野鳥を補足せよ!LUMIX DMC-FZ200 + TCON-17


小型軽量の野鳥システムとして、この冬にキャノンの50倍ズーム機SX50を入手しました。豆粒センサーとは思えない画質と超絶1200mm相当はド迫力でしたが、残念ながら野鳥の素早い動きにAFが全く追従しない上に鈍重レスポンス、止まりモノ以外は使い物にならず、結局涙を呑んでドナドナ。ふてくされていたのですが、その後ネットで見聞したところ私のデジタル写真眼さんのFZ200を使った野鳥撮影の実例に驚き桃の木!panoramaheadさんのFZ200ビデオ撮影にも感動の嵐。一度はコンデジでの野鳥撮影を諦めていましたが、再び闘志を燃やしポチっと逝ってしまいました。



FZ200は24倍ズーム(換算600mm)で倍率ではSX50には敵わないものの、全域F2.8が最大の売り、掌に乗るロクニッパです。SX50のテレ側はF8ですから4段違います。つまり1/60秒のところでも1/500秒で切れます。あるいはISO1600のところがISO200でよいということに。これはかなりのアドバンテージで、手ブレ&被写体ブレの低減、高感度ノイズの抑止に大きな効果を発揮します。しかし野鳥相手だと600mmでも豆鉄砲ですので、オリンパスの1.7倍テレコンTCON-17を装着しました。ネジが切られていないので通常ならフードは着けられませんが、ステップアップリングを噛ませ金属フードをテープで強引に止めています。見た目はインナーズーム(笑)なのでまずまずかな。



光学テレコンを装着した状態で換算1,000mmオーバーとなり、倍率的にはまずまずです。フロントテレコンは大きく重いため、結果的に小型一眼デジ+300mmズーム程度のボリュームになってしまいました。試写には一度連れ出しただけですが、あいにく撮りやすい(笑)野鳥には遭遇せずあえなく沈没。SX50と比較すると画質は互角、AFと連写はかなり上、EVFは数段上、質感は価格の差そのままという所でしょうか。いずれにせよ鳥撮りは機材もさることながら、腕がものを言うので私のようなヘボは精進あるのみです。以下作例(全てテレコン装着、JPEG撮って出し)



豆粒センサーとは思えない画質、ライカ銘は伊達じゃない?換算680mm


2m程度まで寄れるので望遠マクロとして使っても面白そう。換算1,020mm


この日唯一の野鳥(って雀かい)、まずまず解像しています。換算1,020mm

ミラーレスにベストマッチ?A&A ACAM-1000


久しぶりにNEXマウントを購入したので、カメラバッグも新調してみました。レンズ付きミラーレスに2台に交換レンズ2本、コンデジ1台、身の回り小物が収まる容量のバッグといえば、大きさ的にはドンケで言えばF6よりやや大きめといったところでしょうか。そこで色々物色した結果、ARTISAN&ARTIST のACAM-1000をセレクトしました。フロントポケットにもレンズや機材が収納できるという珍しいタイプです。



このバッグは元々ライカシステムの収納用ですから、サイズ的に一眼にはタイトすぎますが、ミラーレスとは相性がいいです。A&Aはリーズナブルとはいえませんが、その価格に見合った縫製ですし、porterより使い勝手の良い融通さがあります。今回購入したアイテムはマップカメラの特注仕様でホワイトステッチ入りです。大きすぎず小さすぎず、シンプル&カジュアルなデザインです。



A&Aで気に入らない点はクッションパッドが厚すぎること、見た目より収納量が間引かれてしまう欠点があります。この点は改良可能なので近いうちに手を加えてみるつもりです。良い点はジップが大きくて使いやすい、ストラップが実用的、ホックを停めやすいように指ぬきが付いているなど、シンプルな作りながら押さえどころはしっかりしています。まずは気に入りました(^^)


こんなん買いました。NEX-5R E PZ 16-50mm付


長らくパナを主体にm4/3を愛用して来ましたが、ちょっと考えるところあってEマウントを追加しました。初代のNEX-5については購入したものの、あまリにタコな操作性にあきれ速攻でドナドナ、その後無視していたのですが、先日NEX-6を触る機会があり、改善されたIFとコンパクト化されたパワーズームの組み合わせに物欲むくっ〜もっともEVFは望遠以外使いませんので、とりあえず6ではなく新型NEX-5をゲット。キットレンズが換算24mmから始まるというのも選択の大きな理由。風景や建物相手では広角側4mmの差は非常に大きいです。



