MFT継続宣言!あわせてLEICA10-25mmF1.7発表

10-25mm-1320x883.jpg
フルサイズミラーレス発表で意気上がるパナソニック&Lマウントアライアンス陣営ですが、あわせて従来のマイクロフォーサーズマウント継続も明言されました。Sシリーズ発表以来、内心ヤキモキしていいたマイクロフォーサーズ(以下MFT)ファンも多かったと思いますし、かくいう私もフォサーズ時代からのファンですので、ちょっぴり安堵しました。

その証拠にリリースされたようなLEICA DG Vario-Summilux 10-25mm F1.7 ASPH、従来面白みには欠けるMFTのラインナップとは一味違う斬新なスペックのズームレンズ、これは尖っていて面白いですね。従来7-14mm、9-18mm、8-18mmとか超広角ズームは一通り用意されていましたが、フィルム時代からの画角構成に準じていて平凡といえば平凡でした。

leica_10-25_mft_2.jpg
似たようなズームといえばシグマの18-35mmF1.8 APS-C専用ズームがありますが、比較するとシグマ換算27-52.5mmF1.8に対してパナライカ20-50mmF1.7となり、超広角域までカバーしているので、レンズの魅力としては一枚も二枚も上手。私も出たらすぐに欲しいレンズですが、気になるのは価格、実売でも十数万円は行くでしょうね(冷汗) 

何よりMFTの面目躍如なのがそのサイズ、詳しいスペックは公開されていませんが、下の写真でもわかるように大口径超広角レンズとしてはスリムに収まっています。これなら持ち出すのはぎろぎり苦にならないはず。超広角ズームと標準ズームを併用していた人は、1本にまとめられて荷物を少なくなおかつレンズ交換の手間を減らせます。しかも1段明るくなるので言うことなし。

leica_10-25_mft.jpg
フルサイズミラーレスマウントマウントが次々に発表されて、逆に巷ではMFTマウントの魅力が再評価されているのではないかと思います。MFTはいまいち中途半端なサイズで揶揄されてきましたが、近年MFT陣営の努力のかいあって、1インチの上をいきAPS-Cに見劣りしない画質、フルサイズあるいはAPS-Cと比較しても絶対的なサイズメリット。近年大型化してきていますが、それでもレンズまで含めたシステムとしては圧倒的にコンパクトです。

長らくフルサイズ一眼デジのサブマウントはAPS-Cがお約束でしたが、ミラーレス時代は格別の高画質レンズが揃っているMFTマウントがその役を務めるのではないでしょうか。長年FTとMFTにお布施を払ってきたファンとしてはそうなってほしいものです(笑)

【入院日記】
薬の副作用のピークが過ぎたのでちょっと体調がマシになりました。ということでブログ更新しましたが、WIFIが使えないのですべてLTE通信でやってます。freeSIM2枚で6GB確保していましたが全然足りません。明後日あたりからチャージの嵐になりそう!どうするべ(泣)

人生初の爺しょっく!CASIO GBD-800-8JF

GBD-800-8_bs1.jpg
治療や薬の副作用でへたばっておりましたが、ちょっと体調を戻したのでブログ更新(笑) 入院生活に先立ち暗闇でも針を確認できる腕時計を購入していたのですが、昔の夜光塗料と違って最近のものは効果が持続しないようで、夜中になるとさっぱり時刻がわかりません。仕方なく照明付きのデジタル腕時計を購入することにしました。高価なものは必要ないので、適当なものを物色していたところ、G-SHOCKが良かろうということでポチリ。

GBD-800-8_bs2.jpg
腕時計はROLEXに代表される土方時計が好きで、G-SHOCKのようなアニメ世代が好むようなものには全く興味がなかったのですが、このGBD-800-8JFは歩数計がついているのです。最近は活動量計がブームなので、シンプルな歩数計付きというのは案外珍しいのです。ということでデザインは二の次で選んだのですが、使い勝手はさすがカシオ、よくできています。Bluetoothでスマホとも連携しますが、それほどの健康管理をやっているわけでもなく猫に小判。

面白いのが一日の歩行ノルマの消化率が小さな円形インジゲーターに表示されること。こんなギミックが日本製らしくて面白いです。高価なものではないのでサファイヤではなくミネラルガラス、チタンではなくシリコンベルトというのは仕方がありませんが(笑)、おもちゃ感を一歩超えたタクティクル感があって悪くありません。老眼が進んでいるのでメガネを外すと、針式と違って時刻を読み取りにくいきらいがありますが、人生初のG-SHOCKまずまず気に入っております。

※ちなみに大きい病院なので一日5000歩あることも(びっくり!)。最近は病院でも宅配便を受け付けてくれるので、こんな買い物や洗濯物の交換など大いに助かってます。荷物といえば鉄道便で送られてくる木箱の時代で育った私から見ると隔世の感があります(汗)