GR III 試写レビュー モノクロ編

1_20190417232444b57.jpg
GRといえばやはりモノクロというイメージが強いようでネットでの作例を見ても極めてモノクロが多い。GRの影響からか昨今は各社ともモノクロエフェクトに力を入れており、オリンパスのラフモノクロやパナのL.モノクロームなど、見るべきものがある。私もGRD時代からモノクロを愛用しており、GR IIIのモノクロエフェクト(イメージコントロール)を検証してみた。作例はハイコントラスト白黒。※画像はすべてJPEG撮って出しリサイズのみ

2_201904172324452bd.jpg
モノクロエフェクトは4種ある。左からモノトーン、ソフトモノトーン、ハードモノトーン、ハイコントラスト白黒。ソフトモノトーンは昭和風のゆるいプリント調のエフェクトだが使い所が難しい。できうるものならばパナのL.モノクロームのような豊かな階調と深み、立体感を感じさせるエフェクトも開発してほしかった。

ハイコントラスト白黒は以前から人気のあるエフェクトで、ノイズを付加すると森山大道を彷彿させる暴力的なイメージとなる。ハードモノトーンは新しく加わったエフェクトで、ハイコントラスト白黒より階調を保持しつつ空などはぐんと落とす印象的かつ使いやすいエフェクト。大いに気に入りました。従来あった色温度を変えられる白黒(TE)はなくなった。温黒調、冷黒調が欲しければカスタムで作れということらしい。ちょっと整理し過ぎではないか。

3_2019041723244729e.jpg
ハイコントラスト白黒。GRD時代からの定番エフェクト。TRI-Xという言葉もだんだん忘れられていく、しみじみ。

5_20190417232450354.jpg
ハードモノトーン。このようにディティールをきっちり見せたい被写体には合っていて使いやすいと思う。

6_20190417232451dab.jpg
ハイコントラスト白黒。ボケ味が被写体のシャープ感を引き立てている。小さいセンサーでは吐けない絵。

8_20190417232443bf0.jpg
28mm広角は背景を整理しにくいが、ハイコントラスト白黒は簡単に画面をまとめ引き算を実現する。

7_201904172324532e7.jpg
ハイコントラスト白黒。周辺光量を補正していないので見事に空が落ちた。許せない人もいるだろうが私は好きだ。

9_20190418003637bf6.jpg
本来は大都市の街角スナップが似合うカメラだが、近所でお茶を濁した(汗) 近い内に都心に持ち出してみよう。色々不満はあるが、それだけ期待も大きいということ。何より素晴らしいのが0.8秒爆速起動レスポンス、これだけでも撮る気にさせてくれる。とりあえず28mm域はこいつでいいと思う。

GR III 試写レビュー カラー編

1_201904171758413b6.jpg
最近は遅くなりがちの試写レビューです。ご近所散歩なのでGR向きの被写体ではないが、その点はご容赦。基本的にはAPS初号機GRからの色調を踏襲しているように思うが、微妙に味付けが変わったような気もする。上の写真はスタンダード(イメージコントロール)※画像はすべてJPEG撮って出しリサイズのみ

2_20190417181224b45.jpg
こちらはビビット設定。通常なら彩度が上がって見えるはずだが差をほとんど感じない。そこでEXIFを見て納得、彩度は変えずにコントラストを+2、シャープをハード、個別画像処理は通常、なるほど。RAW現像やカスタム編集で弄ることができるので、目に見えて変化するような味付けはやらなかったようだ。この程度の落ち着いたビビットなら常用してもよいかも。

3_201904171825167cc.jpg
僕が好きなポジカラーもチェックしてみた。左がビビット、右がポジカラー。通常より彩度が高いとされているが、見た目の印象ではむしろしっとりした雰囲気。1/3段ほどアンダーか。ハイライトを抑え中間調のコントラストをやや上げたような印象。他メーカーのポジカラー調エフェクトよりはシックな印象で常用OK。

