ありそうでなかったコンパクト三脚!エツミ E-2171

1_20190227224116737.jpg
先日、ちょっとおもしろい三脚を購入したのでご紹介します。サイズ的にはコンパクト三脚に分類されるサイズで、テーブル三脚よりはやや大きいサイズにあります。スペック的には伸長1050mm、縮長295mm、重量415g、ロッドアンテナ式に伸張する脚は8段となっています。

11_20190227225909de1.jpg
ロッドアンテナ式といえばキングのロングラン三脚(写真左)を思い出す人も多いのではないでしょうか。現在でも時々年配の人が観光地の記念撮影で使っているのを見ることがあります。クイック伸張できる三脚といえば、最近ではベルボンのダイレクトコンパイプを採用したウルトラロックが知られていますが、ロッドアンテナ式は伸長の割には外観を細身で仕上げられるというメリットがあります(写真右側)

ところで三脚マニアの私がいまさらこんな三脚を購入したかというと、すばり雲台が交換!できるからです。この手の安価な大衆向けコンパクト三脚は、その殆どがコスト低減のため雲台が一体化されています。そのため折角三脚本体の性能がよくても、付属の雲台がプアーで使えないというケースが大変多いです。そのため使うカメラに適合した雲台に交換できるというのは大変なメリットです。実際このE-2171に装着済みの自由雲台も軽量プラ製ながら、剛性も意外とあり十分使えそうなのですが、構造的にパンができないという致命的欠陥があります。構図を変えるためには三脚ごと回さなくてはいけません(笑)

2_2019022722411713d.jpg
そこで交換した雲台はベルボンの小型自由雲台 QHD-33。こいつはサイズの割には剛性と固定力に優れます。130gと軽量ながらも標準ズーム付き小型ミラーレスなら支持できます。またカメラネジが独立回転する仕組みなのでカメラをすばやく装着できます。コンデジや小型カメラにクイックシューは似合いません。

3_20190227224119d82.jpg
脚の開閉角度をワンタッチで変えることができるので、テーブル三脚的なローポジションをとることも可能です。見た目的にはスチールパイプの一段目を黒のビニールスリーブで皮膜しているで精悍さがあります。用途としては1m以上の伸長があるので記念撮影、あるいは意外と剛性感があるのでローライト下での撮影やストロボスタンドにも使えそうです。まぁ例によってコレクションで終わってしまう可能性もありますが(爆) ありそうでなかった雲台を交換できるコンパクト三脚、いかがですか。

エツミ 8段三脚 マックスエイト ブラック VE-2171
Velbon 自由雲台 QHD-33 小型 底面径33mm アルミ製 472922

1インチ2枚かい!RICOH THETA Z

Y3c9MTE3MCZjaD01MTM=_src_173090-glowne.jpg
新型GR IIIにうつつを抜かしていましたが、なんと同じリコーからTHETA新型がデビューしていました、それもとびきりのスペックで!その名もRICOH THETA V。過去THETAについてはTHETAm15から始まってTHETA SCと2台使ってみたのですが、大変面白いものの使いみちが難しいことに加え、画質的にもややプアで、やはり私のような高齢者が使うものではなく、アウトドア行動派の若い人たちが使ってこそ、値打ちがあるカメラだろうという認識でした。

1_201902271437284d3.jpg
しかし今度は1インチ2枚という贅沢な仕様、すばりプロ向けとか。若干大きくなったものの液晶も加わりカメラとしての格もなかなかのもの。もっとも価格も初値114,000円強で、気軽に手を出せる価格ではありません。しかし納得できる価格ではあります。一部のマニアのものだった全天写真を誰でも簡単に楽しめるものにしたTHETAは、リコーの目の付け所、開発センスの良さを具現化したカメラでした。しかしそれだけに真似た機種が続々と登場、このところ少し影が薄くなっていました。

img_z1_content1.png
しかし1インチ2枚とは思い切ったものです。この機種の登場でライバルたちを一気に周回遅れにしましたね。私は会社づとめの時代からリコーファン(OA機器)でしたので、昨今厳しい経営環境のリコーにもまだまだ元気が残っているなと少しうれしくなりました。
個人的にはAdob​​e Lightroomステッチを使用したRaw DNGモードに対応したので、いろいろ遊べそうです。その他絞りが搭載されたとか、プロ向けにかなり強化された機能が搭載されています。

1 (2)
手元に余裕ができ次第(いつのことかいな?)、購入したいと思っています。画質が大きく向上したので、全天カメラとしてよりも、超絶便利な超広角カメラとして使ってみたいです。従来の機種だと補正して切り出した静止画は画質的にかなり厳しかったのですが、海外のレビューサイト360 Rumorsでは、すでに作例が上げられておりなかなかの出来栄え。買い物としてはGR III優先ですが、ネットでのレビュー次第ではひょっとするとTHETA Zをポチッと逝ってしまうかも(意志の弱い私…)

来たぞ!GR III

bod_img_03.jpg
前回のモデルチェンジより4年ぶりにやっと出たGR III。GRファンの方はずいぶん待たれたのではないでしょうか。かくいう私も待ちわびた一人ですが、初値はご祝儀相場で約11万円。予想よりやや高めでちょっと手が出ません。手元不如意のため、値ごろ感が出るまで、あるいは初回のファームアップまで待つことにいたします。それにしてもストロボ非内臓とはいえ、手ブレ防止内蔵で幅を旧モデルより8mm小さくしたというのは、リコー技術陣の快挙ではないでしょうか。

スナップシューターとして最高の操作性と機能を持っていたGRDシリーズ、私自身大のお気に入りで初代GRDからII、III、IV、GX100、GX200、GR、GR IIと買い直しも含めると都合10台も購入しています。リコーから歳暮が届いてもいいはずですが、残念ながら梨の礫(笑) それほど気に入っていたGRD&GRシリーズですが、センサーの大型化によって画質の向上とは裏腹にカメラの機動性は大きくスポイルされてしまいました。まずAF性能の低下が大きく、咄嗟のシャッターチャンスに対応できないこともしばしば。またそれまで無双であったマクロ性能の低下も辛いところでした。結局APS-Cセンサーによるメリットよりデメリットが目立ち、愛用するまでには至りませんでした。個人的にはGRD IIIの完成度が一番高かったような気がします。

1_20190226004155dd6.jpg
今回は像面位相差AFに加えてPENTAX譲りの手ブレ防止搭載ということでおおいに期待できそうです。GRDの頃は深い被写界深度とフルプレススナップで、まず撮影に失敗は考えられませんでしたが、GRやGR IIでは、後で見て甘いピントにがっくりということもありましたので。

マクロモード時約6cmまで寄れるというのも大きな前進で汎用性が高まります。地味ながらシャッタースピード2段分相当のNDフィルターというも使いみちがありそう。ワタシ的にはタッチパネルがありがたい(万歳) ※+-ボタン廃止したんかい、アホ(小さい声で…)

GX200.jpg
写真は2008年にGRD IIで撮影したものです。この手の写真はいわゆるキャンデットフォトと呼ばれるもので、使うカメラを選びます。でかい一眼を覗き込みながら赤の他人に向けてシャッターを切るなど、昨今では言語道断。通報される恐れさえあります。プライバシーを侵害しないという前提に立ちつつ、相手に警戒感を与えない小さなカメラ、かつ背面液晶での撮影が、もっとも被写体にストレスを与えないと自身の経験から思っています。

そういう点では最近の高画質1インチセンサー搭載機でも全く問題はないのですが(私もLX9の愛用者)、GRを使ってみたいというのはモチベーションですね。決しておしゃれなデザインではないのですが、手に馴染むハンドリングの良さは絶品で、初代のデザインコンセプトが秀逸であったということでしょう。また抜群のIF、レンズバリヤ、操作体系の明快さも脱帽。今ひとつ頼りなかったGRシリーズ(APS-C)ですが、ここへ来て強力なブラッシュアップで、今後のユーザーレビューが楽しみです。

