探鳥日記 甲子園浜にて


毎年、春の大潮を迎える時期は、シギチに会いに河口を巡ります。先だっての5月23日は甲子園浜に行きました。当日はお天気がよかったのですが、水蒸気が多く撮影コンディションは今ひとつ。午後二時頃が干潮なので、それに合わせて昼過ぎにポイントに入りましたが、もう夏の日差しで汗ぐっしょり。肝心の鳥達も例年より少なく、先着されていた同好の士たちも手持ちぶたさでした。写真は引き潮で姿が現れつつある干潟。これから砂地がどんどん拡がります。



なかなか鳥が出ないので機嫌の悪い家人(笑) さて今回はポイントが遠く、ほとんど換算800mm×2倍電子ズーム=1600mmで撮影~それをWEB用に大トリミングしているので画質的には×、悲しい。



遠くの岩礁(戦前の水族館施設後)で可愛いマガモの雛を発見!※大トリミング



のそのそ餌を啄むチュウシャクシギ ※大トリミング



キョウジョシギ、こいつの迷彩は強力なので姿を見つけるのは大変、双眼鏡必携! 大トリミング



この日一番多かったキアシシギ ※大トリミング



可愛い仕草のシロチドリ。実は仲間と縄張り争い中(笑)



この日使ったG7は空間認識AFが効くので、大きな鳥だと楽々追尾。問題は機材より腕前…



初夏に咲くハマヒルガオ。花言葉は絆、優しい愛だとか



写真左の一脚は当日試用した新兵器でなかなか強力です。そのうちMFT応援団でご紹介しますね。さて、この日出会えた鳥達は、キアシシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、シロチドリ、カルガモ、マガモ、ダイサギ、ハクセキレイ、カワウ、シジュウカラ、ムクドリ、カモメなど16種。

Fire TV Stick 買ったらぷち幸せかも


というので、こんなものを買ってしまいました。Amazonにて音声検索リモコン付き@6,480円也。我が家はAmazonに嵌められて(笑)入ってしまったプライム会員(年会費3,900円)です。昔はなんのメリットもないのですが、最近はAmazonMusic(配信)や、容量無制限のAmazonPhoto(クラウド)など急速にサービスが充実してきました。聞けばビデオコンテンツも見放題とか。どのみち年会費を払っているので映画やドラマが好きな家人のために、Amazonからの配信を視聴できる機器を導入しました。以前はNHKオンデマンドを見たこともありますが、けっこう料金が高くて…解約(汗)



インストールはUSBメモリの親玉みたいなものをTVのHDMI端子に差し込むだけ。WiFiでオンデマンド配信を視聴する仕組みです。実体はリモコン付きワイヤレスパソコンですが、恐ろしく小さく安価です。セッティングも簡単ですぐに完了。キーボードが使えないので、音声検索リモコンを選びましたが、滑舌の悪い私の発音をちゃんと聞き取ってくれました(笑)



家人は以前BSで放映されていた海外ドラマの「BAD WIFE」の続編を見たいとか。調べてみると邦画や民放のTVドラマもたくさん用意されているようです。最近の洋画は面白くないので、私は↑こんなのが面白いかなって思ってます。



テストを兼ねてミリタリー系のビデオを視聴してみました。オンデマンドなのでやや圧縮されているようですが、特に気になりません。最近はオンデマンドのための環境が改善され、ずいぶん視聴がスムーズになりました。Fire TV StickはAmazonビデオだけでなく、Netflix、Hulu、YouTubeなども視聴できます。もっとも我が家はデッキに録画が溜まりきっているので、視聴スケジュールのやりくりが大変です(笑)

昼下がりのトマソン「あら、こんなところにお帽子が」


代わり映えのしない散歩道、時々変なものに出会います。突風で遠くから飛ばされてきたハット、心優しい人が拾って手すりに掛けたのでしょうね。今日のトマソンはこの帽子に決定!

