神戸ゆかりの美術館にて「鋼の錬金術師展」

1_201804301602358b4.jpg
全世界発行部数7000万部を超える大ヒット漫画「鋼の錬金術師」の巡回原画展が神戸にやってきたので、先日家人と見に行ってきました。場所は六甲アイランドにある神戸ゆかりの美術館。ちょっとマイナーな美術館ながら時々面白い展示をやるので、チェックを見逃せません。会場内はさぞ若い人ばかりだろうと、シルバー二人組はちょっと気恥ずかしかったのですが、案外年配の人も多くホッとしました(汗) 私達はTVアニメしか知りませんが、あれだけ面白いのだから子供から大人まで広い世代で支持されているということなのでしょう。

5_20180430163115a61.jpg
原作者の荒川弘氏はすばらしく絵の上手い人で、原画を見るのが楽しみでしたが、やはり名手でした。彼女なら一流のイラストレーターとしても喰っていけたでしょう。もっともストーリーテーラーとして超一流だから漫画家として名を為したのでしょうが。※画像は告知サイトより拝借



荒川弘氏のイラストメイキングDVDが会場で放映されていました。さすが一流プロ、手が早いです。ちょっと参考になるテクニックもありました(嘘) TVアニメは予算の関係からか、原作とはデッサンやタッチに大きな差があるものですが、このアニメ(一期二期とも)は落差をそれほど感じませんでした。制作会社が優秀だったのでしょうね。

2_2018043016023794c.jpg
記念撮影コーナー、作者のキャラクター「牛」が金粉まみれで中央に鎮座。私達もパチリ(笑)


4_20180430160240402.jpg
この手の展示会には、キャラクターグッズや書籍がてんこ盛り並べられますが、今回笑ってしまったのはロイ・マスタングのコスプレ手袋、もちろん発火仕様(笑) しかもお一人様3対までとは。何でも売れるのですねぇ。

3_2018043016023860e.jpg
最後に大笑いしたのは会場内のトイレサイン。なんと男女のピクトサインがそれぞれアームストロング姉弟のシルエットに。オリヴィエ・ミラ・アームストロング少将もトイレに飾られるとは思っていなかったでしょう(笑) 漫画やアニメ、イラストの原画展は外さないようにしていますが、今回も面白かったです。

鈴蘭の頃

1_20180427214638d4a.jpg
今年もスズランの季節がやってきました。私の住んでいる町内では園芸愛好家達がスズランの栽培をやっており、その大きな花壇が毎年私の目を楽しませてくれます。今年はどうだろうかとちょっと離れた花壇まで歩いていったら、小さな蕾がまさに開いたところでした。

見上げたもんだよ!Apple AirPods ワイヤレスイヤホン

1_20180427205315324.jpg
先日、iPhone SEを家人に続いて私も購入した話を書きましたが、その理由については単にコンパクトであるというだけではなく、最強ワイヤレスイヤホンの呼び名も高いAirPodsを一度使ってみたかったという思いがありましを。AirPodsはアンドロイドでも使えますが、専用設計のアドバンテージを味わうならiPhoneに限るというのは常識。加えて私は圧迫感の強いいわゆるカナル型が苦手で、EarPodsに代表されるオープン型が好みなので、その点でもAirPodsを試してみたかったのです。

2_2018042720531783a.jpg
結果的には大正解!最強イヤホンとして君臨する理由を納得できました。耳に付ければ音楽再生、外すと一時停止。充電ケースの蓋を開けてiAppleデバイスに近づければワンタップ接続。レビューは読んでいましたが、実際使ってみると快適この上なし。唯一の弱点は、レビューでも指摘されていた凡庸な音質。私のSEで聞くとラジオのイヤホンに毛が生えた程度。幸いアンドロイドのHuawei Honor9で聞くと、まずまずの音質でホッ。低域高域を丸めた聞きやすい音質(=EarPods同等程度か)で、オープン型のメリットである快適な装着感がなによりです。

