ずっと二人でいられますように


梅田スカイビルには「空中庭園大明神」を祀る社がある。御利益は恋愛成就(笑)

梅田スカイビルにて


以前から行ってみたいと思っていた梅田スカイビル、日曜日にカメラ片手に登ってきました。設計はJR京都駅を設計した原広司。京都駅は素晴らしい大空間とちぐはぐなファサードで賛否両論別れましたが、梅田スカイビルは誰しも認める名建築だと思います。当日は梅田の新名所に相応しく手をつないだ若い人が多くて当てられ放しでした(笑)














パーティを準備する人


北野町にて
やっぱりこのカメラでISO800は苦しいです(笑)

夜の河 師走編











世界最速!ブラックラピッドRS-7を試す


世界最速をキャッチに多くのファンを獲得したブラックラピッド、地味なストラップ業界では、OP/TEC以来の大ヒットといっていいでしょうね。私も革新的なコンセプトに賛同した一人ですが、ミラーレスにはやや大振りで購入には至らず、アクリルテープを使った手作り品でお茶を濁しておりました。最近、第二世代で細身のRS-7が発売されたので、早速購入して試してみました。基本的には初期型と同じですが、カーブした肩パッド、安全性が増した固定金具、ズレ止め具の追加など小さな改良が施されています。

ブラックラピッドのキモは特製環金具がストラップの上を良く滑ると云うこと、これが世界最速の秘密です。加えて肩パッドの滑り止めはついておらず、あらゆる点でストラップが身体にまとわりつかないよう工夫されています。しっかり滑らずがテーマだった今までストラップとは全く逆の発想が面白い。さて肝心の使い心地と云えば、まずまずという処でしょうか。普通の斜めがけよりは快適でスナップ性に優れます。自転車携行では背中に回したときの安定性では二点吊りより劣りますが、必要なときにさっとカメラを回せるのがやはり便利。欠点と云えば品質のわりに価格が高すぎること、はっきり云って半分以下が適正でしょう(^^;


探鳥日記 山田池公園にて vol.2










初冬の山田池公園、天気にも恵まれ良い鳥見日和でした。鳥も多いと聞いていましたが予想よりはるかに多い鳥種に出会えました。中でも水辺の宝石とも呼ばれるカワセミを三回も見ることが出来、カメラに収められたのは、とってもハッピー。Canonの大砲でオオタカを狙うオジサンに面白いお話を聞かせてもらえました。
当日出会えた鳥達は、カワセミ、オオタカ、アオジ、カルガモ、マガモ、カイツブリ、オシドリ、ヒドリガモ、バン、アオサギ、ジョウビタキ、エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、ツグミ、カワラヒワ、セキレイなど。付録でヌートリアも(笑)

探鳥日記 山田池公園にて vol.1


日曜日、熱血バーダーのお供で枚方の山田池公園へ出かけました。山田池は1200年も前に作られた灌漑用のため池で、現在は府営の都市公園として開放されています。落葉樹林に囲まれた非常に美しい親水空間で、たくさんの野鳥が飛来生息することから、関西のバーダー達が集う名所でもあります。箆鮒が多いのでしょうか、この日はたくさんの釣り人がのんびり糸を垂れていました。園内には水生花園、花木園をはじめ、四季折々の花と緑を楽しめるスポットが点在。自転車で回ってみましたが結構見どころのある広い公園でした。








引率する人


ご苦労さんです。北野町にて