見上げたもんだよ SONY α7 III 登場

Sony-A7II.jpg
α7 IIから3年、満を持して新モデルが登場しましたね。更新強化されたスペックはもちろん戦略的な価格設定からみても、二強に叩きつけた挑戦状的モデルでしょう。エポックメーキングな最上位α9も支持されていますが、庶民にも手が届く充足感の高いモデルとして初代α7的脚光を再び浴びるのではないでしょうか。

a7-with-gariz-case-via-sonyalpha-ru.jpg
初代α7はフルサイズというアドバンテージはあるもののカメラとしての作りは決して良くなかったことは周知の事実。α7IIは弱点をブラッシュアップしIS内蔵を実現しました。僕的には何度も購入を検討したカメラですが、なにぶんレンズのラインナップが貧相かつ高価でとうとう入手には至りませんでした。

しかし三代目の全部入りスペックには参りました。操作系ではAF-ONボタン、マルチセレクターの新設、タッチ液晶。常用ISO感度はMAX32000、AF速度&動体追随性能はα7R II比最大約2倍。メカシャッターで最高約10コマ/秒連写、最大5.5段分手ぶれ補正。細かいところではフリッカーレス撮影やNFC、USB-C搭載など枚挙に暇がありません。極め付きは従来比約2倍の大容量バッテリー、いやぁ参りました。

3_201802282255112ac.jpg
Eマウントは過去APS-C機を2台使っていますが、当時はレンズが充足していなかったことに加え、僕的テストではマイクロフォーサーズよりかなり落ちる解像だったためドナドア。α7登場時もレンズのラインナップが貧弱で、とても二強と比肩できるものではありませんでした。ところがいつしかじわじわとラインナップが充実。SONYの勝ち組入りを見極めたのか、このところ一気にサードパーティから魅力的なレンズが登場、僕自身使ってみたいレンズがけっこうあります。

f569c8fc.jpg
僕はマイクロフォーサーズのコンセプトを愛すシンパですが、これだけ進化したミラーレスが登場したとなるとD700以来遠ざかっていたフルサイズ機に回帰してもいいかもと思いました。レンズを含めるとマイクロフォーサーズよりはるかに大きく重くなり、結局持ち出す機会が減ることは想定内ですが、欲望には抗い難くG9を後回しにして予約しちゃうかもしれません。といいつつレンズを含めると結構な出費になるので、念願のニコンフルフレームの登場まで待つかどうか、ちょっぴり思案中。さて(笑)

心尽くしのバール、ご馳走様

1_201802262230284fb.jpg
糖質カットを始めてから家人には迷惑をかけています。先月買っただけで読んでもいないバールメニューの料理本を渡したら、興味を惹かれたのか毎日色々バールメニューを供してくれて、貧しいながらもリッチな夕食を楽しませてもらっています。写真は「ナスとオリーブのプロシュート添え」とでもいうのでしょうか、バルサミコの酸味が引き立つ一品でした。

2_2018022622303040a.jpg
鳥肝とドライトマトのアヒージョ風です。自家製のローズマリーがなかなか。


3_201802262230314be.jpg
赤鶏さつまのソテー、シンプルに塩コショウだけで十分いただけます。


4_20180226223027c76.jpg
これは私特製の糖質3/4カットの自家製パン。パナソニックホームベーカリー恐るべし(笑)

頑張るぞ!Garmin vivoactive 3

1_20180224225621aca.jpg
昨年以来、食べ過ぎ呑み過ぎ、運動不足が重なり体重は増加の一途(泣) これはいかんと先日一念発起し、夜食をきっぱりやめ、加えてジョギングすることにしました。半世紀前なら素晴らしく速く走れたのですが(爆)いまは超スロージョギングしかできません。この歳になるとなかなかモチベーションを保てませんので(面倒くさくなってすぐサボる)。ルビコン川を渡るべく投資をしてみました。買ってみたのはライフログをバッチリ管理できるガーミンの新製品vivoactive3。ガーミンは去年にも歩数計代わりのエントリークラスのものを購入したのですが、時計代わりに使えるお洒落かつ高機能なものではありませんでした。

2_20180224225622041.jpg
こいつはGPSと脈拍計で運動管理、体調管理ができるというハイテクウォッチですが、面白いのが盤面を自由に変えられるという面白い着せ替えギミックが仕組まれています。僕はアナログウォッチ的なフェイスをインストールしてみました。一見カレンダー付きの時計に見えますが、高度、バッテリー残量、歩数がひと目でわかります。また画面フリップで運動量、ノルマ消化量などがひと目で分かるので嫌でもモチベーションが高まります(笑)

