BENRO B-3 プロボールヘッドを試す


一切屋外へ持ち出さない(笑)自称三脚フェチの管理人ですが、今回はBENROの自由雲台を試してみることにしました。BENROの自由雲台はアルカスイスをお手本に、1/3程度というコストバリューで年々ファンが増えているようです。B-3はいわゆるフリクション機能付で、ロッキングノブとは別に摩擦調節(ドラッグコントロール)が付いているため機材の重さに合わせたテンションを調節できます。外観的にはアルカスイスと同じく巨大なボールが特徴です。今回選んだB-3は耐荷重20kgというスペックで、大口径超望遠を支えられるアイテムです。アルカ互換のクイックシューも使い勝手、精度とも十分です。

この手の雲台としては過去マンフロのハイドロスタットボ-ル雲台468MGを使ったことがあります。これも耐荷重16kgを誇る重量級で油圧ノブのじわっとした動きには感心しました。ところがB-3はこの468MGと比較しても全く見劣りしません。むしろ精密な動きや仕上げ加工ではマンフロより一枚上手です。フリクションコントロールされているので、自由雲台にありがちな万一の機材破損や指詰めについては安心できます。かなりの精度と強度マージンがあるので、フレーミング時の最終ロックでも構図のずれは皆無、ピタッと決まります。

国産某メーカーの人気雲台も悪くありませんが、総合的な信頼感、価格対性能比で優ります。なにかと格下に見られがちな中国製ですが、いつの間にやら日本製を追い越してワールドワイドに活躍しています。かっての日本も欧米を相手に頑張っていたのですが…ナイスな雲台を手にしてちょっぴり感傷的になった管理人でした。

LEICA MACRO-ELMARIT45mm来る


RICOH,SONYのミラーレス動向もあって、マイクロフォーサーズのレンズを増やすのはちょっと控えていたのですが、GXRと新鋭NEXのお手並みを拝見して、当分MFTの先行有利はゆるがない?と判断しました。そこで先日のM.ZD9-18mmに引き続いてLEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm f2.8を購入しました。いわゆるパナ製のなんてちゃってライカですが、ライカがお墨付きを与えたと云うだけあって専門家のレビューでは軒並み高評価です。パナソニックのレンズ設計技術はすでに家電の域を脱し、光学メーカーのそれに比肩しています。これからもどんなレンズを出してくるのかとても楽しみです。早速近所へ試写してきましたが、あいにく夕方で小雨混じりという最悪のコンディション、眠たい地味な写真ばかりになりましたが大体の傾向は掴めました。※作例はJPEG撮って出し、ノートリミング、コントラストのみ微調整。


















いわゆる解像感やコントラストの高さを感じさせるキリッとした描写ではありませんが、ディティールを滑らかに写し取る描写力と自然なボケ味の良さはこのレンズの魅力です。残念ながらFTは大きなボケが期待できないので、ポートレンズ的な使い方には向きません。しかし強力な手ぶれ防止、素早いAF、コンパクトかつ軽くて伸びない筐体は、伝統的マクロレンズが苦手だった街角スナップにピッタリ。僕は20mmF1.7、あるいは広角ズームと組み合わして使う予定です。ズームとはやはり別格ですし、ハイスピードは正義ですから(笑)

春を耕す人


レンゲが咲き誇る稲美町にて

天空の城 竹田城にて


5月15日、日本のマチュピチュとして名高い?朝来市の竹田城跡を訪れました。急峻な山道(=うさぎさんコース)をよじ登ってアクセスしましたが本当に疲れました(笑) しかしその甲斐はありました。名物の雲海を見ることは叶いませんでしたが、天候に恵まれ素晴らしい景観をたっぷり楽しむことができました。ここは一度訪れることをお勧めします。堂々たる石垣群に佇み戦乱の中世に想いを馳せると、ちょっぴりロマンな気分に浸れます。ただし駐車場からは亀さんコースをお勧めします。行けばわかるはず(笑)
【以下Wikipediaから要約】
城下から見上げる標高353mの古城山(虎臥山)の山頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城の異名をもつ。縄張りは、南北約400メートル東西約100メートル、天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭がある。廃城から約400年を経ているが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模であり史跡指定されている。






M.ZD9-18mmを評価する
今回の撮影行では新兵器M.ZD9-18mmが大活躍してくれました。ウルトラコンパクトな鏡胴は敷居の高い超広角ワールドを身近にしてくれます。兄弟分のLUMIX7-14mmと比較すると絶対的な画質ではやや引けをとるものの、使いやすい画角、逆光性能、フィルタ装着、超軽量155gを考えると文句なし、素晴らしいレンズです。歪曲補正が十分に効いているせいか、ワイド端域でも描写は自然です。紆余曲折のフォーサーズ、ここへ来てやっと存在理由を証明したか。カメラという道具において小さいということはそれだけでも最上の性能です。かってライカがそうであったように。
※作例はノートリ&若干のコントラスト調整、空はマイナス補正。

thinkTANKphotoのベルトシステムを試す


スポーツ系のプロカメラマンはベルトシステムを使う人が多いようです。各種用意されたポーチの中から用途に応じたものをチョイスして専用ベルトに装着するシステムで、一般的なウェストバッグでは対応できないカスタム化が可能です。今回はプロの支持者が多いthinkTANKphotoを試してみることにしました。以前使ったことのあるLowepro製のベルトシステムとは比較にならないほどバリエーションが豊かなため、カタログを見つつアッセンブルに悩みました。