4_20190417185031540.jpg
イメージコントロールはビビット。大きいセンサーのおかげで背景は整理されている。なんとなく以前より解像感が低下したような印象だが、等倍ではちゃんと解像している。コンデジにありがちなシャープネスを効かせた画作りではないのだろう。

6_20190417204731a62.jpg
同じくビビット。マクロ域だがレンズの素晴らしさを感じる一枚。センサーサイズも相まって一般コンデジとはひと味違う描写。

5_20190417204201695.jpg
ポジカラーはかなり空が落ちるので印象的な仕上がりとなる。懐かしのコダクロームを思い出すような。

7_20190417205849e69.jpg
昔からお気に入りのブリーチバイパスだが、かなりチューニングが変わった印象。白飛びが過ぎるので1段以上補正が必要かも。以前はもっとシネマライクなカラグレだったような気がする。カスタム編集で弄ってみたい。

8_20190417210117c2d.jpg
6cm最短領域で奇跡的にピントがきたカット(笑) マクロ域のAFはハイコントラストのフォーカスポイントを選んでもあなた任せのウォブリング。マニュアルAFの操作性もお粗末なためストレスがたまる。もっとも通常の被写体相手ではGR IIよりAF性能が向上しているのでサクサク撮れる。

1_2019041721152792e.jpg
夜の街にてウィンドウ越しの一枚。ISO640 F2.8 1/30sec -0.7EV。僕はスローシャッターは苦手だが、手ブレ防止はちゃんと機能してるようだ。

2_20190417211528f88.jpg
ISO1600 F2.8 1/30sec。ノイズは気にならない。1インチセンサーへのアドバンテージを感じる一枚。

久しぶりに使ったAPS-C判GR。総合的にはGR IIより確実にブラッシュアップしているが、画質的には発色や抜けが良くなるとかということもなく、むしろますますGRライクになったような感がある。GRを超えるのはGRということか。ぶれないコンセプトは現在に至っても普遍的で今後もファンを惹きつける存在だと思う。
※この項モノクロ編へ続く

ほぼ最強スナップシューター GR III レビュー

1_20190409221339e11.jpg
アーリーアダプターさんたちのレビューでおおむね高評価であることから購入を決意したものの、よほどの人気なのか値も下がらず在庫もないという状況で指を咥えていたら、先日やっとアマゾンで在庫が出たので、売り切れないうちに即ポチッ。予備バッテリーと充電器も購入したので結構な出費になりました(泣) GRD初代から始まって、GX、GXR、GRとすべてのシリーズを購入、買い戻しも含めて、とうとう13台目のゲットになりました。

2_20190409221341837.jpg
4年ぶりのアップデートとあって、見た目は踏襲しつつも機能は大幅にブラッシュアップされています。なんといってもこの小さなボディに手ぶれ補正を内蔵したのはえらいの一言。加えてストロボを諦めた代わりにGR IIより若干小さいというミニマルなサイズを実現。APS-C化以降、頼りなかったAFでしたが、ついに像面位相差AFを搭載。リコー技術陣頑張りました。

3_2019040922134361a.jpg
実質ハーフマクロを実現した6~12cmマクロモードはGRの活躍シーンを増やしてくれそうです。また最近のコンデジでは必須のタッチパネルを装備、液晶派の僕には嬉しい機能強化。その他Bluetooth対応など細かい点では色々ブラッシュアップ。GR IIとは一線を画すカメラに仕上がっています。問題は使ってみてその恩恵をどれほど感じられるか、実際に使って見て辛口に採点してみました。

◎相変わらず持ち重りしない筐体とミニマルなサイズ。いわゆる1インチハイエンドコンデジはそのサイズとは裏腹に意外と持ち重りするが、GRは持ったときに違和感が少ない。フィルム機に近い比重なのかな。
◎電源オンから0.8秒の爆速起動。もちろん電源オフも爆速でストレスフリー、快感!
◎詳しく検証していないが公称4段分の手ぶれ補正は心強い。
◎やっと採用したタッチパネル、待ちかねました。
◎明るい外光にも対応できるモニターの輝度調整、晴天下でも見やすくなった。
◎ゴミ問題を軽減できる超音波クリーニング(過去困ったこともあったので嬉しい)
◎邪魔にならないミニマルな水平インジケーター
◎フォントが大きく見やすくなった(老眼にはありがたいの一言)
◎整理されたエフェクトとますますシンプル化されたモードダイヤル、操作系

×なんとエフェクトブラケットがなくなった!GRの良さを半減してしまう暴挙。 早急にファームウェアアップで復活して欲しい。
×APS-C判GRの弱点だったAF性能については、像面位相差AF採用にも関わらずそれほどの向上を感じない。特にマクロ域については絶望的でタコの一言(笑)
×以前からMF操作性は悲惨だったが、相変わらず踏襲、実用性は限りなく低い。
×ここまで小さくする必要があったか。リングキャップに右手中指が当たるので気が散ることも。
×小さくした弊害として+―ボタンが省略されてしまった。露出補正はADJボタンに割り当てられるが、きちっとした操作感は専用ボタンが勝る。AFレバーの省略は納得できるが、+―ボタンについては改悪。
×バッテリーの容量不足はわからぬでもないが、小型化による弊害とすれば本末転倒だと思う。
×充電器別売商法についてはうんざり。このクラスの高級機なら付属していて当然。キヤノンを見習うべし。

5_20190409221345719.jpg
まだまだ使い込んでいませんが、けっこう欠点が目立ちます。といって不満足かといえばそうでもなく、やはり最強スナップシューターの称号にふさわしいカメラではあります。写真を記録、記念のためと考える方なら、昨今の1インチハイエンドコンデジを購入したほうが幸せになれます。GRは自分の心象を写真に投影できる特別なマジックカメラなので、相性さえよければ長く付き合えるはず。

6_20190409221347db9.jpg



7_201904092213483de.jpg
作例については次回に続きます。

バーダーズネオ一眼降臨!PowerShot SX70 HS

1_20181230000228f19.jpg
先日ポケットサイズのパナTZ90を購入しました。画質はともかくお気軽鳥見にぴったりで機嫌よく持ち出していたところ、明石公園でタカ2種の飛翔に遭遇!コンデジでは全く刃が立たず泣き別れ。また遠方で珍しいカモを発見しましたが、解像不足で同定に至らず。やはりこれはいかんわと改めて高倍率ズーム機を購入することにしました。パナFZ85は動体AFが魅力ながらもプアな画質とサイズで✕。panoramaheadさん激賞のニコンP1000は来年のシギチシーズンの楽しみにとっておくことに(笑) 

3_20181230000231347.jpg
購入したのは4年ぶりに更新されたPowerShot SX70。大ヒットしたSX60のブラッシュアップ機です。レンズ周りはそのままに画像エンジンがDIGIC 8に、手ブレ防止が5倍に強化されたモデルですが、ストロボシューが省略されてしまいました。そのため手持ちのデジスコドットコムDOS-HS06が取り付けできません(怒) 

2_201812300002300f6.jpg
そこでエツミのブラケットを使ってオリンパスEE-1を装着しましたが、ブラケットがEM1専用のため高さが13mmばかり不足。仕方ないので手持ちの部品を使って専用アダプターを作って解決。ボディが小さいので照準器がとても大きく見えますが、軽量なのでハンドリングは悪くありません。SX自体は610gですが照準器込みでも804g(バッテリー込み)なので、お散歩用鳥撮りカメラとしては気軽に持ち出せます。軽量なのでストラップもオプテックのコンデジ用をチョイスしました。クイックリリースできるので収納時に便利です。

