マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

アルカ互換アダプターDesmond DGZA-1を試す


雲台に用いられるクイックリリースシステムは、アルカ互換が事実上の世界標準になり、老舗ジッツオもここへ来てアルカ互換システム搭載の雲台を、商品ラインに加えています。興味深い新製品は、従来用いられてきたCプロファイルプレートとアルカ互換プレートを、専用アダプターの取り外しで共用できるGS3760D( クイックリリースアダプター3型D)です。

なかなか賢い仕組みで興味を覚えましたが、ちょっと仰々しいスタイルに加え発売当初の品不足もあり、手をだすのを控えておりました。ここへきて早速大陸のコピーメーカーDesmond が専用アダプターDGZA-1のみを発売、ちょっと試してみたいことがあったのでAmazonでポチりました、代金3,600円也。


使いたかった理由は、手持ちのCARRY SPEED 速写ストラップ付属のプレートがアルカ互換のためです。ジッツオの雲台に手間なく取り付けできるようになるので、手持ちから一脚への切り替えが容易になります。

実証してみたところ、今回のケースでは難ありながらも運用の工夫(プレートに互換アダプターを取り付けてから雲台に差し込む)で装着できました。アルカ互換といっても厳密に定義されておらず、各社様々な形状がありますし、雲台とDGZA-1のフィッティングの相性でプレートが固定できないことがあります。購入を検討中の方はご注意ください。


ジッツオのCプロファイルはマンフロット製品と互換性があるので、手持ちのMVH500AHで試したところ、問題なく装着できプレートもしっかり固定できました。必需品というわけでもなく万全の互換性という点ではリスキーながら、手軽にプレートシステムを統一したい人には便利なアイテムかも。
関連記事

0 Comments

Add your comment