3_2018042720531885c.jpg
先進のワイヤレスシステムなら充電クレードルは必須。検討の結果、Oittm AirPods専用充電スタンドを購入しました。これもまたスグレモノで面倒な充電儀式の煩わしさにさよなら。机に鎮座するスタイルもAirPodsとよくマッチしていて満足度高し。屋外ではFuaweiと組み合わせてラジオや音楽、室内ではiPhoneと組み合わせて就寝時に小説朗読を楽しんでいます。ほとんど寝落ちですが(笑) 従来のワイヤレスイヤホンやヘッドフォンでは得られなかった利便性と装着感を得られて、大変満足しています。今年一番の買い物かも。



わたし的にはベストバイかも Huawei Honor9

3_201804252254106f1.jpg
最強アンドロイドとの呼び名も高いHuawei Mate 10 Proをしばらく使いましたが、感想的には猫に小判でした(笑) OLEDは十二分に美しく、大容量メモリと高速CPUで動作はサクサクながらも、ゲームをしないライトユーザーの私にはオーバースペック。Leicaレンズ搭載カメラはスマホとは思えないほどの高画質ながらも、期待のボケ効果についてはまだまだ難あり。またコンパクトとはいえ6インチ液晶は小さなポーチにはやや大きかったことも手放した要因。そこで代替えで購入したのが、Mate 10 Proのダウングレード版とも言えるHawei Honor9。

1_20180425225411bb9.jpg
アンドロイドの中級グレードは選択肢が多くよりどりみどりですが、Honor9を購入した理由はサイズ的に使いやすい5.15インチ液晶、潤沢なRAM4GB ROM64GB、802.11ac:対応、USB Type-C、加えて前面指紋認証が決め手でした。実際使ってみて不満は全くありません。Hawei製品には慣れているので使いこなしに困ることもなし。サイズ的には中庸ながら、ミニマムなiPhone SEと比べると大きく見えます。老眼にはありがたいですが(笑)

2_20180425225413c51.jpg
充電スタンドに装着した状態。このスタンドはおすすめの一品。毎日抜き差しするのは、USB-Cとはいえストレスですが、このクレードルはPowerBookのマグセーフと同じような仕組みのグネット式なので、取り付け取り外しが非常にスムーズ。また指紋認証が前面なのでスタンドからスマホを外さずに画面へアクセスできます。カメラ性能については・・・カメラ好きはやはり真っ当なコンデジを使っていくことにしましたので(笑)メモ代わりに使えれば十分。Wレンズ搭載のこのカメラ部に文句はありません。※この項続く



4インチの存在理由✕2 iPhone SE

1_20180425215421fc6.jpg
長らく使っていた家人のiPhone5のバッテリーがダメになり買い換えることに。当初は代替として手持ちのアンドロイドを渡しましたが、使い慣れていない上に、iPhone5で使っていたケース(オーダー品)を家人が気に入っていたこともあり、ケースがそのまま使え、使い勝手もほぼ変わらないiPhone SEを進呈することにしました。

2_201804252154228de.jpg
届いたiPhone SEを手にとってみたら、昨今大型化が進むスマホとは隔絶的なコンパクトさ。今となっては貧弱というより貴重な4インチ液晶。電話とメール、SMSや検索が主というライトユーザーなら、高解像度大画面より胸ポケットに入れられるコンパクトさがありがたいはず。私も予備(室内専用)に欲しくなって続けて2台購入。無駄遣いをしてしまいました。

3_201804252154234f4.jpg
左が家人が愛用している特注品ケース。若い頃からますむらひろしのアタゴールシリーズのファンで、主人公のヒデヨシは大のお気に入り。右は私のSEに装着したラギッドアーマーのTPUダンパー。iPhoneには似合わないケースですが、好みの手触りなので機種が変わってもここの製品を使い続けています。お尻の出っ張りはMagSafeに似せた充電用マグネット端子。快適便利この上なしのおすすめ品です。※この項続く。

