パナソニックミュージアムにて

1_201903202306513cc.jpg
3月12日晴天、所用のついでに家人と連れ立って門真にあるパナソニックミュージアムへ行ってきました。我が家は昔から家電は松下びいきですし博物は大好きなので、かねてより見学したかった施設でした。松下幸之助の経営観、人生観に触れられる「松下幸之助歴史館」、パナソニックのものづくりのDNAを探る「ものづくりイズム館」、「さくら広場」で構成された立派なミュージアムです。写真の寄棟の建物が「松下幸之助歴史館」、愛想の良いガードマンさんに記念写真を撮っていただきました。

2_20190320230653fcf.jpg
こちらは「松下幸之助歴史館」、パネル展示を中心に創業当時を偲ぶ再現展示や、例の二股ソケットなどものづくりの沿革が分かる展示で、なかなか見ごたえがありました。商売人として超一流であっただけでなく、社会のために貢献されたことを再認識しました。今の経済人とはえらい違いじゃ。

3_201903202306546b4.jpg
視聴覚装置も設置されてあって、懐かしい映像が多いのか皆さん食い入るように見られておりました。一般的に企業博物館は手前味噌で退屈なところが多いですが、ここは工夫が凝らされお金もかけられたナイスな展示でした。

4_201903202306568a0.jpg
こちらは隣の「ものづくりイズム館」への連絡通路。大型バスで来た外人さん達がけっこうたくさん見学されていました。家電では世界的企業なので研修も多いのかも。レトロちっくな建物は1933年建設の本社社屋をリニューアルしたものとか。

5_20190320230657d01.jpg
「ものづくりイズム館」では見覚えのある懐かしい家電がわんさか。戦後の貧乏時代に生まれ高度成長期に育った僕には懐かしいものばかりで「あっ、これ家にあった!」と家人と二人で連発(笑)

6_2019032023065907d.jpg
ここも展示に工夫が凝らされていて、戦前のレトロ家電から現代に至るハイテク家電まで、うまく構成陳列されていました。日本の家電が世界を席巻していた時代を切なく思い出してしまいました。

7_20190320230650dcc.jpg
お土産に懐かしのナショナル坊や(復刻ソフビ製)の貯金箱をゲット。売店の綺麗なお姉さんによると100円玉で3万円ほど入るそうです。家電ではとんと元気がなくなったパナソニックですが、日本ならではの感性と技術でまた復権して欲しいと思うのは僕ばかりではないはず。ちゃんとLUMIX買って応援してますからね(笑)

点景 日本玩具博物館にて

12_20190224235418f55.jpg



1_20190224235419432.jpg



2_20190224235421fee.jpg



3_20190224235422795.jpg



4_2019022423542419c.jpg



5_20190224235425a37.jpg



8_201902242354150f2.jpg



10_2019022423541232d.jpg



9_201902242354165a1.jpg
面白い被写体がたくさんあったのですが、持っていたのがコンデジ(DMC-LX9)だったのでちと残念。長めのマクロを持っていたらもう少しナイスな絵が撮れたと思います。

見どころたっぷり!日本玩具博物館

1_2019022422540602d.jpg
2月17日、ちょっと姫路まで遠出して、かねてより覗いてみたかった「日本玩具博物館」に行ってきました。ここは知る人ぞ知るミュージアムであのミシュラングリーンガイドで二つ星を獲得しています。建物は幹線から外れた閑静な田園地で「本当にここに博物館が?」というような立地ですが、瀟洒な蔵造りに加えて立派な駐車場も備えていました。

2_20190224225408251.jpg
当日は春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」が6号館で開催されていました。覗いてみるとちょうど始まったところで、優しそうな学芸館の方がその歴史と発展を丁寧に説明されていました。まったく雛まつりのことは知らなかったのですが、興味深い話を伺えてとても面白かったです。特に江戸は段飾り、京阪の御殿飾りが主流であったことは勉強になりました。

3_20190224225409d72.jpg
古い時代のお雛様~人工染料がなかった時代なので色合いが渋い(自然染料)ですが、手の込んだ素晴らしい芸術作品です。

4_201902242254113c1.jpg
これが京阪の御殿飾り~初めて見ましたが素晴らしい作りでした。高価なものは家が一軒ほどかかったとか。

5_20190224225412204.jpg
江戸の段飾り~五人囃子は武家の文化で江戸で始まったそうです。この他にも地方の雛なども大量に陳列されていて面白かったです。

6_20190224232531925.jpg
4号館では日本の郷土玩具と世界の玩具人形が展示されていました。質、量ともに圧倒されます。

7_20190224225402188.jpg
建物がおしゃれで陳列も工夫が凝らされています。

8_20190224225403ef5.jpg
子どもたちが遊べるスペースもあります。飽き性の子どもたちには嬉しいコーナー。

9_201902242254050dc.jpg
懐かしい駄菓子屋の玩具やキャラクターが集められたコーナー。昔見知ったものも結構あったりして、戦後育ちの私には懐かしい限りでした。
世界160ヵ国から集められた玩具がなんと9万点、6棟の建物で5,000点を展示しているとか。見学してみてミシュラン2つ星に納得。館内撮影OKなので姫路方面に行くことがあればぜひ覗いてみることをおすすめします。

有馬切手文化博物館にて

1_20190108184021dd5.jpg
温泉で有名な有馬に切手文化博物館(公益法人)というユニークな博物館があることを知り、家人と連れ立って行ってきました。私自身切手にそれほど興味はありませんが、小さな美術品と言われる切手を眺めること自体は嫌いではありません。小さい頃は切手ブームでどこの家でも集めていたものです。家人も時々面白い切手を買うことがあるそうで見学を楽しみにしていました。写真の建物は、盛岡市にあった馬事文化資料館「稱徳館」を移築したものだそうで、外内観ともになかなか立派な木造建築でした。

