踊る泡盛「まさひろ」

00_20190215185136a46.jpg
以前、お宝探偵団を見ていたら、沖縄の酒造メーカーの会長さんが琉球王朝尚育王の「書」を出品していました(本物でした)。そのとき会長さんが頭に瓶を載せて踊るパフォーマンスを披露(笑) それを見ていた家人が痛く感激し、会長さんの会社が作っている泡盛「まさひろ」を早速通販で購入して、私にプレゼントしてくれました(^^;)

1_201902151858189e4.jpg
調べてみたら「まさひろ」は沖縄ではよく知られたお酒とか、内地にもファンもたくさんおられるようです。やや薩摩焼酎的な味わいで美味いのですが、私自身は「鬼界ヶ島」のほうが好みかな。


笑えます「瓶踊り(びんおどり)」! それにしても皆さん、人瓶一体というか大変お上手~かなり練習したんやろなぁ(^o^)

とっつあんも喜ぶ♪バレンタインデー(笑)

1_20190215024934985.jpg
家人から豪勢なバレンタインの義理チョコをいただきました。ここ何年か糖質制限をしていたので長らくもらえなかったのですが、このところ自堕落な食生活を送っていたので、愛想を尽かした家人からやっともらえることに(爆) もらったのは右側のスチール製ペンケース型に入ったゴンチャロフのチョコレート。アンジュジュっていうブランドで宮崎一人さんのイラストが大人気だそうだとか。家人も私も大の猫好きなので可愛いケースを気に入りました。

奥の箱は、世界的ショコラティエ、ユミコサイムラが作るジャンドウィア(ナッツを使った柔らかチョコ)。これは家人が自分で食べるために買ったそうですが、食いしん坊の私にも味見をさせてくれることになりました。

2_20190215024933c39.jpg
さてお味といえば、中身もかわいいアンジュジュは少しずつ味の違ったアソートで、いずれも少し甘みを抑えた味わいでとても美味しかったです。ユミコサイムラのジャンドウィアについては、口の中に入れた途端すっと溶けていく食感が素晴らしい!ヘーゼルナッツの味わいも素敵で、甘党の私も満足するリッチなテイストでした。アンジュジュの缶ケースは中にもイラストが描かれており、使い勝手の良いサイズなので、いろいろ使いみちがありそう(^^)

パナソニックの本気、オリンパスの覚悟、キヤノンの千里眼

1_20190209221001c6e.jpg
活気づくフルサイズミラーレス戦線、CN二強に挑戦するパナソニック機の全貌が明らかになってきました。プロ向けであることはそのボディサイズからも明らかでしたが、レンズもでかい! Eマウント用ZEISS 50mmF1.4も大きいレンズですが、Panasonic S 50mmF1.4の大きさと言ったら(汗) F値1.0~1.2に見えますねぇ。非球面レンズでは世界的ベンダーのパナのことですから、とんでもなく収差は抑えられているのは予測できますが、ボケ味もいいでしょうね。なんといってもこの大きさにパナの本気を感じます。

3_20190209221001494.jpg
フルサイズ参戦をきっぱり否定したオリンパスの回答はE-M1X、硬派ですねぇ。そのサイズは賛否両論でしょうが、プロ向けにチューンされたモデルとしてそれなりに支持されると思います。それよりも嬉しいのはED150-400mm F4.5 TC1.25x IS Proの開発発表! 換算800mmF4.5、1.25倍テレコン内蔵、換算1,000mmを実現しました。かなり高価になると思いますが、それでもハチゴローよりは小さく軽く安価のはず。F4ではなくF4.5と控えたのは手持ちを意識したからでしょう。手持ちで振り回せる1,000ミリ、これぞフォーマットの利を活かしたレンズだと思います。

4_20190209221002a66.jpg
マイクロフォーサーズにもやっとテレコン(専用を除く)が登場しました。画質的には劣るとされる2倍テレコンですが、オリンパスのことですからかなりの高性能ではないでしょうか。前述のED150-400mm F4.5と組み合わせれば、手持ちで2,000mmを実現!待ちかねましたよぉ。

5_20190209221004df0.jpg
リークされたEOS RP、小さいですね、しかもブサイク。数あるフルサイズミラーレスの中でもこぶりさが目立ちます。サイズ優先で設計されたSONY機への対抗、あるいはAPS-C機からのステップアウトを見込んだ戦略的な機種でしょう。こういう商売の上手さはニコン、パナが遠く及ばないところ。ブサイクなデザインですが、出ればSONYに変わって市場を席巻するかも。私自身欲しいような~(汗)

小洒落文房具 ハウスメジャー 

1_20190205174819ea6.jpg
ちょっと面白い文具を紹介します。僕は仕事柄、机の上で寸法確認することが多いので、デスクトップにメジャーを常備しています。過去には独BMIのメジャー(格好いい!)を愛用していたのですが、最近動きが重くなってスケールを引き出し難くなったので、買い換えることにしました。今回選んだのは、ケースがプラスチックではなく木製のもの、ぱっと見インテリア小物っぽいフォルムです。

2_20190205174849cad.jpg
置物風に自立するので机の上に置いておけます。動きは軽快ですし、国産(旭川)の木工品なのでなんとなく安心(笑) 

3_201902051750572f4.jpg
輸入物にありがちなセンチとフィートの混用表示ではないので使いやすいです。Amazonで3,024円(送別)と安いグッズではありませんが、ナイスな品質感や長く使うことを思うと決してして高くありません。もっとも工事現場で使うような代物ではなく、机の上で楽しむグッズです。文房具マニアへのギフトにもいいかも。