カールツァイス新型双眼鏡 TERRA ED 8x25 レビュー

1_20160424233920fe7.jpg
今日はMFTと直接関係ありませんが、同じ光学機器、超望遠=鳥見の友ということで、双眼鏡ネタをアップします。ちょっと前に家人がバーダー雑誌を片手に、いきなり「ツァイスから新しい双眼鏡が出たみたい♪」 と声をかけてきました。ちょっと読んでみると、対物レンズ25mmの小型双眼鏡の新作です。家人は鳥見を始めた時から、ニコン、ライカ、キャノンと、数機種使いましたが、私のツァイスをいたく気に入り強奪、以後ツァイス信者となり、現在は10倍と8倍を使い分けています。

しかし鳥見ならともかく、観光時に持ち出すとなると、対物レンズ30~32mmクラスはやはり女性のバッグには大きいですし、細い首からぶら下げると物々しいです。小さな双眼鏡はあれば便利ですし、ツァイスとしてはリーズナブルだったこともあり、早めの誕生日プレゼントとして進呈することに。

2_201604242339228ec.jpg

このサイズなら気軽に持ち出しやすいですし、大好きなツァイスなので喜んでもらえました。デザイン的には従来のミリタリー調が抑えられ、ずいぶんモダン&カジュアルになりました。ツァイス双眼鏡の良さといえば、Tコーティングに尽きるのではないでしょうか。なにせ明るく抜けのよい見え味が気持ち良いです。ハイエンドならともかく、国産中級クラスは太刀打ち出来ないと思います。

このツァイスもエントリーモデル&ポケットサイズながら、コントラストの高い像を結んでくれます。同クラスのKOWAよりやや重いですが、持ちやすくて操作性もナイス。さて、このクラスならOEMが常識ですが、同じOEMでもなんと日本製でした。こりゃ嬉しい予想外れ。写真右はツァイス32mm10倍、家人はこの2台で2016年鳥見戦線を戦います(笑)

3_201604242339197ff.jpg
ということで、家人に酷使されていたツァイス30mm8倍(写真上)が、7年ぶりに私の防湿庫へ帰ってきました。独製らしい男っぽいデザインなので、モチベーションが上がりますねぇ。最近はコーワを使うことが多かったのですが、今後はこいつを使って鳥を探します。まぁ双眼鏡より早起きするほうが鳥見には大事なんですが(爆)

新・双眼鏡 Zeiss Conquest HD 10×32


長らく私のツァイスは「こりゃ、よぉ見えるわ!」と家人に取り上げられたままだったのですが、モデルチェンジしたConquestがなかなか良さげなので、家人に新しいモデルを進呈することにしました。鳥見は7?8倍といいますが、今回は久しぶりに10倍をチョイスしました。微妙な識別をするには高い倍率が有利(と本人は言う)だからです。ちょっと覗いたところ、ツァイスらしい非常にヌケの良い見え味で、文句はありません。ちなみにストラップは純正ではなく、独Niggeloh製の双眼鏡専用ストラップを装着、気分は国防軍です(笑)


旧モデルは対物レンズが30mmでしたが、新モデルは32mm&高解像度HDレンズ採用ということで、明るさは向上しています。特記すべきは接眼レンズがスワロフスキー並みに大きくなったこと、なかなか迫力があります。10倍ということで当然視界は狭くなりますが、旧10倍モデルが96m/1kmのところを、新10倍モデルは118m/1kmと大きく向上し、広い視界を確保しています。これなら目標物を確保しやすいです。サイズ的にはやや短くなりましたが、重量的には増加しており、コンパクトながらズシッとした手応えです。


ということで、古い8倍モデル(右)が4年ぶりに、手元に帰ってくることになりました。デザイン的には以前のモデルのほうが伝統的なモチーフを継承しており、ツァイスらしい情緒が感じられます。ツァイスは光量ロスが少なくTコーティングが非常に効果的なので、光線の状況が悪いほど活躍してくれます。かなり使い込まれていたので、きっちり磨きました(笑)

侮ることなかれ VANGUARD エンデバーHD 65S


今年も鳥見の本格シーズンを迎え、家人の観察機材を一新しました。先日まで軽量小型のNikon製スコープを使っていたのですが、エントリーモデルはやはり鮮明度が低い、暗い、操作性が悪いと三重苦です。三脚や雲台もできるだけ軽量のものを選んだので、倍率を上げると途端にボロが出ます。

