散歩にて

b3.jpg



SS9.jpg



b4.jpg
今年はカメラを持って近所をうろつくことが少ないので、写真を取る機会が減りました。花写真は虫がいるとイキイキするのですが、今年は遭遇することも少ないです。家人に云わせると今年は蝶が多いというのですが。近い内に遠征してチャレンジしてみよう。暑くなってきているので脆弱な私なら倒れるかもしれません(笑)

道端観察 エリゲロン(源平小菊)

1_20180527143409827.jpg
散歩の道端でよく見かけるので、前から気になっていました。ヒナギクの仲間かと思って名前を調べて見たら、エリゲロン(源平小菊)というそうな。四季咲きで可憐な花を咲かせますが、南アメリカ原産の頑丈な園芸種だそうです。

2_20180527143410f26.jpg
水路の脇にもびっびり生えていていますし、水のない岩垣の隙間にでもしっかり花を咲かせているので、耐候性は抜群みたいです。散歩道ではほとんど雑草化していて、ちまちました花が好きな私の目を楽しませてくれています。 ※DMC-LX9

●ちょっとお休みします。
先日から入院しております。一時帰宅して当記事をアップ~習慣なので更新しないと気持ち悪いです(笑) いまから戻りますが、退院までは10日近くかかりそう。次の新更新は帰ってきてからになりますが、なにかネタを考えておかないと(笑)

道端観察 蔦葉海蘭(ツタバウンラン)

1_20180522214416565.jpg
家人は雑草系の貧乏くさい花が好きで、薔薇などゴージャス系が好きな私は都度辟易していましたが、長年連れ添うとその影響からか、私も貧乏くさい草花が好きになりました(笑) 今日はそんな雑草の中でも好きなツタバウンランをアップします。大正時代に園芸用に移入された地中海原産の帰化植物だとか。土のない石垣にぞろぞろと這って生える根性のある植物です。その逞しさがいいですね。花は春から晩秋まで長く咲き続けます。※DMC-LX9

美しき雑草 ハタケニラ

1_20180516233049830.jpg
ハタケニラっていかにも食べられそうな名前だけれど、まったく違う属だそうで、ステゴビルとも言うそうな。アメリカからの帰化植物で繁殖力が猛烈で駆除に手を焼く困ったちゃんだとか。近年よく見かけるようになったが、こぶりながら美しい花を咲かせるので嫌いじゃない。この日も道端にたくさん咲いていたので、花瓶に投げ込めるぐらい持ち帰ったら、家人が「綺麗!」と喜んでくれた。球根からはかなりニラの臭いがして、名前の由来に納得できた(笑)

路傍の花 シラン(紫蘭)

1_201805071639091a9.jpg
昨年あたりから散歩道でよく見かけるようになりました。
花言葉は「あなたを忘れない」ですが、正反対の「薄れゆく愛」という切ない意味もあるそうです。
タフなイメージですが、自然界のそれは準絶滅危惧種に認定されているそうな。by DMC-LX9

習作 花と虫三態

1_20180507160134447.jpg
タンポポとヤブキリ


2_20180507160135775.jpg
ナノハナとクマバチハナバチ?


3_20180507160137cee.jpg
ノースポールとヒメウラナミジャノメ
間違っていたら教えて下さい(^^;)  by DMC-LX9

児童公園の藤

6_2018050320162419f.jpg
毎年、近所の児童公園で藤が咲きます。散歩で見に行くのがいつしか楽しみになりました。藤の名所で見かけるような立派な藤の花ではありませんが、それでも十分綺麗で目を楽しませてくれます。

3_20180503201625e45.jpg
私が子供だった時分は(大昔)児童公園には藤棚がセットだったと思いますが、昨今は減りましたかね。


4_201805032016261fa.jpg
開花時期がそれほど長くないので、引きこもり系自営業だと見逃すこともしばしば(汗)


2_20180503202759d64.jpg
ゴージャスな花ベスト3に入れてよいほど絢爛ですね。目の保養です。


5_20180503201628070.jpg
子どもたちが遊んでいったのでしょうか、きっと女の子かな(^^)