花とピアノ

ご近所の丹精をパチリ。センスいいです。

ええ感じだす。マンフロット190T 新型三脚

デジカメWatchの4月の記事で、Manfrottoの新型三脚190Tをべた褒めしていたので、三脚フェチとしては見過ごしにはできず、ついポチッとゲットしてしまいました。脚単体では売られておらず、3way雲台とのセットになります。

最近はカーボンが普及していますが、この三脚はアルミ製それもManfrottoとしては珍しいロックナット式です。私の経験からいえば、マンフロットのカーボンは重量的にそれほどメリットはなく、むしろアルミモデルに見るべきものがあります。この190Tでも、脚の伸縮がシャキーンと気持ちよく行えます。ロックナットはGITZOと同じシステムでしょうか、くっと少ない回転で確実に締り、レバー式の早さに負けません。

以前のモデルからマンフロットの上級三脚にはセンターポールが水平になる仕組みが導入されています。190Tでも導入されていますが、旧型よりヘッド周りがコンパクトになっています。俯瞰撮影はもちろん、ローアングル撮影にも対応できる優れシステムです。最近の中華ブランドでも導入されている機種がありますが、やはりオリジナルに一日の長があります。

雲台は付属の3way雲台ではなく、俯瞰時やローアングル時に使いやすいSIRUIの自由雲台G-20Xに付け替えています。ボール径36mm、フリクションコントロールとパン専用のダイヤルが装着された小型雲台で、まずまずの精度と使い勝手です。

付属の新型XPRO3WAY雲台もなかなかの力作です。縦横のティルトハンドルにはそれぞれフリクションコントールが導入されており、じわっとしたコントロールが可能です。伸縮式のパン棒もナイスなアイデアで、持ち運びがコンパクトになります。

付属の200PL型定番クイックリリースは、コンパクトで使いやすい良品ですが、最近はアルカ互換を利用した人が多いので判断が難しいところです。

マンフロット入魂の新製品ですが、気になるのがそのデザイン。赤のポイントカラーとシルバーメッキされたプラパーツの派手な組み合わせが、私の目には安っぽく思えてしまいます。もっとも若い人には斬新で格好良く見えるかもしれません。いずれにせよマンフロットらしい実用性に裏付けされたリーズナブルな三脚セット、おすすめの一品です。

懐かしの野いちご

先日、家の近所を歩いていたら住宅地のはずれに怪しげな小道を発見。どこへ続いているのだろうかと歩いて行くと、倒木が行く手を遮ります。跨いだり潜ったりしつつ先へ進むと、左右の草むらに赤い実がそこかしこに。よく見ると野苺です。思わず子供の頃にタイムスリップ、甘酸っぱい思い出が蘇ります。

いい歳をして摘んで回りました(笑)たくさん採れたので、自家製ヨーグルトをかけて食後のデザートに。僕が小さい頃は、まだ日本は貧しく、子どもたちはいつも腹を減らしていたような気がします。都会でも今よりは自然は身近でしたので、野いちごはもちろん、イチジク、柿、栗、アケビなどは子どものおやつでした。そんなことを思い出しながら、食べる野いちごは懐かしい甘さでした。※学名クサイチゴ(バラ科)

吉野川点景

 

 

 

 

 

潮と風が作る広大な砂州とそこに生きる生き物たち、また来年会いましょう。

探鳥日記 吉野川の巻

去る5月18日、四国は吉野川河口へ出かけました。今年で3回め、非常に楽しみにしていましたが、あいにくの小潮回りで干潟の露出が少なく、昨年ほどは鳥種に恵まれませんでした。それでも雄大な景色を遠足気分で楽しんできました。

今回は風が強かったです。三脚が倒されそうになって往生しました。

強い海風にも負けずに飛ぶコアジサシ。

可愛いミユビシギ、トウネンと紛らわしいです。

遠い中洲にポツンと佇むダイゼン、大トリミングしてます。

群れ飛ぶダイゼン、シギチ類の飛翔は美しいです。

中洲のハマシギ、これも大トリミング

去年はNikkor80-400mmでしたが、今年はNikon1 70-300mm。解像感は引けをとりません。飛翔する鳥にもなんとか追随してくれます。総合的には一眼に一日の長がありますが、小型軽量はやはり有難いです。

この日出会えた鳥達は、アマツバメ、コアジサシ、ソリハシシギ、チュウシャクシギ、ダイゼン、ハマシギ、シロチドリ、ミユビシギ、トウネンなど20種。

めざせ!パティシエ第2弾〜いちごのタルト

パイの次はタルトということで、先日タルトタタンに挑戦しました。タルト台の上に、苦労して作ったリンゴのコンフォートを乗せ、バナーで炙ったところまではよかったのですが、なんと皿へ移す途中で、タルト台が割れ流しに落下!ぐちゃと潰れて…

ということで、今回はいちごのタルトに挑戦(笑)タルト台にカスタードクリームを敷き詰め、イチゴを並べるだけなのでレシピ的には簡単ですが、いちごを綺麗に並べるのが意外と難しい。一箱のいちごでは足りず、半分に切ったものを並べたので余計難しかったです。傷みかけのイチゴを使ったので色が悪いですが、ナパージュを作って塗ったのでちょっとは豪華に見えるかな。味は大変美味しかったです。カロリーが高いのが難点ですが(-_-)ボソ

岩井三四二って面白いぞ

ここ数年、読み物は時代小説ばかりです。元々歴史好きですし、気軽に読めるのがいいですね。大定番の山本周五郎、藤沢周平、池波正太郎から始まって、佐伯泰英、上田秀人、乙川優三郎、澤田ふじ子、岡本さとる、坂岡真、風野真知雄、山本兼一、東郷隆、葉室麟、伊藤潤、高田郁、などなど。

大体面白い作家は読み尽くしてしまい、「もう読むもんがなくなったなぁ」と嘆いていたのですが、先日時代小説らしからぬ面白いタイトルに目を惹かれ、読んでみたのが岩井三四二。これが面白かった。ちょっと浅田次郎を彷彿させる平易ながらもインテリジェンスな文体、等身大の登場人物たち、ペーソスと笑いを織り交ぜた巧みなプロットにすっかり惹き込まれました。当分読む本ができたので嬉しい^^