マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

27

2017

新・神戸百景 ジェームズ邸点景

食事絡みのブログとなれば料理写真は必需ですが、口が卑しいのかメニューを前にするとたいてい撮り忘れてしまいます。当日も気がついたのはメインディッシュを摂り終えてから。齧ったパンとバターしかなかったので、見た目がマシな方でお茶を濁します(汗)客室の窓から望む春の海。お天気がよくてひねもすのたりです。ウェディング会場でもあるので新婚さんがカメラマンと闊歩。晴れがましい立ち姿~お幸せに。ご近所は潮風が吹き...

27

2017

新・神戸百景 ジェームズ邸

先日、家人と久しぶりにランチに出かけることにしました。行き先はかねてより一度行ってみたいと思っていたジェームズ邸。NHK[べっぴんさん」の主人公が少女時代を過ごした屋敷として、ロケで使われていた豪邸です。昭和5年、イギリス人貿易商アーネスト・ウイリアムス・ジェームスが自邸として建築、同時に周辺を外国人向け宅地として開発したところから、この一帯はジェームズ山と呼ばれています。設計施工は竹中工務店、スパニ...

23

2017

新・神戸百景「湊川隧道探検記」

先日NHKで「ブラタモリ」神戸編で湊川隧道が取り上げられていて興味深く視聴しました。明治34年、竣工神戸市治水と市街地改造を目的として作られた河川トンネルで、会下山を貫通しています。現在は新湊川トンネルにその役割を譲りましたが、旧トンネルの呑口、内部は近代化遺産として保存されています。見学できるのかなと思って調べてみたら、毎月第3土曜日の13時~15時に一般公開されているということなので、神戸市民の端くれと...

06

2017

新・神戸百景 ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト

神戸といえばかって世界一の輸出取引高を誇り、高度成長期の日本を支えた世界的な港ですが、そんな話も今は昔、いまは静かに佇むウォーターフロントです。その突堤群の一つ、新港第一突堤の跡地が再開発され「ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト」として2015年に生まれ変わりました。たまたま行く機会がなかったのですが、昨年末野暮用ついでに家人と歩いてきました。「ラスイート神戸新港第一突堤プロジェクト」は「神戸みな...

07

2016

新・神戸百景 三井住友銀行神戸営業部

大きな建物が少ない神戸としては、とても押し出しのよい立派な銀行です。しかし古きよき時代の神戸銀行(H2年三井銀行と合併し解散)を知る者にとっては、ちょっぴり寂しい感がないではありません。...

13

2015

小磯記念美術館にて「野田弘志展―凍結する時―」

先日、念願の植田正治写真美術館へ遠出するべく車に油を補充、準備万端し念のために美術館のサイトを覗いたら、なんと12月から冬季休館とのこと、ガ〜ン!まぁ雨も降ってきたので、近場六甲アイランドの小磯記念美術館へ行き先を大変更(笑)市内の美術館、博物館はほぼ行き尽くしていますが、ここは初めてになります。景気がまだよかった頃の建設(1992年)なので、設えにはお金がかかっていてなかなかアメニティな空間です。神戸...

30

2015

新神戸百景 山田町里山の秋

神戸の奥座敷山田町はいまが実りの秋。ズーム2台ぶら下げて畦道沿いにぶらぶら歩いてみました。田圃の稲穂がさらさらとそよぎ、なかなか気持ちのよい午後でした。      来年もまた来ましょう。...

28

2015

ピーターラビットと楽しむ~ 六甲山英国フェア

地元六甲山の六甲ガーデンテラスでは、8月31日まで「ピーターラビットと楽しむ~ 六甲山英国フェア」が開催されています。その中の英国風ガーデンに位置するスーベニールショップ「ホルティ」のディスプレイが、とても可愛かったので、紹介したいと思います。平日ながら夏休みもあって若い人たちがわんさか。出窓風のテラスにロンパースを使った可愛いディスプレイ。ピーラーラビットがらみのキャラクターが目立ちました。これは兎...

17

2015

新・神戸百景 六甲枝垂れ

先日、下界の暑さに堪りかね六甲山へ涼みに行きました。ここは山頂近くの十国峠に鎮座する自然体感展望台「六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」、海外でも評価の高い三分一博志の設計です。以前にも来たことがあり、その構成とディティールに驚嘆しましたが、今回は日暮れ時に訪れたのでLEDライトアップによるイルミネーションを楽しむことができました。もっとも肝心の夜景は電池切れで撮れていません(汗)コンセプトは頂に立つ一本...

19

2015

新・神戸百景 石井ダム

312段の階段を登り切ると、素晴らしい景観を望める展望台に辿り着く。...