そこで検討の結果、今回は台湾の光学メーカーVANGUARDのエンデバーHD 65Sをチョイスしました(ほとんど人柱ね)。組み合わせた三脚はベルボンのGeo Carmagne E535M、25mm径カーボン3段式。雲台は同じくベルボンのFHD-41QN、この組み合わせは軽量ながら、まずまずの剛性が確保され、振動の吸収も早いです。


対物レンズ65mm、EDレンズ採用のHD 65Sの見口を覗いて思わず「おっ!」見え味はかなりいいです。少なくともニコンの50?60mmのエントリークラスとは比較になりません。最大倍率45倍ではやや視野が狭くなりますが、解像感を確保しており遠方の対象物を鮮明に捉えてくれます。

質感、操作性も悪くありません。メーカー自身がハイエンドと謳っていますが、所詮二流メーカーと半分期待していなかっただけに、驚き桃の木。ブランドを確立しつつある中国メーカー侮るべからず。かっての日本のような志の高さを感じます。4代目スコープを手にした家人、かなり気に入ったようで機嫌がいいです、ホッ。

ブルーバードを追え!ニコンフィールドスコープ PROSTAFF 3


家人用鳥見スコープとして昨年からED50を使っています。非常にコンパクトで出番は多いのですが、口径が50mmしかないので視野の狭いのが玉に瑕。たまたま先日三田のニコンショプに出かけたら、スレンダーなスコープが展示されたあったので、手にとってみました。エントリーなので期待していなかったのですが、60mm口径なので視野が広い上に、対物レンズと接眼レンズが一体のせいか、明るく解像感も悪くありません。

ED50と外観上の違いは、ダハプリズムを採用しているので鏡胴が細身でスマートです。スコープというより射撃で使われるスポッター的な雰囲気です。倍率は16-48倍、エントリークラスとはいえ、ニコンらしく窒素ガス充填、防水防滴仕様です。すっかり気に入り、我が家に3台目のスコープがやってくることになりました。


せっかくなので三脚も新調しました。従来は脅威の伸縮率を誇るベルボンULTREKを使っていましたが、脚を180度リバースしてから伸ばす、次にセンターポールを伸ばしてロックナットを回して固定するという直感的でない構造が、この手のものが苦手な家人には、荷が重いようで毎回もたつきます。

そこで脚をリバースせずに伸ばせ、センターポールもノブで固定する一般的な三脚に近い構造のウルトラ455Sを選びました。家人の身長に合わせて選んだこの三脚は全高が低い分、仕舞寸法が短くコンパクトです。ULTREKよりシンプルな構造なので、組み立ても早く家人には扱いやすいようです。


雲台も変えてみました。従来はジッツオの鳥見専用雲台GH1720FQRで、機能サイズ共に十二分でしたが、家人にはクイックプレートの脱着が今ひとつわかりにくいようで(笑)毎回苦労しています。そこで軽量簡単をキーワードに色々物色。結果として売り出し中の台湾メーカーVANGUARD PH-113Vビデオ雲台をチョイス。少し動きは渋いですがコンパクトでスコープ、三脚とのバランスがバッチリ、何よりクイックが非常に扱いやすくワンタッチ脱着で手間いらず。不器用な家人もこれには大喜び。明日日曜日、初出撃の予定でしたが、雨でお流れ。まぁ来週まで待ちましょう。

ニコン 小型フィールドスコープED50


バードウォッチングといえば双眼鏡に加えてスコープが必然です。我が家では以前より遠方観察用にコーワの高倍率スコープとキャノンの50×18倍IS双眼鏡を使用していましたが、非力な家人では重量級のスコープや双眼鏡は扱いにくくようで、残念ながら出番が少なかったです。そこで小型軽量ハンディタイプのニコンED50を導入しました。対物レンズは50mmなのでイメージサークルは小さいですが、EDレンズ採用ということで見え味は悪くありません。本体に装着する接眼レンズは13-40倍をカバーする純正MC IIを選びました。