3_201802242256259e7.jpg
アップルウォッチと同じくスマホとも連動して音楽操作や通知もしてくれるので便利といえば便利。ガーミンといえばサイクルコンピューターしか知らなかったのですが、素晴らしく進化していたのですね。さすが世界のブランドです。※画面の数字は亀並みですが、これは公園で体操をしていたせいです~言訳(汗)

4_2018022422562690d.jpg
十年ほど前、20kg近い減量に成功したのですが、その時年甲斐もなく山を走って膝を痛めてしまいました。さすがにそんな馬鹿は繰り返せないので、今回は「ランニングする前に読む本」という面白そうな本を読んで備えることにしました(笑)いやぁこれは面白かったです。健康医学、スポーツ医学って進んでいるということを改めて知りました。詳しい内容は省きますが、爺でもちゃんとメソッドを守って頑張れば、体重も落とせ健康増進も叶いそうです。数日前からジョギングしてますが、早速1.5kg減量に成功。適切な脈拍数を守って走れば苦しくなく走れるのですね。ガーミンと「ランニングする前に読む本」に感謝。

★GARMIN スマートウォッチ GPS アクティブトラッカー 活動量計 vivoactive3 Black Slate★ランニングする前に読む本 最短で結果を出す科学的トレーニング

●平昌オリンピック\(^o^)/
小さな小さな高木菜那選手が見事金メダルを獲得!妹の影になりがちな姉でしたが最後の最後で意地を見せましたね。ちょっとホロッとしました。残念なのは転倒に巻き込まれてしまった佐藤綾乃選手、いいポジションだっただけに。まだまだチャンスはこれからもあると思うので精進して欲しい。
女子カーリングの銅メダル、素晴らしかったです。これほど日本中に祝福された銅メダルってあったでしょうか。長らく人間やってますが、感激することはまだまだあるものですね。

燃えるミラーレス戦線 FUJIFILM X-H1 登場

001_o.jpg
噂の富士フィルムハイエンド機X-H1が登場しましたね。初のボディ内蔵手振れ防止搭載ということで、ジャストサイズのX-T2より一回り大きくなりました。バッテリー込み673gという重量はミラーレスとしては最重量級で一眼デジに迫ります。うむ、重さだけを見ても富士の本気度がわかるというか。

highres-Fujifilm-X-H1-outside-4_1518651977.jpg
もっともフジのレンズはAPS-C専用にも関わらず図体が大きいので、レンズとのマッチングはばっちり決まっています。

fujifilm_x-h1-2018-02-14-01.jpg
軍艦部にサブ液晶画面が搭載されました。この手の液晶はフィルム時代の遺物のように思えて僕には有り難みがよくわからんです。現代のカメラには不要なものに思えるのですが。右肩の一等席に設置したため、往年のCONTAXを思わせるようなX-T2ゆずりの端正なフォルムが崩れています。これにはちょっとがっかり。まぁフジのデザインっていつもこんな感じかなぁ。

highres-Fujifilm-X-H1-4_1518651805.jpg
以前X-E1をしばらく使ったことがあります。その発色の良さには感心しましたが、35mmF1.4のすぐに脱落して道路に転がるフード、クリックに節度がなく予期せず回ってしまう絞り環などに嫌気が差し、早々に手放してしまいました。その後、フジのカメラづくりが熟成を重ねた頃、X-T2あるいはX-T20を何度も買いかけたのですが、都度IS内臓でないことを思い出し断念していました。

僕はフィルム時代からピンボケ写真を連発する下手くそで、家人にいつも怒られていました(泣) 相性がよくないオリンパス機を使い続けているのは、その素晴らしいIS性能に惚れ込んでいるからでもあります。ということで今回のX-H1には少なからず食指が動いています。ただ価格的には23万円超えといいお値段。これだと近々登場するα7IIIという選択肢も考えられますし、レンズ資産を活かすならばG9が間違いないかも。桜の季節にはまだあるのでちょっと悩んでみます(笑)

ラナンキュラス

111.jpg
最近は難しい名前の花が多くなりました。。。

う~ん、悪くはないが LUMIX GX7MK3 登場

gx7mk3_main_pc01.jpg
GX8の正統進化か、はたまたGX7MK2のブラッシュアップかと思っていましたが、やはり小型ボディ踏襲でGX8路線は見送られましたね。高性能化にともなう大型化が進むミラーレスですが、やはりレンジファインダースタイルのカメラはコンパクトな方が受け入れられるのでしょう。正直GX8はパナソニック開発陣の意欲作で、私も大阪のショールームにまで出かけたのですが、手に取った途端そのだささにため息が出ました(汗)

