マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

吉野川第十堰 その1


昨日、所用で徳島に行った折、以前より一度訪れたかった吉野川第十堰へ行ってきました。第十は地名であって吉野川にある十番目の堰というわけではありません。江戸時代に灌漑事業として自然石を積み重ね透過性のある堰として作られた歴史ある建造物です。より近代的な堰に作り替えられる計画もありましたが、大規模な住民運動により頓挫、現在に至っています。当日は渇水のため堰を歩いて渡れました。


下流側を望む。碧々とした吉野川、川幅の広さは全国有数です。



部分的な改修を積み重ねたのか、堰のディティールは様々で大変面白い造型です。



唯一水が流れていた魚道。稚鮎が一生懸命遡上していました。思わず「ファイト!」



南岸を望む。港育ちで巨大建造物には慣れていますが、それでも非日常的な光景です。



アングルによっては賽の河原的不気味さもあります。



南岸上流側。ここらはのんびりした光景。釣り人もいました。
この項続く。

関連記事

6 Comments

keizo-f  

No title

今の様な重機もなかった時代ににこんな巨大な建造物とは。
この堰が役に立つのは、こんなに穏やかな時ではないのでしょうね。

2014/04/28 (Mon) 07:31 | EDIT | REPLY |   

mayuki178504  

No title

とても江戸時代の建造物とは思えませんね。
ワタシの実家のある街では
海岸がテトラポットで埋めつくされ
猫アパートになってます。
実家の海を思い出しました。

2014/04/28 (Mon) 20:51 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

keizoさん、元々は徳島藩の米作りのための治水事業だそうです。

2014/04/28 (Mon) 23:58 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

mayukiさん、もちろん近代的な工法で改修されていますが、江戸時代のものも残っているそうです、凄い。

2014/04/28 (Mon) 23:59 | EDIT | REPLY |   

ナオ  

No title

知らなかった。
こんな近くまで来られたんですね。
うわーなんだか嬉しいなぁ♪
うん。本気で嬉しいです^^
少し前に徳島野鳥の会の写真集見せてもらっていて
鳥が可愛くて撮りたいと考えてました。
環境には恵まれてるので考えてみようかな。
徳島ラーメンいや、なるちゅるうどん良かったら案内しますw

2014/05/05 (Mon) 08:46 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

ナオさん、また近いうちに行くのですよ(^^)
さすが吉野川、面白いところです。
先日はうどんを食べる予定だったのですが、案内してくれた人が
「お蕎麦が美味しいところへいきませう♪」
なぜか蕎麦屋さんに、連行されてしまいました(T_T)

2014/05/06 (Tue) 02:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment