雨の印象








雨が好きな男の子だった。しのつく空をいつも眺めていたような気がする。

鳥撮りセット EOS 60D & 300mmF4


これから野鳥のベストシーズンを迎えますので、撮影機材を一新しました。いままでは小型軽量を生かしてM4/3とパナの300mm(換算600mm)の組み合わせでした。フットワークは抜群でしたが、思うような解像感がえられないことや、素早い動きの小鳥や飛ぶ鳥をEVFで捉えるのは難しく、ついに諦めました。いずれにせよ高額な大砲レンズは資金的に無理です(笑) そこで迫撃砲レベルで揃えるとなると、Nikonなら300mmF4D+テレコン、Canonなら400mmF5.6の二択になりますが、今回はキャノンで調達しました。キャノンの一眼は世界初コンピュータ搭載キャノンEF(73年発売)以来ですので、おそろしく久しぶり(歳がわかるなぁ〜)



EF400mmF5.6は登場以来20年という老兵ですが、デジタル時代を迎えてもその実力は御存知の通り一級品。実際AFは早いですし、スーパーUDレンズと少ないレンズ構成(7枚)が効いているのか、F5.6というスペックよりはファインダーを明るく感じます。組み込みフードや三脚座の操作性もよく、筐体の作りも安価ながらしっかり。S/Nをチェックしたところ2012年8月宇都宮製でした~ふむふむ。

ボディは鳥屋の定番7Dか軽量60Dにするか、ずいぶん悩みました。7Dの8枚/秒は魅力でしたが、操作がシンプルでグリップが手に馴染む60Dをゲット。試写したところ、特に問題もなく被写体を補足することができたので、まずは正解、ホッ。



足回りについては、三脚は手持ちのジッツオGT2541、雲台は小型ビデオ雲台の定番マンフロット701HDVをチョイス。カメラとのバランスはちょうど良い按配で、操作性も上々です。とりあえずパナから500mmF4と高速連写、高速追尾AFシステムが登場するまで使う予定です。まぁ数年はかかるでしょうがね(笑)
【独り言】これをきっかけに6D買ってしまうかも〜だってGH3思ったより高いもん〜


大人の遠足 京都美山かやぶきの里・点景


引き続いて美山の点景。M4/3用の大口径中望遠が欲しいなぁ。


古い農具の数々。日本は木の文化ですねぇ。


風にそよぐ秋桜。


庭先でおばあちゃんが手仕事で粟の実を脱穀中。手間じゃのぉ。


絵になる点景があちこちに。


村の八幡神社。立派な神楽殿がありました。


陽光に煌めくすすきの穂。蕎麦畑に野鳥が集っていました。
この項終わり

大人の遠足 京都美山かやぶきの里


以前から行きたいと思っていた京都美山へ遠出して来ました。行楽シーズンの人ごみを避け平日に出かけたのですが結構な人出で賑わっていました。こじんまりした集落(北村地区)をぶらり散歩。自家栽培の手打ち蕎麦をいただき、のんびり骨休め。しかし帰りの運転は眠くてきつかったです(笑)

【wikipediaより抜粋】かやぶきの里北村は、京都府南丹市美山町北にある山村集落。50戸ほどの集落のうち38戸が茅葺き屋根である。1993年、周囲の水田と山林を含む集落全体127.5ヘクタールが、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。家屋の多くが江戸時代中頃から末期にかけて建てられたものであり「北山型民家」に分類される。丈の高い入母屋造の屋根と神社の千木のような飾りが特色である。



集落の脇を流れる由良川。画家たちのスポットでした。


1カ所に固まった集落、古い村であることが伺えます。


存続が危ぶまれた茅葺きですが、現在では村内で職人さんがいるとのこと。


辻々で咲き乱れる秋の草花。とっても綺麗でした。


資料館、古い農具などが展示されています。


おじゃましてすいませんでした、また遊びに来ます。
当日出会えた鳥達は、カワラヒワ、モズ、トビ、セキレイ、蕎麦畑の小鳥?など約15種。

新・神戸百景 六甲ガーデンテラス


眼下に阪神を見下ろすことのできる六甲山の特等席です。洒落たカフェやスーベニールが集積、阪急阪神グループの経営のようです。この日も小雨混じりの悪天候にもかかわらず、日暮れまで若者たちで賑わっていました。家人も地ビールやライフグッズを購入、この日も平和でした(笑)



晴れた日は夜景が素晴らしいです。


なぜか中世風の城塞が六甲山に(笑)


と云いつつ、登ってしまうイチビリな私。


品揃えの良いナイスなグッズショップ。美女で一杯〜


何を買おうかな?

