な、ら、ん~だ、水、兵、さん♪


煩いウミネコと違ってユリカモメは体が小さく行儀もよいので可愛いですね。

SLIK一脚SポールII こんなもんどうすんねん~


狭い部屋で物撮りをすると広げた足が邪魔になったりして、つくづく小さい三脚が欲しいと思います。しかし小さい三脚は殆ど作りがちゃちで高さも足りず、まず使い物になりません。また街中で夜間撮影したいことがあるのですが、狭い路地ででかい三脚を広げていたりしたら通行の妨害になるだけでなく、昨今の事情では殴られかねません(汗) でもってスローシャッターに耐えられそうなマンフロットの自立式一脚を検討していたのですが、ベースの装着がワンタッチでないという弱点があり、購入に至りませんでした。

検討した結果、以前から面白そうと思っていたSLIKの一脚SポールII を試してみることにしました。こいつは単体の一脚としても使えるのですが、上下のパイプエンドに工夫があって他の三脚や雲台と連結できるような仕組みになっているのです。通常は一脚あるいは三脚の延長ポールとして使うのですが、ちょっと工夫すれば、アイデア次第で開脚の狭い三脚、自立式一脚、照明用ブームスタンド、接写スタンドなどに早変わりします。ちょっと面白そうなので、参考までにご紹介してみました。

東風が吹く頃


風見鶏は面白い仕掛けだとおもう。
人々が五感で天気を予測していた時代、実用的かつ洒落たギミックだったに違いない。

その名はOP/TECH


ストラップ上がスーパークラッシック 下がファッションストラップ


最強ストラップOP/TECH
新しいストラップを購入したので紹介します。オプテックと言えば軽く感じる魔法のストラップで有名です。最近ではNikonなどメジャーメーカーでも採用されるようになったので、お使いになってる方も多いと思います。私が気に入っているのは伸び縮みするベルトではなく、ワンタッチでストラップとコネクターが分離するシステムです。カメラ取り付け部は一般的な3/8ウェビングに加えて、輪をくぐらせるプロループ、ラバー樹脂製のレギュラーなど6種類のコネクターが用意されています。私はカメラへの取り付け取り外しが簡単なプロループがお気に入りです。ストラップも2種ありますが、丁寧かつ丈夫に作られているのはスーパークラッシック・ループです(黒のみ)。ちょっと安いプロループストラップはカラーバリエーションが魅力ですが、むき出しのネオプレーンがややチープです。

さてスーパークラッシック・ループが好きで歴代の一眼デジに装着してきたのですが、さすがに超小型一眼のDMC-G1にはちょっと大げさです。G1純正のストラップも悪くないのですが、オプテックを使うとなかなか通常のストラップを使う気にはなりません。オプテックの場合、ストラップを外してコネクター同士を連結するとリストストラップとして使えますし、ストラップを外しておくと小さいカメラバッグに詰め込みやすいとか、三脚使用時やカメラを棚に仕舞っておくときもストラップが邪魔にならないという大きなメリットがあります。個人的にはメーカーロゴ入りプロストラップが嫌いという理由もあります。いずれにせよG1に使うには大げさなので、他社製のストラップを物色していたところ、偶然オプテックの新製品を発見しました。製品名はファッションストラップです。

このファッションストラップはストラップ幅が32mmとやや細身で、ラバー樹脂製のレギュラーコネクターが付いています。すっきりデザインされており、従来より軽量に仕立てられ見た目も悪くありません。軽量の小型一眼や双眼鏡にぴったりのサイズで価格もお手頃です。上級機種と同じく分離システムを採用していますので、好きなコネクターに付け替えることができます。私は手持ちのプロループに交換しました。この製品は日本の代理店では取り扱っていないようで?並行輸入店でしか入手できないようです。カラーも色々用意されているので、興味があれば検索してみて下さい。管理人一押しです。ところでこのシステムには三脚用もラインナップされており、そそるものがあります。ブルーがすてきなジッツオ純正ストラップにするか、はたまた合理派のオプテックにするか、ちょっと迷っているところです(笑)

