いい感じ!フルクリップ カメラバッグ トリッピン

1_20190720230226a43.jpg
先日、メルカリを見ていたら珍しくもフルクリップの新品カメラバッグが出品されていたので、思わずポチってしまった。フルクリップは元々フィッシングバッグなどを作っているメーカーだが、カメラ分野でもワンタッチで長さを変えられるカメラストラップを発売しており、メイドインジャパンでもあることから、ファンも多いようだ。

今回購入したものは、エントリー一眼あるいはミラーレスに対応した対応したやや小ぶりなものだが、奥行きがあるので、収納の工夫次第でちょっと大きめの機材でも対応可能かも。色はミリタリーなウッドランドと呼ばれるカモフラージュ。前面にスマホなどを収容できるマチの薄いポケットが設けられているが、高さがないので使い勝手は良くない。ストラップはワンタッチ伸縮のジェットグライド、これは使いやすい。

2_20190720230228a56.jpg
後ろにもオープンポケットがあるが、これも高さがない。クイックアクセスなので、チケットやレンズキャップを収容するには都合がいい。左右には浅いポケット?とレールテープが装備されており、オプションのポーチを取り付けできるようになっている。小物の収納スペースを拡大できる仕組みだ。ファスナーには特大のジップが付いている。ここらはアウトドア専門メーカーらしいこだわりかな。

3_20190720230229c89.jpg
ボディ1台、レンズ2本は十分に収まりそう。カメラバッグではあるが、内張りのクッションは必要性低減のうえパーティションもかなり薄い。そのため見た目より容量は確保されているし、重量も極めて軽い。個人的には保護パッドで膨れ上がったバッグより、DOMKEライクな軽快なバッグが好きなので、これで文句なし。

内部にはポケットがないので、小物を一緒に携行するなら、オプションポーチを取り付けるとか、ウェストポーチを併用するとか何らかの工夫が必要。最小限の機材で散歩用に使う予定なので、私にはこれで十分。双眼鏡と水筒、コンデジ、財布ぐらいなら楽に入りそう。

4_20190720230231e5d.jpg
たまたま同じウッドランド柄のサコッシュが売られていたので、同時にゲット。財布とハンカチ、スマホを入れて自転車でお使いに行くのにピッタリ(笑)

シグマの深謀!最小最軽量 SIGMA fp

07_1600x1201.jpg
先日、カメラの重厚長大化を嘆くコラムをアップした途端、シグマから究極的にコンパクト化されたフルミラーレスが登場して驚き桃の木。ただのフルサイズコンパクトならSONY、ライカ、ツァイスから出ているが、こいつはれっきとしたレンズ交換式で、例えて言うとマイクロフォーサーズのGM1的存在にちかい。しかも機能的にはGM1より一歩も二歩も進化している。シグマ開発陣、前代未聞のカメラを送り出しましたがな。

Screen-Shot-2019-07-12-at-12.jpg
サイズ的にはミラーレスとしては小ぶりのα7IIより更に一回り小さく、高さはLマウントぎりぎりまでに抑えられている。素っ気ないほどのスクエアデザインで、業務用アクションカムのような作り込まれた雰囲気がある。ワタシ的には従来の突拍子的なシグマデザインよりは好感を持てる。併せて発表された45mm F2.8とのマッチングも悪くない。ちなみにこのレンズはF2.8なのでボケ量は期待できないが、発表資料を見る限り素晴らしいボケ味だ。う~ん、欲しいかも。

Sigma-FP-Cover.jpg
ただのコンパクトでないことはモジュール化された数々のオプションパーツ群からも明らか。外見的には4K動画長時間撮影用の放熱用ヒートシンクが面白い。電子シャッターオンリー仕様が気にならないでもないが、機能の削ぎ落としと機能の盛り込みが、大手カメラメーカーにはない発想でとてもおもしろい。

D_MW3RAUEAAnKX9.jpg

いまのパナソニックやSONYには作れないカメラで、シグマがLマウントを選択したときから深謀遠慮ひそかに開発していたのだ。例のFoveonではなくベイヤーセンサーというのも面白い。Foveonには熱狂的なファンも多いが、僕はあの独特のけったいな色目が好きになれないので(個人的感想)大いにウェルカム。意外とリーズナブルでは?という世評もあるので、手に届く価格ならすぐに欲しいなぁ。小さいは正義だもん。

映画鑑賞!ゴジラ キングオブモンスターズ

godzilla-king-of-the-monsters-songs.png
ビデオなど手頃なメディアで映画を鑑賞できるようになってから、映画館にはとんと行かなくなりました。しかしゴジラだけは昭和の頃から必ず劇場に足を運びます。家人ともどもゴジラ大好きなんですよ(笑) ということで最新作の「ゴジラ キングオブモンスターズ」も昨日見てまいりました。まぁ初めから終わりまでノンストップアクションと言うか、怪獣バトルでお腹いっぱいになりました。ちょっと盛りすぎですかね、ワクワク感は「シン・ゴジラ」の方が上かな。

201904sgXW8vhXjY.png
今回の敵役キングギドラは東宝版を忠実に再現しており、なかなか見ごたえのあるCGでした。何しろ宇宙怪獣なのでゴジラも苦戦、都合3回戦って最後に決着、最近のボクシング世界戦のような(汗)

e0ca6ba57a2465dfe4f7a0d4c6c526f0.jpg
僕はラドンのオールドファンなので勇姿を期待していた。再現されたそれは迫力は大であったが、いかんせん出番が少なくてがっかり。モスラはレビューでとても綺麗と聞いていたが、そのとおり素晴らしく綺麗なCGでうっとり。しかしこれも出番が短かかくダイジェスト版を見ているようだった。アメリカの観客にはこんな方がいいのかな。