2_2019010818402233f.jpg
対象物がミニマムサイズの切手というだけあって展示は恐ろしく地味でした。飽き性の子供なら1分間で反乱を起こすでしょう(笑) しかし明治黎明期から現在に至るまでの展示は大変見ごたえがあり、時間が経つのを忘れました。デザイン関連という仕事柄、時代の変遷による意匠の変化や切手文化の移ろいを興味深く思いました。※館内撮影禁止。写真は神戸市広報より

5_201901081840193aa.jpg
この日は観察対象が極小というのがわかっていたので、家人ともども先日購入した単眼鏡を持参しました。ガラス越しに小さな活字や意匠の細部を拾うのに大変役に立ちました。家人は3倍のツァイスですが、近接すると20cmまで寄れ5倍のルーペになるのでこの日は大活躍。私の五藤光学製GT-M518(近接50cm)なので切手相手には寄りきれませんでしたが、大口径なので暗い館内でも明るい視野を提供してくれました。

3_20190108184024334.jpg
帰りは有馬の温泉街を少し散歩。前回来たのは10年前ですが、大きく様変わりしたことは外国人観光客が増えたこと。中国語がかしましく飛び交ってました。こんなマイナーな?山奥まで来るんですねぇ。どの看板類には外国語が併記されていました、うむ。

4_20190108184025b12.jpg
以前は懐かしい昭和のお店がそこそこ残っていたのですが、今回は殆どが近代的にリニューアルされ、町並みが垢抜けしていました。若い人には歓迎されるでしょう。ホテルや温泉旅館もモダンに改装されているようなので、一度宿泊してみようかと思っています。

7_20190108213741e3a.jpg
有馬土産といえば炭酸煎餅。好物ですが今回はこんなレトロなものを発見しました(^^)

兵庫県立美術館「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展

2_20181223011029fb1.jpg
先日、兵庫県立美術館で開催中の「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法展」に行ってきました。家業がデザイン関連ですしポスターデザインは若い頃から好きだったので、家人ともども楽しめました。

9_20181223011027cf8.jpg
地味な展示ですし平日だったのでガラガラかと思いきや、館内は意外と人で賑わっていました。さすがに団体客はいなかったのでゆっくり鑑賞できました。やはりデザイナー志望の若い人たちが目立ちました。※写真は毎日新聞

big-bic-logo-MjU3OQ==.jpg
フランスのポスター画家であるレイモン・サヴィニャック(Raymond Savignac、1907- 2002)をご存知の人は少ないと思いますが、世界的な文具メーカーBICの有名キャラクターBIC BOYをデザインした人です。

top_mov.png
初期から晩年までかなりの作品が展示されていて見ごたえがありました。商品を広告するための商業デザインながら、どの作品もニヤリとさせる可笑しみやエスプリが効いていて面白かったです。画のタッチや色使いが素敵で、絵本のカットを一枚一枚見ているようでもありました。

3_2018122301335450f.jpg
会場のアチラコチラで展開されていたビジュアルな誘導サイン。サヴィニャックのポスターから抽出した遊び心のあるアイコンでした。美術館も最近はこんなふうに工夫していますね。

ベラスケスに脱帽!兵庫県立美術館「プラド美術館展」

1_20180828011933671.jpg
先日、兵庫県立美術館で開催中のプラド美術館展へ行ってきました。かねてより見たかったベラスケス、マドリードならぬ神戸でじっくり鑑賞することができてナイスな一日でした。平日なのでそれほどの人手ではありませんせしたが、外人客が多かったノイはのにはびっくり。半数はアジア系の人たちで占められていたのではなかったでしょうか。観光地と違ってさすがにお行儀の良い人ばかりで、こちらも気分良く鑑賞できました。


マネが「画家の中の画家」と呼んだベラスケスは、卓越した技法の持ち主として知られていますが、実際に現物をみて納得できました。どの絵も「鏡のようなリアリズム」で描かれているのですが、そばに寄って見るとディティールが荒いタッチで省略的にすばやく描かれており細かくは判別できないことに驚きました。同時代の他の作家たちの作品も並べられていましたが、いずれも丁寧に細密的に描かれているとは対照的で、さすがの一言。

460px-Velázquez_-_Francisco_Lezcano,_el_Niño_de_Vallecas_(Museo_del_Prado,_1643-45)
代表作の一つ「バリェーカスの少年」、よかったですねぇ。しばし見とれて立ちすくみました。ベラスケスは当時虐げられる存在であった矮人たちや下級層の人々を描いていますが、この作品を見ると彼がなぜ彼らをモデルとして選んだが、なんとなくわかるような気がしました。かれはきっと宮廷画家の枠を超えたヒュマーニストでありたかったのでしょう。ベラスケスの傑作といえばそのだまし絵的な構図の「女官たち(ラス・メニーナス)」が有名ですが、さすがに国宝は持ち出せなかったのか、今回見ることはかないませんでした。が素晴らしい作品を7点も鑑賞できて十二分に満足できました。

今回はベラスケスだけでなくティツィアーノ、ルーベンスなどの巨匠たちの作品や大好きなグレコの小品などもあって、満足度100%。意外に魅入られたのがポデゴン(スペイン静物画)のコレクションを展示したブース。とても素敵な時間を過ごせました。

2_20180828011931d90.jpg
毎回思うのがこの美術館の不可解不思議な通路計画。安藤忠雄の美的センスには頭が下がりますが、もう少し高齢者たちのことも考えてくれ(笑)