新・神戸百景 王子公園駐車場


市立王子動物園と王子公園陸上競技場(通称王子スタジアム)の間を南北に道路が通っています。本来は南北の幹線をつなぐ道路でしたが、いつの間にかアクセスが遮断され、公園専用駐車場になりました。王子動物園も王子スタジアムも建設時期が古いため、鉄道アクセスはよいものの駐車施設は一切考慮されていません。そのため強引に道路を駐車場にしたのでしょう。神戸市らしい無節操な建設計画ですが、来園者は助かってるかも(笑) 

学生時分まで近所に住んでいましたので、この道は何回通ったかわかりません。正面に摩耶山を望む立地に加え、近隣にビルや住宅がないため開けた景観がたいへん素晴らしいところです。往来が少なく静かな通りですが、青いベレー帽をかぶった海星女子学院の可愛い女の子達が朝夕通う通学路でもあります。










最後のカットは道路脇にたたずむ瀟洒なハンター邸(1889年頃竣工)。当時まだ貴重だった硝子をふんだんに使ったベランダ周りが特徴的な邸宅です。1963年に現在の王子動物園に移築されました(国の重要文化物)。近所で育ったので子供の頃からこの建物を見てきましたが、今ではかなり老朽化が進んだような気がします。いつかは朽ちる木造の宿命ですが、陽光を浴びる姿は文明開化の夢をはらんで儚くも美しいです。

新・神戸百景 風見鶏の館


見飽きた観光資産も人が少ない裏通りから眺めると味があるものです。


原点回帰
今週のデジカメWatch「本田雅一の業界トレンド予報」を読まれたのでしょうか。この人のコラムは毎回洞察に富み楽しみにしているのですが、今回もふむむと頷きました。内容として右肩上がりながらも市場飽和に近づきつつあったカメラ業界が、今回の壊滅的な景気後退を受けていかに次の一手を打つべきかという示唆です。

たしかに筆者が云わんとすることには共感できます。マーケティング至上時代でありながら、金太郎飴のごとく右にならえの物作り、営業サイドの圧力で押し切られる物作り、会議会議でしか生まれないいびつな物作り、技術者のインスピレーションを生かさない上意下達の物作り、職人より企画者の方が多いという不思議な物作り、まさに日本の物作りは危機です。

時代を先取りしたプロダクトがないわけではありません。全員ズーム時代に一人単焦点で勝負したハイエンドコンデジGRD、センサーサイズを生かし切ったE-410、フォビオンを玩具的ボディに詰めてしまったDP1、超高速連写のカシオEX-F1、Fマウントでは不可能と云われた技術の壁を乗り越えたD3、脱一眼レフの模範的回答DMC-G1などなど。しかし悲しいことに1~2年でスクラップされるものばかりなのです。決して安い買い物ではないのに。

昔は、基本的にフィルムという媒体に画質が支配されていたので、メーカー同士の競争もある意味大らかで、いろいろな個性の存続が許されていました。しかしデジタル時代の今日、画質はメーカーの開発力に左右されます。解像力、ノイズ、収差、色再現性、階調、はてはボケ、味という定性的なものまで要求は多大です。もちろんコストの縛りは技術者を苦しめます。生き残りを賭けて彼らは戦っています。小遣いを貯めて好きなカメラを買って、こつこつ中古レンズを揃えている愛好家の気持ちを汲み取る余裕などないでしょう。

50mmF1.4Gや35mmF1.8Gを出すのに何年かかったのでしょう。某サードパーティに美味しいところをみんな持って行かれたので、パイはあまり残っていないと思うのですが。大企業は開発リソースが大きいのでやるときはやるのですが、小回りが効きません。ですから小さい市場向けの商品開発や生産流通は専門の子会社を作ってやらせたら面白いと思うのです。カメラは世界一でも周辺機材はまったく駄目で海外製の方が魅力的です。これも分社化することで新たな市場創造が可能ではないでしょうか。国内工場の保護活性化も考えて欲しいものです。ベンチャーによる物作りの気風がすっかり消えてしまった日本、株価に一喜一憂、観光入り込みに一喜一憂、早すぎる斜陽です。長文駄筆多謝。

重いわよぉ~


価値観がガラガラと崩壊する今日この頃・・・

神の家


我々は神から地上へ派遣された栄光を担っていますが、このままでは派遣切りも近いかも…
神戸北野教会にて。