完成度高し LUMIX DMC-G8 レビュー

1_20171212122254ce3.jpg
年末恒例のベストカメラ誌放談会を読んでいると、メンバー達がDMC-G8をベストミラーレスと褒め上げていたので、つい乗せられてポチってしまいました(笑) 年明けにG9が出てきますが、価格とサイズがネックになって購入はまだまだ先になりそうです。それまでのつなぎとしては悪くないかなという思いもありました。

G8購入の一番目の理由はLeica8-18mmとベストマッチするパナボディを欲しかったこと。先日まで使っていたGX7MK2は死角の少ないナイスカメラですが、コンパクトだけに大口径ズームを装着するとハンドリングは今ひとつで、しっかりとしたグリップを持つGシリーズがマッチングに勝ります。二番目の理由はオリンパス機を使うたびにストレスを感じる操作性です。親指AFに代表されるように、隠し技に合せ技が必要な設定手順は悲惨すぎます。なんとか操作を覚えても、ちょっと使わないと忘れてしまうので思い出すまでが大変(汗) せめてマニュアルをニコン並に充実してくれれば大分助かるのですが。一つ一つをみれば高機能の塊のようなカメラですが、私のように頭が固くなった爺には辛い。

2_201712121222568ff.jpg
格上のE-M1markIIと比較するとやや小さく軽いです。質感についてはクラスの違いがはっきり。ニコンでいえばD500とD7500の差程度でしょうか。しかし前モデルのG7よりはプラスチッキーさが抑えられ見た目は向上しています。操作性については安心のパナソニック、ドライブモードとAFモードが独立ダイヤルに割り当てられているのでホッ。他にもファンクションボタンが6つ用意されているので、カスタマイズ性もばっちり。面白いのはプッシュボタンで機能を切り替えできるリアダイヤル。うまく割り当てるとスピーディなセッティングが可能になりそう。電源ボタンは右手側なので、左手側のオリ機よりは楽ちん。オリンパスという会社はCNほど因習にとらわれない良さがありますが、頑なところもあって使い手は困ります。

超広角レンズで撮影するとかなりのパースが付きます。私は室内写真で柱が傾いているのが大嫌いなので(笑)二軸水準器は必然。オリンパスのそれは画面下と右に別れて表示されるので、水平とアオリを見つつ調整する必要がありますが、パナ機はキヤノン機と同じように一つに集約されて表示されるので見やすいです。ちょっと大きすぎるのでもう少し小さくしてもらえるとありがたいのですが。ストロボが内蔵されていることも大きなアドバンテージ。あると助かることが多いですし、必要なときは持っていないことも多々あるので。

3_20171212122532545.jpg
ミドルクラスゆえにメカシャッターが1/4000秒、フラッシュ同調速度が1/160秒であることは仕方ありませんが、防塵防滴仕様であることや独立SDカードスロット、1.48倍ファインダーなどマニアには嬉しい装備が奢られています。有機ELの見え味は悪くありませんし、ハイアイポイントなのでE-M1markIIより好みです。

大きくブラッシュアップされた内蔵手ぶれ補正、最強E-M1markIIの5.5段に迫る5段は強力の一言。MFT2社レンズ群の敷居が低くなりました。電磁駆動方式を採用したメカニカルシャッターのフィーリングはすこぶるいい感じ。ショックがG7比1/10だとか。従来のマイクロフォーサーズは防振に有利なミラーレスといいつつ、シャッターショックが大きくて微ブレに悩まされたものですが、ここへ来て解決されましたね。電子先幕シャッターも採用されましたが、私程度のスキルでは使いこなそうにもありません(笑) 
※以下作例)すべてJPEG撮って出し。レンズはLEICA 8-18mm0と42.5mmF1.7

4_20171212122257f3b.jpg



5_2017121212225946c.jpg



6_20171212122300c2a.jpg



7_2017121212230108e.jpg



8_20171212122303592.jpg



9_20171212122253117.jpg
純正レンズの効果もあるでしょうが、オリ機よりは柔らかくかつ濃密な色合いです。フィルターレスになったので晴天時の風景やマクロにはいいはず。使い古された1600万画素センサーですが、それだけにチューンが進んでおり、レンズの力を引き出してくれる力はあると思います。E-M1markIIは美人かつ性悪女ですが、G8はほっとする良妻型かな(笑)

