めざせ!パティシエ第5弾〜ブルーベリーのタルト

できあいのタルト皮でブルーベリーのタルトを作ってみました。結果から言うと、味も見た目ももうひとつ…。敗因は使った缶詰、ブルーベリーと大粒のダークベリーのシロップ漬けを二種使ったのですが不味いの一言。やはりこの手の菓子に使うなら、本物をコトコト煮込んで使うべきでした。まぁ近所のスーパーではなかなか入手できないので難しいです。生クリームのホイップを混ぜ込んだカスタードクリームはなかなか美味しくできたのですが、グスン(泣)

ピーターラビットと楽しむ~ 六甲山英国フェア

地元六甲山の六甲ガーデンテラスでは、8月31日まで「ピーターラビットと楽しむ~ 六甲山英国フェア」が開催されています。その中の英国風ガーデンに位置するスーベニールショップ「ホルティ」のディスプレイが、とても可愛かったので、紹介したいと思います。

平日ながら夏休みもあって若い人たちがわんさか。

出窓風のテラスにロンパースを使った可愛いディスプレイ。

ピーラーラビットがらみのキャラクターが目立ちました。

これは兎ではなく牝牛。六甲山には牧場があるからでしょう。

量り売りのキャンディ、懐かしくて思わず買ってしまいました。

なぜかアフリカコーナーがあります。いい感じですが営業的には難しいかな。

窓越しにガーデンを眺めるの図、とってもお洒落な雰囲気です。機会があればぜひどうぞ。
※使い勝手のよいポーチを見つけたので買って帰ったのですが、先日中身ごと落として紛失、ガ〜ン!

梅田点景

久しぶりの梅田、コンデジで歩いてみました。

 

 

 

高層の多い街では縦撮りが多くなります、馬鹿みたいに見上げているのも恥ずかしいです^^

ハンズオン LUMIX DMC-GX8

先日、グランフロント梅田へ出かけた折り、Panasonicのショールームがあったので、マイクロフォーサーズ最新鋭機GX8を触ってきました。係員の方にお願いして、購入検討中のレンズ、SUMMILUX 15mm/F1.7やLUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8を装着して、そのマッチングを確かめることもできました。ショールームのありがたいところです。

さてMFTとしては大きすぎるのではと喧伝されているGX8ですが、たしかにGX7より一回り大きく、フォーサーズ初代のL1を思い出しました。もちろんL1やGH4と比較すると明らかに小さいのですが、RF型の緻密な凝縮感にはやや欠ける印象です。しかしながら手に持つとぐっと印象が変わります。グリップのサイズ、形状がよくとても手にフィットします。E-M1やG7より安定感は上と見ました。

4Kの放熱とテコ入れされたボディ内ISスペース確保という与件もあるでしょうが、いたずらにボディを小さくするのではなく、今後登場する400mmズームやサンヨンなど大型レンズ装着を前提としたボディサイズであることは明らかです。

操作系については現時点での完成形と思われるG7を踏襲した形なので、まず問題はありません。高機能化がメニューの煩雑化に拍車をかけていますが、少なくとも迷走を続けるオリのラビリンス的操作系よりフレンドリーです。

意表をついた大ぶりなGX8の登場で、ハイエンドはGH4とGX8、中級機はG7、コンパクトはGM、GFという商品ラインナップが完成したようです。個人的にはGM5のティルト液晶版、あるいはGX7のスケールダウン版を期待しているのですが。何はともあれ、今月20日より発売されているので、アーリーアダプターのレビューを楽しみにしています。

氷を探してさすらいの「グランフロント大阪」


開業以来入り込みが1億人を超えたという北梅田の超人気スポット「グランフロント大阪」をうろついてみました。ずいぶん昔の話ですが、まだここらにJR庁舎が建っていた頃、跡地利用計画のお手伝いをしたことがあり、私にとっては感慨深いところです。


エントランスに設置された施設の模型、田舎もんでもよく分かるぞな。



入ってすぐパナのショールームがあったので、GX8を弄ってきました。



しかし人が多い、陽気と人いきれでくたびれました。「あぁ氷が食べたい!」



カフェはどこも満員で席待ちの行列。かき氷を探して歩いたのですが…



イベントホールには超大型の便器が?ガリバー用と思われます^^



アトリウムは設計家の腕の見せどころ、規模の大きさもあってまずまずでしょうか。



うめきた広場、立派な大空間ですがここでもかき氷には当たらず…



最後の最後、駅ビルLUCUAの10階「神戸屋」で、やっと美味しいかき氷に辿り着きました。
しかし神戸から遠路出かけてきて「神戸屋」で食べるってどうよ…

線路は続くよ「鉄道模型フェスティバル2015」

先日、阪急うめだ本店で開催されている「鉄道模型フェスティバル2015」に行ってきました。特に鉄道が好きというわけではありませんが、なにぶん男の子なので模型には目がありません^^ 夏休み中とあって9Fのイベントホールは親子連れでわんさか、鉄ちゃん予備軍の熱気でムンムン。

お父さんも目尻が下がってます。模型提供はタカラトミー。

目玉はNゲージのでっかいジオラマ、素晴らしい作りでした。

雪の町を走り抜ける特急列車、模型ながらもとてもロマンチック。

歴代の新幹線も走ってました。子供たちに大人気!

OゲージやHOゲージコーナーも盛況、操縦の順番待ちで行列。

トミーテックのスタッフでしょうか、真剣な顔でモニターしていました。
鉄道マニアではありませんが、童心に帰って楽しめました、うふふ。

※場内暗かったとはいえかなり補正してもこれ、このカメラはあかんな(-。-) ボソッ

新・神戸百景 六甲枝垂れ

先日、下界の暑さに堪りかね六甲山へ涼みに行きました。ここは山頂近くの十国峠に鎮座する自然体感展望台「六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」、海外でも評価の高い三分一博志の設計です。以前にも来たことがあり、その構成とディティールに驚嘆しましたが、今回は日暮れ時に訪れたのでLEDライトアップによるイルミネーションを楽しむことができました。もっとも肝心の夜景は電池切れで撮れていません(汗)

コンセプトは頂に立つ一本の樹とのこと。たしかに有機的なフォルムだ。

太い枝はステンレス、細い枝は樹氷が付着しやすい寸法で制作された木棒。

幹を模した桧張りの柱、中は風が吹き抜ける煙突的構造。

幹の根元はガラス張りのテラス、入り口から入ると

スリット越しに庭園を眺められるトーチカ風スペースがあったり

玄室のような奇妙な地下室があります。

やがて陽が落ちてシルエットが露わに。嗚呼ここで電池切れ…入場料300円也