Nikon用4/3マウントアダプターを試す


マウントアダプターが届いたので早速試用してみました。マニアの間ではレイコール製が定番ですが、なにぶんお遊びですので八仙堂取り扱いの某国製激安マウントアダプターを試してみました。なにしろ3500円(笑)という超破格値なので若干不安でしたが意外としっかりした作りで、純正アダプターより装着感は優れているぐらい(爆) 外観的には1cmほどの薄いリングですから全く目立ちません。ご覧のようにレガシーなフォルムのE420に緻密なオールドNikkorはとてもマッチします。結構そそられる方もおられるのではないでしょうか(笑)

マウントアダプターには接点がないので自動露出は無理ですが、ボディ側の露出機能は働きますので、いわゆる絞り込み測光が可能です。Asahi Pentaxを使ったオールドファンなら慣れていらっしゃると思います(笑) 物撮りには反射光に頼らないマニュアル露出の方がテンポがいいですし、E-420のライブビューは露出が反映するため、絞り込み測光でも暗くならないという大きな長所があります。

同じくライブビューでは画像拡大が容易なので、目の悪い管理人でも光学ファインダーよりピントの山が楽々と掴めます。AFレンズのすかすかピントリングでフォーカシングすると萎えますが、オールドレンズのねっとりとしたヘリコイドによるピント合わせは快感です。お気に入りだった名玉ZD50mmを手放したのは、モーター駆動によるピントリング操作にどうしても馴染めなかったのが大きな要因です。またAi55mmMicroは昔のマニュアルレンズらしく最短位置から無限まで1回転近く回るので、微妙なフォーカシングが可能です。

E-420+Nikkor55mmMicroの作例を一点上げておきます。かなり暗い室内なので、おそらくD90に装着した方が画質的には上だと思います。横着な作例でお恥ずかしいですが、等倍画像でチェックすると世評通り素晴らしい解像力で「うむっ!」と感心しました。とても何十年も昔の設計とは思えません。倍率がやや低い1/2倍ですが、APSCや4/3なら倍率がアップするので、オプションの等倍リングは不要でしょう。こうしてみるとライブビュー時代で復活するレンズも結構あるかもしれませんね。F5.6/ISO400


Manfrette 210Bのこと
α7Dを手にするまで、10年以上趣味のカメラからは遠ざかっていました。いろいろ持っていた機材も売ったり人にあげたりして手元には残っていません。その中でただ一つ残っているのが写真のテーブル三脚Manfrette 210Bです。ずいぶん昔の話になりますが、スパイカメラで有名なMINOXを入手したときに、カメラに似合う小さな三脚もということで一緒に購入しました。その後、機材が入れ替わっていく中、こいつはずっとお気に入りで手放さずにいました。

便利そうでいて実は出番が少ないというのが、この手の三脚の弱みです(笑) それでも超小型ながら中型一眼レフを支えるしっかりした作り、自由雲台の食い付きの良さは素晴らしいです。現在でも雲台をリニュアルした同型品(709B)が売られていることには驚きます。使い捨てのようにモデルチェンジされている日本製品と違って、いいものはいい=変える必要はないという欧州的な物作り精神が感じられる一品です。年に一回程度の少ない出番ですが、いつも引き出しの奥で控えてくれています。

Ai Micro Nikkor55mmF2.8S 導入の巻


4/3からマイクロ4/3への移行の一環として、手持ちのZD35mmと50mmマクロを処分しました。代わりに評価の高いNikonVR105mmMicroをゲット。このレンズ、フィールドでは使いやすく写りもよいですが、やはり室内では持て余します。ZD35mmマクロは手元に残すべきだったと後悔するはめに。仕方なく物撮り用として新たなFマウントレンズを物色することに、トホホ。

狭い室内でもフレーミングが容易で最短距離20cmという高性能シグマ18~50mmF2.8マクロという選択肢もあったのですが、やはり単焦点マクロのシャープ感は捨てがたいものがあります。筆頭候補のNikkor60mmGレンズは、抜けのよい写りと高速AFが評価されており、普通ならこれで決まりなのですが、一つ問題が…Gレンズには絞り環がないのです。

ご存じのように三脚を使ったマクロではライブビューが威力を発揮します。D90もかなり改善されたライブビューを搭載してきましたが、まだまだオリンパスに一日の長が。特に露出が液晶に反映される正確さでは比になりません。そこでボディはオリンパスを使い、レンズはレンズアダプターでFマウントをというのが一粒で二度美味しい管理人の目論見。しかしアダプターは絞り環付きレガシー仕様が前提なんです。