広角専用機を仕立ててみた PEN E-PL8

1_20171030222937866.jpg
LAOWA7.5mmF2を気に入ったので、超広角専用機を仕立ててみました。レンズ交換式に超広角専用機というのもおかしいのですが、気分的にはフィルム時代の距離計を省略した目測カメラへのノスタルジーです。メカ的には露出計さえあれば間に合うので、バルナックライカをちょっぴり彷彿とさせるE-PL8の黒ボディを選びました。

液晶は下側へ180度開く自撮り仕様です。個人的にはバリアングルよりティルトが好きなのでこれで良しとします。家人と行楽に出かけたときの記念撮影には自撮り棒とコンデジという組み合わせが多いのですが、これからはこのカメラでも間に合わせることができます。

2_20171030222938e68.jpg
たしかにこのボディには小ぶりでメカニカルなオールドテイストのレンズが似合います。およそ貧弱な指掛かりが前面に設けられていますが、見た目とは裏腹にけっこう役立ちます。シンプルでカメラデザインを邪魔しない優れパーツです。盟友パナソニックよりはやはりセンスは少し上ですかね(除くGMシリーズ)

手のひらでつかめるコンパクトなボディですが、意外にずっしり持ち重りがします。昔の金属製カメラのフィーリングですね。これははこれで悪くはありません。小型レンズと組み合わせてもポケットサイズではありませんが、小さなショルダーに収まるので機動性は抜群です。

3_20171030222939072.jpg
しかし裏側を見るとがっかりの一言。E-PL6/7の使い回しということはわかっていますが、ファサードのファッション性はここにはなく、狭いスペースにボタンを押し込んだだけ~操作性も窮屈の一言。はっきりいって最近のできの良いコンデジよりデザインも操作性も低いと言わざるをえません。安いカメラではないのだから金型の使い回しもほどほどにしていただきたい。

このカメラに外部EVF用のシューはいらなかったのでは。なければずいぶんスッキリするし、液晶パネルを下方へ開くという苦肉の策も必要なかったでしょう。オリンパスという会社は凝り性のくせに横着なものづくりを時々します。社風ですかねぇ。さて散歩ついでに試写をしてきました。
▼LAOWA 7.5mm F2 すべてJPEG撮って出し ピクチャーモード:ビビット
文字色

続きを読む

どっちがどうよ?E-M10markII vs LUMIX GX8

image24.jpg
読者さんからタイトル通りの動議が提出されたので、ちょっと検証してみることにしました。Mフォサーズカメラについてはそのほとんどを試していますが、残念ながらGX8に関してはショールームで手に取ったことがあるだけです。しかしながら大体の傾向はわかっているので、検証を推めてみます。

まずカメラの格を考えた場合、価格からもわかるようにあきらかにGX8が格上です。覗いただけでわかるEVFの見え味やティルトEVF、防塵防滴仕様、高級機の証である1/8000メカシャッター、4Kフォトモードなど、ハイエンドのGH4クラスの機能を装備しています。その点E-M10markIIはOM-D三兄弟の末弟であってエントリークラスに所属します。明らかに装備的には見劣りします。

ランク的に比較するなら次兄のE-M10markIIでしょうが、ところがどっこい格下のE-M10markIIにも5軸手ブレ補正、デジタルシフト、2コマンドダイヤル、ライブコンポジットなどの高機能が小さな筐体にきっちり組み込まれています。クラスを超えた作り込みも魅力です。

動体AFに関してはDFD(空間認識AF)を搭載するLUMIX GX8が大きくリード。E-M10markIIでも静止相手なら不足不満はありませんが、野鳥など高速で移動する動体相手だと歯が立ちません。もっとも日常のスナップで困ることは少ないはずです。

E-M10MarkII-BLK_topcloseup_M1442EZ-BLK-720x720.jpg
E-M10markII は好評だったE-M10の後継機ですが、デビュー時にマウント精度の問題で長らく発売が延期されました。そのため日の目を見ない子になってしまいましたが、エントリークラスを超えた魅力があります。何よりコンパクトで凝縮された塊感はナイスです。