数年前のヒット作GX1はPENよりも使いやすく案外高級感もある作りで、私もしばらく愛用しました。その後継機GX7もツボを抑えた作りでナイスなカメラでした。その後継のGX8はパナソニック初のボディ内蔵式手振れ防止を組み込みましたが、当時の技術ではまだ小型化が難しかったのかもしれませんね。GX7MK3はGX8とGX7MK2のいいとこ取りといった按配ですが、残念ながらG9のような革新性、GM1のようなデザイン性は感じられません。

image61.jpg
とはいうもののパナ党の私としては買う理由を探さなくてはいけません(笑) 見た目の印象は小さくなったGX8というところでしょうか。相変わらず垢抜けしませんが、使い勝手は悪くなさそうです。個人的に評価したいのはEVF窓右横にフォーカスモードレバーが新設されたこと。メニューに入らずさっと切り替えられるので、撮影シーンによっては大きな武器になります。ドライブモードの下に露出補正専用ダイヤルが設置されたのも、補正を頻繁に行う私にはありがたいです。

5_20180219102605e5e.jpg
最近はバリアングル液晶が主流になって、「液晶はティルトじゃ!」といくら私が叫んでもメーカーに無視されて久しいです(笑) 機能的にはG8と同等以上、センサーは2000万画素になりノイズはG9並だとか。地味ですが電源ボタンはMK2より使いやすいような気がします。

GX7MK3-grip.jpg
大型化するライカレンズ対応のためでしょう後付グリップも用意されました。残念ながら装着するとバッテリーにもSDカードにもアクセスできなくなるという芸のないグリップです。E-M10MK2専用ECG-3のようなワンタッチで外れるという気の利いたものではありません。真面目ながらも愚直なパナソニック、ギミックにはとことん拘るオリンパスとの差でしょうね。

PENシリーズへアドバンテージはストロボ、あるとないとは大違い。PENだと日中でも補助光が欲しいときに限ってストロボを持ってくるのを忘れて凹むこともしばしばです。またGX7MK2の内蔵フラッシュにはコマンダー機能がありませんでしたが、MK3はワイヤレス対応になたので外部フラッシュとの連動が容易になりました。総論としてファッション性という点ではPENシリーズに引けを取りますが、使い勝手の良さはますます磨きがかかって来たと思います。桜の時期には購入することになりそう(笑)

どこまで続く焼酎の旅 ちょっと番外編

1_20180211154406556.jpg
毎日呑んだくれていると、同じものばかりではどうしてもマンネリになります。そこで近所で入手できる範囲、お小遣いの範疇で色々試しています。今回も面白そうなものを選んでしました。右から

  • 里の曙 ★★★
    奄美発、黒糖焼酎らしいまったりとして呑みやすい口当たり。これは定番にしてもいいかも。
  • 白金酒造 薩摩白金 ★★★
    豊かな香りとやや辛口でパンチの効いた芋らしい芋焼酎です。この蔵元の作る酒は好きですね。
  • ニッカ・ザ・麦焼酎 ★★★★
    面白そうなので試してみたら本当にニッカらしいスコッチ感覚の焼酎でした(笑)この香りは癖になりそう。
  • 月桂冠 糖質ゼロ ★
    ついに日本酒にも糖質ゼロの波が!期待して試飲したら…ちょっとがっかり。冷ででもいただきましょうか。

まぁチャレンジに失敗はつきもの。素晴らしい恋人と出会えるように日々(というか夜な夜な)研鑽を続けねば(笑)

2_2018021115440731e.jpg

自分ばかり呑んでばかりでは怒られるので、ビール&洋酒党の家人にも懐柔用のスコッチを一本進呈。尼で安くて美味しそうなものはないかと探していたら、抜群にお洒落なボトルデザインのアイリッシュウィスキーを発見。しかもお手頃価格!アイルランドのクーリー蒸溜所で作られるピーティッドタイプのシングルモルトだとか。大体アイリッシュウィスキーはピートの香りが強いのですが、これはそれほどでもなく柔らかい風味、味わいです。家人は若い頃パッケージデザイナーだったので、キレイなボトルを見て喜んでくれました。お代は3,800円なり

★アイリッシュウイスキー カネマラ 700ml