写真右ユーティリティバッグに見えますが、スピードチェンジャーという名称の予備ボディ用ポーチです。ボディやレンズ用の仕切り付きクッションボックスが内蔵されており、フロントにも小物ポケットが付いていますので、使い勝手はとても良いです。写真左はスキン50と呼ばれるもので大型の広角レンズが収納できるレンズポーチです。どちらもマチが深いため見た目より収納量が大きくレンズ付小型DSLRを入れることも可能です。スキン50を空にしておいて、外したレンズやサブカメラの一時収納に使う方法もあります。

ポーチを装着するベルトにも、多くの種類やサイズが用意されています。私自身はポーチを固定せず素通しのベルト上を自由に前後に動かせる方が好きです。その方がものを出し入れしやすい重量も分散して重く感じません。そこで今回はフリップロックでポーチを固定させる純正のベルトを使用せず、シンプルな自作ナイロンベルトで間に合わせました。これからの季節、輪行や山歩きが多くなるので出番が多くなりそうです。小さなショルダーと組み合わせても面白いかもしれません。

白井大町藤公園に遊ぶ(兵庫県朝来市)


先週の日曜日、久しぶりに天気が良かったので朝来市の大町藤公園まで足を伸ばしてきました。白井大町藤公園は兵庫県朝来市和田山町にある藤公園で総面積7000平方メートル、長さ500m幅4mの藤棚が噴水池を中心にして広がっています。平成11年に開場した公園です。もと地元にあった藤の苗木と岡山県にある和気藤公園からもらった藤の苗木を足して整備したそうですが、ここへ来たのは初めてですが、さすが中国地方一と呼ばれるだけあって、ゴージャスな藤棚には目を奪われました。

当日は毎年開催される藤祭りとのことで花を楽しむ人たちで大賑わい、アマチュア写真家も多かったです。立派な一眼デジを持った女性が多いことには驚きます、時代の流れですねぇ。公園に隣接した大池の堤防には色とりどりの鯉のぼりが五月の空を泳いでいました。堤防から望む谷間の藤公園はなかなか素晴らしい眺めでした。ここの運営は交通整理から食堂まで町の人総出でやっておられますが、なかなかてきぱきして気持ちよかったです。花好きの方ならカメラ持参で一度覗かれてはいかがでしょうか。





花写真は苦手でなかなか上達しませんが、新兵器M.ZD9-18mmは軽快でナイス!

Carl Zeiss Conquest 8x30T*を試す


連休前のこと、知る人ぞ知る勝間光学の双眼鏡を購入しようとネットで調べていたら、偶然Zeissの出物に遭遇!Zeissでは普及クラスのConquestとは云え滅多にないチャンス、迷わずポチッと逝きました。図らずも某社製新型Macroレンズ導入計画が犠牲になったことは言うまではありません(笑) カメラの世界でZeissといえば昔日の勢いはありませんが、双眼鏡分野では押しも押されぬ世界の横綱、大関がLeica、Swarovski、Nikonといったところ。日本人でZeissと関わりが深いと言えば、あの連合艦隊司令長官東郷平八郎。Zeissを胸に下げ海戦を戦った初めての日本人です。小西商店にドイツから輸入させたという逸話が残っていますが、当時の双眼鏡はハイテク光学兵器だったわけですから、恐ろしく高価だったでしょうね(今でも高いもん!)

届いた双眼鏡の視度補正を済ませ、早速チェックしてみるとさすがZeiss、得意のコーティング効果か夕暮れにも関わらず視野が明るい!細部を解像するため倍率が上がったような錯覚に陥ります。バードウォッチャーの家人に渡すと「おぉ!明るい!よく見える!」を連発。家人に言わせるとNikonより細部まで解像する、Leicaとの比較ではコントラストはやや低いが明るさで上回り、解像感はいい勝負とのこと。となると私にはもったいなく思えてきて値打ちのわかる家人に進呈することに。私はお下がりながら視界63°を誇るNikon8x30EIIを有り難くも拝領しました。鳥を探すのが下手な私にはZeissよりいいかも(笑) そのうち懐が温かくなったら、我が家の司令長官に墺国の逸品Swarovskiをプレゼントしてあげたいものです(=贈賄ともいう)。