category: 探鳥日記・ビオトーブ  1/9

里山の生き物たち:宝塚西谷の森公園にて

宝塚西谷の森公園では昔ながらの里山を継承したビオトープが整備されており、水辺の生き物たちや植物を目にすることができます。下町育ちで自然とは縁のない生活を送ってきましたが、この歳になって失われたと思っていた環境が、一部の人達の努力で少しずつ再生してきたことに驚くばかりです。この日も色々と目を楽しませていただきました。水面に浮かぶガガブタ(鏡蓋)。葉の形が鏡の蓋に似ていることに由来するとか。キイトトン...

  •  6
  •  -

あいな里山公園にて3 里山の生き物たち

里山公園というだけあって生物相は豊かです。この日も色々な生き物たちが出迎えてくれました。写真は蓮の葉に止まったオオシオカラトンボ♂ 英語ではドラゴンフライというだけあって絵になる昆虫ですねぇ。おっかなびっくりでさえずりも下手なセハクセキレイ幼鳥。一人前になるのはまだまだ先でしょうね。ずいぶん久しぶりに目にしたタマムシ(ヤマトタマムシ)!昔は珍しくもなかった虫なのに、いまでは天然記念物だとか。成虫は...

  •  5
  •  -

キリンビール神戸工場 ビオトープ編

キリンビール神戸工場では敷地に設置しているビオトープを希望者が見学できるツアー(週1回)があります。事前に予約すると、専門のガイドさんがビオトープまで案内してくれます。当日(7月14日)は素晴らしいお天気で、ワイワイとガイドさんについて回りました。ビオトープは工場の内庭的な位置に設置されており、親水空間と後背の築山で構成されています。昨今は大手企業のエコ活動が盛んですが、ここ神戸工場でも意欲的な取り組...

  •  6
  •  -

探鳥日記 甲子園浜にて

No image

毎年、春の大潮を迎える時期は、シギチに会いに河口を巡ります。先だっての5月23日は甲子園浜に行きました。当日はお天気がよかったのですが、水蒸気が多く撮影コンディションは今ひとつ。午後二時頃が干潮なので、それに合わせて昼過ぎにポイントに入りましたが、もう夏の日差しで汗ぐっしょり。肝心の鳥達も例年より少なく、先着されていた同好の士たちも手持ちぶたさでした。写真は引き潮で姿が現れつつある干潟。これから砂地...

  •  0
  •  0

探鳥日記 春の大潮、加古川尻

No image

5月5日こどもの日、久しぶりに家人と連れ立って高砂の加古川河口に鳥見に出かけました。毎年春の大潮になるとシギチに会いに出かけるのですが、今年は近場の加古川です。朝から素晴らしいお天気で潮風が気持ちよかったです。といいつつ今年は晩飯のおかずを狙って熊手を持参(笑)まずは趣味を同じくするおじさんたちと情報交換(笑)珍しくもオグロシギと遭遇、家人大喜び。ミラーレスでも飛びものが撮れます。この子たちはハマシ...

  •  3
  •  0

探鳥日記 淡路室津川河口にて

No image

室津川河口は二度目になります。以前来た時にはコクガンを見ることができました。今回はウミアイサと出会えればと思っていたのですが。画面中央、河口に設えられた消波ブロック辺りがポイントになります。河口は窒素やリン、ミネラルが流れ込むので、豊かな餌場となり鳥達が集まります。残念ながら、今回は目的の鳥とは出会えませんでした。お天気はよかったのですが。悠々と飛ぶカモメ。また水がぬるんだ頃に来ましょう。この日出...

  •  0
  •  0

探鳥日記 淡路室津港にて

No image

去る2月4日、ウミアイサに会いたくて淡路島は室津港を訪れました。ここは釣り人にはよく知られた波止釣り(メバルなど)のポイントでもあります。平日でしたので漁師さんの邪魔にならないよう、港内を歩かせてもらいました。残念ながら狙いの鳥達には出会えませんでしたが、久しぶりの潮風を楽しみました。この季節は北西の季節風が吹きます。カモメが挨拶してくれました。ここも例外でなく高齢化が進んでいました。どうしても活気...

  •  2
  •  0

探鳥日記 石井ダムから烏原貯水池へ

No image

12月20日朝から快晴、この冬初めての鳥見に出かけました。近場ながら多彩な野鳥たちに出会えるお散歩コース、まずは裏山の菊水山から石井ダムをめざします。毎年歩くコースですが、今年は鳥達に会えるでしょうか。石井ダムへのアプローチを歩いて行くと、何やら右手が騷しい。家人が指差す方向を見ると…なんと崖に人が張り付いています。ロッククライミングの練習みたいですが、それより壁に「南無阿弥陀仏」って(汗)石井ダムに...

  •  2
  •  0

探鳥日記 初夏の甲子園浜の巻

No image

そろそろ今年前半期の鳥見はシーズン終了ということで、締めくくりは甲子園浜のシギチ観察に出かけました。6月15日(月)潮回りは大潮、正午干潮ということで悪くないはずでしたが、結果はボウズ。やはり気温が低い早朝でないと、鳥さんの姿を見ることは叶いません〜鳥見の神様は朝寝坊には厳しい、トホホ。この日はどんよりと花曇り、蒸れたような暑さです。光線が悪いのでコントラストの眠い写真しか撮れません。いっそ雨降りの...

  •  8
  •  0

吉野川点景

No image

     潮と風が作る広大な砂州とそこに生きる生き物たち、また来年会いましょう。...

  •  0
  •  0