まだまだ続く焼酎探しの旅 その名は「明るい農村」

sake.jpg
そのNHK的なネーミングと稚拙なラベルを気に入って買ったのが「明るい農村」。期待とは裏腹にお味もNHK地方局的でちょっとがっかり。左の「佐藤」は定評通り美味しかったです。ラベルに記された源氏車紋が面白い~蔵元の家紋なのでしょうね。意外に当たりだったのが、素朴なデザインのラベルが気に入って購入した「さつま」。蔵元を調べてみたらこれも薩摩の「佐藤酒造」、納得。僕は白麹の優しい口当たりが好きみたいです。

M.ZD300mmF4用三脚をセッティグしてみた

1_20170531004343983.jpg
当方下手な鳥撮りを長らく続けていますが年々体力が低下しているため、超望遠をお手軽に使えるマイクロフォーサーズは大変ありがたいカメラシステムです。といっても水辺のシギチ類やカモをじっくり狙うときは三脚を持ち出します。今回はM.ZD300mmF4にマッチする三脚を手持ちの機材でセッティングしてみました。

2_20170531004345f2b.jpg
幸いマイクロフォーサーズは小型軽量なので、ジッツオでいうところの1~2型で十分です。といってもテレコン付きサンヨンだと換算840mm相当になるので、そこそこの剛性は必要です。写真はベルボンのGeo Carmagne E530、パイプ径25mmの3段式中型カーボン三脚です。個人的には伸縮がスムーズなアルミが好きなのですが、振動吸収という点ではカーボンが優れるので超望遠撮影では有利です。

バッグに入れて移動する場合は、仕舞寸法の短いベルボンULTRA 655を使います。こいつはアルミながら30mm極太パイプを採用しているので、上記のE530より剛性感は上回ります。ベルボン得意のダイレクトコンパイプによるワンタッチ伸縮は慣れるとたしかに便利ですが、さほど使い込んでいなくとも締まりが悪くなったり滑ることが多々あります。その点このULTRA 655は極太パイプで摩擦面が多いためか、しっかりロックでき安心感がありますね。

4_20170531004520058.jpg
雲台はサンヨンがアルカスイス互換リングを採用しているので、それに合わせてアルカスイス互換のSIRUI VA5を使ってみました。小型のビデオ雲台ですが、カウンターバランスを採用しています。効き目は弱いですが、水鳥相手だと仰角を取らないので十分です。やはりないよりあったほうが助かります。動き的にはまずまず合格点。個人的にはマンフロットが好きなのですが、軽量機材だとパンが固くスムーズさが不足します。その点VA5は軽いマイクロフォーサーズにマッチします。今回はアルカスイス互換同士のため見た目もスッキリ収まり、プチ満足です。

3_20170531004346001.jpg
水辺は水平が取れている方が好ましいため、レベラーを装着しました。慣れれば最強の3軸式、構造が簡単で扱いやすいボール式(ただしセンターを出すのは意外に手間取る)などがありますが、今回は三脚に合わせてベルボンのプレシジョンレベラーを取り付けました。こいつは2軸式で簡単な操作でレベルを出せますが、使ったことがある人ならご存知のように、移動する水泡に合わせて体やカメラを回し込むことが必要になるため、煩雑に感じることもあります。コンパクトながら精度は確保されています。

まずはこの組み合わせでフィールドに持ち出していますが、特に不満もありません。ビデオ雲台派の私ですが、次回冬鳥のシーズンにはボール雲台を使った軽量システムに挑戦してみたいと思っています。

阪急西宮ガーデンズにて

1_201705220003522d5.jpg
先日、神戸のお隣西宮にある阪急西宮ガーデンズへ行ってきました。2008年、西宮球場の跡地再開発事業で検察された西日本最大規模といわれるショッピングセンターで、駐車場はばっちり3000台用意されています。核テナントは阪急百貨店とイズミヤ、専門店が268店舗とかで、たしかに歩いて回ったら足がくたびれました(笑) 

2_201705220003542f0.jpg
長年この手の商業施設の企画をやっていたので、ついつい鵜の目鷹の目で粗を探してしまいます。


3_20170522000354bc5.jpg
いまどきの施設らしく外部の環境を上手く取り込んでいます。


4_201705220003568a1.jpg
オブジェのような天窓、うまい造形です。


5_2017052200035728a.jpg
昨今の店舗デザイナーは低廉でお洒落なお店を作るのが上手になりました。


6_2017052200035929a.jpg
楽しい壁のペインティング~グラフィックが素敵です。


7_201705220003506ae.jpg
4階にある屋上庭園「スカイガーデン」(9,000m2)、ビルとは思えない環境づくりがナイスです。色々見て回って、お昼は「ぼてじゅう」で糖質たっぷりのコナモンをいただいて帰りました。お腹いっぱい(笑) by DMC-LX9

