マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

07

2017

ドンケへ捧げるオマージュ ルフトデザイン ビンテージレーベル ショルダーバッグ

先日購入したカメラバッグが出色の出来でしたので、報告したいと思います。撮影機材はマイクロフォーサーズ主体なので、カメラバッグは小ぶりなもので揃えているのですが、オリンパスのプロシリーズは図体が従来より一回り大きいため、多めに機材を携行する時や大口径望遠を持ち出す時は、サイズ的に苦しくなってきていました。そこで色々物色したところ、ハクバ製ルフトデザインビンテージレーベルのショルダーバッグLがよさげに...

03

2017

サンヨンPROのための照準器再考

先日、サンヨン用照準器のプチチューンを決行~といっても取り付け方法を替えただけですが、まずまずうまくいったのでご参考までに報告します。照準器自体はこのところ使い続けているオリンパスEE-1ですが、取付用のブラケットをエツミのドットサイトブラケットから、SMALLRIGのロゼットアームに変更しました。理由はバッグにすっきり収まるようにしたかったことと、見た目の改善です(爆)エツミのブラケット(写真左)はE-M1に合...

17

2017

Eye-Fi難民のためのFlashAir+合せ技Snowy

少し前の話になりますが、無線LAN機能内蔵Sカード「Eye-Fi」がサービス中止になり、あせったカメラマンがけっこうおられたのではないでしょうか。昨今はカメラの無線化が進んでいますが、使い勝手という点ではEye-Fiに一日の長がありました。私はSNSではなく室内での物撮りで使っていたのですが、その便利さに慣れきっていたので、或る日突然繋がらなくなったときは焦りました。その後難民のためのアプリがメーカー公開され、しば...

14

2017

LX9ノンスリップ加工

DMC-LX9を入手以来、おおむね機嫌よく使っていますが、大きな問題がひとつ。そのスタイリシュなフォルムからもおわかりのように、滑りやすく掴みにくいです。小さいカメラなのでつまんで持つ格好になりますが、掴む部分には3mm程度の段差による気休め程度の指掛かりがあるだけです。持ちにくいという点では最悪だった初代RX100よりはマシですが、褒めたデザインではありません。そこでスマホ用の滑り止めシールを貼ってみたところ...

05

2017

防水カメラバッグ Aosta メッセンジャーバッグ INTERCEPTOR

カメラバッグネタ続きます。いつの頃からか「カメラバッグに見えないカメラバッグが欲しい」という軟弱な(笑)ニーズが増えたせいか、タフなカメラバッグは少数派になってしまいました。かくいう私もお洒落でシンプル、すっきりしたメッセンジャータイプのバッグを優先的に選んでいます。しかし野鳥や昆虫相手だと足場の悪いところでの撮影が多くなります。特に水鳥やトンボだと砂浜や水辺、湿地が当然で、カメラバッグが濡れる、...

03

2017

M.ZD300mmF4をキャリーする HAKUBAルフトデザインリッジショルダーバッグ

私の場合、探鳥するときは車移動がほとんどです。駐車場から超望遠レンズ付きカメラを肩にかけてポイントまで歩くだけなので、大きなカメラバッグを携行するということはまずありません。そのため従来は家から駐車場(少し遠い)までの間、望遠レンズをクッションボックス入りトート(綿製手提げ袋)に入れて運んでおりました。しかしサンヨンは大きいため新しいクッションボックスが必要になりました。価格を調べると30cmのサイズ...

09

2017

ナイスなメッセンジャーカメラバッグ HAKUBA プラスシェル シティ03

先日、なかなかナイスなカメラバッグを入手したのでご紹介したいと思います。HAKUBAプラスシェルシティ03、品番はSP-CT03-MBLGYになります。昔からハクバといえば地味ながら良心的な写真アクセサリーを手頃な価格で提供するメーカーで、たくさんの方がお世話になってきたのではないでしょうか。専業だけあってハズレの少ない的をえたものづくりをするメーカーです。今回購入したカメラバックはメッセンジャータイプのショルダーバ...

19

2016

ちょっとフォーマル系 Parcferme カメラバッグ

昔からカメラバッグはアウトドア系やミリタリー系が好きで、ざっくりした帆布や無骨なデニールナイロンのものばかり集めているのですが、都心でに出かけるようなときは、ちょっとフォーマルな雰囲気のものも欲しくなります。今回は吉田カバンを外して(笑)、小さめのレンズ付きミラーレスと交換レンズ1本、コンデジを入れられるバッグをAmazonを物色したところ、よさ気なバッグを見つけたのでゲットしました。サイズ的には小ぶり...

15

2016

優れもの!ARTISAN&ARTISTイージースライダーACAM-E38

以前からARTISAN&ARTISTのカメラストラップ、イージースライダーを愛用していましたが、今回400mmズーム用に一番幅広(38mm)のACAM-E38を購入しました。いわゆるプロストラップは昔から好きじゃなくて、細身のストラップを使ってきましたが、最近はよく肩が凝るので(笑)久しぶりの幅広ストラップです。このストラップの良さはなんといってもワンタッチで伸縮でき、しかも緩まずしっかり固定できる仕組みです。過去、この手のス...

09

2016

ナイスバリュー!Yongnuo YN-600 LED ビデオライト

ふだん物撮りやテーブルフォトはストロボを使っています。手軽に撮影できる蛍光灯を使ったこともあるのですが、慣れさえすればストロボのほうが好結果が得られるためです。とはいうものの、シーンや被写体によっては定常光でやりたい時もあります。そこで今回、低価格化が進んできた大光量LEDビデオライトを試してみました。メーカーはYongnuo、ストロボではメジャーです。価格はAmazonで13,500円、日本製ではもはや太刀打ちできな...

