大人の遠足 京都美山かやぶきの里・点景


引き続いて美山の点景。M4/3用の大口径中望遠が欲しいなぁ。


古い農具の数々。日本は木の文化ですねぇ。


風にそよぐ秋桜。


庭先でおばあちゃんが手仕事で粟の実を脱穀中。手間じゃのぉ。


絵になる点景があちこちに。


村の八幡神社。立派な神楽殿がありました。


陽光に煌めくすすきの穂。蕎麦畑に野鳥が集っていました。
この項終わり
関連記事

コメント

No title

美山もまだ行ったことありません。
行きたいところがいっぱいあります。
撮りどころ満載といった感じですね。
コスモスと茅葺屋根、相性抜群であります。

No title

takusachihiroさん、たしかに撮りどころは多かったです。
当分茅葺きはお腹いっぱいです。

No title

お~、こんな素敵な場所がまだ日本に存在しているとは・・・
目から鱗が1ダースぐらいまとめて落ちました。^^;
長い伝統で守られた形って、実に美しいですね・・・無駄がありません。
最後のススキ越しのかやぶき民家、日本ならではのミニマルな美しさに満ちてますね~♪

No title

美山にこんなところがあるんですか、知らなかったなぁ。美山は実業団のロードレースや、国際ロードもあったような気がしますが、良いコースでした。茅葺き屋根は消防法でなかなか残せないようですね。定期的に火を焚いて煙りを出さないと、虫にやられてしまうと聞いたことがあります。でも中で火を焚くのは消防署が許さないとか。でもここはいい雰囲気で残されていますね。

No title

黒顔羊さん、和の美に冗長はありませんね。
資源の少ない国だから、必然的に無駄を排除したのですかね。

No title

川越さん、あちこちに放水栓が設置されていました。
過去火事で消失したこともあったそうで、かなり神経を使っているようです。

No title

白川郷と違うのは、屋根の上かな?
観光地化されてない風情に、私も行きたくなりました。

No title

こういうとこ好きだなあ。
やっぱり根っからの田舎者(^_^;)

No title

umisanjinさん、屋根の形は随分違いますね。
白河は重層建築ですから。それぞれ特色があって面白いです。

No title

chinpikeさん、これからは田舎者がもてはやされる時代です。
非公開コメント