新・神戸百景 自然体感展望台 六甲枝垂れ


先日、以前より行ってみたいと思っていた六甲山頂近くの六甲ガーデンテラスへ行って来ました。ここのランドマークは三分一博志氏設計の六甲枝垂れ。雑誌などでその存在は知っていましたが、現物を見てその存在感、面白さに脱帽しました。安藤氏の建築物と同じく非常にフォトジェニックで、私の拙い写真ではその魅力を伝えられません。当日はあいにくの雨模様でしたが、たくさんの若者達で賑わっていました。



●自然体感展望台「六甲枝垂れ」とは(※HPより抜粋)
山の上に立つ一本の大きな樹。それが自然体感展望台「六甲枝垂れ」のコンセプト。その名のとおり枝垂れをイメージさせるヒノキのフレーム「枝葉」が展望台を覆っています。「枝葉」を通して木洩れ日のような光に包まれるでしょう。
また、大木の幹のような展望台の中央部。木が地中の水を吸い上げるように、風の流れを吸い上げます。まるで展望台自体が呼吸しているような、地球と一体になった建物です。









遠く播磨灘を望む。




●設計家プロフィール
三分一博志(さんぶいちひろし)
1968年生まれ・山口県出身。いかにして建築が地球の一部になるかを一貫したテーマとし「地球のディティール」を提唱。日本建築学会賞作品賞、吉岡賞など受賞。国内のみならず海外での評価も高い。最近では犬島アートプロジェクト「精錬所」、六甲枝垂れなどでも注目された。広島県在住。

GX1追加 そしてG X 14-42mm&G X 45-175mm


パワーズームを採用したXレンズはそのコンパクトさ、画質の良さで高い評価を与えられており、以前から一度試してみたいと思っていました。そこで先日GX1のレンズセットがどかんと値落ちしたのをきっかけにポチ。すでにGX1は購入済みですが、Xレンズの市場価格を差し引くとボディを1万円で追加できた勘定で、良い買い物でした。しかし、道頓堀の看板並に氾濫するロゴなんとかならんか!早急な改善あるいはデザイナーの交代を要求したい。



このレンズの凄さは何よりそのコンパクトさです。あの20mmF1.7とほぼ同じ収納サイズに3倍ズームを仕込んだのですから大したものです。もちろん画質も悪くありません。私の試写でも写りの良さで定評のある14-45mm(写真左)と同等以上と見ました。ナノサーフェスコーティングの威力か、抜けの良さが目立ちます。インナーズームで長さが変化しないのも偉いところ、もはやコンデジ代わりに使えるサイズです。



Xレンズといえば、望遠45-175mmも見逃せません。フルサイズ換算90-350mmと使い勝手の良いズーム比に、長さ90mm&超軽量210g、見た目が変化せず格好の良いインナーズーム、電動ながらズームリング採用で操作に違和感はありません。高級感のある外観ではありませんが、この小さな筐体に非球面レンズとEDレンズがなんと4枚も奢られています。ナノサーフェスコーティングも投入、スペックはぷちLレンズですが、お財布にやさしい価格設定~嗚呼パナレンズに外れなし。



写真はAPS-Cの300mmズームと同程度のボリュームを持つLumix100-300mmと並べたところ。圧倒的なコンパクトさが嬉しいです。一般的なDSLRでボディ2台レンズ4本を持つと大荷物で腰が痛くなりますが、M4/3なら小さいカバンに収まってしまいます。いやはや面白いフォーマットです。