恒例!我が家のベストテン2014


堂々の1位 タニカ ヨーグルティア
ふと思いついて購入したヨーグルトメーカー。ヨーグルトも毎日たっぷり食べると結構な支出になりますが、ヨーグルトメーカーなら数分の一で作れます。市販品を種に作っていますが、味も美味しいしたっぷり食べられるので、満足感があります。サワークリームも作れるので、美味しいディップやドレッシングソースもOK。毎日ヨーグルトを食べるようになってから、お腹の調子がすごく良くなりました。これは嬉しい誤算でした。正月は甘酒に挑戦する予定です。


2位 パナソニック ホームベーカリー
自家製ヨーグルトに味を占めて買い込みました。結果は大正解、焼き立てパンは美味しいです。お気に入りは全粒パン、ヨーグルトを入れて作るライ麦パンもなかなかいけます。ジャムを作ったり、先日は生パスタにも挑戦しました。正月はもち作りに挑戦です。家人に受けたので、亭主の鼻息荒いです。


3位 パナソニック アイスクリームメーカー
これもいいですねぇ。当初コツをつかむまで上手くできませんでしたが、回数を重ねるごとに要領がわかって来ました。ハーゲンダッツ並みとは行きませんが、結構美味しいです。ジェラードやシャーベットも作れますが、メーカーのレシピはもう一つなので、工夫が必要です。家人のお気に入りは、ヨーグルトアイス、これは自分で言うのもなんですが、低カロリーでとても美味しいです。


4位 日産ノート
いわゆる変哲もないコンパクトカーなので、ワクワクさせる要素はありませんが、ただ一つ素晴らしいことが〜ガソリンエンジンながら物凄く燃費がいいのです。購入以来4,000km走りましたが、初走行からのアベレージ燃費がなんと17.5km!当方山の中に住んでいるので燃費は不利にも関わらずこの数値。スパーチャージャー付き3気筒エンジン、実は素晴らしいエコエンジンでした。日産の若きエンジニアたちに乾杯!


5位 シャープ 60インチAQUOS
シャープ自慢のモスアイパネル、映り込みが殆どないのでとっても見やすくお気に入りです。当初小さい家に60インチはどうかなと思ってましたが、置いてみると全然違和感なし。4Kではありませんが、解像感もありますし音がいいです。


6位 パナソニック フィッシュロースター
最近は安全対策のため、キッチンレンジが直火で網焼きできません。網の代わりに専用鉄板で焼くのですが、魚がパリっと焼けません(泣)そこで色々リサーチして購入したのがフィッシュロースター。さすが魚焼き専用だけあって、とても美味しく焼けます。本当はこれを1位にするべきですが、私の担当ではないため依怙贔屓しました(笑)


7位 コロナ 小型灯油ストーブ
我が家は山の中なので、冬場は洗面所とお風呂がとても冷え込みます。電気ストーブを設置したこともあるのですが、あまり暖かくなりません。そこで今年は抜本的解決として、洗面カウンターの下に幅31cmの超小型石油ストーブを設置しました。結果は大正解、洗面所もお風呂もほっかほっか、お風呂の時間が楽しくなりました。


8位 フィリップス シェーバー アクアタッチ
いままで色々試しましたが、髭が薄い僕にはこれが一番です。肌がヒリヒリしないのもいいですね。水洗いも簡単ですし、デザインもまずまず。刃が自動研ぎなので剃り味が落ちないとか。


9位 アイリスオーヤマ 布団クリーナー
花粉症の私のために家人が購入してくれました。布団のダニが捕れるよう工夫された専用クリーナーです。はじめは家人が毎日かけてくれていましたが、最近は私が猫の毛取りに使っています、悲しい。


10位 明石焼き専用メリケン粉=じん粉
ほわほわのたこ焼きって家では上手く作れないと諦めていましたが、ネット時代の恩恵で、レシピの秘密がわかりました。ダシにつけて食べる明石焼きは、通常のメリケン粉(薄力粉)だけじゃ駄目なんです。グルテンを取り除いたじん粉(浮き粉)が決め手。幸い専門店から購入することができて、早速作ってみました。いやぁ〜プロの味に肉薄できました\(^o^)/

