OP/TECHコンパクトスリング改 レビュー


斜め掛けストラップの流行以来、自作も含め各社の商品を試しましたが、今ひとつピタッと来ませんでした。というのも私はミラーレスをメインに使っているので、DSRにマッチするよう作られている既成品はごつすぎる嫌いがあります。軽快な小型カメラには太いストラップは似合いません。という事で目をつけたのがOP/TECH コンパクトスリングです。使い勝手が良かったので、参考までに紹介します。



この手のストラップの特長はカメラがベルト上を滑って移動するため、速写性に優れることです。この商品はコンパクトカメラ用だけあって見た目もスリムですし、細身ながらもOP/TECH流の当たりの良いショルダーパッドが付いています。問題はカメラ取付部が紐のため、ミラーレスには弱すぎるということです。※写真はOP/TECHの広告から



そこでコネクトループを外し、金属フックに改造してみました。転用したのはゲリズカメラフックXA-SH1です。ガンショット用に作られただけあって使い勝手は非常に良いです。カメラ側の1/4"ネジにはサンスナイパーベアリングスクリューコンパクトを使ってみました(写真左)。カメラを複数携行するときは、予備ボディにもネジを装着しておくとクイックに交換できます(写真右)。


真昼のフラクタル


東遊園地にて


野鳥専用超望遠 M.ZUIKO 75-300mm F4.8-6.7 II


野鳥撮影といえば、135判換算600mmは最低でも必要。カメラマンには厳しい世界ですが、m4/3ならば掌に乗る機材で実現します。問題は画質、私もパナの100-300mmを長らく使いましたが、やはり二強の大砲レンズには比べるべくもありません。オリの75-300mmも吐き出す画像が眠く、ミラーレスの弱点もあって今ひとつの評価でした。

今回入手したM.ZUIKO 75-300mmはコーティングが改良された二代目です。E-P5を購入した理由には60mmマクロに加え、この超望遠を試してみたかったこともあります。機材道楽のacielmdさんが褒めておられたし、5軸手振れ防止&スーパースポットAF搭載のE-P5ならレンズの能力を引き出してくれるはず(と思いたい)。



黒一色の筐体は先代より重厚感があり、ズームリングの動きもまずまず。問題は例によって別売のフード。せこい商売を続けるオリンパスですが、専用フードLH-61E(@4200)はなんとフォーサーズ70-300mmと共用、当然フードが大きすぎて見た目がアンバランス。専用設計あるいは植毛しているような高級品ならいざしらず、こんなものに金を払えません。あいかわらず、この会社では志の低い事務屋が技術者たちの足を引っ張っているようです。



ということで私の選んだ選択肢はKENKOの硬質ラバーフード。しっかりした作りながら、折りたたんでレンズキャップをはめることもできます(写真)。見た目も悪くないので、とりあえず良しとします。樹間を飛び回る小鳥を補足するには二強の一眼システムが圧倒的に有利ですが、現時点ではミラーレス最上の鳥撮りシステムで、どこまで迫ることができるでしょうか。レビューはちと涼しくなってから(爆)

寄り添う明かり


光が違う明かり二つ。暗示的かも。


ミニ三脚決定版か!? ゴリラポッド マイクロ800


久しぶりの三脚ネタです。古くはマンフロットテーブル三脚から始まって、10本の指ではとても足りないほどミニ三脚を試して来ましたが、いまだ決定版はありません。その中でも、印象に残るのは一世を風靡したJOBYのゴリラポッド。私も都合3個仕入れて使いました。素晴らしいアイデア三脚ですが、チープな作りでいつしかドナドナ。最近そのJOBYから出たゴリラポッドマイクロ800の使い勝手がよさそうなので、試して見ることにしました。



#800はミラーレス対応で、アルミ製の折りたたみ脚、雲台ともにが非常にしっかりしていて、剛性的な不安はありません。コンデジ用には一回り小さい#250がラインナップされています。写真のようにコンパクトにたためるので、カメラに取り付けたまま携行できます。しっかりカメラを固定しながらも角度調整も自在という雲台の固さが絶妙。工具なしで取り付けできるのも長所です。気に入りましたが、この手の三脚は毎回持ち出すのを忘れるので、なかなか出番がありません(笑)



これ凄い!THERMOS 真空断熱タンブラー


先日百貨店でチタン製タンブラーの保冷力デモをやっていたのを見て、「へぇ〜凄いもんだなぁ」と思い、家に帰ってからAmazonでチェックしたところ、値段が高い! 諦めかけたら魔法瓶メーカーのTHERMOSが出しているステンレス製のそれが目に止まりました。口コミ評判もいいし、価格もどんと安いので早速ゲット。

使ってみたら驚き桃の木、本当に氷が溶けません。かなりの長時間、氷が溶けないので水っぽくならずアイスコーヒーやチューハイの味が落ちません。家人は水割りの氷が溶けないので水腹にならないと云います。クールな金属質感も慣れれば悪くありません。表面が結露しないので、コースターが不要になりました。とても気に入ったので、似たような作りのガラス製も購入しました。写真右のHurex 耐熱ダブルウォールグラス、保冷力はTHERMOSよりやや落ちますが、見た目が爽やかなので、これも気に入っています。



新・神戸百景 阪神大震災「慰霊と復興のモニュメント」


東山遊園地の片隅にひっそり佇む復興モニュメント。赤煉瓦と噴水で設えられたそれは、今では訪れる人も少なくなりました。



復興モニュメントへは地下へと続く通路を辿ります。


通路へ差す光、眩しいも美しい。


壁に一人一人刻まれた犠牲者の銘。


行き着くとそこはカタコンベ。天井は噴水が降り注ぐ水のるつぼ。


一つ間違えていたら私もここに刻まれていたはず・・


出口を仰ぐと夏の空でした。