マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

31

2009

新・神戸百景 屋台で賑わう宵の南京町

新型インフルエンザの影響で長らく人出が絶えていた南京町ですが、ここへ来てやっと少しずつ回復してきたようです。観光客のウェートが高い通りなので、やっと一息ついたのではないでしょうか。それにしても隙間なく並べられた屋台には驚くばかりです。誰が始めたのでしょうか、私が若い頃には屋台などは一軒もなかったのですが。若い女性でも平気で立ち食いをする時代ですから、これはこれで良いのかもしれません(^^;...

31

2009

agnès b.のある通り

旧居留地にて...

27

2009

二人の出航

若い二人、海原を越えてどんな港を目指すのでしょう。...

26

2009

小さなライカ トリノビット10X25BCA

長年、従業員2名の大企業の専務として頑張ってくれている家人に、誕生日祝いとして双眼鏡をプレゼントしました。私は写真、家人はバードウォッチングいずれも光学機器が欠かせません。家人の使う双眼鏡として現在、お散歩用に超小型の7倍、山林用に広視野の8倍、海浜用に明るい10倍と3台揃えていますが、ちょっと日帰り旅行に持って行くようなコンパクトタイプがありません。いままでNikonで揃えてきたのですが、今回はライカをチ...

24

2009

美しいひと

硝子越しにふっと絡んだ視線、美しい人でした。...

24

2009

18年ぶりの邂逅 DC-Nikkor 135mm F2D

先日来、D700に合わせる望遠レンズを物色しておりました。VR70-200mmが賢者の選択でしょうが、あの大きさが気に入りません。評価の高い大口径ポートレートレンズ85mmF1.4Dには大いにそそられますが、焦点距離からして持ち出す機会はあまりないでしょう。100mm帯はすでにVR105mmF2.8を持っていますし、便利な70-300mmズームならコンパクトなM4/3で間に合います。そこで残ったのがDC-Nikkor 135mm F2Dです。明るさは申し分なくサイズ...

21

2009

NIKKOR 50mm F1.4G AFは中高年を救うか

お気に入りだったNokton58mm、熟考の末手放すことにしました。理由は加齢に伴う視力の低下に加えてデジタル一眼の素通しファインダーです。大きく明るいD700のファインダーでもピントの山は掴みにくく、後でがっくりが結構ありました。古いF3に装着して覗くとマット面でピークがちゃんと確認できますから、やはりデジタルカメラはマニュアルレンズには最適化されていないと云うことでしょう。58mmという長めの焦点距離も微妙です。...

21

2009

ストラップですらライカは偉かった

オリンパスE410の登場以来、ストラップにこだわる方が増えました。小さいボディにアイレットとなると、ちょっとクラカメ風でストラップも似合うものが欲しくなりますね。女子カメラでは皮から手編みまでファッション化が進行中です。私も4/3用に3本A&Aを購入しましたが、どれもピンときません。私の個人的感想ですがA&Aは所詮カバン屋さんの手慰みといった感じで、用品専業メーカーの作るプロダクトとは思えないのです。実機に取り...