02

2014

新・神戸百景 岩嶺山 石峯寺

先日彼岸花見物を兼ねて、神戸市の北端淡河(おうご)にある岩嶺山石峯寺(しゃくぶじ)へ詣ってきました。石峯寺は由緒ある古刹で、なかなか興味深い縁起を持っています。白雉2年(651)孝徳天皇の勅願所としてインドの帰化僧法道仙人が開創、延命地蔵尊をおまつりしたのがはじまりと伝えられ、天平19年(747)行基が薬師堂を造営、弘仁14年(823)には三重塔が建立されました。以来寺運は栄えて鎌倉時代の全盛期には、堂塔伽藍70、塔...

18

2014

新・神戸百景 神戸ハーバーランドumie

1992年、JR跡地に開発された神戸ハーバーランドですが、ポストバブルの嵐をもろに受け、官民期待の新業態はいずれも討ち死。量販のダイエー、西武、阪急、星電社も軒並み撤退。見込みの甘すぎる事業計画のツケが回りました。その後開業20年を経て、老朽マンネリ化の見えてきた中心モールをイオンのプロデュースで去年4月に大改装オープン。新しくumieと名付けられた複合コンプレックスですが、当初の入り込み目標を達成ということ...

26

2014

新・神戸百景 NTT菊水山無線中継所

我が家の後背に位置する標高459mの菊水山、かつては大角木山という名称でしたが、昭和十年の楠正成公六百年祭のとき、この山に菊水の形に松の木を植えて以来、菊水山と呼ばれるようになりました。こじんまりした山ながら六甲山系登山ルートの一つとして市民に親しまれています。頂上のNTT菊水山無線中継所に設けられた見晴らし台からは、神戸市内から大阪、淡路の素晴らしい展望を楽しめます。休日には老若男女多数のハイカーで...

19

2014

新・神戸百景 乙仲通り点景

久しぶりに乙仲通りを歩いてみました。若者に人気の神戸のファッションストーリートとしては、トアウェストがあげられますが、最近は乙仲通りの方が支持されているようです。大規模店やナショナルチェーンこそありませんが、古い雑居ビルに設えられた可愛い路面店がポツポツと数百m続きます。若い人が丹精込めて作り上げた手作りディスプレイが素敵です。観光客も多くなりました。いつの時代も、ファッションは若者がリードします...

09

2014

新・神戸百景 高浜埠頭

いまでは役割を終え観光客が闊歩する古い埠頭、いいところです。※ずいぶん以前にGX200で撮ったカット〜画質は△ながらも超個性で◎、リニュアルして再登場して欲しいなぁ。...

08

2014

新・神戸百景 旧大阪商船神戸支店(商船三井ビル)

海岸通りに並ぶレトロなビルの中でも一際ゴージャスな建物。関西の名建築を多く手がけた渡辺節が、当時アメリカで流行していたアメリカンルネッサンススタイルを採用して設計、旧大阪商船神戸支店として1922年(大正11年)に竣工しました。戦前の港町神戸を象徴する建物だけあって、とても支社とは思えない立派な造りです。震災でかなり痛みましたが、関係者の努力で復旧しました。御影石を積んだ重厚な外観が特長です。歩道に埋め...

31

2014

新・神戸百景 東遊園地

私のカメラ散歩コースに位置するため、飽きつつも毎度撮っている都市公園です。年末はルミナリエの舞台になります。十年一日のごとく変わり映えしない光景ではありますが、カメラを変えたりすると意外な視点を発見できたりして、面白く思うこともあります。...

11

2014

新・神戸百景 春の甲子園浜点景

5月の甲子園浜はまさに五月晴れ、素晴らしい天気を楽しめました。...

05

2014

新・神戸百景「神戸ゆかりの美術館」

先日、神戸は六甲アイランドにある「神戸ゆかりの美術館」を訪ねました。恥ずかしながら神戸市民でありながら、この美術館の存在は知りませんでした。若狭産の家人と連れ立って久しぶりの美術鑑賞、これでも神戸っ子のはしくれなので、往時の神戸を描いたものなど、興味深い作品を鑑賞することができました。施設の概要)海と山の自然に恵まれた東洋と西洋の文化が混交する港町神戸で育まれた芸術文化を広く紹介することを目的とし...

12

2013

新・神戸百景 旧北野小学校

坂道トアロードを上って行くと、現在は北野工房のまちとして親しまれている旧北野小学校が左手に見えてきます。郊外化と少子化が重なり小学校としては存続できませんでしたが、戦前のレトロな建築はしっかり今の時代に活用されています。ここへ来る度、子供の頃を思い出してちょっぴりセンチになってしまいます。歳ですねぇ。...