点景 日本玩具博物館にて

12_20190224235418f55.jpg



1_20190224235419432.jpg



2_20190224235421fee.jpg



3_20190224235422795.jpg



4_2019022423542419c.jpg



5_20190224235425a37.jpg



8_201902242354150f2.jpg



10_2019022423541232d.jpg



9_201902242354165a1.jpg
面白い被写体がたくさんあったのですが、持っていたのがコンデジ(DMC-LX9)だったのでちと残念。長めのマクロを持っていたらもう少しナイスな絵が撮れたと思います。

見どころたっぷり!日本玩具博物館

1_2019022422540602d.jpg
2月17日、ちょっと姫路まで遠出して、かねてより覗いてみたかった「日本玩具博物館」に行ってきました。ここは知る人ぞ知るミュージアムであのミシュラングリーンガイドで二つ星を獲得しています。建物は幹線から外れた閑静な田園地で「本当にここに博物館が?」というような立地ですが、瀟洒な蔵造りに加えて立派な駐車場も備えていました。

2_20190224225408251.jpg
当日は春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛」が6号館で開催されていました。覗いてみるとちょうど始まったところで、優しそうな学芸館の方がその歴史と発展を丁寧に説明されていました。まったく雛まつりのことは知らなかったのですが、興味深い話を伺えてとても面白かったです。特に江戸は段飾り、京阪の御殿飾りが主流であったことは勉強になりました。

3_20190224225409d72.jpg
古い時代のお雛様~人工染料がなかった時代なので色合いが渋い(自然染料)ですが、手の込んだ素晴らしい芸術作品です。

4_201902242254113c1.jpg
これが京阪の御殿飾り~初めて見ましたが素晴らしい作りでした。高価なものは家が一軒ほどかかったとか。

5_20190224225412204.jpg
江戸の段飾り~五人囃子は武家の文化で江戸で始まったそうです。この他にも地方の雛なども大量に陳列されていて面白かったです。

6_20190224232531925.jpg
4号館では日本の郷土玩具と世界の玩具人形が展示されていました。質、量ともに圧倒されます。

7_20190224225402188.jpg
建物がおしゃれで陳列も工夫が凝らされています。

8_20190224225403ef5.jpg
子どもたちが遊べるスペースもあります。飽き性の子どもたちには嬉しいコーナー。

9_201902242254050dc.jpg
懐かしい駄菓子屋の玩具やキャラクターが集められたコーナー。昔見知ったものも結構あったりして、戦後育ちの私には懐かしい限りでした。
世界160ヵ国から集められた玩具がなんと9万点、6棟の建物で5,000点を展示しているとか。見学してみてミシュラン2つ星に納得。館内撮影OKなので姫路方面に行くことがあればぜひ覗いてみることをおすすめします。

踊る泡盛「まさひろ」

00_20190215185136a46.jpg
以前、お宝探偵団を見ていたら、沖縄の酒造メーカーの会長さんが琉球王朝尚育王の「書」を出品していました(本物でした)。そのとき会長さんが頭に瓶を載せて踊るパフォーマンスを披露(笑) それを見ていた家人が痛く感激し、会長さんの会社が作っている泡盛「まさひろ」を早速通販で購入して、私にプレゼントしてくれました(^^;)

1_201902151858189e4.jpg
調べてみたら「まさひろ」は沖縄ではよく知られたお酒とか、内地にもファンもたくさんおられるようです。やや薩摩焼酎的な味わいで美味いのですが、私自身は「鬼界ヶ島」のほうが好みかな。


笑えます「瓶踊り(びんおどり)」! それにしても皆さん、人瓶一体というか大変お上手~かなり練習したんやろなぁ(^o^)