4_2018123000023305e.jpg
高倍率ズーム機としてはずいぶんコンパクト。軽量なので小さめのグリップでもしっかり保持できます。プラスチック感100%ですが質感はそれほど悪くなく、キヤノンらしい手慣れた作り込みです。とりあえず近所で動作確認をしました。北風で野鳥は見当たらず(笑) ▼以下作例はJPEGすべて撮って出し

6_20181230000236593.jpg
オプティマイザONなので明暗部がそれぞれうまく補償されています


7_20181230000237e43.jpg
超広角21mmは使いであり~ナイスですねぇ


8_201812300002183dc.jpg
望遠のテスト、これは換算64mm


9_20181230000219626.jpg
光学ズームMAXの1365mm~いいんじゃない。1/640 秒 (f/6.5)ISO100


11_2018123000022258b.jpg
ピクセル等倍。センサーサイズや手持ち撮影であることを考えれば十分


10_20181230000221b02.jpg
デジタルズーム2730mm。証拠写真なら十分使えます(笑)


13_20181230010645e61.jpg
620mmとデジタル2730mmの比較。ちょっとシャープネスをかけると実用レベル


12.jpg
センサーが小さいので2m程度の距離からテレマクロ(1365mm)OK。昆虫撮影に◎


総じて好印象です。キヤノンらしいヌケの良い画質は万人向けですが、独断的かつ拡張性のない操作性はどうなんでしょう。強化された5倍手ブレ防止でも1000mmオーバーではブレブレ。重量級カメラよりブレやすいので安易な構え方は禁物。本日は晴天でまずまずの結果が得られましたが、曇天ではシャッター速度低下による手ブレ増加、あるいはISO上昇による画質低下は必然ですので、対策が必要です。

先日まで使っていたRX10M4に比較すると、画質、動体AF、機能性で大きな差をつけられますが、倍以上ロングレンジの光学ズーム、半分近いサイズと価格はやはり正義。体力の落ちてきたベテラン、あるいは初心者のエントリー機として存在価値は光っています。豆センサー&暗いレンズを逆手に取った最新高倍率機、おすすめの一品です。
※フードは同梱、液晶はタッチにして欲しかった(-。-) ボソッ

今年はこれにて更新終了。皆様良いお年をお迎えください。来年もよろしくです。


30倍光学ズームを試す LUMIX DC-TZ90

1_20181219000035502.jpg
モチベーションが低下したのか、最近は重い機材を担ぐのが苦手になりました。とはいうものの鳥見などネーチャー系の撮影では超望遠は必要です。そこで画質に期待はできないと知りつつ、コンパクト型の高倍率ズームを試してみることにしました。候補は3台、キャノンのSX740、ソニーのHX90V、そしてパナソニックのTZ90です。

3_20181219000038c0f.jpg
事前のチェックで、画質的にはHX90V、総合的にはSX740でしたが、実際に3台を手にとって見てTZ90をチョイスしました。やはり超望遠にはEVFが必需ですし、HX90Vは私の手では小さすぎるからです。発売後しばらく経過しているのでお手頃価格で入手できました。ルミックス系は元々操作系が明快ですし、代々の機種で慣れ親しんでいるため、マニュアルを読む必要がないということも購入理由の一つです。

2_201812190000374b0.jpg
EVFに加えて自撮り対応の液晶が装備されています。花や昆虫を撮るなら必需ですが、構造的にEVFが邪魔をするせいか、ちょっと剛性感に欠けます。手荒く扱うとすぐ壊れそう。若干大振りなボディのせいで私の手にはマッチします。EVFについては0.2型と小さいながら意外と見え味が良くて実用に耐えます。全体的には扱いやすいカメラですが、起動時のレスポンスはワンテンポずれます。演算系にコストダウンのしわ寄せがあるのかも。以下作例はJPEG撮って出し

6_201812190000347fc.jpg
24mm~720mm30倍ズームがこのカメラの売り。作例は左から広角24mm、光学ズーム720mm、デジタルズーム1440mm。さすがに超望遠域になると抜けが悪くなり、コントラストは大きく低下しますが、画質に拘らなければまずまず使えます。なにしろ手のひらに乗るカメラですから。