実はNEX-5を選んだのは自分撮りができるという下世話な理由もあります。家人とのツーショットを観光先でよく撮るのですが、NEX-5だと180度回転液晶と3秒セルフタイマーで楽々、三脚いらずです。相変わらずボディに比してレンズの大きさのバランスの悪さが目立つEマウントですが、10-18mmの超広角ズームと50mmF1.8の二本については、評判も良いので近いうちに使ってみるつもりです。

ステップアップリングをかませて、手持ちのフォクトレンダー用のレンズフードを取り付けてみました(追記:やっぱりケラレ出ます、ダメですねぇ)。ストラップは京の職人が編みこんだというA&Aの組紐。コーディネイトはいかがでしょうか。

古都のディティール 其弐














この日は外国人の喧騒がかしましく、ちょっとうんざり。
やはり古都は観光シーズを外して、のんびり歩いてみたいものです。

古都のディティール 其壱


久しぶりに京都は清水寺あたりをカメラ散歩しました。古都らしい佇まいは相も変わらずでしたが、昔と比べると一層コマーシャリズムが押し出されたような感を受けました。












この項続く

帰ってきたGRD IV そしてGR


RX-100、ナイスな写りに加えて凝縮されたコンパクト感はわかるものの、人間工学を無視したあまりの持ちにくさに辟易、ついに里子に出しました(笑)ということでこれまた出戻りでGRD4が帰って来ました。初代から数えるとGXも含めてついに8台目、立派なリコーシンパかも。実はGRD4については昨年の購入時ちょっとケチがついた事情があり、買い換えたいと思っていたので悔いはありません。それにしても手にとるたびに思うGRDのハンドリングの良さ、これを超えるデジカメは今までも出なかったし、これからも出ないでしょう。リコー開発陣のフィロソフィーを感じます。



噂のGRD後継APS-C機、意外と早く出ましたね。GRD4を買い戻すときも、そろそろ出るなと思っていたのですが、性格が違う機種なので待つ気はありませんでした。それにしてもGR、頑張りましたね。フィルム機GR21と同サイズに押さえてきたのは偉いと思います。僕にとってGRは画質よりそのハンドリングと操作性です。それを継承してセンサーのサイズアップが図れたのなら言うことありません。パンフォーカスも悪くありませんが、これからは表現の幅が広がります。このジャンルではニコン機を周回遅れにしましたね(可哀想)。私もご祝儀相場が落ち着いたらゲットする予定です。

Photshop Elements 11 editor を試す


20年来のAdobeユーザーですので、画像処理ソフトはPhotoshop(以下PS)を使い続けています。ブログ用のMacにもPSを入れていますが、3台以上のパソコンはいちいちネット上で認証が必要になり、毎回切り替え作業が面倒なので、Mac専用にソフトを購入しました。いわゆる汎用画像ソフトの定番といえば、PS、Lightroom、SILKYPIXなどが挙げられますが、今回は安価版PSのPhotoshop Elements 11(以下PSE)を使って見ることにしました。PSEは付属の画像ローダーが重くて使いにくいのですが、今回はアップルストアにて、ローダーを省いたediter版(6,900円)をゲットしました。画像管理はAdobe Bridgeで決まりです。

Lightroomは現像処理に特化しているだけによく出来ていますが、レイヤーを搭載していないので画像劣化型レタッチ(笑)を志向する私には使えません。SILKYPIXは工夫されたIFでプリセットもナイスですが、これまたレイヤーが使えません。線間補正のアルゴリズムがAdobeほど洗練されていないので、WEB画像がいまいちという弱点もあります。さて数年ぶりにPSEを触ってみましたが、やはり進化していました。基本的には初心者向きですが、上級者向きのIFも持ちあわせてあって、慣れるとPS並に扱えそうです。レタッチだけでなくCGや文字加工もしたいという人には一押しですね。