05

2016

Photoshop新機能「かすみの除去」を試す

アドビ社にお布施を納めている方ならすでにご存知でしょうが、Creative Cloud 2015版にてPhotoshopとLightroomに「かすみの除去(Dehaze)」が実装されました。従来、水蒸気で白っぽくなった遠景の補正は、トーンカーブで微妙な操作を要求されたものですが、スライダー一発で補正できれば楽ちんです。ちょっと使ってみたところ好結果が得られましたので報告します。▼JPEG画像をPhotoshop CC 2015で補正 ※クリックで画像拡大遠景の...

06

2016

これもいいよ think TANK Photo スリムチェンジャー

先日、シンクタンクフォトのミラーレスムーバー25iを紹介しましたが、今日は同社のスリムチェンジャーを取り上げてみます。スリムチェンジャーはプロ向けに開発されたモデュラーコンポーネントシステム(ウェストベルト装着システム)のポーチの一つです。カメラ用ウェストバッグは大小色々なものが市販されていますが、交換レンズなど煩雑に差し入れする場合、都度よいしょと体の前や横に持ってくる必要があり、煩わしいです。ベ...

03

2016

ジャストマッチだぜ!ミラーレスムーバー25i

先日入手したシンクタンクフォト製のカメラバッグ「ミラーレスムーバー25i」の出来が非常に良かったので、詳細にレポートします。APS-C系ミラーレスはボディはともかく、レンズは一眼デジと同様のサイズなので、カメラバッグ自体は従来のバッグと変わりません。しかしマイクロフォーサーズは一回り小さいため、既存バッグだと中途半端でフィットしません。しかしこのミラーレスムーバー25iはミラーレス用というよりは、マイクロフ...

01

2016

一度は持ちたい自撮り棒

ということで、遅ればせながら(禁止地区増加中)揃えてみました(^^;) 自分撮りの趣味はありませんが、遠足先では家人との記念撮影を励行中。最近は広角24mm始まりのレンズが主流ですが、人物に加え背景に地元の風景も入れるとなると画角が全く不足。そこで自撮り棒の出番です。自撮り棒を使うと15〜18mmクラスの超広角撮影が可能で、風景や建物をばっちり取り込めます。星の数ほどある中で選んだ自撮り棒は、ベルボンのULTRA...

31

2016

これはいい!Etshaim Canvas Bag V300 レビュー

カメラ好きなら、当然のごとくバッグ、ポーチ、ストラップ類にもこだわっているはず。もちろん必要なくても買ってしまうという病気に囚われている人も多いでしょう(笑)かくいう私も年中とっかえひっかえ色々試していますが、昨年末に入手したバッグがばっちりでしたのでご紹介します。キング(浅沼商会)から発売されているEtshaim Canvas Bag V300(W300×H220×D115mm)容量7.8Lの中型バッグです。一見ドンケのような厚手のキャ...

15

2016

最新最強!? Peak Design スリングストラップを試す

カメラマニアならバッグとストラップにはかなりのこだわりがあるはず。一日気持よくカメラと遊べるかどうかを左右するアイテムですね。ということで現在一番人気のあると思われるピークデザインのストラップを試してみました。ピークデザインはキャプチャーと呼ばれるワンタッチ装着用のシステム装具を以前から販売していましたが、ストラップもなかなか優れものです。ベルト幅45mm、32mm、18mmの3種があり、今回試したのは望...

15

2015

よぉ降るのぉ!除湿庫導入の巻

買いましたよ、ついに買いました(T_T) 我が家は山腹にあるせいか、梅雨時分は雲に覆われ、きつい湿気に連日襲われます。除湿機3台がフル回転して何とか対応中。レンズのカビ対策としては、最近はミラーレスとコンデジばかりになりましたので、高級レンズの在庫はなく、水取りゾウさんで済ませていましたが、家人のツァイス双眼鏡が2台になったのをきっかけに、思い切って導入しました。選んだのは老舗東洋リビングの165Lモデル...

04

2015

160球搭載ビデオライト!LEDNEEWER CN-160

ちょっとメモ的に物撮りをしたいときに、大型のライトを引っ張りだすのは面倒です。ストロボも試写が必要ですし、ちゃんと撮ろうとするとやはり大げさになります。そこで小型のライトを物色していたら、LEDビデオライトがずいぶん安くなっていました。中でもLEDNEEWER CN-160というライトは、LEDを160球も搭載しており、スポット的に使うなら光量も充分でストロボより手軽に使えそうです。Amazonでお値段を見たらなんと3,500円(送...

14

2015

照準器にジッツオG0077を装着してみた

残念ながらこの所天気が悪く、鳥見に行っておりません?ということで機材ネタでも。新兵器1NIKKOR70-300mmは換算810mm、このぐらいの望遠になると、照準器がある方がやはり便利です。ちょこまか動き続ける小鳥や、飛びものに抜群の威力を発揮してくれます。特に高速で移動する飛びものは、ファインダーを見るより照準器だけで追いかけたほうが、AFに捉えやすいです。ということで、今回は手持ちの照準器を使いましたが、毎度悩む...

17

2014

シンクタンクフォト デジタルホルスター30V2.0

このところ野鳥撮影には、ニコンの400mmズームを使っています。裸で持ち歩くことが多いので、キャリースピードの速写ストラップを使っていますが、たすき掛けで下げた場合、腰に手ブレ防止スイッチがちょうど当たってしまい、OFFになることが度々。移動時もレンズが大きいので周囲に気を使います。これでは困るので検討の結果、出し入れを素早くできるデジタルホルスターと一般的な2点吊りストラップを組み合わせることにしました...