マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

バリューなビノキュラー KOWA BD25-8GR


鳥見で使う双眼鏡は、家人は8倍30mmツァイスと18倍50mmキャノン防振、私は小型ライカです。私自身は観察よりは写真を撮るのが主目的ですから、探鳥用のコンパクトな双眼鏡が有難いわけです。以前、店頭で対物レンズ20mmクラスのツァイス、ニコンHG、ライカの小型双眼鏡を比較したことがあります。その時の印象ではツァイスとニコンHGがいい勝負、頭ひとつ抜けていたのがライカで、コントラストの効いた独特の見え味が印象的でした。ということでライカの10倍25mmが現在手元にあります。

ところがフィールドではどうも覗きにくくて見づらいですし、片手で見ているとブラックアウトも多々。考えるに私は眼鏡なのでアイレリーフが不足気味だったのでしょう。また小型双眼鏡は視界が狭くなるため10倍はやはり失敗、7~8倍程度が使いやすいというセオリーも改めて再認識・ことにも気が付きました。そこで反省をふまえ、小型!ハイアイポイント!高視界!安価な(笑)の双眼鏡を仕入れることに。将来的にはツァイスかスワロフスキーの30mmクラスをもう1台仕入れたいので、今回は低予算が目標。スペックを睨んで結局購入したのはコーワのBD25-8GR。



小型にもかかわらずアイレリーフは15.8mm確保されているので、眼鏡を掛けてもまずまず見やすいです。解像感や筐体の仕上げはライカに及びませんが、対物レンズが25mmと8倍としては他社比やや大きいため、像が明るく視界も広く探鳥には有利です。荷物の多い撮影時は片手で双眼鏡を覗くことが多いので、軽くて掴みやすいボディは実戦向き。コスパが嬉しい質実仕様で、まずは気に入りました。小さくてバリューな双眼鏡を探している人にはお勧め。

関連記事

2 Comments

hiro_clover  

No title

双眼鏡、ずっと欲しいと思ってたんですが、これは値段も手頃で良さそうですね。<BR>320gだったら撮影時にも負担は少なそうですし、、。<BR>う~ん、欲しくなりますねぇ。(^_^)

2012/11/03 (Sat) 00:35 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

hiroさん、どちらかと言うとビクセン ニューフォレスタHR8×32WPをおすすめしたいところですが<BR>カメラと一緒に持つのなら、このサイズがベストです。

2012/11/03 (Sat) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment