新名神 宝塚北SAにて

1_20190617233610490.jpg
新名神高槻JCT・IC~神戸JCT間が昨年開通して以来、大阪方面へのアクセスに時々利用しています。旧来の中国経由名神のほうが我が家からでは少し近いのですが、なにより道が空いていて朝のラッシュに引っかからないのが嬉しい。先日新名神SAの宝塚北SAが西日本最大級ということを知って、ちょっと覗いて見てみました。我が家はSAや道の駅が好きなんです(笑)

2_20190617233612996.jpg
さすが新しいだけあって規模も内装も立派の一言。明るい内装で気持ちのよい空間です。平日ながら結構賑わいもありました。

3_20190617233613988.jpg
スイーツコーナーは百貨店レベルのゴージャスさ。ナショナルブランドではなく地元の名店が出店しており、地域色が出ていました。SAながらやや高価な品揃えでしたが、我が家も自家用土産にゲット(笑)

4_20190617233615480.jpg
こちらは一般的なスーベニールコーナー。関西ではよく目にする土産品が並んでいました。甘党の僕の好きな伊勢の赤福餅もあったのですが、糖質制限中につき購入を断念しました(T_T)

5_20190617233616e1e.jpg
セルフサービス式のレストランです。我が家はラーメンを味見、まずまずのテイストでした。スタンダードトッピングで単価700円なり。

6_20190617233609359.jpg
特筆すべきはトイレ。私は利用しませんでしたが、家人によるとホテル並みのゴージャスさとか。最近はどこでもトイレに力を入れていますね。とても良いことだと思います。次回は私も利用してみます(笑) ※撮影機材:Mate20Pro

明石城にて

1_201905080218390e4.jpg
長過ぎる連休、暇をつぶすべく家人と連れ立って明石城へ夏鳥を見に行きました。いつもは静かな明石場公園ですが、この日は凄い人出で驚き桃の木。聞けば「明石城築城400周年記念事業」とかで全国のB級グルメを集めた食イベントや、ロハス・ミーツ、高校野球近畿大会などイベントがわんさか。とても野鳥を愛でる環境ではありませんでした(笑)

2_201905080218401f8.jpg
400周年記念事業で園内の生い茂った豊かな植樹群はばっさり切られてスカスカの状態。築城当時の景観を再現したそうで駅からは明石城のシンボル、東西の櫓が見渡せるようになったとか。私自身は鬱蒼とした緑がなくなってしまってちょっと残念です。

3_20190508021842020.jpg
イベントと呼応した幟がわんさか。しかし「天守閣はない。ロマンはある。」のコピーはちょっといただけないかと(汗)

4_20190508021843970.jpg
楽しみにしていたアオバズクですが、まだ来ていませんでした(-。-) ボソッ

5_20190508021845f22.jpg
カワウの子育てを初めて見ることができました。可愛くないけど(-。-) ボソッ

7_20190508021838b4f.jpg
帰りはお約束の魚の棚で買い物~連休でここも凄い人出でした。楽しみにしていたたこ焼きも行列に次ぐ行列で食べられませんでした(泣)

三宮鉄道フェスティバル2019

1_20190508011146360.jpg
この連休、そごう神戸店にて催された神戸ゆかりの鉄道5社(JR西日本、阪急電鉄、阪神電気鉄道、神戸市交通局、神戸新交通)がタイアップした鉄道フェスタに買い物がてらウォッチングしてきました。それほど広くない催し会場で行われるイベントでしたが、盛りだくさんの工夫が盛り込まれており、なかなかの盛況でした。子供連れのファミリーが目立っていましたが、一見してマニアと思われる方がレアなグッズを物色されたりして、休日を楽しまれていました。

2_201905080111482be.jpg
たくさんの鉄道グッズも並べられていました。家人は阪急電鉄イラスト入りバンドエイド、阪急電車カラーの輪ゴム(汗)、鉄道イラスト入りメモパッドなど、変なものを買っていました(笑)

3_20190508011149e2b.jpg
Lゲージのレイアウトがありました。大きいだけにやはり精密ですね。

4_20190508011151994.jpg
こちらはHOゲージ。福井出身の家人はローカルな福井鉄道の車両を見つけて大喜び(汗)

5_20190508011152c0d.jpg
懐かしの阪急三宮駅が模型で再現されていました。震災で取り壊されただけに懐かしくて感涙。

6_20190508011154433.jpg
小さい子たちを乗せて出発~狭いスペースながら子どものための楽しい企画が盛り沢山!

7_201905080111552cc.jpg
マニアが喜ぶレア物グッズもたくさん陳列されていました。こちらのプレートは25万円、お安くないです(汗) 短い時間でしたが、家人ともども素人ながら、子どもたちに混じって楽しめました。

紫雲山 中山寺へ

1_201806262033266ce.jpg
六甲山から車だと宝塚まですぐなので、かねてより一度見たかった中山寺へ詣って来ました。阪神間では「なかやまぁ~♪かんのぉん~~♪」のラジオコマーシャルで有名です(笑) 聖徳太子の創建によると伝えられ、わが国最初の観音霊場だとか。安産祈願・子授け祈願で名高く、お世話になった方も多いのではないでしょうか。真言宗中山寺派大本山、西国三十三所の札所でもあります。まずは近所で蕎麦を食って腹ごしらえをしてから(不味かった…)、立派な山門を潜りました。

3_20180626203327771.jpg
平日でしたので境内の人出はそれほど賑わっていませんでしたが、若いお母さんの姿が多く見られ、昨今の観光地化された寺社とは一味違う空気感はなかなかよいものかと思いました。蓮や紫陽花の大きな鉢植えで飾られた参道は掃き清められており、気持ちが良かったです。安産子授けだけでなく、交通安全から商売繁盛、厄除け、合格祈願までありとあらゆるご利益を謳った幟の羅列にはちょっと苦笑しましたが。本堂へは急な階段が少しありますが、横手にエスカレータが設けられていたのには、びっくり。足弱なお年寄りには嬉しい配慮だと思います。

4_20180626203329d7b.jpg
こちらは本堂、入れ代わり立ち代わり信心深そうな老若男女が参拝しておられました。


5_20180626203330d2a.jpg
西国三十三所第二十四番札所だけあって、巡礼姿の人達もちらほら。私達もお線香を上げさせていただきました。敷地は広く奥の院までまだまだ道が続いていますが、かなり遠いので本日はパス。直営店のお蕎麦が美味しそうだったので、次回来たときのお楽しみとしましょう。

大人の遠足 六甲山カンツリーハウス

1_201806251803493ec.jpg
先日、家人が「ニッコウキスゲが咲いているよ♪」と教えてくれたので、六甲山カンツリーハウスに出かけてきました。地元ながらここへは幼児と青年のときの2回しか行っていません。当時は山を切り開いただけの自然公園でしたが、40年ぶりに(笑)アクセスすると、複合レジャー施設化され大きく様変わりしていて驚きました。

2_20180625180350eff.jpg
目を惹いたのは国内外10名の写真家・アーティスト10名の共演によるROKKOフォトグラフィックガーデン。作品をバナーに引き伸ばしたものを写真のように野外展示したものですが、作品の質が高く見ごたえがありました。中にはヘアヌードフォトなどもあって、ちょっとドギマギしてしまいましたが(^^;)

3_2018062518035174f.jpg
期待のニッコウキスゲ群生は残念ながら見頃を過ぎておりました。それでも久しぶりに見たニッコウキスゲの姿を鑑賞できてよかったです。ちなみのこの場所は冬場には人工スキー場になる大きなスロープで、オフシーズンの上手な活用方法だと感心しました。

6_20180625182110314.jpg
鬱蒼とした森のなかにバーベキュー場があります。持ち込みOKで手軽な料金で利用が可能。席数はあちらこちらにかなりの数が用意されており、好きなゾーンで食事を楽しめます。なかなか魅力的なバーベキュー場でした。※要予約

4_20180625180352157.jpg
敷地の中には大きな池が二つあって、その一つではレンタル釣具が用意されていて魚釣りが楽しめます。当日は、ファミリー連れに大きな鯉がかかって大騒ぎ。無事取り込めたときは私も思わず拍手してしまいました。

5_20180625180354212.jpg
こちらはローズウォーク。バラなどの花が設えられた遊歩道で手入れがよく、なかなか楽しめました。この施設はレストラン(土日祭営業)やショップ、各種遊具、ドッグランなどが充実しているので、お子さん連れなら一日遊べるでしょう。次回私達は鳥見と森林浴を兼ねてべーべキューを利用したいと思います。家では「煙が嫌!」となかなか焼き肉を食べさせてくれないので、いまから楽しみです。※撮影 EX-ZR4100など

薔薇の園 尼崎農業公園

1_20180519221246d5a.jpg
長年鳥見をしていると、どうしても同じエリアに行くことが多くマンネリになります。そこで新しい鳥見スポットを探していたら、尼崎の農業公園という場所があることがわかり、先日車を飛ばして行ってきました。休日でしかも22台分しかない小さい駐車場ということで、車を駐車できるかどうか不安でしたが、なんと最後の一台分にぎりぎり滑り込むことができかろうじてセーフ、ホッ。園内の芝生エリアはシロツメグサがびっしりと茂り白い絨毯です。休日もあってかそこかしこでお弁当を楽しむグループで見受けられました。

kouen-chizu_1.gif
ここは入場無料ながらも手入れが行き届いており素晴らしい環境でした。財政の厳しい我が神戸市では考えられない市民サービスです。大体入場無料というような市営施設は神戸にはほとんどありません(泣) 3.6haの園内にはバラ、菖蒲、牡丹、などが栽培されており、梅林や竹林、桜なども整備されています。公園は田園に囲まれており、なかなかの風情で散策を楽しめました。

2_20180519221249877.jpg
当日はバラが最盛期で見頃を迎えていました。鳥見に来たのですが、人が多いせいもあって出てきた野鳥はメジロだけ(笑) しかしバラ園の品種の多さとボリュームにはちょっと感激。100種3,000本あるとか。大きいカメラを抱えたカメラマンも結構見受けられました。こんなことなら望遠よりマクロを持ってきたらよかったとちょっぴり後悔。

3_20180519221250e6c.jpg
RX10M4は望遠マクロ的にもそこそこ使えるので、なんとか上手く撮れるように努力しましたが(汗)

5_20180519224118f6a.jpg
ガーデンパーティ?だったかな(汗)


6_201805192212534e6.jpg
アートフラワーと見紛うようなシャルル・ド・ゴール


1_20180519224732003.jpg
ストロベリーアイスっていう可愛い名前のバラ


9_20180519224117cf1.jpg
こんな一重咲きのバラもありました。案外綺麗です。鳥には出会えなかったですが、お天気に恵まれバラの数々に出会えてちょっぴり満足。ここでは6月になると70種、2万本の花菖蒲を楽しめるとか。次回はお弁当とマクロレンズを持って行きましょう。