探鳥日記 冬の神戸市立森林植物園


神戸市立森林植物園は規模142.6ha、1940年に開館した日本最大の樹木植物園です。日本と世界の樹木約1200種を六甲山中の広大な敷地に植栽しており、各地の森を巡るように景色を楽しめます。もちろん野鳥の森として、たくさんのバーダーが訪れるサンクチュアリでもあります。以前から六甲名物紫陽花の季節に訪れていたのですが、一昨年に引っ越した先がこの植物園から車で10分なので、ちょいちょい通うようになりました。



行楽シーズンはかなりの市民で賑わいますが、冬場はさすがに人影が少ないです。


冬鳥が多いゾーンを歩いていきます。


落葉すると野鳥を見つけやすくなるので、冬はバーダーの季節。


ここはブリスベーンの森(笑)可愛い四阿があります。


いきなり飛び出してきた可愛いルリビタキ♂、嬉しくて連写!


当日出会えた鳥達は、オオマシコ、ベニマシコ、ウソ、シメ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、エナガ、シロハラ、メジロ、ホオジロ、ミヤマホオジロ、アオジ、コゲラなど20種。

恋歌


鉛色の空、寒風をぬって呼び声は届くのだろうか。




美しいBGMをお楽しみください。ちょっぴりセンチになれます。
”テレマンのマリア”

コストコ神戸店


コストコとはアメリカ生まれの大型会員の倉庫店。徹底したローコスト管理で世界中に展開、日本でも13店展開中で、今後も出店計画あり。その非日常的な販売スケールとスタイルで日本でも支持率向上中。と書いたものの実は先日まで全然知らなかったのです(笑)ふとしたことでネットで知り、家から遠くないので遊びがてら行って来ました。



休日のため駐車場は大混雑、順番待ちでかなり待たされやっと屋上Pに停められました。
カート専用通路があるのは、さすがアメリカ純正ストア。


会員制なので4000円前後の入会金を支払い、パスをもらって入場しました。いわゆるホールセールスタイルで、パソコンやカメラ、宝飾品なども展開しています。ホームセンターや食料品スーパーとも違う雰囲気で面白いです。



やはり売り場の比重が高いのは食料品、かなりのスケールです。


イケアを彷彿させる倉庫スタイル。迫力はありますね。


ここのスタッフは全員働き者〜今時の若者らしくなくテキパキでした。


結局なんだかんだと、普段目にしない食品やインポートワインなど大型カートいっぱいの買い物をしてしまいました(笑)価格的にはまずまず安いのですが、まとめ買いパッケージばかりで量が多いため小口では買えません。ですから大家族、買い置きする習慣のおうち、シェアするお友達がおられたらお勧めです。管理は大変行き届いており、さすが世界展開する企業の運営でした。

奇妙な棲家


誰がどんな目的で作ったのだろう。

探鳥日記 ふたたび大阪城へ


先日、今年2回めになる大阪城へ鳥見に出かけました。お目当てはデジスコドットコムの石丸さん主催の新製品デジスコ体験会です。鳥を撮り始めると300mmは広角、600mmで標準、1000mmを超してやっと望遠という非情な世界。となると大砲にテレコンでも倍率が足りず、デジスコの出番になります。以前から興味を持っていたのですが、残念ながら地方では機材を展示しているショップがなく、この日の体験会が楽しみでした。



これが当日、展示されていた機材、KOWA TSN-884+TE-11WZ+ニコン1V2 18.5mm。大口径スコープと最新ミラーレスの組み合わせですが、いわゆる大砲と比較すると軽量コンパクトです。明るい単焦点レンズとズームアイピースのコラボによる高画質が売りとか。20?60倍ズームなのでざっと1000?3000mm!こりゃ欲しいわ。



持ち込みSDカードでの撮影OKでしたので、試写させていただきました。
要領が分からず好条件下での撮影にも関わらずピントが甘い?お恥ずかしい。


同じく水飲み場での可愛いルリビタキですが、やはり甘いピント(-_-;)
同じ日同じ場所で石丸さんが撮られたナイスな作例、やはり写真は腕ですね、トホホ。


記念に我が愛機もパチリ。AFは断然こちらが高性能で飛びものには強し。


お城の近所でお昼ごはん、見た目はとても美味しそうでしたが(笑)


当日出会えた鳥達は、ツグミ、シロハラ、シメ、ジョウビタキ、ルリビタキ、キクイタダキ、メジロ、シジュウカラ、コゲラ、ヤマガラ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ユリカモメ、マガモ、コガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カワウ、カイツブリ、オオバン、アオサギ、コサギなど29種。

escape

摩天楼


兵庫にて