B級ライフログ

ときどきマイクロフォーサーズ応援団

25

2016

カールツァイス新型双眼鏡 TERRA ED 8x25 レビュー

今日はMFTと直接関係ありませんが、同じ光学機器、超望遠=鳥見の友ということで、双眼鏡ネタをアップします。ちょっと前に家人がバーダー雑誌を片手に、いきなり「ツァイスから新しい双眼鏡が出たみたい♪」 と声をかけてきました。ちょっと読んでみると、対物レンズ25mmの小型双眼鏡の新作です。家人は鳥見を始めた時から、ニコン、ライカ、キャノンと、数機種使いましたが、私のツァイスをいたく気に入り強奪、以後ツァイス信者...

03

2015

新・双眼鏡 Zeiss Conquest HD 10×32

長らく私のツァイスは「こりゃ、よぉ見えるわ!」と家人に取り上げられたままだったのですが、モデルチェンジしたConquestがなかなか良さげなので、家人に新しいモデルを進呈することにしました。鳥見は7?8倍といいますが、今回は久しぶりに10倍をチョイスしました。微妙な識別をするには高い倍率が有利(と本人は言う)だからです。ちょっと覗いたところ、ツァイスらしい非常にヌケの良い見え味で、文句はありません。ちなみに...

12

2014

侮ることなかれ VANGUARD エンデバーHD 65S

今年も鳥見の本格シーズンを迎え、家人の観察機材を一新しました。先日まで軽量小型のNikon製スコープを使っていたのですが、エントリーモデルはやはり鮮明度が低い、暗い、操作性が悪いと三重苦です。三脚や雲台もできるだけ軽量のものを選んだので、倍率を上げると途端にボロが出ます。そこで検討の結果、今回は台湾の光学メーカーVANGUARDのエンデバーHD 65Sをチョイスしました(ほとんど人柱ね)。組み合わせた三脚はベルボン...

30

2014

ブルーバードを追え!ニコンフィールドスコープ PROSTAFF 3

家人用鳥見スコープとして昨年からED50を使っています。非常にコンパクトで出番は多いのですが、口径が50mmしかないので視野の狭いのが玉に瑕。たまたま先日三田のニコンショプに出かけたら、スレンダーなスコープが展示されたあったので、手にとってみました。エントリーなので期待していなかったのですが、60mm口径なので視野が広い上に、対物レンズと接眼レンズが一体のせいか、明るく解像感も悪くありません。ED50と外観上...

04

2014

ニコン 小型フィールドスコープED50

バードウォッチングといえば双眼鏡に加えてスコープが必然です。我が家では以前より遠方観察用にコーワの高倍率スコープとキャノンの50×18倍IS双眼鏡を使用していましたが、非力な家人では重量級のスコープや双眼鏡は扱いにくくようで、残念ながら出番が少なかったです。そこで小型軽量ハンディタイプのニコンED50を導入しました。対物レンズは50mmなのでイメージサークルは小さいですが、EDレンズ採用ということで見え味は悪くあ...

03

2012

ベストエントリー機 ビクセン ニューフォレスタHR8×32WP

対物レンズは32mm、瞳径は4mmで明るいです。当ブログへのアクセスを見ると比較的双眼鏡関連のキーワードが多いです。そこそこ機材レビューがあるからでしょう、すべての双眼鏡使用歴を網羅していませんが、お役に立てれば幸いです。そこで今日は以前購入したものの中から、良さげなものをピックアップして紹介することにしました。写真は家人用のサブ機で、車に積んだり庭で使ったりとか、鳥見以外の場所で気軽に使えるよう購入し...

02

2012

バリューなビノキュラー KOWA BD25-8GR

鳥見で使う双眼鏡は、家人は8倍30mmツァイスと18倍50mmキャノン防振、私は小型ライカです。私自身は観察よりは写真を撮るのが主目的ですから、探鳥用のコンパクトな双眼鏡が有難いわけです。以前、店頭で対物レンズ20mmクラスのツァイス、ニコンHG、ライカの小型双眼鏡を比較したことがあります。その時の印象ではツァイスとニコンHGがいい勝負、頭ひとつ抜けていたのがライカで、コントラストの効いた独特の見え味が印象的で...

09

2012

よぉ見えるわ!Canon 18×50 IS 双眼鏡

去年は色々なことがあり、ベストシーズンの鳥見には行けませんでしたが、今年はがんがん行こうと新兵器を用意しました。もっとも鳥見は家人の趣味で、私は桃太郎に寄り添う犬雉猿のごとく、荷物を担いでお供をしています。今回ゲットしたのは小型双眼鏡と大きなフィールドスコープの中間を埋める大口径双眼鏡です。フィールドスコープは三脚が前提となりますので、水辺の定点観察には良いのですがどうしてもフットワークが悪くなり...