マイクロフォーサーズ応援団

ときどきB級フォトギャラリー

新・双眼鏡 Zeiss Conquest HD 10×32


長らく私のツァイスは「こりゃ、よぉ見えるわ!」と家人に取り上げられたままだったのですが、モデルチェンジしたConquestがなかなか良さげなので、家人に新しいモデルを進呈することにしました。鳥見は7?8倍といいますが、今回は久しぶりに10倍をチョイスしました。微妙な識別をするには高い倍率が有利(と本人は言う)だからです。ちょっと覗いたところ、ツァイスらしい非常にヌケの良い見え味で、文句はありません。ちなみにストラップは純正ではなく、独Niggeloh製の双眼鏡専用ストラップを装着、気分は国防軍です(笑)


旧モデルは対物レンズが30mmでしたが、新モデルは32mm&高解像度HDレンズ採用ということで、明るさは向上しています。特記すべきは接眼レンズがスワロフスキー並みに大きくなったこと、なかなか迫力があります。10倍ということで当然視界は狭くなりますが、旧10倍モデルが96m/1kmのところを、新10倍モデルは118m/1kmと大きく向上し、広い視界を確保しています。これなら目標物を確保しやすいです。サイズ的にはやや短くなりましたが、重量的には増加しており、コンパクトながらズシッとした手応えです。


ということで、古い8倍モデル(右)が4年ぶりに、手元に帰ってくることになりました。デザイン的には以前のモデルのほうが伝統的なモチーフを継承しており、ツァイスらしい情緒が感じられます。ツァイスは光量ロスが少なくTコーティングが非常に効果的なので、光線の状況が悪いほど活躍してくれます。かなり使い込まれていたので、きっちり磨きました(笑)
関連記事

0 Comments

Add your comment