GX8は一言で言うと通好みのカメラ。個人的にはそのデザインも含めGX7mk2のほうがまとまり感が高いと思いますが、EVFの見え味、解像度にクラスの差を感じます。特に100-400mmなど大柄のレンズをしっかり支えられる安定感、防塵防滴は頼りがいがあります。

総論としてスペックの差こそあれ、実用性においてその差を感じることは少ないでしょう。大きなレンズを装着してよりヘビーデューティーな環境で使うならGX8。コンパクトさを活かしてフットワークの良いスナップを楽しみたいならE-M10markII 。お好みでよろしいかとおもいます。写真マニアでこれ1台というならGX8、サブカメラならE-M10markIIという選択もありますね。

今頃なレビュー E-M10 Mark II

1_20170406014515674.jpg
OM-Dの末弟、手にとって見ればなかなかの感触。これだと当分付き合えそうです。特に気に入ったのが前後コマンドダイヤルのフィーリング、次兄のE-M5 Mark IIよりナイスです。さっそく試写に出かけてきました。レンズはE.MD60mmF2.8Macro。すべてJPEG撮って出し(Natural)

2_20170406014516a84.jpg
コントラストが高すぎず落ち着いた描写です。


3_20170406014517513.jpg
難しい条件ですが階調を確保しています。JPEGなので上下を切り詰めているのかも。


4_201704060145193f1.jpg
いわゆる以前のオリンパスブルーよりナチュラルな空色。いいチューニングだと思います。


5_20170406014520669.jpg
タッチパッドAFで石像の目に素早くピント、こりゃ便利。


6_20170406020017b30.jpg
難しい色ですが、ぎりぎり飽和していません。地味ながら進歩してます。


7_201704060145232ed.jpg
マクロならティルト液晶の方がアングル液晶よりスピーディで扱いやすいです。


8_20170406014522ab0.jpg
5軸手振れ補正、上級機ほどではありませんがよく効きます。わたしのような下手っぴには◎

総論としてテンポよく撮影できるナイスなカメラです。電源スイッチが気に入らないなど言い出せば色々ありますが、秀逸な前後ダイヤルの操作性、持ち心地の良いオプショングリップは快感です。動体AFについては従来通りで期待してはいけません。AFSについては快速で完成の域に達してます。EVFはエントリークラスのそれですが、これからの季節やはりあれば重宝します。サブカメラとして購入しましたが、軽快感に加えこの画質ならメインとして持ち出しても不満はありません。まずはよい買い物でした。

美味しゅうございます E-M10 Mark II

1_20170405021435c65.jpg
Mフォーサーズを長らく使っていますが、主力はパナソニック機です。しっとりした色調と明快な操作性がその理由です。もちろんオリ機も代々購入していますが、癖のある操作性に慣れることができず常用するには至りませんでした。鳴り物入りで登場したE-M1は、期待の動体AFが野鳥撮影に使えるほどの性能レベルには至っておらず、外へ持ち出す機会は殆どありませんでした。

ところがどっこい、二代目E-M1 Mark IIの高性能AFには驚くばかり~超高速読み出しのEVFも相まって飛ぶ鳥を並のレフ機以上に追随できます。また続々と登場したプロレンズ群の高性能にも驚き桃の木~瑞光の名を辱めない仕上がりで問題は価格のみ(笑) ここに至って一眼デジに追いつき追い越すためのブレークスルーが実現、停滞感のあったMフォーサーズの立ち位置が一気に向上しました。私自身E-M1 Mark IIを使ってみて、これぞ新しい世代のミラーレスと認識を新たにしました。こうなると使いづらい操作性などと文句ばかりを言っているわけにいかず、使いこなすための算段を始めることに。

2_201704050214372aa.jpg
従来、私の撮影行はレンズ付きパナ機2台が基本でしたが、今後E-M1 Mark IIを主力にするのでサブ機も同様の操作性、IF、防振機構をもつオリ機のほうがマッチします。オリ独自の操作性習熟ということも課題ですので、新たなボディを新規購入することにしました。今回新調したのは、E-M1をそのまま小さくしたようなE-M10 Mark II。OM-Dシリーズの末弟で、位相差センダーこそ搭載されていませんが、一般撮影なら十分な性能を有しています。

