Lowepro スリングショット102AWを試す



機材が小型M4/3がメインになってきたので、小ぶりのスリングバッグを導入することにしました。スリングバッグといえばロープロのそれが以前大ヒット、現在では各社追随しカメラを運ぶ新しいスタイルとして定着しました。今回購入した102AWはロープロでは一番小さいサイズです。三代目になりますが外観や機能はほぼ初代を踏襲、サイドに小型三脚を装着できるよう改良されました。スリングバッグはあくまでもショルダーバッグの代替えですから、たくさんの機材や大きい三脚を運搬する場合はリュックが無難だと思います。


102AWはかなりコンパクトですが見た目よりは容量が確保されており、M4/3システムでしたらご覧のようにボディ2台、レンズ4本、コンデジ1台、ストロボ1台、小物1式が入れられます。中型一眼でしたらワンサイズ上の202AWがマッチするでしょう。室内で試しただけですが、装着感や使い勝手はロープロがKATAよりやや優ります。さすがオリジナル、使いやすいですね。

怪獣たちの夜

夏の終わり

昼下がりの積乱雲が見る夢

新・神戸百景 神戸空港


赤字続きに加えて関西3空港の統廃合問題で揺れる神戸空港。先日は日本航空の撤退が伝えられ泣き面に蜂、初めから厳しい状況になることは分かりきっていたのに開港を強行した行政の甘い見通しには市民の一人として腹立たしいものがあります。しかし現地に立って思うことは都心部へのアクセスの良さ。本来、関西新空港はこの神戸沖に建設される予定でした。ここへさっさと完成していたらどれほど神戸経済、関西経済に寄与したことか。当時は徹底反対、欲しいとなったら赤字垂れ流しでも作る。こういうことの繰り返しが地方を、日本を悪くしていったのでしょう。







第二次高級コンパクト戦争勃発!?
GRDから始まった高級コンデジ、ここへ来て1/1.7インチから一気に4/3~APS-Cにサイズアップ!これは来年が面白くなりそうですね。SONY一人に美味しい目はさせないぞっていう思惑が見え見えですが、ポスト一眼デジとして写真文化の成熟には寄与すると思います。NEXショックで慌てて試作したと思われる(笑)オリの新型機については、そのシンプルなスタイルに好感を持てますが、むしろLX5にこのセンサーが欲しかった思うのは僕だけではないでしょう。フジのX100も楽しいですね。M3を彷彿させるようなRFスタイルをどんと出してくるのは面白いマーケです。しかし例によって微妙にチープなフジ流ディティールがお愛想。工夫のハイブリッドOVFも視野率90%なのでまずまず使い物になりそう。LeicaX1よりいい絵を吐きそうな予感がします。

別離 手をふるひと


その人は飛び去る飛行機に狂おしいほど手を振っていました。
恋人か家族か、これほどに愛されて幸せです。
神戸空港にて