マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

探鳥日記 吉野川河口にて


先日、徳島に行った帰路、吉野川河口へ鳥見と洒落てみました。ここはシギ・チドリ類、カモ類などを中心に160種余りが記録されている、全国屈指の野鳥の渡来地、いや世界有数の野鳥生息地とされています。残念ながら満潮時で雄大な干潟を見ることは叶いませんでしたが、それでもサンクチュアリの片鱗を観察することができました。写真は上流方面から吉野大橋(河口方面)を見たところ。立派な葦原でしたが鳥さんには出会えず。


ここが河口、高速道路橋建設が進行中。干潟への影響が懸念されている。



河口から吉野大橋を望む。強い浜風に逆らってコアジサシが飛んでいた。



素晴らしく広い川幅が印象的。海峡からの波が強くサーファーが出ていた。



ここから中洲を観察。川幅が広いので中洲まで遠いこと。スコープで見ても豆粒(笑)



遊歩道が整備されており、散歩やウォーキング、釣りを楽しむ市民が多かった。



満潮で風が強いという悪条件でしたが、それでも充分楽しめました。この日出会えた鳥達は、ミサゴ、コアジサシ、ヒドリガモ、ダイゼン、ハマシギ、ミユビシギ、ヒバリ、サギ類など19種。この項続く。
関連記事

0 Comments

Add your comment