むむむ!チェキ年間販売台数1000万台とは


なんと富士フィルムのインスタントカメラ「チェキ」の販売台数が1,000万台(全世界2018年)を突破したとか。この数字がどれほど凄いかは、2018年におけるレンズ一体型デジタルカメラの販売実績が870万台、レンズ交換式デジタルカメラが1,008万台ということからもわかります。カメラ会社の顔色が変わるほどデジカメの凋落が著しい昨今ですが、デジカメどころかフィルム機の一種であるチェキが1,000万台を売り倒すとは凄いの一言。以前からニッチなブームになっているとは聞いていましたが、年々販売を増して、いまでは富士フィルムの稼ぎを牽引する大人気機種です。なんでこれほど売れるのかなぁ、うむ。

img_0_20190522224317fc5.jpg
私が初めて使ったインスタントカメラは一世を風靡したポラロイドSX70です。高価なカメラでしたがクロームメッキした弁当箱のようなボディが斬新で、お気に入りでした。その後フジのインスタントカメラもF-50S(だったとおもう?)も使いましたが、おもちゃチックな外観ながら画質はコダックより良かったことを記憶しています。両機ともDPEでは間に合わないようなときに仕事で役立ってくれました。

mainvisual_01.jpg
チェキといえばピンク色などファンシー感覚満載の女子向けイメージですが、最近はカメラマニアニアでも赤面せず使えるような(笑)デザインのバリエーションも生まれています。生まれたときからデジタル機器に囲まれてきた今の若い人たちにとって、その場でジジジと写真が吐き出され、マジックのように絵が現れてくるアナログ感が面白いのでしょうね。撮ったインスタント写真を交換したり、わざわざスマホで取り直してSNSで公開したり、いろんな使い方で楽しんでいるようです。SONYもアナログレコードを復刻していますし、カメラ復権になにかヒントがあるような。それにしても富士フィルム、インスタントフィルムというデジカメにはない美味しいメディアを一社供給できる旨味で、したたかに稼いでいますねぇ。

祝!カメラグランプリ2019大賞受賞 LUMIX S1R

1_2019051921300874b.jpg
やりました!LUMIX S1R。二強に続くフルサイズミラーレスとして登場しましたが、各種レビューでその高性能ぶり、大きさ重さぶりを喧伝、グランプリではニコン入魂のZ7を鼻の差でかわして堂々の大賞。開発陣は苦労が実って嬉し泣きのはずです。相撲なら二強は東西の横綱、ソニーは張り出し横綱、オリンパス、フジは大関、パナは小結といったところでしょうか。名機G1で現在のミラーレスブームを先導し新しいカメラ像を創造しましたが、家電屋というイメージが先行して何かと不利であったことは否めません。

フルサイズ時代にマイクロフォサーズという規格自体が生き残るかどうかという不安感がありましたが、GH5とG9でスマッシュヒット。盟友のオリンパスも、E-M1Xで「あなたが選ぶベストカメラ賞」を受賞するという健闘を見せており、マイクロフォーサーズを長年応援してきた私にとっては嬉しいの一言。ただひとつ残念なのは、S1Rが大きく重く高価で手が出ないこと。まぁパナのことですから他社よりコンパクトなフルサイズも研究しているはず。いまはその登場を楽しみに待つことにします。

明石城にて

1_201905080218390e4.jpg
長過ぎる連休、暇をつぶすべく家人と連れ立って明石城へ夏鳥を見に行きました。いつもは静かな明石場公園ですが、この日は凄い人出で驚き桃の木。聞けば「明石城築城400周年記念事業」とかで全国のB級グルメを集めた食イベントや、ロハス・ミーツ、高校野球近畿大会などイベントがわんさか。とても野鳥を愛でる環境ではありませんでした(笑)

2_201905080218401f8.jpg
400周年記念事業で園内の生い茂った豊かな植樹群はばっさり切られてスカスカの状態。築城当時の景観を再現したそうで駅からは明石城のシンボル、東西の櫓が見渡せるようになったとか。私自身は鬱蒼とした緑がなくなってしまってちょっと残念です。

3_20190508021842020.jpg
イベントと呼応した幟がわんさか。しかし「天守閣はない。ロマンはある。」のコピーはちょっといただけないかと(汗)

4_20190508021843970.jpg
楽しみにしていたアオバズクですが、まだ来ていませんでした(-。-) ボソッ

5_20190508021845f22.jpg
カワウの子育てを初めて見ることができました。可愛くないけど(-。-) ボソッ

7_20190508021838b4f.jpg
帰りはお約束の魚の棚で買い物~連休でここも凄い人出でした。楽しみにしていたたこ焼きも行列に次ぐ行列で食べられませんでした(泣)

三宮鉄道フェスティバル2019

1_20190508011146360.jpg
この連休、そごう神戸店にて催された神戸ゆかりの鉄道5社(JR西日本、阪急電鉄、阪神電気鉄道、神戸市交通局、神戸新交通)がタイアップした鉄道フェスタに買い物がてらウォッチングしてきました。それほど広くない催し会場で行われるイベントでしたが、盛りだくさんの工夫が盛り込まれており、なかなかの盛況でした。子供連れのファミリーが目立っていましたが、一見してマニアと思われる方がレアなグッズを物色されたりして、休日を楽しまれていました。

2_201905080111482be.jpg
たくさんの鉄道グッズも並べられていました。家人は阪急電鉄イラスト入りバンドエイド、阪急電車カラーの輪ゴム(汗)、鉄道イラスト入りメモパッドなど、変なものを買っていました(笑)

3_20190508011149e2b.jpg
Lゲージのレイアウトがありました。大きいだけにやはり精密ですね。

4_20190508011151994.jpg
こちらはHOゲージ。福井出身の家人はローカルな福井鉄道の車両を見つけて大喜び(汗)

5_20190508011152c0d.jpg
懐かしの阪急三宮駅が模型で再現されていました。震災で取り壊されただけに懐かしくて感涙。

6_20190508011154433.jpg
小さい子たちを乗せて出発~狭いスペースながら子どものための楽しい企画が盛り沢山!

7_201905080111552cc.jpg
マニアが喜ぶレア物グッズもたくさん陳列されていました。こちらのプレートは25万円、お安くないです(汗) 短い時間でしたが、家人ともども素人ながら、子どもたちに混じって楽しめました。

新・神戸百景 インフィオラータこうべ北野坂

1_20190508002835ff9.jpg
たまたま北野坂を歩いていたら恒例の「インフィオラータこうべ北野坂」をやっていたのでスナップしてみました。チューリップ33万本の花びらで道路に絵を描く神戸の春の風物詩です。私自身はあまり趣味の良くない催しと思っていますが、晴天に加え素敵なジャズライブなどもありなかなか盛り上がっていました。

2_2019050800283670f.jpg



3_20190508002838fa4.jpg



4_20190508002839042.jpg



5_201905080028418db.jpg



6_20190508002834fb9.jpg

街角にて by GR III

1_20190507233855969.jpg
GR III と一緒に北野界隈を歩いてみました。やはり白黒が似合いますかね、カラーもいいけど。

2_201905072338561d4.jpg



3_20190507233857c6e.jpg



5_20190507234841746.jpg



4_20190507233859d18.jpg



6_20190507233902525.jpg
引いてよし、踏み込んでよし、28mmは面白い。