archive: 2015年10月  1/3

大人の遠足 秋の明日香村・石舞台地区

No image

明日香村といえば石舞台、ということでやって来ました。石舞台という名称からトーテム的な巨石遺跡を連想していたのですが、勝手な思い込みでした。現地で解説を読んだところ、本来は土を盛りあげて作った墳丘であったが、その土が失われ巨石を用いた横穴式石室が露出したものだそうです。埋葬者は時の権力者蘇我馬子ではないかと。ロマンですねぇ。2,300トンもの巨石で設えられた墳墓、迫力あり。今でこそ史跡ですが、その昔は子...

  •  6
  •  0

大人の遠足 秋の明日香村・高松塚地区

No image

秋晴れの10月20日、少し遠出して奈良は明日香村を初めて訪れてみました。この歳になるまで訪れる機会がなかったのでちょっとワクワク。幸い素晴らしいお天気で万葉の里をたっぷり楽しむことができました。まずは車を飛鳥歴史公園感館前に停めてウォーキングスタート。丘陵を上がると手入れの行き届いた公園が眼前に。秋色ですねぇ。散策路を進んでいくと、美しい里山の風景が広がります。素晴らし。左手になにやら曰くありげな盛り...

  •  2
  •  0

おぬしできるな M.ZD 40-150mm F2.8 PRO

No image

このところ被写体が街スナップからネーチャー系に変わったので、それに合わせ機材も徐々に更新しています。今回は遅ればせながら、オリンパスの望遠ズーム40-150mmf2.8PROを仕込んでみました。デビュー以来、詳細なレビューがネットに上げられていますが、ブログネタということで、簡単な感想でも記してみます。ハイエンドだけあって、非常に質感がよく精緻な仕上がりです。オリンパスのハイエンドミラーレスE-M1に相応しい作りで...

  •  12
  •  0

大人の遠足 古都点景

No image

猿沢池畔の蕎麦屋さん、昔懐かしい雰囲気に惹かれて入りました。藤原氏の氏寺として強大な勢力を誇った興福寺も、明治の廃仏毀釈によりその面影なし、うむ。奈良といえば鹿、犬猫以上に人間と共生中。こういう例は世界でも稀なそうな。三月堂近くの神楽所にて。壁画はほとんど落魄しているが、こんなものがそこらにあるのが古都たる所以か。一つだけ願いを叶えてくれる一言主神社。奉納された小さな鳥居に想いがこもって切ない。小...

  •  6
  •  0

大人の遠足 春日大社の巻

No image

今回の奈良行きでは、世界遺産春日大社に初めてお詣りしてきました。春日社は時の権力者藤原氏の氏神、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)を祀るために造営されました。そもそも武甕槌命は鹿島神、春日神として鹿島神社の祀神であり、藤原氏の先祖中臣鎌足が常総地方の出身であることから、鹿島神に縁が深く平城京で祀ったとされています。薀蓄はともかく人馴れした鹿に遊ばれながら(笑)ずいぶん長い参道を登りました。武甕槌命が...

  •  0
  •  0

大人の遠足 東大寺二月堂の巻

No image

春を告げる行事「お水取り」で有名な二月堂を初めて訪れされました。「お水取り」は創建以来連綿と続いており、密教、神道、民間習俗が交じり合った他に例を見ないユニークな宗教行事です。二月堂はこの行事に特化した特異な建築で高く評価され、国宝指定になったそうです。中世的な外観に収まるご本尊は十一面観音。※Wikipediaより階段を上がり切ると手水場、寺務所がある溜まり場。例によって奥には鎮守の社が。幅の広い石畳が懸...

  •  4
  •  0

大人の遠足 東大寺大仏殿の巻

No image

秋晴れの10月9日、奈良公園へ出かけてきました。仕事でちょいちょい行くことはありましたが、観光はといえば小学校以来で半世紀ぶりになります(笑)近場をぐるっと回りましたが、ブログは奈良のアイデンティティ東大寺からアップしたいと思います。平日ながらどこを歩いても人人人、聞こえてくるのは外国語ばかり〜アジア系のみならず青い目の外人さんも多かったです。しかしでかい!昭和の大修理より35年を経て、ちょっとくすん...

  •  8
  •  0