3_201704050214384d1.jpg
手に持った感触はフォーサーズ時代に愛用したE400シリーズに通ずるもので、コンパクトかつ緻密な塊感を作り出す技はOM1からの伝統だとつくづく思います。同クラスの二強のそれと比較すると、同じプラスチッキーでも作り込みの上手さ、質感の演出で一枚も二枚も上。やはりイケメンは女子にもてます(笑) そうそう液晶はやはりティルトが正解。私のように液晶多用する人間には、ワンアクションで画面を引き出せ、ストラップも引っかからないティルト式のほうが、バリアングルに優ります。

4_20170405021440ca2.jpg
フォーマットを活かしたスーパーコンパクトなボディなのでパンケーキにはジャストマッチしますが、さすがにプロレンズには小さすぎていけません。そこで後付の専用グリップECG-3を装着しました。以前E-M5Mark II専用グリップHLD-8Gの出来が今ひとつだったので多少不安感があったのですが、こいつはナイス。電池交換のため仕組みが良くできていてワンタッチかつ確実に脱着できます。シャッターの押しやすさを確保するため逆テーパーの変な形状ですが、案外しっかりグリップできます。安価なオプションではありませんがおすすめの一品。

5_20170405021434ac6.jpg
発売後、日時が経過しておりネット上では概ね高評価。私の感性レビューではE-M5 Mark IIより上と見ました。防滴が省略されるなど作り込みではやや劣るものの、コンパクトかつ軽量な機体は気軽に持ち出せます。画質も同等なので日常使用に不満はなく、とてもバリューなモデルです。このボディにPROレンズはややミスマッチで、新たにプレミアムレンズを手配しないといけないかも(笑) さっそく使用してみましたので作例には次回にでも。

追いつき追い越せの結実 オリンパス OM-D E-M1 Mark II

1_2017031301073196c.jpg
久方ぶりのカメラレビューです。昨年末登場以来、その高性能でマイクロフォーサーズ(以下MFT)はもとより一眼デジ派の関心も獲得したE-M1 Mark II、やっと当方の手元に届きました。というのも購入する気はあったのですが、なにぶん地方都市、実機がどこにも展示されておらず、手にとって感触を試すことができません。先行して12-100mmF4は購入していたものの、安いカメラではないので躊躇しているうちに、1月末のキャッシュバックキャンペーンが終了。「もうええわ~」と値下がりを待っていたら、キャッシュバックキャンペーンが3月末まで延長。いまだ当地では実機が展示されていないという状況ですが、ネットでは在庫も見かけるようになったので、エイヤ!で注文しました。

2_20170313010731184.jpg
E-M1 Mark IIに関しては、プロからアマまで有用なレビューがたくさん報告されていますので、当ブログではフィーリング主体の定性(独断&横着)レビューでレポートします(汗)。実機は先代の作り込みをそのまま踏襲した仕上がりで、ハイエンドにふさわしくスイッチ類の感触も良好、CN二強のそれにも引けはとりませんね。オリンパスはフィルム時代からから作り込みは上手くてそつがないです。個人的には盟友パナソニック的なオーソドックスな操作系を期待していたのですが、変な自信を持っているのか相変わらずのギミック操作系で、ちょっとがっかり。まぁ先代で慣らされているので使えますが(-。-) ボソッ。

3_20170313010733692.jpg
評価できる点は右肩上面に取り付けられたアイレット。これはいいです、ストラップとシャッター周りとの干渉が大きく減少しますね。モードダイヤルについては、SCNやフォトストーリーのおまけ(初心者)モードが廃止され、カスタムモードが3つ設置されました。やっと普通になったということでホッ。不評の左肩電源スイッチについても見直しはなし。一等地のF2ボタンは割当機能が増えたのでまぁ良しとしますが、本当は独立したドライブやAFモードを付けてほしいところ。まぁそうなると操作系の全面見直しとなるので仕方ないですかね。

AFパッドが使えるようになったのはありがたい。この機能だけでもパナ機を評価していたぐらいですから。望遠やマクロ時はEVFを覗き込みますので、測距点を直感的にさっと移動できる機能は大歓迎。僕は物撮りをするのでデジタルシフトをよく使うのですが、ON-OFF時の変なふるまいが修正されました。使ったことのある人ならご存知だと思うのですが、やっとストレスから開放されます。嬉しい改善です。総じて初代機の操作系を踏襲しつつ、改善改良+機能追加に努めたということでしょうか。大きな声(不満)には耳を塞ぎ、小さな声にはコツコツと応えたという感じ(笑) グリップはいいです。相変わらず小指は余りますが、安定度が増しました。まずは全体的に評価できる仕上がりです。