今年はこれにておしまい(^^)


冬の蛍








夕暮れ時、LEDの冷たい光は螢火に通じるような。


今年最後のお買い物 EOS M2 ベイブルー


EOS Mベイブルーが登場した時「なんてセンスがいいのよ♪」と気を惹かれたものの、AFがとろいとかレンズがないとか、散々な評判だったので、残念ながら見合わせました。それから時は経ち、先日某サイトを覗いていたら、なんと後継機EOS M2がバーゲンプライス、しかもキャッシュバックの恩恵付き!熟考3秒にてポチリ。またやってしまいました(笑)

選択したのはトリプルレンズキット、もちろんコスパ最強11-22mmを使うため。超広角は過去オリの9-18mm、SONYの10-18mmを使いましたが、相性が悪いのか、どうもピンときませんでした。EF-M11-22mmは換算18-35mmと準標準域までカバーしているので、スナップにも使い勝手が良いです。広角好きの私としては、着けっぱなしにして広角専用機として使いたい一本。


他の二本については処分を考えていたのですが、現物を手に取ると、同じキャノンのEFレンズより、よほどデザインも質感もよく、ボディにマッチしています。最近はレトロばやりですが、僕はほどよくモダンな方が好きですね。パンケーキの22mmを試写したところ、明るいだけにボケ味もよく、15cmまで寄れるので使い勝手が良さそう。手持ちのフジツボフードを装着すると、とてもコンパクト。うむ、これっていいかも。


標準ズームの18-55mmについては使い道がありませんでしたが、調べてみたらM2は付属ストロボがトリガーになって、外部ストロボをワイヤレスでリモートできるんです。ワイヤレスストロボが使えると、接写に便利な時があるので、マクロが出るまで標準ズームはとりあえず手元に残すことに。フードは手持ちのNikon NH-2、似合ってますかね。

まぁ今年も安いカメラばかりとっかえひっかえ使いましたが、最後の最後に欲しかったベイブルーを入手できて嬉しいです。ストラップも交換するべく専用金具をヨドバシに、代替ストラップをマップカメラに注文しました、うふふ。最後に~わかってましたが、凝った仕上げとは裏腹に、操作性は最近のコンデジ以下。初心者のフルオート前提ですね。まぁキャノンっていう会社は、良くも悪くもブレないです(笑)

読書の時間


北風をものともせず


水入らず


抱っこする人、世話を焼く人、親子三人水入らず。


もっとボケくれぇ〜 M.ZD25mm F1.8


先日購入したGX7に付いていたキットレンズは、写りの良さで定評のある20mmF1.7II、不満はありませんが、今回は目先を変えてオリンパス25mm F1.8を使ってみることにしました。


以前使っていたズミルックス25mm F1.4と比較すると、ひと回り小さい上にフードが逆付けできるので、ずいぶんコンパクトに感じます。このサイズならEM1やEM5にも似合うと思います。ズミより寄れますし、近接時のAFも速いので、テーブルフォトに充分使えます。


左側がF1.8開放、右が2段絞ったF3.5。F1.8でもフルサイズ換算F3.5相当のボケ量ですが、ボケ味自体は悪くありません。開放から使える画質ですので、高速AFとフットワークを活かしてスナップに活用したいと思います。

メジロがやってきた


家人がベランダに米粒を撒いていたら恐ろしいほど雀がやってきて、ヒッチコックの名作「鳥」状態になり、ご近所から苦情が出て以来、反社会的行為を控えておりました。それから1年、そろそろほとぼりも覚めた今日このごろ、家人が安い果物を買い込んで、ポーチの金木犀に刺して回りました。待つこと数日、可愛いメジロがやって来ました、あはは?やったね(^^)