三脚と雲台については、何よりコンパクト優先ということで、ジッツオのGH1720FQRとベルボンのウルトレック45Lを組み合わせましたト。鳥見専用雲台GH1720は以前にも購入したことがありますが、今回はサファリ仕様(モスグリーン色)をチョイス。なかなかいい雰囲気です。マグネシウム製で軽量460g、鳥見用にチューニングされた操作性はナイスの一言。ウルトレックは今更説明は不要ですね、雲台と組み合わせてもたったの35cm、素晴らしいコンパクトさでバッグにすんなり収まってくれます。


ED50はプラスチッキーで高級感はありませんが、その分片手で扱えるほど軽量です。よって手持ち用いショルダーストラップも用意してみました。選んだアイテムはオプテックのコンパクトカメラ用スリングストラップ。軽量細身ながらジョイント部が紐で弱いため、YKKのサルカン金具に交換しました。クイックプレートにワンタッチ脱着できますので、三脚にも即対応します。まずはこれで出かけてみますね。

ベストエントリー機 ビクセン ニューフォレスタHR8×32WP


対物レンズは32mm、瞳径は4mmで明るいです。

当ブログへのアクセスを見ると比較的双眼鏡関連のキーワードが多いです。そこそこ機材レビューがあるからでしょう、すべての双眼鏡使用歴を網羅していませんが、お役に立てれば幸いです。そこで今日は以前購入したものの中から、良さげなものをピックアップして紹介することにしました。写真は家人用のサブ機で、車に積んだり庭で使ったりとか、鳥見以外の場所で気軽に使えるよう購入したものです。8倍32mm対物レンズ、Amazonで24,000円程度とリーズナブルです。



大きく操作しやすいピントダイヤル、視度調節と兼用なのがミソ。

こいつの売りはなんといっても、ダハプリズム機としては出色の実視界8度!目標物を素早く視野に取り込むことができます。加えて17.5mmとかなりのハイアイポイントなので、眼鏡使用者には嬉しい。さすがにツァイス並の見え味とは云いませんが、明るさや平坦性に問題はなく、長時間の観察でも疲れません。スワロフスキーと同じくセンター軸のないデザインですので、筐体を鷲掴みしやすく片手でも操作できます。

防水なのでラフなフォールドにも持ち出せます。写真には写っていませんが、取り外し可能の対物レンズカバーも気が利いています。右目の視度調整リングがピントリングと兼用というのは面白いアイデア。これだけの性能・仕様を低価格で実現した専業メーカービクセンの力作です。まぁロゴがダサいとか弱点もありますが、プアマンズスワロフスキーといえば褒めすぎでしょうか、それとも失礼かな。入門者にこそおすすめしたいモデルです。

バリューなビノキュラー KOWA BD25-8GR


鳥見で使う双眼鏡は、家人は8倍30mmツァイスと18倍50mmキャノン防振、私は小型ライカです。私自身は観察よりは写真を撮るのが主目的ですから、探鳥用のコンパクトな双眼鏡が有難いわけです。以前、店頭で対物レンズ20mmクラスのツァイス、ニコンHG、ライカの小型双眼鏡を比較したことがあります。その時の印象ではツァイスとニコンHGがいい勝負、頭ひとつ抜けていたのがライカで、コントラストの効いた独特の見え味が印象的でした。ということでライカの10倍25mmが現在手元にあります。

ところがフィールドではどうも覗きにくくて見づらいですし、片手で見ているとブラックアウトも多々。考えるに私は眼鏡なのでアイレリーフが不足気味だったのでしょう。また小型双眼鏡は視界が狭くなるため10倍はやはり失敗、7~8倍程度が使いやすいというセオリーも改めて再認識・ことにも気が付きました。そこで反省をふまえ、小型!ハイアイポイント!高視界!安価な(笑)の双眼鏡を仕入れることに。将来的にはツァイスかスワロフスキーの30mmクラスをもう1台仕入れたいので、今回は低予算が目標。スペックを睨んで結局購入したのはコーワのBD25-8GR。



小型にもかかわらずアイレリーフは15.8mm確保されているので、眼鏡を掛けてもまずまず見やすいです。解像感や筐体の仕上げはライカに及びませんが、対物レンズが25mmと8倍としては他社比やや大きいため、像が明るく視界も広く探鳥には有利です。荷物の多い撮影時は片手で双眼鏡を覗くことが多いので、軽くて掴みやすいボディは実戦向き。コスパが嬉しい質実仕様で、まずは気に入りました。小さくてバリューな双眼鏡を探している人にはお勧め。