4_201703130107349c2.jpg
さて話題の最強手ブレ防止~「実際どんなものかいな?」と半信半疑で24-100mmを装着してテスト。結果は「ギョ!ギョ!ギョ!」。なんと1.5秒でもぶれませんせんでした。地球の自転まで考慮するレベルの補正性能というだけあって、素晴らしいの一言。ここぞで威力を発揮する掛け値なしの6.5段、開発陣の努力には素直に拍手したいと思います。

5_201703130107292c2.jpg
E-M1 Mark IIの購入動機といえば、やはり素晴らしい進化を遂げた動体AF性能。すでにネットでは最強D500に肉薄するという賛辞が喧伝されており、AF-Cが弱いと長年叩かれてきたミラーレスはここへ来て大いに地位が向上しました。野鳥撮りが趣味の私は一眼デジも含め色々試してきましたが、やっとMFTで落ち着きそうです。組み合わせるレンズについては本当はサンヨンと言いたいところですが、貧乏自営業なので資金枯渇~とりあえず手持ちのパナライカ100-400mmで練習してみます。このレンズでもネットでは素晴らしい作例を目にしており、写真は「機材ではなく腕やな」と改めて再認識しております。作例はまたの機会にでも。

E-M1 Mark II のC-AFは本物だった!?

bild7.jpg
先日、駅前で時間待ちになったので本屋で時間つぶしをしました。昨今はネットで情報が溢れているので、カメラ雑誌を購入することはなくなったのですが、ふと「カメラマン12月号」が目に止まりなんとなく買って帰りました。「カメラマン」は例年年末企画で、胡散臭い(失礼)カメラマンたちが集まって放談するカメラ談義が面白いことを思い出したのです。家に帰って読んでみると言いたい放題、オフレコ(業界事情)も紙面裏から読み取れて結構笑えました。

11180822_582e3b9fef1e5.jpg
さて、それより興味深かったのが特集「オリンパスOMD E-M1 Mark II進化論 C-AFはAPS-Cを超えた!?」 ネットではE-M1 Mark IIの動体AFは超絶進化したという噂ですが、この手の話は提灯持ち記事がほとんどで、まず五割引きが相場(笑) やはり実データを見聞しないことには鵜呑みにはできません~ということを踏まえて記事に目を通しました。驚いたのが各社新鋭機と比較した動体追従性能テスト、なんと歴代ナンバーワンのD500に次ぐ第2位をマーク! 驚き桃の木7D Mark IIを凌駕しているではありませんか!

野鳥(飛びもの)を楽々補足できるという噂は、ガセネタでなかったようです。マイクロフォーサーズシンパとしては、ミラーレス最強AFはα6300という巷の評価に、心おだやかでなかったのですが、これでライバル達を周回遅れにしたようです。私個人としてはこれは大変なことになりました。次期購入予定機はG8と決めていたのが再検討しなくならなくなったのですから。お小遣いは少ないし、困った、困った/(-_-;)\ まずは最凶もとい最強アーリーアダプターpanoramaheadさんのレビューを待ちましょう。

GX7MK2 L.モノクロームを試す

8_20160701001524ecb.jpg
先日、G7XMK2のプレミアム本を見て、L.モノクロームに興味を持ったことを書きました。少し時間が取れたので駆け足ながら試写してきました。上の写真は従来のモノクローム(左)とL.モノクローム(右)との比較です。私の感想ですが、全体的に1/3段ほど詰め、中間調暗部をアンダーに振った感があります。ヌケの良さより階調性を重視したということでしょうか。色味はニュートラルですね。参考までに作例をアップしますね。
▼以下すべてPEG撮って出し。画像クリックで拡大

1_20160701001449e08.jpg



2_20160701001450713.jpg



3_20160701001452f79.jpg



4_20160701001454999.jpg



5_20160701001448893.jpg



6_2016070100152298a.jpg



7_20160701001523748.jpg

いかがでしょうか。ややデジタルぽさが取れてフィルム調ではありますね。最新のレンズよりオールドレンズと組み合わせると、もっと軟調に仕上がると思うので、一度試してみたいです。