マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

新・神戸百景 自然体感展望台 六甲枝垂れ


先日、以前より行ってみたいと思っていた六甲山頂近くの六甲ガーデンテラスへ行って来ました。ここのランドマークは三分一博志氏設計の六甲枝垂れ。雑誌などでその存在は知っていましたが、現物を見てその存在感、面白さに脱帽しました。安藤氏の建築物と同じく非常にフォトジェニックで、私の拙い写真ではその魅力を伝えられません。当日はあいにくの雨模様でしたが、たくさんの若者達で賑わっていました。



●自然体感展望台「六甲枝垂れ」とは(※HPより抜粋)
山の上に立つ一本の大きな樹。それが自然体感展望台「六甲枝垂れ」のコンセプト。その名のとおり枝垂れをイメージさせるヒノキのフレーム「枝葉」が展望台を覆っています。「枝葉」を通して木洩れ日のような光に包まれるでしょう。
また、大木の幹のような展望台の中央部。木が地中の水を吸い上げるように、風の流れを吸い上げます。まるで展望台自体が呼吸しているような、地球と一体になった建物です。









遠く播磨灘を望む。




●設計家プロフィール
三分一博志(さんぶいちひろし)
1968年生まれ・山口県出身。いかにして建築が地球の一部になるかを一貫したテーマとし「地球のディティール」を提唱。日本建築学会賞作品賞、吉岡賞など受賞。国内のみならず海外での評価も高い。最近では犬島アートプロジェクト「精錬所」、六甲枝垂れなどでも注目された。広島県在住。

関連記事

9 Comments

victors_room  

No title

こんばんは。
とても興味深い構造ですね。
僕も撮ってみたいです。

2012/10/16 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   

getteng  

No title

monopodさん、
三分一氏の設計実例を過日3件ほどupしましたが、
いずれも特徴的というかユニ-クですね。
この建物も実に面白いです!
現物を実際に見てみたいです。

2012/10/16 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

tarou007  

No title

こんばんは。

こういう自己主張の激しいものって
写真になり難いんですよね。

存在感はあるんですけど、
なにをどう思ってそのカタチ?

でも実際に見てみたくなりました。
こちらへ来ると行きたいところだらけになる^^;

2012/10/17 (Wed) 00:54 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

victors_roomさん、コメントありがとうございます。
機会があればぜひ行ってみてください。後悔しませんよ。

2012/10/18 (Thu) 22:12 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

gettengさん、なるほど広島在住の人だったんですね。
興味深い設計ですね、面白いです。

2012/10/18 (Thu) 22:13 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

tarou007さん、非日常性ってやはり面白いです。
快不快を問わず、発見であります、

2012/10/18 (Thu) 22:14 | EDIT | REPLY |   

takusachihiro  

No title

ここには絶対行かねばと思っていました。
わくわくするフォルムですね。
いろんな構図が成立しそうだな~。

2012/10/18 (Thu) 22:26 | EDIT | REPLY |   

n-ao2007  

No title

6枚目の構図素晴らしいですねー。
有名の方の建てた建築はそれだけでとてもアーティスチックなだけに
逆に難しい気がするのですけども
流石ですねー。ここも一度行ってみたい場所になりました!

2012/10/21 (Sun) 20:04 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

また神戸に来られたらぜひ六甲山まで足を伸ばしてください。

2012/10/21 (Sun) 20:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment