシギ、イソシギ、シロチドリ、トウネン、メダイチドリ、セッカ、ヒバリ、ユリカモメ、アジサシ、ヒドリガモ、コガモなど24種。どうもありがとう。

探鳥日記 春の再度山公園

1_20180320112413b68.jpg
最近は家の近くにある再度山公園へよく鳥見に出かけています。駐車場があって便利な上に鳥影もまずまず濃いところですが、これからの季節、ハイカーや家族連れが多くなるため、休日は避けたほうが無難な場所でもあります。昔は貸しボートや食事を提供してくれる立派な茶屋があったのですが、現在は営業しておらず寂しくなりました。

5_20180320112419be3.jpg
まずは可愛いエナガがお出迎え。お尻を振ってぴょん♪


2_2018032011241438f.jpg
この日はホオジロの大バーゲン、ホント多かったです。


6_20180320113848895.jpg
はるか頭上にキクイタダキが。低画質ながら証拠写真(汗)


3_20180320112416836.jpg
最後に珍しくもアオバト♀に遭遇!


4_20180320112418620.jpg
木の上には♂も~ペアを見られて嬉しかったです。

この日出会えた鳥たちは、エナガ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ウグイス、アトリ、カワラヒワ、キクイタダキ、アオバト、カルガモなど。楽しませてくれてありがとう。

そろそろ夏鳥が来る頃ですが…カメラ取説のことなど

01_2018031417274325c.jpg
先日、再度山の洞川梅林へ観梅を楽しみにでかけたのですが、山の冷気が残っていたのかまだ一分咲き。仕方なく撤退して近所の再度山公園へ鳥見に回りました。ここは比較的鳥の姿が多いところですが、当日はやや風があったためぼちぼち散見する程度。カメラは久しぶりに持ち出した(=ほとんど使えていない)RX10M4ですが、使い込んでいないため習熟不足で撮りそこね連発。野鳥用にカスタムセッティングしなければいけないのですが、それもほったらかしでしたので現場で反省することしきり。

03_20180314172742943.jpg
これはいかんなぁ~ということで帰宅して後、マニュアルを見ながらボチボチセッティングを進めました。野鳥撮影用セッティングについては有志がネット上で公開していることが多いのですが、RX10M4に関しては皆無状態でけっこう試行錯誤(panoramaheadさん、お願い) SONYの操作系はちょっと癖があって好きじゃないのですが、このカメラに関しては熟成が進んだのか、なるほどねと感心する部分もありました。

しかし20万円クラス(購入時)の高級機としては貧相すぎる取説は噴飯もの。CN二強の分厚くきっちりしたマニュアルと比べると話になりません。これはオリやパナも同じことで、エントリークラスじゃないんだから猛省を促したい。カメラというのは各社、あるいはクラスによってそれぞれ操作体系が違いますし、裏技的使いこなしなどもあるので、機能ふんだんの高級機ほど懇切丁寧なマニュアルが必要なはず。PDFがあるからいいだろうというのは単なるコストダウンの言い訳。我が家のパナ製ホームベーカリーやビデオデッキ、象印の電動ポットなどなど、いずれも素晴らしい取説を見るたびに、貧弱なカメラ取説を破りたくなります。

探鳥日記 菊水山にて

2_201801160929168e4.jpg
久しぶりに一人で菊水山を歩いてみました。寒いとやはり出ませんねぇ。


1_20180116092915bc4.jpg
たぶんサメビタキ?


3_20180116092919f44.jpg
お調子者のキセキレイ。帰り道を付き合ってくれました。
by RX10M4

轟沈!三田市「青野ダム」にて鳥見

1_20171212150238be9.jpg
先日、三田市にある青野ダムへ鳥見に出かけてきました。観察対象はカモ類ですが、ひょっとしたらヤマセミと出会えればという儚い想いもあります(笑) 2年前に来たときも寒波で冷え込み貧果だったのですが。さて今回は…と思いつつ湖面を見渡せば、生物反応なし!筏に乗ったワカサギ釣りの家族連れが風に震えるばかり(爆)

2_20171212150241dfd.jpg
ここらでヤマセミと出会える予定でしたが、ここも生物反応ゼロ(爆)


3_20171212150242f21.jpg
景色はフォトジェニックですが…


4_20171212150243dcb.jpg
こんなのが飛んできたので、カメラの練習(泣)


5_2017121215023780b.jpg
湖畔に立つラーメン屋の駐車場でメジロと遭遇~貧果にもほどがある(笑) 次回はリベンジのため播州方面へ出撃予定!当日出会えた鳥たちは、マガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ヒドリガモ、オオバン、ホオジロ、カワラヒワ、メジロ、セグロセキレイ、ダイサギなど19種。

探鳥日記 初冬の再度公園

1_20171208215458815.jpg
ちょっと時間が取れたので、家人ともども再度公園へ鳥見に出かけました。鳥見用として購入したRX10M4の試運転不足解消も兼ねています。当日は冷え込んだ上に昼から出かけたので鳥見としてはコンディションはよくありませんでしたが、それでもまずまずの野鳥たちと出会えました。再度山は我が家から車で十数分程度とアクセスがよい上に、無料駐車場完備でお気軽お手軽ですが、大きな池があるにも関わらず水鳥が全く出ないのが唯一の不満です。野鳥写真はすべて大トリミングしています(笑)

2_2017120821545960a.jpg
可愛いエナガがお出迎え


3_201712082155009ae.jpg
絵になるポーズをとってくれました


4_20171208215503f86.jpg
枝被りですが、なんとかピントがきてくれました。AF優秀


5_20171208215504a78.jpg
600mm相当のテレマクロ~使いみち多し


6_20171208215505a7a.jpg
SONY渾身のRX10M4,まだまだ使い込んでいないので実力を引き出せていませんが、AFがとても優秀です。ワイド+追尾AFCが素晴らしいですが、枝被りが多いところでは苦戦することも多々あるので、シングル+DMFなどの使い方を研究する必要があります。いずれにせよ今まで使った望遠システム(二強も含め)の中では、一番歩留まりがいいように思います。画質も悪くないのですが高ISOはだめなので、シャッター速度の設定が難しいです。とりあえず今後の習熟が課題。

当日出会えた鳥たちは、キクイタダキ、ヤマガラ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、アオジ、コゲラ、ホオジロ、アトリなど