9_20181219000043791.jpg
さて期待の野鳥撮影ですが、コンパクト機とは思えない倍率で引き寄せてくれます。画質はプアですが、証拠写真と割り切れば十分使えます。思ったよりEVFと手ブレ防止が効いて、撮影は快適でした。しかし予期せぬタカの出現があり、あわてて空にレンズを向けましたが、高速動体には全く対応できず(泣) 当たり前ながら止まりもの専用と改めて認識(笑)

7_20181219000044f4a.jpg
鳥撮りでも近距離ならOK


4_20181219000040cd9.jpg
晴天(低ISO)なら十分な描写ですが、ラチェードは狭いです


8_2018121900004672d.jpg
ズームのおかげでちょっと遠い被写体でも簡単に引き寄せOK


5_201812190000428f3.jpg
マクロ域もまずまず。このカメラについては野鳥撮影で試写したので、次回また作例をアップします。総論としては予想通り画質はスマホ並ながらも、強力な高倍率ズームと扱いやすい操作系、ハイバリューで、まずは気に入りました。

復権か!RICOH GR III

Y3c9MTE3MCZjaD01MTM=_src_166970-ricoh-gh-iii-fotopolis.jpg
もう完全に終わったと思っていたRICOH GRですが、4月にGR公式コミュニティサイトがオープンしてまだまだ死んでいないぞとPR。えっ次のGRはどうなるんだ!?と期待をしていました。フルサイズあるいは1インチズーム、それとも21mm機の併売など、いろいろ空想を楽しんでいたら、先日ついに開発発表されそのスペックがベールを脱ぎました。中身はあっけないほどのキープコンセプト(笑)

3e458421cb1fd850a33f7d636b977082.png
思えば初代GRDから現行GR IIまですべて使ってきましたが、たしかにストリートスナップに最適化されたカメラで、贅肉を削ぎ落とし必要な機能を収斂させた素晴らしいモデルだと思います。しかし登場以来13年を経過、GRを取り巻く環境も大いに変わり、流石にそのコンセプトも陳腐化したかと思っていたのですが。いやはやリコー開発陣、頑固です(笑)

一番の売りは3軸手ブレ補正搭載でしょうね。それもボディが小さくなっているのに~偉い。代わりにストロボの搭載が見送られていますが、カメラの性格上それは良しとしましょう。また像面位相差検出AFも搭載されました。パンフォーカスで失敗の少なかったGRDシリーズと比較すると、GRのAFはスナップシューターとしては遅く正確さに欠けることがあったことも事実で、その弱点が解決されれば万々歳。

GRIII-back_180926-058L_ajsh.jpg
操作面ではタッチ液晶が採用されました。個人的にはよく使うのでありがたい。地味ですが緑モードがなくなったのも歓迎、このカメラには必要ない冗長モードでした。唯一残念なのが右肩にあった上下キーの省略。私はこれに露出補正を割り当てて重宝していたのですが。コンデジといえばマクロ性能が重要ですが、1cmマクロのGRDと比較するとGRは10cmと比較になりません。センサーサーズが大きいので仕方ありませんが、GR IIIでは6cmまでスペックアップ。APS-Cとしてはよく頑張りました。

こうやって書き出すと単なるブラッシュアップではなく、キープコンセプトながら十分に性能、操作性を向上させたモデルです。個人的には古い撮りだめを見るとGRDで撮った写真にまずまずの出来のものが多いです。固定焦点だけに頭の中でフレーミングが完結し、シャッターチャンスに集中できたからだと思います。来年春、また無駄遣いしてしまいそう(笑)

※今日は人生初の病室からのブログです。いかがでしょうか。病室にインターネットがないので(泣)スマホでデザリングしてアップしてます。通信速度制限にかからないように気を使ってます(汗)