パナソニック新鋭機DMC-GX7MK2レビュー始めました。
●ボディチェック編
●実写編

まだまだ続く焼酎の旅 VOL.3


先日、美味いという焼酎を教えていただいり、色々見聞きましたのでまとめて仕入れてみました。一番右は麦焼酎の二階堂「吉四六」。二階堂の熟成タイプということですが、芋ほど香りは立たないもののすっきりした飲み口でなかなかでした。右から二番目はgettengさんお薦めの「三岳」。二度目の試飲になりますが、ドライな口当たりで度数が高めに感じます。焼酎飲みの焼酎ですね。三番目はmaaasyaさんお薦めの四万十名産「ダバダ火振」です。栗焼酎ということで興味津々でしたが、味はいたって真っ当、雑味がなくなかなかの味わいです。

四本目は元祖プレミア焼酎といわれる「伊佐美」。芋らしい香りと味わいで僕は気に入りました。問題は每日呑むにはちょっと高いことかな。その横はネットで知った「海」。臭みがなく非常にスッキリした喉ごしで、例えて言うならビーフィーターに対するボンベイサファイアかな。オンザロックが美味しいです。一番左は手頃な価格でスーパーで入手できる「黒霧島」。味もまずまずなので現在我が家の比較校正用標準原器でもあります(笑)

ビールやウィスキーに個性があるように、下世話な焼酎にも色々な個性、味わいがあることをこの歳になって知りました。このところ呑み過ぎると動悸で胸が苦しくなるので控えたほうがよいのですが、ついつい手が進んでしまって。また美味しい焼酎を教えて下さいませ。

大人の遠足 京都鉄道博物館2 点景編


さすが鉄道博物館だけあって、カメラマニアには手応えのある被写体でしたが、あまりにも展示数や見どころが多く、とうとう最後までテーマを絞りきれず中途半端な作例ばかりになりました~猛省。おとなりの京都水族館と併せて行きたいので、次回は反省を活かし秀作をものにしたいです。



鉄道マニアじゃないですが、勇猛なSLより「男は黙って…」的な佇まいの電気機関車に惹かれます。



アメリカンな雰囲気がいいですね。日本中に活気があった頃の思い出。



昔お世話になった懐かしの雷鳥。向こう側は月光、とちらもいい名前です。



この存在感を見よ。現役並みに手入れされた機関は輝いていました。



鉄道の時代、本当の主役は食堂車だったかも。楽しかったなぁ。



お父さんと一緒。今日はこの子の素晴らしい思い出になるでしょう。



最後は京都駅から大好きな新幹線に乗って神戸へ帰りました。また来ましょう。
この項終わり

大人の遠足 京都鉄道博物館1 施設編


5月12日、念願の京都鉄道博物館へ家人と姉夫婦と連れ立って行ってきました。鉄道ファンではありませんが、埼玉の鉄道博物館が羨ましいなぁと思っていただけに、関西にもできたことが嬉しいです。開館当初は人気で芋の子状態でしたが、今回は平日でしたので子供さんの数も少なく、のんびり見て回ることができました。写真はエントランスホール、意外に平凡かつ小規模で期待感に欠けるアプローチでした(笑)



プロムナードには12両の車両が展示中。中には懐かしい電車もあってパチリパチリ。



このゾーンは吹き抜けで広々。私達夫婦には懐かしの雷鳥と出会えプチ感激。



二階デッキ、右側の行列に注意!大人気の鉄道ジオラマ、私達も並びました。



駅舎や売店などを再現した展示があちこちに。郷愁が蘇ってパチリ。



踏切があったり、半地下があったり、楽しい仕掛けがありました。



混雑のランチタイムを外して食事。オムライス不味し、ラーメンまぁまぁ(笑)



人気の鉄道ジオラマ。鉄道の一日をシュミレーションした演出がナイスでした。



転車台を取り囲む蒸気機関車庫。ピカピカにに整備されたSL達が誇らしげ。



子どもたちを乗せて「しゅっぱつしんこぉ~」 こりゃ喜ぶわ。



往年の二条駅を移築したレトロな施設。中の売店は大賑わいでした。
この項続く

蝶の時間


モンシロチョウでしょうか。



ツマグロヒョウモンですね。



キチョウかな、自信なし。3つまとめて教えて下さい。


僕は殺気を発しているのか、撮ろうと思って寄ると蝶や昆虫にすぐに逃げられてしまう。その点超望遠だと離れて逃げられない所から撮れるので、なんとか絵にできる。そろそろトンボの季節なので楽しみ。