どのみち物撮りは露出もピントもマニュアルでなので、AFレンズでなくてもOK。となると名玉の誉れ高い55mmF2.8が面白そうです。しかし大昔の設計ですからデジタル時代に通用するのでしょうか。早速ネットで作例でをチェック。いまひとつ決め手に欠け、どうかな?と思っていたところ、とあるサイトで等倍画像に遭遇。「絞ると汚いところまで解像するので被写体を選ぶ」との管理人さんコメント付き。一見してわぉっ!小百合も驚くシャープさです。これはディスコンされる前にゲットせねばと、最安店でポチッと逝きました。

あらためてオールドNikkorを再評価しました。キャノンのLと違って、Nikonにはお手軽な高性能単焦点が揃っていて面白いですねぇ。老兵は去るのみディスコン進行中ですから、これはというレンズはゲットしておきたいものです。もっとも私は花撮りもマクロも下手なので、せっかくの名玉55mmF2.8Sも宝の持ち腐れになりそうですが(笑)

新・神戸百景 落葉が始まった山田道を歩く


山田道とは神電谷上駅から森林植物園へ続く林道です。北六甲から表六甲を横断するハイキングロードですが、管理人のような軟弱な脚にも優しい山路です。元々は播磨国から京都へと抜ける要道で、路傍に石碑などが残されています。枯れ葉を踏みしめながら里道を歩いていると、種々の小鳥達が迎えてくれます。木々の葉が落ちたら、いよいよバードウォッチの季節ですね。











夜のパティシエール

仕事に余念のないパティシエール。働く横顔はいつだって美しい。


レッドクリフpart1見ゆ! 
我が家は家人共々大の映画好きですが、滅多に映画館には行きません。あの人いきれが嫌いとか、何処に座らされるかわからないとか、ポップコーンが高すぎるとか、主に環境面が理由です。ハリウッドの魅力が相対的に低下したとか、見たい封切りがあまりないとか、新人俳優の顔と名前が覚えきれないとか、年寄りじみた言い訳もあります。思い起こせば昔はホントによく通ってました。やっぱりビデオの登場、次にBS放送、最後にハイビジョンというところが映画館離れの原因でしょうね。

それでもこれは映画館で見たい!という映画もあります。大画面でないと迫力が出ない映画、たとえば「ゴジラ」とか(爆) でもってジョン・ウーの「席壁」じゃない(ATOKなのに!)「赤壁part1」をシネラマで鑑賞してきました。はやりのシネマコンプレックスいいですねぇ~席が少なくて昔の場末の映画館みたい(^^) インターネットで席を予約したので超一等地ど真ん中に座れました♪

で肝心の映画の出来はといえば…う~ん、金城武って男前やね、ありゃもてるわ。絶世の美女小喬役のリン・チーリン、ちょっと普通でがっかり。映画って造形より存在感がものをいうのね、ちょっと古いけど中国系ならブリジット・リンなんか佳かったなぁ。本来の主人公である桃園三義兄弟は脇役扱いで、呉の名将周兪(トニーレオン)を主役に持ってきたのは、うまい脚本。でもエピソードではヒーロー趙雲が大活躍。原作では好きな人物の一人なんですが、やっぱ本家でも人気があるんですね、納得の配役と演技でした。スペシャルゲストの中村獅童よかったです!この役者さんは目に力があってピカイチ、監督が出番を増やしたと言うだけの存在感あり。

まっ、この手の国民的小説の映画化はたいてい凡作というのは昔からの約束事。ジョン・ウーもお金が集まるうちに作ってみたかったんでしょうね、中国に生まれた映画人なら夢のはず。シネ素材としてはスペクタルな三国志より、人物エピソードが中心の水滸伝の方が面白いと思うんですが。総評としてアカデミー賞には縁がなくとも、春のpart2にはまた予約を入れます(笑) しかし映画が終わったときの館内の重さ…みんな怒ってました。だってこれから決戦!というクライマックスでto be continue やもん(^▽^;)

しずしずとルミナリエ参拝へ向かう善き人たちの群れ

もろびと静かに足並みを揃えて進む…なにかの宗教的行事のようであります。


「あなただけに教えてあげる」
仕事の合間にぼぉ~と衝動買いしてしまったジッツオのことを考えていたら、いきなり神の啓示が!
1.ほれほれ、高視聴率でNHKが久しぶりに笑った「篤姫」
2.あれって、主演が宮崎あおいで母親役が樋口可南子や!
3.これって、もろフォーサーズやんか!
4.ふふふ…オリとパナがNHKに手を回したな…
5.DMC-G1快進撃の秘密を知ってしまったワタシ(-。-)
6.面白いので、みんなにも教えてあげよう…(^▽^;)

新・神戸百景 伊川谷その2
















青い空の下、あったかい日だまりを歩いていった気持ちのよい一日でした。

新・神戸百景 伊川谷その1


初冬の一日、カメラ片手に鳥がさえずる田舎道をてくてく歩きました。














この稿続く