マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

いなみ野水辺の里公園にて


7月24日、米どころ播州平野稲美町にあるいなみ野水辺の里公園を訪れました。この公園は平成7年に開園、水辺の豊かな自然のなかで、鳥・昆虫・魚などの小動物や水生植物とのふれあいを通じて、生きた自然を学びながら、遊び、憩うことをコンセプトにした自然共生型公園です。比較的小さい敷地規模ながらも、学習展示棟や水生動物や植物などがいる観察池、水族施設があり、地域の子供達向けのカリキュラムが充実しているように思えました。


地域のため池にそって配された外周路、いいお天気でした。



お約束のトンボ池、さすがに真夏の草いきれでムンムン。



小規模ながら立派なビオトープです。夏トンボも一杯。



園内の向日葵の黄色がとてもビビットでついパチリ。



風にそよぐ野辺の草花もフォトジェニックでした。



いわゆる赤とんぼより赤みが少ないキトンボ。



関連で可愛いモノサシトンボ。



地域の魚類を集めた水族室、なかなか立派でした。
園内はどこも管理が行き届いており、関係者の普段の努力に感じ入りました。
関連記事

2 Comments

yama3-blog  

No title

中々良いところですネ<BR>動植物の自然を残したり管理することは<BR>手の抜けない作業が必要で、<BR>その処を感じることも大切ですネ・・

2014/08/05 (Tue) 00:28 | EDIT | REPLY |   

monopod  

No title

yamaさん、仰るとおりです。この手の作業は年中息が抜けないので大変だと思います。

2014/08/05 (Tue) 01:27 | EDIT | REPLY |   

Add your comment