新・神戸百景 三宮裏通点景


試写を兼ねてPowerShotG9で三宮の裏通をメモってみました。三宮と言えばセンター街が有名ですが、ナショナルチェーンばかりで面白い店はありません。最近ではセンター街南側の裏通の方が、歩いてみて面白いですね。経営者が若い世代なので、お洒落な店が目立ちます。小さな木造家屋を改装したようなお店が多いので、とってもヒューマンスケールです。


2.解体寸前のビルを活用した面白い店作り。イラストが登っているのは撤去した階段跡。


3.午後の陽が強いコントラストを描いてくれました。


4.洒落た店を予感させる階段とディスプレイ。


5.小さなレコード店の手作り看板。DIYな感性が楽しい。


6.再開発から取り残された通りですが、かえって人間的。


7.花も実もある植木鉢。季節感があって目を惹きます。


8.秋の陽はつるべ落とし。蒼い空と長い影のコントラスト。


9.可愛いミニプランツ。洋風盆栽かな。


10.G9は望遠付きなので、2階程度なら楽々引き寄せられます。


11.美味しそうなバーガーショップ。若い人の感性はボーダーレスです。


PowerShot G9 ファーストレビュー


一昨日、試写を兼ねてG9を持ち出してみました。あいにくの空模様でスカッとした写真は撮れませんでしたが、まずまず新機種の特長と傾向は掴めました。旧型G7のマイナーチェンジとされていますが、どこら辺がブラッシュアップされたのでしょうか。ライバルのGX100との比較をしつつ、感想をまとめてみました。

  • 昔のレンジファインダーを彷彿とさせるちょっとレトロな外観。最近のモダンなコンデジとは一味違う硬派のためのデザイン。アナログダイヤルが泣かせる。

  • G7ではシルバーだったバヨネットリングがブラックアルマイトになって、ぐっと精悍に。外装仕上げもレザートーン塗装になり、質感が向上。GX100や入門DSLRよりは高級感にあふれる。

  • 3型液晶は優れもの!美しいだけでなく外光下での視認性もまずまず。画面が大きくなることで、被写体だけでなく各種情報表示も見やすくなった。またおまけの内蔵光学ファインダーだがあれば助かることもある。

  • 顔認識機能は性能が向上。どこまでも追尾する様を見て家人は感激していた(笑) 赤目防止や顔優先FEなど綺麗に撮れる小技も追加。まぁあったら役立つこともあるかも。

  • 実写では、さすが高解像度機という印象。キャノンの絵が好きな人なら期待を裏切られないだろう。高解像度と云うことでノイズが気になるが、G7並。ASA400までが無難。

  • レンズは変わっていないようだ。ワイド側のディストーションはやや気になるレベル。これでは28mmズームは実現不可だろう。建築写真をシビアに撮りたい人はGR Digital、曲がったズームは嫌いという人はGX100をどうぞ。

  • 反面、換算210mmまでカバーする明るい望遠ズームは優れもの。強力な光学式手ぶれ防止とあいまって、並のコンデジとは一味違う描写が可能。

  • AWBはやはりキャノンの独壇場か。ただし当たりすぎて、夕方でも晴天になるのはこまったものだ。結局、逆補正をかけたりして(爆)

  • ブラケットは便利だが、動体連写はまず無理。ここらはDSLRの領域ね。

  • 電池の持ちはあいかわらず悪い、200枚も撮るとギブアップ。仕方なく予備バッテリーを手配。GX100は小さいバッテリーだが、1日使えるぞ。

  • 総合的には、G7を着実に改良してきた印象。AFや起動レスポンスについては、以前より向上しているように感じる。個人的にはキャノンの絵は好きになれないが、マイカラー「ポジ」にするとまずまず。

  • 直接ライバルのニコンP5100とはいい勝負だが、ちょっと高機能に仕上げて価格で譲り、コンデジ最強のリコーGX100には価格で勝つ、Canonらしい上手いマーケティングだ。総括的には性能、質感からして、とてもお買い得なカメラでないだろうか。


PowerShot G9 購入しました。

先日、家人のカメラの調子が悪くなったので、新しいコンデジを購入しました。候補は色々あったのですが、家人はキャノンの操作性に慣れているので、今回はコンデジハイエンドのPowerShot G9に決めました。私にも使わせてもらおうという下心が見え見えの機種選択です(爆) 

G9の前身であるG7を使ったことがあるのですが、大きく重く写りも半端、電池の持ちも悪いということで、GR DIGITALの代替えにはいたりませんでした。しかし、今回のG9はG7の特徴であった210mmまでカバーする6倍ズーム、効果の高い光学式手ぶれ防止、、直感的な操作性に加えて、視認性抜群の3インチモニター、フェイスキャッチが追加され、写真にうるさい家人の要求にはピッタリです。私的には1.2Gの高解像度、信頼できるAWB、RAW対応といったところに興味があります。本格的な作例は近いうちに、ご紹介します。

【本日の作例】 キャノン独特のつるんとした色が嫌いなので、マイカラーで「ポジ」を選択。


↑あいにくの天気で発色がもう一つ。コンデジにしてはボケがまずまず。


レベル補正しています。

うっ!マグロ漁獲割り当て激減…


出演:金時(スコティッシュフォールド牡1才)


操縦者もヴィンテージ♪


どちらもまだまだ現役、ワンダフル!


増殖するワーム


雑居ビルの裏側。ある種有機的な混沌。


新・神戸百景 六甲アイランド


久しぶりに所用で家人と六甲アイランドに出かけました。この街はバブル絶頂期に建設された人工島なので、お洒落な建物がたくさんあります。ポケットのコンデジでセンター駅周辺をウォッチングしてみました。写真はコンコースの洒落た吹き抜け。レトロな意匠がなかなか。


この当時の建築には、やたらとアトリウム(中庭+吹抜)が多い。


構造を派手に演出。ガンダムぽくて面白い。


影が長い秋の午後。


広い敷地になぜか車が1台。


秋の夕暮れはつるべ落ち。


シェラトンで夕食。値段は高いが味は…(爆)