9-4.jpg
俳優陣ではマディソン・ラッセル役のミリー・ボビー・ブラウンがナイスでした。天才子役として人気のある女優らしい。なかなか目ヂカラのあるティーンで爺はファンになりました。次作「ゴジラ対キングコング(仮)」でも出演するというので楽しみです。

時代は重厚長大、いやだなぁ

1_20190709235023e4f.jpg
僕が病院への入退院を繰り返している間に、カメラ業界はあっという間にミラーレスフルサイズ時代に突入してしまった。MFからAFへ、あるいはフィルムからデジタルへ転換したときも、ブレークスルーはいきなりやってくるので戸惑う半面、面白くもある。マイクロフォーサーズやコンデジを愛す僕は年中ボケ不足に悩んでいるので(笑)フルサイズにはいつだって興味津々。しかし年々システムが肥大化しており、その大きさ重さ価格を考えると、僕のような日曜カメラマンにはなかなか手が出ない。

思い起こせばフィルム時代はライカ判が標準フォーマットだったから、選択がシンプルだった。そんな時代、僕が長らく愛用したのはリトルニコンことNikon EMとNikkor28-50mmF3.5の組み合わせだった。エントリークラスとはいえジウジアーロのデザインは秀逸で、ミニマルなサイズも相まって、結構人気があったと記憶している。

2_2019070923502418a.jpg
絞り優先AEのみというまるでニコンらしくない割り切ったカメラだったが、使って見ると意外にファインダーの出来が良くてピント合わせがしやすいとか、巻き上げが軽快で気持ちいいとか、ミニマルさと相まってナイスなカメラだった。ニコンが本格的にエンプラを採用した軽量カメラであったことも記憶にある。当時F3Pも持っていたが、普段使いで持ち出すのはショートズームNikkor28-50mmF3.5を装着したEMだった。

3_20190709235025812.jpg
MF時代のニコンレンズは作りが精緻で、この28-50mmF3.5も例外でなく、現代のAFレンズとは比較しようもない。通称花火と呼ばれる被写界深度目盛がビジュアルで美しい。この時代は目測スナップすることも多かったから実用的な意匠でもあった。フィルター系はニコン伝統の52mm、F3.5通しながらコンパクトな筐体で、EMとはジャストマッチなレンズだった。画質も悪くなく私の用途には十分だった。

2_2019050400050627e_20190709235028c9c.jpg
デジタル時代に入ってニコンEMのコンセプトを引き継いだのは、スマッシュヒットしたD40だろう。その時代私が愛用したのはオリンパスE410。なんといっても現代へ繋がることになるライブビューが革新的だった。その410のミニマルを継承しつつミラーレス化した系譜がE-M10シリーズだと思う。エントリークラスではあるが、およそ日常撮影で困ることのない機能を装備している。

フィルム機のテイストを再現したデジタル機といえばニコンDfだろうが、重厚肥大は否めない。往年のEMをサイズそのままでぜひ再現してほしいと思う。ボディにマッチする専用レンズを作れば売れると思うのだが。コンセプト的にはFUJIのX-T30が近いかもしれないがちょっと見た目が・・・

E-M1 mark II専用アルカスイス互換プレートを試してみた

4_201906242254534fe.jpg
初代E-M1では専用のアルカスイス互換プレートを装着して重宝していたが、二代目ではリアリーライトスタッフ製の高価なものしか市販されておらず、ちょっと手が出なかった。しかし先日、ダメ元で大陸製を試してみたら、結果が良かったので報告する。

66.jpg
製造元は私も時々利用するMENGS。まずまずのクオリティのものを安価に届けているメーカーだ。

3_20190624225421d49.jpg
作り込みが悪いとか精度が低いというレビューがあってやや不安だったが、届いた現物はカメラにぴったりとフィットして問題はなかった。カードを取り出しにくいとか、UNC1/4メネジが切られていないとか若干の不満もあるが、尼価格2,639円なので贅沢は言えない。

2_20190624225423bdb.jpg
汎用プレートだと増し締めをしないと緩むことが多いが、専用だとまずその心配はない。防湿庫のスポンジの凹みも解消されてご機嫌。←これ、分かる人はわかるね(笑)

けっこういいかも!ニッカ国産スピリッツ

1_20190624222622159.jpg
夏場はやっぱりサワー系がいい。昔はビール一辺倒だったが、肥満を気にするようになってからはサワーに堕落してしまった(汗) 加えて家人がカクテル好きなので、スピリッツの消費が半端ない。ジンはビーフィーター、タンカレー、ウオッカについては長らくスミノフブルーが我が家の定番だ。ところがそのスミノフがいつまにやら半島製になっているではないか。

仕方がないので代替え品を探してみたら、ニッカから国産ウオッカが発売されていることを知った。720mi50度ものが尼価格967円とリーズナブル。さっそく取り寄せて賞味してみたら、癖がなくカクテルやサワーのベースとしては悪くない。ついでにジン(47.5度)も試してみた。ジン特有の香りには欠けるがサワー系には無難。いずれも967円とお気軽な価格なので、酒飲みにはありがたい。残念なのはあまり売れていないのか、スーパーや酒屋では入手できず通販に限ること、うむ。