祝!カメラグランプリ2017大賞受賞 OM-D E-M1 Mark II

1_20170519214858fe3.jpg
下馬評通り、強敵のEOS 5D Mark IVやD500を抑えて、堂々E-M1markIIが今年のカメラグランプリ大賞に選ばれました。オリンパスとしては2010年のE-P1以来の快挙、ミラーレス機としても昨年のソニーα7R IIに続く連覇になります。E-P1の時はレトロなデザイン性が評価されましたが、カメラ自体の力量としてはまだ十分なものといえませんでした。しかしE-M1markIIはその目をみはるような動体AF性能で、従来超え難いとされていたレフ機に一気に追いつきました。パナG1登場以来、揶揄されながらも長らくM4/3を使って来ましたがが、今回の受賞はユーザーとしてもとても嬉しいです。

3_2017051921490110c.jpg
レンズ賞にもM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが選ばれました。瑞光レンズはフィルム時代から二強に引けを取らない高性能で、M4/3でもその高性能ぶりとサイズメリットを発揮。特にPROシリーズはサイズとコストへの配慮のしばりを外し、十二分に設計陣に腕をふるわせた力作ばかりです。中でもM.ZD12-100mmはいわゆる便利ズームのジャンルながら、その超絶高性能は皆様ご存知の通り。鬼(E-M1markII)に金棒とはこのレンズのことですね。

2_20170519214900b1e.jpg
Web投票で選出される「あなたが選ぶベストカメラ賞」もE-M1markIIが受賞し、今年はなんとオリンパスが三冠を独占しました。「あなたが選ぶベストカメラ賞」はプロカメラマンや評論家ではなく、市井のアマチュアやカメラ好きが投票するだけに、ミラーレスに対する追い風をしみじみ感じます。カメラ業界はまだまだ難しい局面が続きそうですが、今夜ばかりはオリ開発陣も勝利の美酒を味わうでしょう。ボク個人としてはフィルム時代にOM10をしばらく使っただけでそれほどの思い込みはありませんが、リトルニコンのデジタル版のようなE-410に惚れ込んでからはオリンパスには忠実を誓っています(=嘘)。今後の希望としては、勇気をもって操作系の大リニュアルを進めていただきたいです(笑)

習作 輪舞

1_20170517020026a2e.jpg



2_20170517020026178.jpg



3_2017051702002459a.jpg
テーマを持って撮るようにしているのですが、道は遠いです(汗)
E-M10markIIM.ZD60mmF2.8

Eye-Fi難民のためのFlashAir+合せ技Snowy

4_201705170035097eb.jpg
少し前の話になりますが、無線LAN機能内蔵Sカード「Eye-Fi」がサービス中止になり、あせったカメラマンがけっこうおられたのではないでしょうか。昨今はカメラの無線化が進んでいますが、使い勝手という点ではEye-Fiに一日の長がありました。私はSNSではなく室内での物撮りで使っていたのですが、その便利さに慣れきっていたので、或る日突然繋がらなくなったときは焦りました。

その後難民のためのアプリがメーカー公開され、しばらくはそれで凌いでいたのですが、OSのバージョンアップに伴いアプリが動作しなくなりついにギブアップ。無線LAN内蔵カードは現在では一択となったFlashAirを購入しました。しかしFlashAirはパソコンよりスマホへの送信に重きを置いて作られているため、私の使い方では正直使い勝手はよくありません。

5_201705170035100aa.jpg
そこで色々調べていたら「Snowy1.2」という評判のよいアプリを発見~さっそくWindowsへインストールしてみると、いわゆる若い人がいうところの神アプリ!ワンタッチで転送できるのは感涙モノ~Eye-Fiはいったんメーカーのサーバーへ送る仕組みでしたが、FlashAirは直送なので時間的には大いに短縮。使い始めた頃は原因不明のエラーが出ましたが最近は安定しており、気持ちよく使っております。PC相手にFlashAirを使っている方に一押ししたいアプリです。

習作 下がり藤

4_20170515221440356.jpg
●花言葉は「決してはなれない」とか。嬉しいような怖いような(汗)
そのまま撮っても面白くないので真下から見上げて撮ってみました。いかがですか?