思えば遠くへ来たものさ…ブログ名変更しました

R0020073b.jpg
「マイクロフォーサーズ応援団」というブログタイトルで初めて5年ばかり、前身の「B級フォトサロン」からだと早11年。そんな間に高齢者の仲間入りをしてしまいました。デジタルカメラの誕生はMAC使いの僕には待ちわびていた時代です。コニカミノルタのα7Digitalでデジタル一眼に触れ、オリンパスE410でライブビューの先進性に感激し、リコーGRDでストリートスナップの楽しさを覚えました。小さいカメラが好きでフォルム時代に一番使い込んだのはリトルニコン。だからマイクロフォーサーズの掌に馴染むコンパクトさには惚れ込みました。写真の良し悪しにフォーマットは関係なしと思っていますが、フォーサーズ誕生以来、高感度性能云々で叩かれ続けているマウントが不憫で、ついつい入れ込んで新機種の殆どを購入するという馬鹿をやらかしてきました。


blog_import_587472d5935ff_20180423231857b09.jpg
当時はおそらく消滅するだろうと思っていたマウントですが、フルサイズの時代になってもしぶとく生き残っています。きっと応援団が世の中にはたくさんいるんだと思います。もう僕のようなロートルがシンパである必要もなく、これからは気軽にマイクロフォーサーズをウィッチングしていこうと思います。ということでタイトルを「B級ライフログ」に改変することにしました。相変わらずの下手写真、旬遅れのグッズレビュー、その日暮らしの日記を綴っていきます。ちょっと体の調子が悪いので更新が滞ることもあるかもしれませんが、これからもよろしくです。

ジブリの大博覧会 in 兵庫県立美術館

main_20180419181702069.jpg
「ジブリの大博覧会」がやっとわが町神戸にやってきたので、先日出かけてきました。「ジブリの立体建造物展」も建築好きの僕には面白かったですが、今回の「ジブリの大博覧会」は企画から宣伝、広告にスポットを当てた演出で、監督やアニメーターの仕事ぶりもさることながら、名プロデューサー鈴木敏夫の足跡がじっくり紹介されていました。ジャンル違い、スケール違いながら僕もバブル期(笑)企画や販促関連の仕事をしていたので、貴重な展示品の数々を興味深く鑑賞することができました。

kms.jpg
圧巻だったのは映画ポスターの数々。一本の映画にも非常に沢山のポスターが用意されていてビックリ。下書きや版下などの資料まであって面白かったです。背景画とキャラクターが完全に書き分けられていたのは、知っていたこととはいえ、目にするとなるほどと納得できました。コピーライター糸井重里氏が生み出したナイスなキャッチと作品との関わりもよくわかりました。※写真は広報資料より

expo01.jpg
グッズ売り場ではありません。映画公開とタイアップした販促ツールの数々。アニメはビッグビジネスなんだなと改めて感じ入りました。巨大な伊万里焼の壺には秘密が(笑) ※写真は広報資料より

3_20180419181706566.jpg
面白かっったのはこのネコバス展示。この手のイベントはまず撮影禁止ですが、このコーナーに関しては撮影OK.。早速家族連れやカップルが記念撮影していました。我が家も一枚パチリ(笑)

4_20180419181708113.jpg
会場の後半部は「スタジオジブリ 空とぶ飛行機展」。ジブリといえば飛行機あるいは飛行機械はマストアイテム。多数かつ詳細なイラストや模型で作品を追体験できました。最後のブースは巨大な飛行船の模型。上下に動くので大迫力。ここも撮影OKで皆さん大喜び。

5_20180419181710d95.jpg
出口にはこんなサインが。さすがジブリ、展覧会ですら子供から大人まで楽しめるワンダーランドでした。